迫るコンパニオンは「アングル」で決めろ!(ディースリー・パブリッシャー/ハムスター編)【TGS2018】(日経トレンディネット)

9/30(日) 19:00配信

日経トレンディネット

 あの男が東京ゲームショウ(TGS)に帰ってきた。プロカメラマン・稲垣純也――。昨年の東京ゲームショウ2017は、日経トレンディネット特別取材班ではなく、TGSの公式カメラマンとして参戦。「オフィシャル」のプライドを胸に、一心不乱に現場の空気を記録し続けた。それでも、彼の心は満たされなかった。

【関連画像】迫るコンパニオンは「アングル」で決めろ!(ディースリー・パブリッシャー/ハムスター編)

 「僕は何のためにこれまで東京ゲームショウを撮ってきたのか……」。その答えは最初から分かっていた。さあ、稲垣カメラマン、お行きなさい! 空白の1年間の思いを今ここにぶつけるのです。今年はコンパニオンが迫ってくるような「アングル」にこだわって撮るのだとか。

「ディースリー・パブリッシャー」と「ハムスター」編。

(写真/稲垣純也)

※日経トレンディネット「東京ゲームショウ2018」特設サイト

・金爆・歌広場淳の「ゲームは人生の教科書だ」
(https://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/090300113/)

・水沢柚乃の「露出狂ゲーマーではありません!」
(https://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/090300114/)

・東京ゲームショウ2018 速報
(https://trendy.nikkeibp.co.jp/digital/event/tgs2018/)

【関連記事】

水管理が不要 高糖度トマト ゲノム編集 名古屋大、神戸大 新系統を作出(日本農業新聞)

 名古屋大学と神戸大学の研究グループは、トマトをゲノム編集して、通常の栽培方法でも糖度が高くなる系統を作ることに成功した。葉から果実への糖の転流を促すようにゲノム編集したところ、通常のトマトと収量は変わらず、糖度は最大で2ほど高くなった。水ストレスを与えるなど複雑な管理をしなくても高糖度が見込めるとして、品種選抜や技術の改良を進める。

 高糖度トマトの栽培は水管理が難しく、収量も落ちる。研究グループはゲノム編集で、通常の栽培法でも高糖度となる系統を作ろうと試みた。

 固定品種「すずこま」をゲノム編集し、「インベルターゼインヒビター」の遺伝子を破壊した。この遺伝子がなくなると、葉から果実へ流れる糖の量が増えて甘くなると期待した。

 ゲノム編集した系統を栽培したところ、糖度は最大6・7となり、通常の「すずこま」より2ほど増えた。ばらつきはあったが、平均して1ほど増加。果実の大きさや外観、収量、種子の数などは、元の品種と同等だった。

 今後、同様にF1品種をゲノム編集し、食味や収量を詳しく調べる。名古屋大学生命農学研究科の白武勝裕准教授は「ゲノム編集で、高度な技術が必要だった高糖度トマトが簡単に作れるようにしたい」と期待。栽培品種として実用化を目指す。

 研究は、内閣府事業の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の一環で実施した。

日本農業新聞

【関連記事】

(平成経済)第5部・リーマンの衝撃:2 欧州に波及、悪化した財政(朝日新聞デジタル)

 米ウォール街発の金融危機は欧州にも飛び火した。景気悪化で税収は落ち込み、経営が傾いた金融機関への公的資金の注入で多くの国の財政が悪化。共通通貨ユーロの危機に拡大した。財政再建のための緊縮策は、10年たった今も国民生活に痛みを強いている。(ロンドン=寺西和男)

 ■地方疲弊、離脱の一因に? 英国
 「人をまず第一に考えてほしい」。英ノーサンプトンシャー州議会で8月末、職員が加盟する労働組合のペニー・スミスさん(56)は仲間の解雇を避けるよう訴えた。
 州政府は財政悪化で2月に地方政府財政法に基づき、義務的経費を除く支出を禁じる条項を発動。…… 本文:2,870文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社

ハシラスはVR遊園地を開園、禁断のコントローラー投げも【TGS2018】(日経トレンディネット)

9/30(日) 16:00配信

日経トレンディネット

 ハシラスは、独自の施設型VRアトラクションを国内外のイベントやアトラクション施設に向けて開発・提供する企業。ゲームショウでは新たに、複数人で複数のVRアトラクションを一度に楽しめる「オルタランド」を初出展。また、VRコントローラーを投げて遊ぶ異色のタイトル「トーヤラケット」も出展している。

【関連画像】オルタランドのイメージ。VRゴーグルを装着して空間に入り、遊園地のように複数のタイトルを楽しめる

 一般的な施設型のVRアトラクションは、大型施設の中に複数のVRアトラクションを設置するものが多い。このため、それぞれに異なる説明員と機材が必要なのに加えて、営業時はアトラクションごとにVRゴーグルなど機材の装着時間や待機スペースが必要だ。

 だが、「オルタランド」は複数の利用者が一度VR機材を装着して入場すると、そのまま複数のVRアトラクションを楽しめる。これにより、省スペース化や施設の設置費用、人件費などを削減できるという。

 実際、ハシラスブースの大部分はオルタランド用にカーテンやパーテーションで覆われた空間となっている。VRならではの、体験して初めて楽しさがわかる大規模なアトラクションとなっている。

