上野動物園も! プロ溺愛「すごい長靴」の世界(東洋経済オンライン)

 東京も大雪やゲリラ豪雨に見舞われる昨今。革靴がぬれてヨレヨレになり、「ちゃんとした長靴を常備しておくべき?」なんて思う人も多いかもしれない。

この記事の写真を見る

 そこで、自然の脅威にも備えられそうな実績ある長靴をリサーチしたところ、弘進ゴム(宮城県仙台市)の「シーラックスライト」というゴム長靴にたどり着いた。雪寒地にお住まいの人々を中心に10年近く愛され続けているという。

 「1月の大雪の際は、北関東のホームセンターからも全体で1万足ほどのオーダーが入りました」と、同社シューズウェア統括本部・副本部長の近内章人さん。普段需要の低い関東地方でも、いざというときの頼れる存在になっている商品のようだ。

■上野動物園の飼育員たちが履いていた! 

 同社は、ゴム・ビニール製品を製造販売している会社。身近なところでいうと、車のパワーステアリングホースや大手コンビニのコーヒーメーカーマシーンの中の管などを作っているのだが、中でも1935年(昭和10年)の創業以来、主力商品となっているのが長靴だ。

 同社は、国内の専門業種向けの長靴(ゴム製・ビニール製)市場で35%とトップシェアを持つ。水産、農業、食品、土木建設などの現場で定評があり、指名買いが多いようだ。

 たとえば、雪や氷の上でも滑りにくいゴム長靴「マッキンリー」。上野動物園職員の指定品だという。魚の脂で滑りやすい築地市場では、働く人の9割が耐油性のビニール長靴「ザクタス」を履いているそうだ。そのほか、スーパーのバックヤードで使われる白い衛生長靴「ゾナ」シリーズや、ハードな現場向けとしてつま先に鋼製の先芯を施した安全長靴なども売れ筋だという。

 そんな現場のプロたちに選ばれる同社の「一般作業用」の長靴として売られているのが、「シーラックスライト」シリーズ(冒頭の写真中央)だ。2008年に発売を開始して以来、土木現場などで作業をする人や、雪かきが必要な北国に住む人たちから人気を得ている。値段は5400円(税込)。作業用長靴は探せば1000円代でも買えることを考えると安価とは言えないが、「一度履くとほかのものはもう履けない」と繰り返し買うリピーターが多いそうだ。

【関連記事】

転倒者続出「女子スノボSS」現地で見た課題(東洋経済オンライン)

 2月12日に行われた平昌(ピョンチャン)オリンピック・スノーボード女子スロープスタイル(SS)決勝、強風の中、ほとんどの選手が転倒し、ミスなく自分自身の滑りを実現できた選手はほぼ居なかった。

 スロープスタイルとは前半のジブセクション(コース上に設置されたアイテム)から自身で選び演技し、後半のジャンプセクションで技を決める競技だ。日本人選手は4人出場したが、藤森由香選手(アルビレックス新潟)の9位が最高位。広野あさみ選手(TJR)が12位、岩渕麗楽(いわぶち れいら)選手(キララクエストク)が14位、鬼塚雅選手(星野リゾート)が19位とメダル・入賞ともに逃した悔しさの残る一戦だった。

 「楽しかったですが、悔しい内容になりました。攻めようという気持ちで滑ることができたのは良かったとはいえ、あのコンディションに合わせきれていなくて、自分の実力不足も出てしまったので自分なりの滑りではなかったです」

 女子スロープスタイル決勝後、出場した岩渕選手はこう語った。

■現地の強風に苦戦する選手たち

 今回の会場の特徴は、ワールドカップなどのスロープスタイルの会場より大きく、人工の障害物やキッカー(ジャンプ台)の難易度が高いコースだったということ。男女ともに同じコースを滑り、技の難易度やジャンプの高さ、リズムよく全長617メートルのコースを上から下まで滑り降りることが重要と言えるコースだった。

 そんなコースで試合前の公式練習でも転ぶ選手が続出した。さらに、選手たちがなかなか飛ばないシーンも多かった。原因は横風だ。

 「体重が軽いと風にあおられる。横風が強いと技やスタイルに影響が出る」と岩渕選手をマネジメントするRADTAKEの川北武志代表も話していた。

 ほかの会場に比べ、ジャンプセクション間の距離が短いこともあり、滑る選手たちは修正時間が短くなる。着地をうまくできないと次のジャンプセクションまで、うまくスピードに乗って思うようなジャンプができないコースになっているのだ。

