人間は「悩むこと」から解放されるだろうか(東洋経済オンライン)

■全力で脱力するのは、案外難しいもの

 ゴルフのラウンドをする度に痛感するのが、脱力することの難しさである。ただ脱力すれば良いということであれば話は簡単だ。しかし少しでも遠くへ飛ばしたいという欲望を充足させながら、力を抜いていくという行為は案外難しい。

この記事の写真を見る

その点、ゼロからトースターを作ったことでも知られる本書『人間をお休みしてヤギになってみた結果』の著者トーマス・トウェイツは、明確な目標へ向かいながら全力で脱力するということに関して、稀有な能力を持っている人物だ。

 今回彼が挑戦するのは、人間をお休みしてヤギになるということ。ちなみに本書は、文庫版で全271ページである。そのうち実際ヤギになって暮らすパートは、最後の55ページほど。全体の約80%の分量が、人間を休むとはどういうことか、ヤギになるとはどういうことかを考察しながらの、準備段階に割かれている。

 これだけ事前準備に精力を注いでいれば、スタートする頃には疲労感も手伝って、おのずと脱力されることだろう。いわゆるパワーの逃がし方が上手いというヤツだ。さらに彼の魅力は、準備段階における問いの立て方の絶妙さ、それを解くにあたってのルール設定の巧みさにも現れる。

 そもそも、動物になろうと思ったきっかけからしてスゴい。当時33歳の彼は、悩んでいた。仕事もパッとしないため、毎日がめっちゃホリデー。安定的な収入もないため銀行の口座開設も断られ、彼女にはそっぽを向かれる。この状況を受け、彼の思考は以下のように展開した。

人間特有の悩みっていうのを、数週間だけ消しちゃうって楽しそうじゃない? 

人間をお休みしちゃうってどうだろう?     

少しの間、動物になれたら、すごくない? 

 たとえ現実逃避や他力本願の方向であったとしても、とことん真剣に向き合えば深い洞察が生まれるものだ。彼はまずシャーマンに会って、自分の熱き思いをぶつけてみる。シャーマンからのアドバイスは、驚くべきことにヤギになれというものであった。ここから全てが始まる。

 まず彼が向かったのは、バターカップと呼ばれる虐待されたヤギのための保護施設。ここで彼は、ヤギ行動学のエキスパートからプロジェクトの運命を左右する衝撃の事実を聞かされる。なんとヤギはストレスを感じることができ、しかもストレスを感じている時は鳴き声も変化させるというのだ。

【関連記事】

医師が警告! 「3歳までの育て方」ここに注意(東洋経済オンライン)

体とこころを動かす「脳」は、3歳までに約80%完成する。「心」が育まれる環境も、脳がつくられる胎児期の初期から始まり、3歳ころまでにその基礎がほぼ出来上がる――。
新生児医療に25年以上携わり、小児科医としても多くの子どもたちと接してきた福岡新水巻病院周産期センター長の白川嘉継氏は、「発育のルール」ともいえるような共通点を実感し、乳幼児の子育てについて悩み、苦しむ多くの親たちの力になってきた。
長年の経験を基に、「子育ての道しるべ」として刊行した『人生の基盤は妊娠中から3歳までに決まる』は、親だけでなく教育関係者、助産師、保育関係者など、子育てにかかわるさまざまな人たちの支持を受け、9刷3万部を超える「隠れたロングセラー」になっている。

この記事の写真を見る

赤ちゃんがいちばん成長する「3歳まで」の時期、親はどのように接すればいいのか――本記事では「3歳までの育て方」について解説する。

■赤ちゃんは日に日に成長している

 「生まれたときはあんなに小さかったのに、あっという間に大きくなって」とよく言われると思いますが、生まれてから3歳までの期間、赤ちゃんはどんどん成長して、いろいろなことを覚えていきます。

 日に日に変わる赤ちゃんの行動は、今まではよかった接し方がうまくいかなくなるようなこともあると思います。そのたびに、どのように接していけばいいのか戸惑うことも少なくないでしょう。

 でも、その時期その時期の「なぜ、赤ちゃんはこんな行動をするのか」を理解して適切に向き合っていけば、きっといい方向に向かっていくと思います。

 では、「3歳までの育て方」として、それぞれの時期にはどのようなことに気をつければいいでしょうか。

 さまざまな注意点がありますが、その中からいくつか紹介しましょう。

 まず、生後3~5カ月の時期には「できるだけ赤ちゃんのそばにいてあげること」を心掛けましょう。

■「読み語り」は親子一緒に成長できる

【関連記事】

今の小学生はスマホがなくたってLINEをする(東洋経済オンライン)

