上野風月堂が“生ゴーフル”で勝負をかける できたて新感覚スイーツの狙いは(日経トレンディネット)

 松坂屋上野店の南館跡地に「上野フロンティアタワー」が開業し、街の風景も人の流れも大きく変わりつつある上野・御徒町エリア(関連記事「上野にJフロント×パルコの新施設、その中身は?」)。2017年11月15日、上野フロンティアタワーにほど近い老舗洋菓子店、上野風月堂の本店がリニューアルオープンした。

【関連画像】店内で焼きたてが食べられる「ゴーフレーシュ」。自家製のキャラメルソースとバターを合わせた「キャラメル」(税込み280円、以下、価格は全て税込み)、フランス産の赤砂糖「ベルジョワーズブリュン」とバターのみで作り上げた濃厚な「シュガーバター」(280円)のほかに、季節限定商品として「マロン」(300円)もある

 これまで喫茶営業と菓子販売を行っていた1階に、ライブ感のあるオープンキッチンを新設。職人が目の前で焼き上げたスイーツをコーヒーとともに楽しめるカフェを併設。また、パーラーとしてケーキやパスタを提供してきた2階はレストラン「KANAME(かなめ)」として、営業時間やメニューを大幅に見直した。

 リニューアルの目玉は、上野風月堂本店限定で販売する新商品「ゴーフレーシュ」だ。焼きたての皮にとろりと軟らかいクリームを挟んでおり、もっちりしたクレープのような食感。いわば“生ゴーフル”とでも呼びたい新感覚スイーツだ。

 上野風月堂といえば、丸い形のウエハースにチョコレート風味やストロベリーなどのクリームを挟んだゴーフルで知られている。日持ちすることから進物菓子の定番として支持され、全国の百貨店や量販店、空港など約550店舗で販売している。

 今回のリニューアルについて、上野風月堂の大住佑介社長は「創業270年の節目と、上野フロンティアタワー開業のタイミングに合わせた。この店を訪れるためにわざわざ上野に来たくなるような新たなランドマークを目指す」と話す。だが、目玉であるゴーフレーシュは持ち帰りの場合は要冷蔵で、賞味期限は製造日を含めて2日。なぜ、あえて日持ちのしない商品に力を入れたのだろうか。

新しい定番で顧客の幅を広げたい

 それには、新しい定番商品で顧客を拡大したいという同社の狙いがあった。本店では進物菓子を中心に上生菓子や洋菓子、生ケーキなど、いろいろなジャンルの菓子を幅広く販売していた。そのため「なんでも屋になり、何が売りなのか分かりづらくなっていた」(大住社長)。そこで、リニューアル後は進物菓子の取り扱いは残しながら、その他の商品を刷新。ゴーフル、カステラという2つの主力商品に的を絞り、本店でしか食べられない新スイーツとして展開した。

 また、本店の利用者の約8割が50代以上だったという。そこで、若い世代も気軽に利用しやすくするため、1階をフルサービスの喫茶コーナーからキャッシュオン形式に変えた。着席もできるが、ゴーフレーシュとコーヒーだけを買ってそのまま食べ歩きをすることも可能だ。

 全国で展開している進物用の商品は、「すぐに変える予定はないが、本店への客の反応を見て考えたい」(大住社長)とのこと。同店のリニューアルは、街の再開発で人の流れが変わるなか、老舗がどう生き残るかというモデルになるかもしれない。

(文/桑原恵美子)

【関連記事】

牛肉がゴロリ! 濃厚で柔らかな「高千穂牛肉味噌」(日経トレンディネット)

甘みのある濃厚な味噌にホロリと柔らかい牛肉がゴロゴロ

 瓶を開けるとごく普通の味噌漬けに見える。しかし、いざ取り出そうと箸を差し込むと、見た目からは想像できないほど固形の何かに箸が当たる。牛肉がこれでもかというほどゴロゴロと詰まっており、取り出そうとすると牛肉の固まりが瓶の口に引っかかって、取り出すのに一苦労だ。味噌の中に牛肉が漬け込んであるというより、牛肉が味噌をまとって瓶の中に入っているという感じだ。

 ご飯に乗せて口に入れると、まず濃厚な味噌の甘さが口に広がってくる。にんにくが効いているせいか甘さの中にもピリッとした刺激があり、ご飯が欲しくなる。牛肉は噛まなくてもホロリと舌の上で溶けるほど柔らかい。もろちん歯ごたえや食感はあるのだが、口の中でスッと無くなっていく。缶詰の肉のようにカチカチに硬かったり筋張っていたりというのがまるでなく、牛肉の旨みや「牛肉を食べた」という満足感が確かに舌の上に残っていくのが嬉しいところだ。なお、「プレミアム高千穂牛肉味噌」には辛口味もラインナップされており、こちらの方がより日本酒や焼酎はもちろん、ビールの肴にしても楽しめる味わいだ。