【関連記事】

「市民マラソン大会」激増の知られざる舞台裏(東洋経済オンライン)

 「箱根駅伝」や「都道府県対抗駅伝」が終わる1月下旬から2月は、一般ランナーも参加できる「市民マラソン大会」が各地で開催される。早春と春は、秋と並ぶシーズンで、最も大きな大会「東京マラソン2018」は2月25日に開催予定だ。同大会が現在の形となったのは2007年で、ふだんはクルマであふれる首都・東京の公道と、都内の観光名所近くを走れるため、毎年多数の市民ランナーが申し込み、抽選となる。

この記事の写真を見る

 実は、第1回の東京マラソン開催以降、全国各地で市民マラソン大会やランニング大会が激増した。42.195kmの「フルマラソン」や、その半分の距離の「ハーフマラソン」がある大会、「10km」や「5km」中心の大会など特徴もさまざまだ。何を基準にするかで数字は違うが、関係者に取材すると「10年前(東京マラソンのスタート時)は800だったが、現在は2300もある」「インターネットのランニングサイトに登録される大会では1800超、小さな大会を合わせると2800」とも聞く。10年で約3倍に増えたといえそうだ。

 一方、古くから開催してきた市民マラソン大会もある。今回はその1つで、1月28日に開催された「第66回 勝田全国マラソン」(茨城県ひたちなか市)を密着取材した。同マラソンの前身は1953(昭和28)年からで、20回大会から勝田市(当時。現ひたちなか市)開催となった。レースの内容ではなく、運営の舞台裏を紹介したい。

■街を知り、宿泊してもらいたい

 そもそも、ここまで市民マラソン大会の数が増えたのは“観光需要への期待”が大きい。実際に走るランナーだけでなく、その家族や友人・知人が来訪するので、町おこしになり、経済効果が期待できるからだ。そのため開催地の関係者は集客の工夫を凝らす。

 勝田全国マラソンも、近年は「前日祭」を開催している。今年は市内の文化会館で「パスタフェア」を行い、1食300円で8種類のパスタが味わえるほか、会館内のホールでは無料の「ステージイベント」が開催された。来訪者の飲食や宿泊もねらいだ。宿泊施設側も積極的で、大会当日はロビーに無料の水とバナナなどを用意するホテルも多い。

 ランナーにとって、同大会はどんな位置づけなのだろうか。

 「伝統のある大会で、フルマラソンの上位入賞者は米国ボストンマラソンに派遣されます。そうした競技性もあり、たとえば近隣の実業団駅伝のメンバーも個別に参加します。首都圏に近くて、この時期に開催される大会はあまりありません」(ランニング専門誌『ランナーズ』編集部・黒崎悠氏)

【関連記事】

映画「チャーチル」が現代に与える示唆の数々(東洋経済オンライン)

 いつの時代でも自分の信念を貫くのは本当に難しい。自分の決断が本当に正しかったのか、それはやってみないとわからない。ましてやそれが、かのアドルフ・ヒトラーの脅威に立ち向かうための決断だったとしたら、その重圧は計り知れないものになるだろう。

この記事の写真を見る

 イギリスの政治家ウィンストン・チャーチルは、その力強いリーダーシップと、誰にも負けない信念で、第2次世界大戦を勝利に導いた。

■首相就任当初のチャーチルを描く

 その指導力は、ビジネスリーダーの間でも評価が高く、コンサルティング会社PwCが2013年に調査した、「世界のCEOが選ぶ、最も尊敬するリーダー」のトップに選ばれている。

 そんなチャーチルの素顔をリアルに描き出したのが、3月30日に劇場公開される映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』だ。

 同作の舞台は1940年5月。ナチス・ドイツが東欧や北欧諸国を占領し、ベルギーやオランダにも侵攻を開始、その脅威はイギリスにも迫っていた。イギリス国内では、自国の防衛強化を怠り、ナチス・ドイツの脅威にさらしたとして、チェンバレン首相が辞任。その後任として白羽の矢が立ったのが、ナチスに立ち向かうことを主張し続けていたチャーチルだった。

 しかし、就任早々、内閣の足並みがそろわない。ドイツがフランスにも侵攻し、立ち向かわないといけない局面にもかかわらず、ハリファックス子爵、チェンバレン前首相らは、「ドイツと本格的な戦争になれば、多くのイギリス国民の命を危機にさらしてしまう。それを避けるためにもドイツと話し合いをするべきで、今なら平和的に解決ができるはずだ」と、なお和平を模索していた。