今の中高生は子どもの頃から身近にインターネットがあります。パソコンやタブレット、そしてスマホでつながるネットの世界に子どもたちは興味津々。でも自分のスマホはなかなか買ってもらえません。今回は高校2年生の女子たちに、親の目をかいくぐりながらネットにつないだ子ども時代と今のデジタル事情を聞きました。

この記事の写真を見る

■通信教育のタブレットでネットデビュー

 今回、話を聞いたのは高校2年生の仲良し4人組です。学校とアルバイトの日々を楽しく過ごす普通の女子ですが、インターネット遍歴を聞くと意外な回答が返ってきました。

 彼女たちが最初に自分のデジタル機器でネットに接続したのは、通信教育のタブレットだったそう。音声や動画も使って勉強できる教材として提供される機器です。Wi-Fi経由でインターネットに接続して学習コンテンツを閲覧、またはダウンロードします。

 通信教育会社としか接続できない仕様になっていますが、親のパスワードがあればアプリストアに接続してダウンロードができるため、彼女たちはパスワードを知りたくてたまらなかったそうです。

 「親に、引き出しからあるモノを持ってきてと言われて、引き出し開けたら私のタブレットのパスワードが書いてある紙が見つかったの。ラッキーと思ってそのパスワードを入れて、YouTubeアプリをダウンロードして見てたよ。動きが遅くて大変だったけど、頑張って見てた」

 と、女子高生の1人が言うと、ほかの女子高生も「パスワードを適当に入れたら合ってたから、アプリも使えてた」と言います。

 「LINEがやりたくて、でも電話番号がないからどうしたらいいんだろうと思ったら、Facebookのアカウントを作ればいいって聞いて。家のパソコンでFacebookアカウント作って、LINEアカウントも作って、めっちゃ遅いけど通信教育のタブレットでLINEしてた。ママは機械とか苦手だから、アプリ入れたことも気づいてなかったよ」

【関連記事】

女子がガッカリする40代男性の「休日の服装」(東洋経済オンライン)

 「なんだか最近、いつもの服が似合わなく感じる……」

 このような違和感を覚える男性は、とても多いのではないでしょうか。それもそのはず、たとえば30代が近づけば体型も変わりますし、肌の質感や髪の太さも少しずつ変わります。若い頃のようなフレッシュさは徐々に失われていくわけです。それなのに、30代、あるいは40歳を過ぎてもファッションだけ学生の頃とあまり変わらなければ違和感を覚えるのも当然です。

この記事の写真を見る

■休日ファッションが「おじさん化」していく

 社会人になると、私服を着る機会は減りますし、仕事や家庭に忙しく、なかなか休日のファッションにまで気が回らなくなるかもしれません。その結果、ファッションが少しずつ「おじさん化」していくわけです。

 最近になって服が似合わなく感じるのは、今の年齢とファッションとの間に大きなギャップを生じているのが大きな原因です。いつまでも学生時代の感覚のままで服を買うのではなく、今の自分に似合う服を少しずつ取り入れていくことが、違和感のないファッションを実現するための近道となります。

 僕はこれまで、個人を対象とするファッション・コーディネート・サービスをしてきました。2009年から8年間で、3000人以上のおしゃれ初心者の方のファッション改善を手掛けてきました。その経験を生かし、私服で「ダサい」「カッコ悪い」と思われないためのポイントを紹介したいと思います。

 そもそも私たちは何のために服を着るのでしょうか?  本来、服なんて着られればなんでもいいはずです。そのうえで着心地がよかったり、機能的であればなおさらいい。しかし、男性の中には、着心地のよさや機能性のみを重視する人が多く、「おしゃれさ」という概念が抜け落ちてしまっている人が少なからずいます。

 しかし、私たちは1人で生活しているわけではありません。周囲には、家族や会社の同僚、男友達や異性の友人など、必ず「第三者」が存在します。その人たちに、あなたの姿がどのように映っているかを考えることが重要なのです。

 僕自身、10~20代の頃は自己満足で服を着ることが多く、自分が好きな服ばかりを着ていました。ところが30代になり、社会的にもさまざまな役割が生じるようになります。夫としての自分、父親としての自分、ビジネスマンとしての自分――。このような役割の中で、第三者の目に自分がどのように映るのかを意識することは、とても大切なことだと気づいたのです。

