「人手不足」関連倒産が10月に調査開始以来最多の39件発生、「求人難」型は1-10月で2.2倍増(東京商工リサーチ)

 企業倒産は低水準に推移しているが、中小企業を中心に人手不足が深刻化している。「人手不足」関連倒産は、「後継者難」型が中心で現状は推移しているが人手不足感が解消されない中で「求人難」型が、2017年1-10月では2.2倍増で推移し、今後の動向が注目される。
 
◇2017年10月は調査開始以来、最多39件
 2017年10月の「人手不足」関連倒産は39件(前年同月22件)にのぼり、調査を開始した2013年以降では、2015年6月(38件)を上回り、最多件数を記録した。
 内訳は、代表者や幹部役員の死亡、病気入院、引退などによる「後継者難」型が29件(前年同月17件)、中核社員の独立、転職などの退職から事業継続に支障が生じた「従業員退職」型が5件(同1件)、人手確保が困難で事業継続に支障が生じた「求人難」型が4件(同3件)、賃金等の人件費のコストアップから収益が悪化した「人件費高騰」型が1件(同1件)だった。

◇10月の産業別では建設業が最多
 10月の産業別では、最多は建設業の11件(同4件)だった。次いで、サービス業他が8件(同9件)、製造業6件(同2件)、小売業と情報通信業が各4件と続く。また、主な業種では、ソフトウェア開発関連が3件、飲食業関連が2件、運輸関連1件、人材派遣業が1件など。

◇10月は全国9地区すべてで倒産が発生
 10月の地区別では、全国9地区すべてで倒産が発生した。内訳は関東16件(同10件)を筆頭に、九州5件(同2件)、中部4件(同3件)、北海道4件(同3件)、近畿3件(同3件)、北陸3件(同ゼロ)、四国2件(同ゼロ)、東北1件(同1件)、中国1件(同ゼロ)の順。
 
◇10月の都道府県別、最多は東京10件
 10月の都道府県別では、東京の10件(同6件)が最も多く、次いで北海道4件、石川3件、愛知・新潟・福岡が各2件の順だった。 

◇2017年1-10月の要因別、「求人難」型が2.2倍に急増
 2017年1-10月の「人手不足」関連倒産は269件(前年同期270件)で、全体の倒産が減少するなかで、ほぼ前年並みで推移している。
 内訳をみると、「後継者難」型が208件(前年同期比5.4%減、前年同期220件)、「求人難」型が31件(同121.4%増、同14件)、「従業員退職」型が17件(同13.3%増、同15件)、「人件費高騰」型が13件(同38.0%減、同21件)になり、「求人難」型の著しい増加が特筆される。

◇2017年1-10月の産業別、建設業とサービス業他で約半数を占める
 1-10月の産業別では、最多が建設業の65件(前年同期比4.4%減、前年同期68件)。次いで、サービス業他が63件(同12.5%増、同56件)と続き、この2産業だけで約半数(構成比47.5%)を占める。
 1-10月の地区別では、全国9地区のうち5地区で前年同期を上回った。増加は北海道(13→19件)、関東(110→116件)、中部(21→28件)、四国(6→8件)、九州(29→35件)で、減少は東北(23→13件)、北陸(6→4件)、近畿(43→30件)、中国(19→16件)の4地区だった。

東京商工リサーチ

鉛建値1万円上げ、34万3000円(日刊産業新聞)

11/9(木) 12:19配信

日刊産業新聞

 三菱マテリアルは8日、11月積み鉛建値をトン1万円引き上げ34万3000円に改定したと発表した。海外鉛相場が反発したことを反映し、先月末の年初来高値に並んだ。月内推定平均は34万1000円。

【関連記事】

日本海側の雑品業者、国内販路の開拓へ 中国輸入停止に備え(日刊産業新聞)