 国民の命を危機にさらすことは避けたいが、全体主義の名の下に、近隣諸国へのを続け、ヨーロッパの平和秩序を乱すナチス・ドイツに妥協することは、民主主義の敗北を意味する。一方、ドイツ軍の侵攻は容赦なく進み、政権内ではハリファックス子爵たちが容赦なく揺さぶりをかけてくる――。

【関連記事】

日本野球の対極にある「ドミニカ野球」の正体(東洋経済オンライン)

横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智が、「野球離れ」に対して警鐘を鳴らす勇気ある発言をした背景には、堺ビッグボーイズの取り組みがあったことは先日紹介した。『DeNA筒香を輩出「堺ビッグボーイズ」の挑戦』(2月12日配信)。それとともに見逃すことができないのは、「ドミニカ共和国」の存在だ。

この記事の写真を見る

■レベルが高いドミニカ共和国のウィンターリーグ

 筒香は2015年にドミニカ共和国のウィンターリーグに参加した。ウィンターリーグとは、NPB(日本プロ野球)やMLB(米メジャーリーグ)がオフのシーズンに、温暖な地域で行われるプロ野球のリーグ戦である。

 ドミニカ共和国のウィンターリーグは6球団が各チーム50試合とプレーオフを行う。MLBやマイナーリーグをはじめ各国のプロ野球選手が個別に球団と契約して参加する。優勝チームはカリブ海諸国のウィンターリーグの勝者で争われるカリビアン・シリーズに進出する。

 ドミニカ共和国のウィンターリーグは、教育リーグや練習試合ではなく、純然たる興行として成り立っている。

 MLBでプレーしているドミニカ共和国の選手にとっては「故郷に錦を飾る」意味もあり、人気もある。チーム成績が悪ければ監督は解任されるし、成績が悪ければ選手も解雇される。レベルは非常に高く、野手の場合、NPBの1軍の選手でも出場機会を得ることは難しい。

 このリーグの存在を筒香に伝えたのは、少年野球チーム堺ビッグボーイズ代表の瀬野竜之介だ。瀬野は野球関連用品を取り扱う商社も経営しているが、5年前、日本人MLB選手のサポートのためにアメリカに滞在していたときに、当時JICA(独立行政法人国際協力機構)にいた旧知の阪長友仁に誘われてドミニカ共和国のプロリーグを見学し、そのレベルの高さと充実ぶりに感銘を受けた。

 帰国後、筒香にその話をした。筒香も興味を示し、2014年のオフに球団に許可を求めた。

【関連記事】

売れる営業は「未来」の語り方が抜群にうまい(東洋経済オンライン)

営業、交渉力などの研修講師として5000人以上を指導してきた大岩俊之氏による連載「入社1年目の営業」。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボにより一部をお届けする。

この記事の写真を見る

■商品購入の先にある、期待する未来とは? 

 自社の商品を一生懸命アピールするのは、営業マンとして当然のことです。しかし、商品の説明をしただけで、簡単に商品が売れる時代は終わりました。同じような商品やサービスは、他社もたくさん持っています。

 そこで問われるのが「お客さまの問題が解決された未来」をいかに提供できるかです。目の前の価格、商品スペックだけでは、この時代、お客さまは単純に商品を選んでくれません。お客さまが求めているのは、商品と営業マンとの関係における「未来」であり、その商品を購入したことによって描く「未来のライフスタイル」なのです。

 営業マンはそこまで理解し、お客さまの未来にまで寄り添う形の商談が必要な時代になってきています。だからこそ、“できる営業マン”と“そうでない営業マン”の差が顕著に現れる時代になってきたのです。まだ新人とはいえ、よりレベルの高い営業マンを目指すのであれば、「お客さまの未来」に寄り添う気持ちをもって営業活動をするのがマストです。

 お客さまは、営業マンが売りたいと思っている商品やサービスが欲しいのではありません。その商品やサービスを買ったことで得られる「未来」に期待して、商品を購入するのです。言い方を変えれば、お客さまに「悩みが解決された未来」が確実なものになると思ってもらうことができれば、商品を購入する確率は高くなります。ポイントは「お客さまの未来への成果」なのです。

 例えば「車の購入」であれば、家族でお出かけするために広めのミニバンがいいのか、通勤に使いたいから燃費がいい車がいいのか、見た目を重視したいので、スタイリッシュな車がいいのかなど、「変化した未来」という購入した後の姿を描いているのです。

【関連記事】

親にいくら貯金があれば介護離職して良いか(東洋経済オンライン)