【関連記事】

DeNAベイスターズ躍進の原動力に意外な存在(東洋経済オンライン)

歌謡曲からテレビドラマ、映画さらには野球まで――。さまざまなエンタメコンテンツをまたにかけて活動する評論家・スージー鈴木。毎月、脚光を浴びた作品やコンテンツについて、客観的なマーケティング視点と主観も交えたカルチャー視点でヒットの要因を読み解いていく。

この記事の写真を見る

 今回は、10月度の「月間エンタメ大賞」として、クライマックスシリーズから、日本シリーズに進出した、横浜DeNAベイスターズ(以下、ベイスターズ)を取り上げる。ベイスターズの、エンターテインメントビジネスとしての成功にスポットを当てていくことにする。

■ベイスターズのビジネス的成功は歴史的

 横浜駅から電車で20分ほどかかる、市郊外の住宅街の朝。私の家の前を、ベイスターズのキャップをかぶった小学3年生くらいの少年が、学校に向かっている。何かぶつぶつ言っている。耳を澄ませてみると、「筒香が……ロペスが……井納が……」と、ベイスターズの選手についての、独り言だ――今回、書いてみたいのは、横浜の郊外に、こういう子供たちが一気に増えたことについての、考察と賞賛である――。

 セ・リーグのレギュラーシーズンでは2016年同様の3位だったものの、クライマックスシリーズ(CS)に勝ち残り、日本シリーズに進出したベイスターズ。前身の「横浜ベイスターズ」が1998年に優勝して以来、長く低迷し続けたこの球団が、2012年シーズンからDeNAの傘下に入って以来、日本プロ野球史に残るほどの、ビジネス的成功を収めているのだ。

 まずはホームゲームの年間来場者数を見てみよう。親会社DeNAの決算資料を見ると、2011年の年間観客動員数は約110万人にとどまっていたが、5年後の2016年には約194万人を記録、実に76%の成長を遂げ、大入り満員を何度も記録した。またNPB(日本野球機構)のデータによれば、今シーズン球団史上最高動員を更新する197万9446人に至っている。さらに、上記決算資料によれば、赤字続きだった事業損益も11億円の黒字に大きく改善したという。

【関連記事】

日本人は江戸時代にも「肉」を愛食していた(東洋経済オンライン)

2018年NKH大河ドラマは「西郷どん」だ。激動の幕末を、勇気と行動力で駆け抜け、明治維新を成し遂げた西郷隆盛の生涯を描くという。幕末といえば江戸時代。その江戸時代には、広く仏教信仰が浸透していた影響で、ほとんどの日本人は肉食を忌避していたとされている。
輪廻転生の思想が広まり、「この牛はお前の親の生まれ変わりかもしれない」などと真顔で説かれれば、たしかに、肉などおいそれとは食べられなくなる。しかし、そんな時代背景のなかにあっても、実は一部の日本人は、江戸時代から肉を愛食していた。そんな肉をめぐる知られざる幕末のドラマを『侵略する豚』(小学館)から紹介する。

この記事の写真を見る

 最後の将軍・徳川慶喜。じつはこの慶喜、大の豚肉好きで、「豚一殿」(豚が好きな一橋の殿様)と揶揄されるほどだった。

 当時の薩摩藩では、統治していた琉球文化の影響もあって、豚肉がよく食べられていたという。そんな事情から、慶喜は薩摩藩に対して、たびたび豚肉の「献上」を要求していたのだ。

 元治元年(1864年)薩摩藩の家老・小松帯刀は、慶喜から豚をねだられて、ほとほと困り果てているという胸の内を、書簡にしたためている。

 「追伸を申し上げます。一ツ橋公(慶喜)より豚肉を度々望まれることがあって、私の持ち合いのものを差し上げておきましたが、1度ならず3度目まで望まれて、すべてを差し上げてしまいました。ところが、またもやお使いを寄こされて豚肉を所望してこられました。しかし、もう私の手元にはないので、キッパリとお断り申し上げるしかありません。それにしても、大名というのは聞き分けがなく、大変困ったものです」

 当時の小松帯刀は28歳。若き家老にしつこく肉をねだる姿は、現代に残されている徳川慶喜の凜とした佇まいの写真からは想像できない人も多いだろう。大名の聞き分けのなさに振り回された帯刀はたまったものではなかったろうが、仏教の思想などどこ吹く風で、ひたすら己の欲に忠実な慶喜が、微笑ましくもある。

【関連記事】

日本シリーズで敗れたDeNAが「得たもの」(東洋経済オンライン)