 日本海側の雑品リサイクル業者が相次いで国内販路の開拓を検討し始めた。採算面から国内処理が難しい雑電線などを中国に輸出しているが、中国政府による廃棄物輸入規制の影響で今後は現地の販路を失う恐れがあるためだ。中国出身者だけではなく日本人経営の雑品業者も、被覆電線についてはFケーブルや家電線などを丁寧に選別して国内市場で販売する姿勢を示している。

【関連記事】

黄銅旋盤業者、削り粉「値崩れ」を懸念(日刊産業新聞)

 黄銅旋盤業者が採算悪化を危ぶんでいる。加工に伴って発生する削り粉などの黄銅スクラップが、伸銅メーカーの買い気薄で市中荷余りが深刻化。原料問屋の引き取り価格が指標に対して値崩れし、「今は相場の上げ局面で差益は出ているが、これから黄銅棒の仕入れ値との差が開いて苦しくなる」(水栓金具向けの旋盤業者)と先行きが懸念されている。

【関連記事】

中国の鉄スクラップ、消費量が増加傾向(日刊産業新聞)

 中国鉄鋼企業の鉄スクラップ消費量が1―9月累計1億トンを超えた。年1億3000万トン超のペースで過去最高を記録した2016年を4割強上回る。初の1億トン超えとなったのは違法誘導炉鋼材「地条鋼」の撲滅で原料の鉄スクラップが余剰となり、調達が容易となったため。資源循環を目指す政府や鉄スクラップ業界団体が鉄鋼企業に使用を促している。電炉の導入が今後増え、消費量は増加傾向を保つ見込みだ。

【関連記事】

清本鉄工、鋳鋼品の鋼種拡大 特殊鋼製品を生産へ(日刊産業新聞)

11/9(木) 12:12配信

日刊産業新聞

 プラント、鉄構、鋳鋼、機器製造およびメンテナンス事業を手がける清本鉄工(本社=宮崎県延岡市、清本邦夫社長)は鋳鋼品の鋼種を拡大する。これまでは佐賀県武雄市にある鋳鋼事業本部(佐賀工場)で産業機械向けや船舶向けなどの普通鋼鋳鋼品を生産していたが、取引先のニーズに応えるため鋳鋼品の鋼種を増やし、発電所や産業用機械向け特殊鋼鋳鋼品を生産開始する。年度内には関連ライセンスの認証を取得する見込み。

【関連記事】

デンコー、めっき工場改修完了 クレーン8基も更新(日刊産業新聞)

 デンコー(本社=埼玉県川越市、鎌田幹彦社長)が7月に着工しためっき工場の一部改修工事がこのほど完了した。また、それに先立ち8月には同工場のクレーン更新を実施した。

 同社は電気興業の100%子会社。鋼構造物製作工場Hグレード認定を取得し、鉄塔、鉄骨、橋梁などの構造物部材を加工する鉄構部門と、溶融亜鉛めっき処理などの表面処理部門の2つの事業部門を有している。

【関連記事】

高砂金属工業、泉北工場の自社使用拡大(日刊産業新聞)

 大手厚板加工・販売業者の高砂金属工業(本社=大阪府高石市、宮崎吉二社長)は泉北工場(高石市高砂)の工場棟2棟のうち1棟を他社に賃貸していたが、今年12月からは賃貸していた1棟の半分を自社で使用する方針。当初は本社工場の製缶の製品置き場・組立工場として活用するが、中期的には関係会社の木津川建材加工(大阪市大正区)の加工機能を泉北工場に集約する考え。関係会社を含めた加工体制を再整備することで、次世代においても強い競争力を発揮させることが狙い。

【関連記事】

中国ステンレス粗鋼、7―9月最高741万トン(日刊産業新聞)

11/9(木) 12:08配信

日刊産業新聞

 中国のステンレス粗鋼生産量は7―9月期に741万3000トンと前年同期比16・7%増え、四半期の最高を記録した。700万トンを初めて超えた。需給調整のために減産した前期の反動増とみられるが、ステンレス企業の能力増強が続き、生産は10月以降も増える見通し。年間約2700万トンと前年を200万トン以上上回る可能性が高く、世界生産シェアは6割に迫りそうだ。

【関連記事】