 介護離職をした場合、再就職までにかかる期間は、どれくらいだと見積もっていますか?  この期間として統計的に最多となっているのは1年以上です(男性の38.5%、女性の52.2%)。1年以上も仕事から離れていて、条件のよい就職先が見つかると思いますか?  現実として、介護離職をしてから運よくあらたな職場を得たとしても、収入は男性で4割減、女性で半減するというデータがあります。

 介護離職をするなら、まず、1年以上収入が途絶え、再就職できたとしても今の半分程度の年収になっても生きていけるだけの貯金が必要です。貯金が足りないまま介護離職をすれば、親が資産家でもない限り、あなたは生活保護を受給することになります。仮に自宅ローンが残っていれば、自宅を手放すことになり、一家離散という可能性も出てくるのです。

■介護は終わりが見えないもの

 介護は、いちどはじまると、いつ終わりになるか予想ができません。目安となるのは、平均寿命から健康寿命(心身健康でいられる年数)を引いた年数です。日本でこれは、10年以上になります。ですから介護生活は、少なくとも10年程度は続くことを想定しておく必要があります。

 しかも、この期間のうちには、親の健康状態は悪化していくことも多いのです。はじめは半身不随などの身体的な問題だったところに、認知症(重度化すると意思の疎通ができなくなる)も重なってきたりします。

 介護離職をして年収が半分になって10年も経つと、介護離職をしなかった場合からは想像もできないほど貧困になります。いつ終わるとも知れない介護に悩まされながら、金銭的にも厳しくなると介護離婚(介護を理由とした離婚)が発生することも多いようです。あなたの親は、自分の愛する子供が、自分の介護のせいで、そうした状態になることを本当に望んでいるでしょうか。

 金銭的に厳しくなると、家賃の負担を下げるために、親と同居しての介護を検討するようになるかもしれません。しかし特に、介護が必要になった親を自宅に迎え入れて同居した場合は、介護離婚のリスクはかなり高くなります。実際に、介護職(介護のプロ)たちは、そうして介護離婚に至ったケースを多数見ています。

【関連記事】

ナイキの知られざる誕生秘話はここまで熱い(東洋経済オンライン)

思っている以上に時間は短く、人生は朝のランニングのように束の間であることを、私は痛切に感じていた。だからこそ自分の時間を意義あるものにしたかった。目的のあるもの、創造的で、重要なものに。そして何より……人とは違ったものに。
私は世界に足跡を残したかった。
私は勝ちたかった。
いや、そうじゃない。とにかく負けたくなかったのだ。
そして閃いた。私の若き心臓は脈打ち始め、ピンクの肺は鳥の翼のように膨れ上がった。木々が緑に染まるのを見ながら、私は自分の人生もスポーツのようでありたいと思った。(4ページより)

この記事の写真を見る

■未来への野望

 ナイキの創業者であるフィル・ナイトによる著作『SHOE DOG(シュードッグ)』(フィル・ナイト著、大田黒奉之訳、東洋経済新報社)は、24歳だった彼が夜明け前のオレゴンを走りながら思いを巡らせる、このような描写からスタートする。

 この冒頭の数ページで心をわしづかみにされてしまうのは、未来への野望でいっぱいになった著者の思いがはっきり伝わってくるからである。並走しながら澄んだ空気を吸っているような、さわやかで、熱いリアリティがあるのだ。

 そしてこの日を境に、彼は“馬鹿げたアイデア”の実現のため動き出す。オニツカという会社のブランド「タイガー」のかっこよさに魅了されていたため、神戸のオフィスへ赴き、タイガーのシューズをアメリカで売りたいと交渉するのである。

「みなさん、アメリカの靴市場は巨大です。まだ手つかずでもあります。もし御社が参入して、タイガーを店頭に置き、アメリカのアスリートがみんな履いているアディダスより値段を下げれば、ものすごい利益を生む可能性があります」(39ページより)

 こうした部分だけを引き抜くと、当時からいかにも優秀なビジネスマンだったように思えるかもしれないが、このエピソードには最初からオチがある。なぜならこの時点で、著者にはビジネスの経験がなかったのだから。当然ながら自分の会社もなかったわけだが、そのことを指摘されても、なんとかハッタリで乗り切ってしまう。

「ミスター・ナイト、何という会社にお勤めですか」
「ああ、それはですね」と言いながら、アドレナリンが体中を流れた。逃げて身を隠したい気分になった。

【関連記事】

「自閉スペクトラム症」の人を取り巻く困難さ(東洋経済オンライン)