 2017年の日本シリーズはソフトバンクが粘るDeNAを振り切り、4勝2敗で2年ぶり8度目の日本一に輝いた。

 順当といえば順当な結果である。

 94勝49敗で2位・西武に13.5ゲーム差をつけたパ・リーグのチャンピオンと、73勝65敗5分けで首位・広島に14.5ゲーム差をつけられたセ・リーグの3位チーム。

 日本プロ野球選手会が発表した今季開幕時点での支配下選手(外国人選手を除く)の平均年俸が、12球団最高の7013万円を誇るソフトバンクと、同じく最低の2600万円に留まるDeNAによる「格差対決」でもあった。

 投手力、打撃力、機動力。戦力を見ればすべての面においてソフトバンクが上。第3戦までは下馬評どおりホークスが3連勝を飾った。

■ペナントレース3位からの大健闘

 しかし、いずれも台風の影響を受けたクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ、ファイナルステージを泥んこになって勝ち上がってきたベイスターズは土壇場で息を吹き返す。

 第4戦はルーキー濱口遥大がホークス打線を8回1死までノーヒットに抑える快投で眠らせ、6-0の快勝。第5戦は主砲・筒香嘉智の中越え2ラン、中越え適時二塁打による3打点の活躍などで5-4と競り勝った。

 崖っぷちからの2連勝。重厚な戦力に立ち向かう姿はハマのベイスターズファンばかりか判官びいきのプロ野球ファンを大いに沸かせた。

 第6戦も3-2と1点リードで9回を迎えたが、守護神の山﨑康晃が1死から内川聖一に同点ホームランを許し、延長11回にサヨナラ負け…。シリーズの幕は下ろされた。

 「下克上」はならなかったが、3位からの大健闘。アレックス・ラミレス監督はこう総括した。

 「選手にはなんてすばらしい1年だったんだろうという話をした。負けたのではなく、得るものが多い1年だった」

 敗戦の中に「得るもの」が随所にちりばめられていた。

 まずは機動力。ソフトバンクが盗塁を6回企図して全部成功させたのに対し、DeNAはソフトバンクと同数の6回企図しながら4回失敗した。今季のチーム盗塁数39はリーグ最少、両リーグ11位。そのままの結果が出た。

 象徴的だったのは福岡 ヤフオク! ドームで連敗して本拠地・横浜スタジアムに戻った第3戦だ。初回、1番の桑原将志が四球を選び、今シリーズ10打席目にして初めて出塁しながら、続く梶谷隆幸の2球目に走ってアウトになる。

【関連記事】

なぜ老人は「悪口」だけしっかり聞こえるのか(東洋経済オンライン)

介護疲れと、それによる悲劇が絶えず報道されています。介護をする側は睡眠不足になりがちで、肉体的疲労も大きい。それだけでなく、子育てと違っていつ終わるかわからない介護を続ける中で、精神的な疲労がたまることもしばしば。
そうやって介護をして「ありがとう」と感謝されればまだ頑張れます。しかし、ありがとうの一言が出てこない。それは、老人が「介護を受けることが当たり前だと思っている」あるいは「性格が悪くなっているから」。そう思ってしまうのではないでしょうか。

「でもそれは、正解といえないことも多い」と言うのは、『老人の取扱説明書』の著者であり、シニア世代の新しい生き方を提唱する「新老人の会」会員でもある医師・平松類氏。いったいどういうことか。老人の困った行動の原因と対策を解説していただきます。

■高齢者は、高音よりも低音のほうがよく聞こえる

 高齢者というとよく話に出るのが、「本人に都合の悪いことは、まったく聞こえない」「優しく話しかけても無視をされる」、けれども「悪口を話しているときは、なぜかしっかりと聞かれている」。「地獄耳」なのではないか? とも思われますが、実はこれ、老化による聴覚の特徴的な変化が原因なのです。

 老化によって聴覚が衰えるということは知られていますが、均一に衰えるわけではないのです。若い頃であれば、音が高いか低いかによって聞こえ方に大きな違いはありあせん。しかし、高齢になると高い音のほうが著しく聞こえにくくなってくるのです。低音(500Hz)に比べると高音(2000Hz)で伝えるには1.5倍の音量を必要とするという研究データもあるくらいです。

 悪口や愚痴はたいてい、トーンを落として話しますよね。すると声が低くなりますから、高齢者に聞かれやすくなってしまうのです。逆に何かを熱心に伝えたいときこそ、感情が高ぶったりして声が高くなりがちですから、伝わらないことが増えるのです。