 「新宿みやざき館KONNE」の女性スタッフのお勧めポイントは「肉牛日本一の宮崎牛は適度に脂が乗った濃厚な旨みが特徴です。特に高千穂の牛は飼料がよく宮崎牛の中でも評価が高いブランドです。ご飯に乗せるのもいいですが、ご飯に混ぜて食べるのも美味しいですよ」と語ってくれた。他にも同じように宮崎牛を使った「宮崎牛ビーフカレー」や国内鶏を使った「チキン南蛮」「つぼ漬」「おび天」などもご飯のお供としてオススメとのこと。

(文・写真/シバタススム)

【関連記事】

ペット保険会社“猫専門コールセンター”が話題(日経トレンディネット)

 散歩仲間がいる犬の飼い主と違って、猫の飼い主同士は直接会って飼い猫の悩みを語り合う機会が少ない。ペット保険専門のアニコム損害保険(東京都新宿区)は、猫の飼い主向けサービス強化のための「ニャニコムPROJECT」第1弾として、猫特有の悩みや気になることを相談できる猫専門コールセンター「ニャンともあんしんサービスセンター」を2017年6月22日にスタートさせた。電話番号(0800-777-5625)の末尾4桁は、ゴロニャーゴの語呂合わせで、保留音は猫の鳴き声。受付時間は平日9時半から17時半、土日・祝日は9時半から15時半まで。

【関連画像】同社のペット保険の契約件数は約66万件。通院、入院、手術を補償する「どうぶつ健保ふぁみりぃ」の場合、全国6147件(2017年9月末)の対応病院で「どうぶつ健康保険証」を提示すれば、人の健康保険と同様に自己負担分を支払うだけで利用できる

 同コールセンターには月平均50件前後の電話が入るが、そのほとんどは保険に関する質問。だが猫好きのオペレーターをそろえただけに、本題以外で猫の話が弾むことも多いとのこと。「なかなか猫の話ができる“猫友”がいないので、こうやって話ができるのはうれしい」と喜ばれたり、「猫の鳴き声の保留音に家の飼い猫たちが反応して2階から下りて来た」と報告されたりなど、飼い主とオペレーターで盛り上がることがあるという。また、保険の質問に答えるうちに飼い主と一緒に愛猫の病気を心配するようになり、死んでしまって解約の連絡をもらったときには一緒に涙を流してしまったオペレーターもいたそうだ。同社にはオペレーターへお礼のお菓子や愛猫の写真などがたくさん届いているとのこと。

 「ニャニコムPROJECTでは今後も、ウェブマガジン『anicom you』による情報発信や猫の譲渡会の共催などで、猫の飼い主を笑顔にできるサービスを展開していきたい」(アニコム損害保険 経営企画部 塩澤みき氏)という。

(文/桑原 恵美子)

【関連記事】

最新洗濯機の賢い選び方 “温め・泡・ほぐし”がポイント(日経トレンディネット)

 家電メーカー各社からドラム式洗濯乾燥機の2017年最新モデルが出そろった。タテ型洗濯機は夏に最新モデルが登場するので、これで2017年モデルが出そろったことになる。そこで、洗濯機を購入するうえで知っておきたい最新トレンドを紹介する。

【関連画像】左からパナソニックの「Cuble NA-VG2200L」、シャープの「ES-P110」、東芝の「ZABOON TW-117X6L」

●洗濯機も“インテリア”の1つに

 ここ数年の大きな流れの1つとして、洗濯機がスタイリッシュになりつつあることが挙げられる。具体的にはタテ型洗濯機、ドラム式洗濯機それぞれの項で紹介したいが、キッチン家電や掃除機などに見られる“魅せる家電”という方向性が洗濯機にも確実に浸透してきた。

 掃除機も従来は“隠す家電”の代表格だったが、ダイソンの登場、さらにはスタイリッシュなコードレス掃除機の登場によって、部屋の片隅などに常に置かれるようになり、そのデザイン性がより重視されるようになった。洗濯機は脱衣所などに設置する家電のため、基本的には「人に見せる家電」ではない。しかし機能を制限してでもデザイン性にこだわったパナソニックの「Cuble」が一定の成功を収めているように、「少しでもデザインのいい洗濯機が欲しい」という消費者は決して少なくないのだろう。