近年、テレビや新聞、雑誌などで「大人の自閉スペクトラム症」が取り上げられることが増えました。実際、自閉スペクトラム症(以下、ASD:Autism Spectrum Disorder )は「10人に1人は抱えている」とも言われています。
ではASDとは、いったいどのような症状を言うのでしょうか。『大人の自閉スペクトラム症』を刊行し、職場での深刻な現状を豊富な事例とともに取り上げた精神科医・備瀬哲弘氏にお聞きしました。

■自閉スペクトラム症は、もはやひとごとではない

 筆者のところには“生きづらさ”を感じている人たちが多く診察に訪れます。そして生きづらさの原因を探し求める過程で、「ASD」に行き着く人が実に多いのです。

 ASDとは「従来は自閉症、アスペルガー症候群、高機能自閉症などを含む広汎性発達障害と包括されていた疾患を、知的レベルや特性に強弱はあるが、その基本的な特性によって連続している(スペクトラムは連続帯と訳される)ととらえ直した概念」のことです。

 ASDの特性としては、空気が読めず、思ったことをすぐ口に出し、その結果として相手をすぐに怒らせる、極端にこだわる、落ち着きがない、同僚との雑談が苦手などを挙げることができます。ただ、程度の差こそあれ、少なくともこれらの特性の1つは、誰にでも当てはまるかと思います。

 ではASDの人は、生きるうえで「どう困っているのか」「何が生きづらくさせているのか」、4つのケースを紹介します。

 30代女性事務員のBさんは、子どもの頃から余計な一言をつい言ってしまい、人を怒らせたり、不愉快にさせたりしてきました。年を重ねるにつれ、言葉をのみ込めるようになってきているとはいうものの、それでもうまくいかないことのほうが多いとのことです。また、空気が読めず、場の雰囲気を乱すようなことばかりしています。Bさんはよどみなく話すことができますが、どこかまくし立てるように、せわしなく話す印象を受けます。

【関連記事】

DeNA筒香を輩出「堺ビッグボーイズ」の挑戦(東洋経済オンライン)

1月14日、大阪、堺市の野球イベントで横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智が発したメッセージ『DeNA筒香「球界の変わらない体質」にモノ申す』(1月16日配信)は、大きな反響を呼んだ。現役のスター選手が、日本の「野球離れ」に警鐘を鳴らし、選手の健康を軽視した指導や、主体性を損なう指導の問題点を厳しく指摘したのだ。

この記事の写真を見る

 筒香嘉智が勇気をふるってこの発言をしたのは、彼もOBである大阪府の少年野球チーム、堺ビッグボーイズの思いに共感したからだ。

■ボーイズリーグ役員に具体的提案

 1月14日にメッセージを発信した筒香は、翌日、大阪にある日本少年野球連盟 (ボーイズリーグ)の本部を訪れ、会長、理事など役員に、少年野球改革の必要性を訴えた。

 筒香とともにボーイズリーグの本部を訪問したのは、堺ビッグボーイズ代表の瀬野竜之介、コーチの阪長友仁、そしてスポーツ医として長年、野球少年のケアを続けてきた医師の古島弘三らだ。

 自主トレーニング中の筒香は、途中で退席したが、冒頭、前日と同じく少年野球の危機を強く訴えた。その後、少年野球の現状と改善策について、それぞれの分野からの説明があった。

 瀬野は言う。

 「実は昨年も筒香選手はボーイズリーグ本部を訪問し、ボーイズOBとしての挨拶と寄付をしています。私が今年は具体的な改革の必要性を訴えたいと話したら、筒香選手は自分も同席すると言ったんです」

 反応はどうだったのか? 

 「ボーイズの会長をはじめ、役員の方々も、聞く耳を持って聞かなければ、このままではいけないという問題意識は強く持っておられます。とても熱心に耳を傾けていただきました。何かをスタートさせようという雰囲気を感じました」

 ここで簡単に、日本の少年野球の歴史について振り返ろう。戦前から、10代前半の子どもによる少年野球は盛んだった。大正中期に軟式球が発明されると、全国大会も開かれるようになる。南海の監督・鶴岡一人や、初代ミスタータイガース藤村富美男などは、小学生の頃から全国にその名が知られていた。戦後になると、アメリカからリトルリーグがもたらされる。少年ながら硬式球を使用した野球だ。ただしイニング数が制限され、ルールも大人の野球とは違う部分があった。

【関連記事】