【関連記事】

ラッセル・クロウも批判する豪州の難民施設(東洋経済オンライン)

「1台のスマホが照らす豪州難民施設の真実」(4月19日配信)、「トランプ劇場に踊らされ見失いがちな『本質』」(3月4日配信)、「トランプの難民排除、知られざる意外な矛盾」(2月1日配信)と、これまで3回にわたって報じてきたオーストラリア政府が設けた難民収容施設の実態。その「閉鎖」をめぐって今、にわかに世界中から厳しい視線が注がれる事態となっている。大物ハリウッド俳優までもが声を上げ始めた。

この記事の写真を見る

■ついに「閉鎖」を迎えた施設が大混乱

 難民受け入れに対して厳しい姿勢を取るオーストラリア政府は、イランやアフガニスタンなどから戦火を逃れてボートで海を渡ってきた難民申請者たちを海上で強制的に拿捕し、隣国のパプアニューギニアのマヌス島などに設置した収容施設へ収容してきた。

 この実態に国際社会から人権侵害だとの批判が続出、昨年パプアニューギニアの最高裁判所が憲法違反の判断を下したことを受けて、同収容施設が先月31日、遂に閉鎖された。

 その施設の「閉鎖」が今、思わぬ騒ぎに転じている。収容されていた約600人(その多くが難民認定を受ける資格を持っていると推定されている)に対して政府が取り急ぎ移動するよう指示したが、島内の代替施設周辺の治安が悪く、地元民らに襲撃されるおそれがあることなどから、移動を拒否する難民申請者が続出したのだ。

 施設の一部はいまだに建設中でライフラインが通っておらず、「コンテナしかない状態」などの報告もされており、1度施設を出て移動を始めた収容者たちが再び歩いて閉鎖された施設に戻る姿が見受けられるなど、混乱が続いている。

 一方、元の施設は事実上「閉鎖」されたため、水道、電気、ガスなどの供給がすべて打ち切られているほか、食事の提供もストップしている。現在も施設内にいる収容者の男性によると、困窮した収容者たちは雨水を求めて自力で何時間も土を掘るなど目を疑うような光景が繰り広げられているという。

【関連記事】

暗い気持ちで下す決断は100%間違っている(東洋経済オンライン)

人生には誰しも大きな決断を迫られる瞬間が訪れます。たとえば、仕事の転職や起業。プライベートな面では結婚や離婚など、重大な決断の時に人の心は不安定になるものです。
『SOLO TIME (ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である』を著した精神科医の名越康文さんは、人生を大きく左右するような決断のときには自分の心が暗く澱んでいないか、しっかり確かめることが大切だと語ります。

この記事の写真を見る

■「群れ」から離れる決断を応援します

 人生には、長年なじんできた群れから離れ、旅立たなければならないときがあります。転職や起業はもちろんのこと、人によっては、家族や生まれ育った国から離れる決断をすることだってあるでしょう。

 私は三十代の終わりごろ、十数年勤めた病院を辞めてクリニックを開きました。不安になった時期もありましたが、実際に病院組織という大きな「群れ」から離れてみると、辞める前の心配事の多くは杞憂だったと感じました。

 もちろん、何の苦労もなかったわけではありません。しかし、ひとたび群れを離れてから自分の身に起きたことは、良いことも悪いことも、群れを離れる前の自分には、想像することすら難しいことばかりだったのです。

 ですから、もし皆さんが、はっきりとした理由があって「群れから離れる決断」をされるのであれば、私は心から、それを応援したいと思います。

 ただし、その時、一つだけ、忘れないでいただきたいことがあります。

 それは、人生を大きく左右するような決断をするときには、自分の心が暗く澱んでいないかということを、しっかりと確かめておくということです。なぜなら、暗い気持ちで下した決断は、百パーセント間違っているからです。追い詰められた精神状態のときには、大胆な決断は避けなければいけません。

 極度の緊張や、疲れ果てた精神状態の時には、判断力が鈍ります。財布を落としたり、約束をすっぽかしたりといった、普段だったら絶対しないようなミスをするのは、だいたい忙しかったり、プレッシャーのかかる仕事や人間関係によって追い詰められている時なのです。

■大きな決断に迫られたときほど不安定

 このことについては、多くの方が同意されるでしょう。しかしながら、実はここには、ちょっとしたジレンマがあります。それは、大きな決断を迫られているときほど、私たちは平常心ではない、という現実です。

【関連記事】