 「機能を削ってでもデザインを抜本的に見直した」という方向性を示したのはCubleくらいではあるものの、全体的にデザインの重要度が増している印象を受ける。

●■発売時期は、縦型は6~8月、ドラム式は9~11月が中心

 タテ型洗濯機の新製品発売時期は毎年6月から8月が多い。一部に簡易乾燥機能付きモデルもあるが、タテ型は洗濯機能のみのモデルが多い。夏の暑い時期に外干しすると気持ちいいほど乾くので、“外干し派”の琴線に触れる時期なのだろう。

 一方、ドラム式洗濯乾燥機の新製品発売時期の中心は9月から11月にかけて。秋から冬にかけて日差しが弱まり、外干ししてもなかなか乾かなくなりつつある時期に乾燥機能の充実したドラム式が発売されるという感じだ。

●■買いどきは、新機種を狙うなら発売3カ月~半年後

 白物家電は全体的に発売3カ月後に価格がある程度落ち着く傾向にある。年末商戦や春の新生活シーズンなど値上がりしやすい時期などもあって一概には言えないが、6月発売のモデルなら9月あたりが一つの狙い目だ。もちろん、その後もじわじわと下がり続け、半年後くらいにほぼ底値になると考えていいだろう。

プロ愛用「缶切り」5選 インスタでブーム到来のなぜ (日経トレンディネット)

 合羽橋の老舗料理道具店「飯田屋」(http://www.kappa-iida.com/)の6代目、飯田結太氏がイマドキの調理道具を徹底比較。今回は、プロに欠かせない、今ひそかに人気上昇中の「缶切り」を検証する。

【関連画像】プリンス工業「FD STYLE ロータリー式缶切り」(飯田屋店頭価格2700円)。グッドデザイン賞受賞。握りやすく、使いやすいのにスタイリッシュなデザインで男性に人気。フッ素加工されているので、水でさっと流すと汚れが落ちやすい

 こんにちは、飯田結太です。少し前に「缶詰バー」がちょっとしたブームになったことがあります。イマドキの缶詰はプルトップ構造のものが主流ですが、業務用の缶詰はまだまだ缶切りが必要なものが多いのです。フルーツからソース類、輸入食材、食用油や粉類などさまざまな缶詰があり、プロにとって缶切りは定番の道具。そして今、進化した缶切りが次々と発売になっています。今回はプロ必須のキッチン道具、缶切りの最新アイテムを徹底検証します。

●缶切りにもトレンドあり、キーワードは“SNS”と“高齢化”

 昔からあるプロ用の缶切りといえば、てこの力でコキコキと開けていく「ガンジー」が有名です。今も変わらず人気がありますが、缶切りは進化し、トレンドはハンドルタイプへと移行。そのあとに電動式が登場しました。電動式はいつの間にかブームが去り、プルトップ構造の缶詰が増えてきたこともあって、缶切りの進化はここで止まってしまったように思えましたが、ここ2~3年で再び缶切りが増加中。今、飯田屋で扱っているものだけでも20種類以上はあります。

 最近の缶切りの傾向は、手をケガしにくい、切り口が尖らないように切れるもの。以前は、缶のふたの内側を切っていくのが一般的でしたが、最近増えているのはふたの外側を切っていくもの。外側を切ると、切り終わったふた部分がまたふたとして使えるのです。食べ終わったら、小物入れとして再利用する人が増えているのだそうです。

 このトレンドは、最近のSNSへの投稿に関係があるようです。おしゃれなデザインが施された外国製の缶詰を食べた後にインテリアとして飾る女性が増えていて、その様子をSNSに投稿しているのが理由のよう。海外の缶はプルトップ構造は少数派なので、缶切りが必要になります。「どの缶切りが一番きれいに切れるか」と質問する女性も多く見かけるようになりました。

 もうひとつの傾向は、手の力が弱い人、高齢者向けに電動式が復活したこと。「親にプレゼントしたいから」と購入する人も増えています。さらに、おしゃれ家電や調理道具が増えているように、デザインにこだわった缶切りや左利き用も登場しています。

 次のページから、人気がある5つの缶切りを実際に検証します。

【関連記事】

仕事帰りに角打ちで一杯~クラフトビール6銘柄(日経トレンディネット)

最新のアイテムやサービスを活用して「働き方改革」と「生活スタイル改革」を提案するSTYLE TRENDY。今回は、仕事を終えて楽しみたい、クラフトビール6銘柄を紹介する。

【関連画像】

 ここ数年、クラフトビールが大きなブームになっている。大手メーカーのビールに飽き足らない舌の肥えた人が、食べ物とのマリアージュまで含めて楽しむトレンドがあるのだ。

 醸造所の数も300社近くに増え、かつての地ビールブームに迫る勢いだ。大手メーカーも「クラフトビール」と称する商品を出し、どこからどこまでがクラフトビールなのか、境界線が曖昧な面もある。

 東京・恵比寿の酒販売店で、角打ち(立ち飲み)も行っている「山本商店」(写真)の山本善一店長によれば、「定義が難しく、輸入ビールをすべてクラフトビールと呼ぶこともある」という。

 そこで今回は同店で山本店長おすすめの6銘柄を試してみた。クラフトビールはやや値段が高めだが、店で飲むなら出費を最小限に抑えられる。なお、価格はすべて同店の価格だ。

ビール大国の元祖ピルスナー

ピルスナーウルケル(チェコ)

 「国民一人当たりのビール消費量が世界一の国はどこ?」。ビール関連のトリビアでよく登場する質問だ。正解はチェコ(キリンビール調べ、2015年)。「ピルスナーウルケル」は同国を代表するビールだ。

 元々ピルスナーというタイプはチェコのピルゼン市で造られたビールを指し、ピルスナーウルケルとは「ピルスナーの源泉」という意味で、この銘柄の正統性がうかがえる。

 大麦の香りとしっかりした苦みがあり、日本人がビールと聞いて想像する味と風味そのまま。喉越しは軽めでゴクゴク飲める。つまみはクラッカーなど薄味のものが合いそうだ。

●オーガニックなクラフトビール

ジェード オーガニック アンバー(フランス)

 「ジェード オーガニック アンバー」はその名の通りオーガニックなビール。原料の大麦麦芽、ロースト麦芽、ホップが有機農法で作られているのが特徴だ。

 有機栽培のロースト麦芽のおかげで、全粒粉を練って焼き上げたカンパーニュ(フランスの田舎風パン)のようにリッチな香りがする。ホップはフルーティーさを感じさせる。

 原料が有機栽培だからといって味や風味が大きく変わることはないが、「ワインと同じように、ビールもオーガニックを好む健康志向のお客さんがいる」(山本店長)とのこと。このビールもクラッカーなど軽いつまみが合う。

【関連記事】

東急ハンズの売れ筋キッチン用品ランキング、1位は?(日経トレンディネット)

 普段よく行くお店でも、買うものは意外とパターン化しがち。また、何も考えずに出かけ、「どれを選べばいいのかわからない」と途方に暮れることも……。そこで、普段利用している人でも気付いていない、注目店の密かな人気商品を調査。

【関連画像】2位「ののじ キャベツピーラーライト CBP-02グリーンイエロー」(972円)

 今回のお店は東急ハンズ。膨大な商品の中から、料理をするうえで欠かせないキッチングッズにフォーカスを当て、その売れ筋をピックアップ。上位20商品は調理がストレスなくできるグッズが勢ぞろいした。

■東急ハンズの売れ筋キッチングッズトップ20(2017年7~9月)

1位「アネスティ 珪藻土スティック ホワイト」(321円)

2位「ののじ キャベツピーラーライト CBP-02グリーンイエロー」(972円)

3位「サーモス 真空断熱タンブラー JDE-420」(2138円)

4位「ののじ 大根スリスリ LDS-O2」(1728円)

5位「プラス FCC料理はさみ 34-617マッシュルームホワイト」(1944円)

6位「薬味チューブホルダー クリアー」(140円)

7位「アネスティ 珪藻土スプーン ホワイト」(321円)

8位「マーナ 立つしゃもじ ホワイト K386W」(504円)

9位「和田商店 プロおろしV水切り付」(2138円)

10位「アーネスト とろける!バターナイフ」(1080円)

11位「マーナ お料理はかどる粉ふりスプーン」(410円)

12位「楽ちんパック 角型400ml 4色組」(540円)

13位「進誠産業 スモークウッド サクラ」(432円)

14位「TRAMD 粒取り名人」(864円)

15位「シンクにペタッと穴あきゴミ袋」(216円)

16位「エビス パスタゆで容器PS-G62」(626円)

17位「アーネスト わっふるサラダピーラー」(1598円)

18位「そのまま食べれるのりカップ Mサイズ24枚」(370円)

19位「サンセール クリスタルアイスボール 10球入り」(735円)

20位「ももや ムッキーちゃん」(460円)

●1位は意外にも湿気対策グッズ

 1位は「アネスティ 珪藻土スティック ホワイト」。この珪藻土シリーズは7位の「アネスティ 珪藻土スプーン ホワイト」と合わせて、2アイテムがランクイン。9月は梅雨と同様に湿気が気になる季節のため、砂糖や茶葉などの湿気対策グッズが人気なのだそう。