 もう一つ注目を集めていたのが、VRコントローラーを投げて楽しむ「トーヤラケット」だ。標的に向かって武器を投げていくタイトルだ。

 VR機器のコントローラーは手や腕の動きを検知するために複数のセンサーを搭載した精密機器だ。たとえばボールを投げるようなコンテンツでも、実際にはコントローラーを投げずにトリガーボタンを押すだけというのが一般的だ。

 だが、トーヤラケットでは実際にコントローラーを投げることで、爽快感を演出している。ゲーム中で武器を本来はあり得ない力で投げたり、たとえホーミングしたとしても、本当に自分が投げたような自然な感覚が残る。

 VRタイトルでも実際に体を動かして楽しみたい人は、ハシラスブースを訪れてみてはいかがだろうか。

(文・写真/島徹)

※日経トレンディネット「東京ゲームショウ2018」特設サイト

・金爆・歌広場淳の「ゲームは人生の教科書だ」
(https://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/090300113/)

・水沢柚乃の「露出狂ゲーマーではありません!」
(https://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/090300114/)

・東京ゲームショウ2018 速報
(https://trendy.nikkeibp.co.jp/digital/event/tgs2018/)

【関連記事】

有名選手が間近に! カプコン「ストV」の大会に参加した【TGS2018】(日経トレンディネット)

 東京ゲームショウ2018のeスポーツイベント「e-Sports X(イースポーツクロス) BLUE STAGE」にて、『ストリートファイターV アーケードエディション』の公式大会「カプコンプロツアー ジャパンプレミア」が開催された。参加者は700名を超え、9月22日に予選会が行われ、23日の本戦では予選を勝ち抜いた8名による決勝トーナメントが行われる。
 ※記事下の【関連記事】から決勝トーナメントの記事をお読みいただけます

【関連画像】EVO Japanに引き続き、プレーヤーとしても参加。結果は前回より良し

 申し込みをすれば誰でも参加できる大会なので、筆者も取材がてら参加してみた。今回は、予選での様子をお届けする。

 予選会は朝10時にスタート。トップ8が確定するまでに20時近くまでかかった。

 予選はプールと呼ばれるミニトーナメントに各選手を振り分け、ウイナー1人が勝ち抜けることができ、次のプールに進むことができる。

 今回の大会は、ダブルエリミネーション方式を採用しており、1回負けるとルーザーズサイドのトーナメントに移動し、そこで負けると敗退となる。筆者は初戦を落とし、早々にルーザーズ行きに。そこから2勝するものの、ルーザーズ準決勝で敗退。残念ながら念願のプール抜けは叶わなかった。

有名プロプレーヤーが間近に!

 eスポーツイベントに参加できるのは、それだけで楽しいことだが、それと同じくらい楽しみなのが、有名プロプレーヤーを間近に見ることができること。有名プロプレーヤーとはいえ、筆者のような一般参加のプレーヤーとなんの区別もなく、予選から勝ち上がらないといけないので、そこかしこにプロプレーヤーがいる。

 ともすれば、プロプレーヤーが対戦相手となることも。言ってみれば、テニス大会に出てみたら、大坂なおみや錦織圭が隣でプレーしていたり、対戦相手だったりする。そのカテゴリーのファンにとっては、これ以上のないファンイベントと言えるわけだ。

 予選が一通り終わるまでは、集中力を切らさないためにも話しかけたりしないほうが良いが、選手は気さくな人が多いので、予選終了後には一緒に写真をとってくれたり、サインをしてくれたりも。

 予選ラウンドの3回目となるとベスト32となり、ほとんどがプロプレイヤーになる。そうなると、本戦並の高度な試合を間近で見ることができるので、これもうれしいところだ。

 今回の「カプコンプロツアー」や1月に開催された「EVO Japan」などは、世界的にも注目されているイベントで、海外の有力選手も出場している。なかなか目にする機会がないので、これも貴重な機会として楽しめる。

(文/岡安学、写真/稲垣純也)

※日経トレンディネット「東京ゲームショウ2018」特設サイト

・金爆・歌広場淳の「ゲームは人生の教科書だ」
(https://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/090300113/)

・水沢柚乃の「露出狂ゲーマーではありません!」
(https://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/090300114/)

・東京ゲームショウ2018 速報
(https://trendy.nikkeibp.co.jp/digital/event/tgs2018/)

【関連記事】

沖縄離島 生鮮食品全般が不足

 台風24号の影響で、沖縄県宮古島市内のスーパーでは牛乳や野菜、鮮魚、肉類などの生鮮食品全般が品不足となっている。当面、海が荒れる見通しで、船便での物資補給が遅れる可能性があり、スーパーの担当者は「早く安定供給ができるようになってほしい」と早急な天候の回復を望んだ。(沖縄タイムス)

[続きを読む]

東海道新幹線 16時頃から運休

東京~三島間の「こだま」を最後に
 台風24号の接近にともない、JR東海は2018年9月30日(日)午後、東京発15時56分の三島行き「こだま669号」(三島着16時52分)、三島発15時50分発の東京行き「こだま658号」(東京着16時47分)を最後に、東海道新幹線(東京~新大阪)の運転を全区間で見合わせると発表しました。(乗りものニュース)

[続きを読む]

喫煙者の不採用 企業は好評価

 「喫煙者は採用不可」。企業がこうした条件を掲げる動きが出ている。背景には健康意識の広まり、2020年東京五輪・パラリンピックを控えた受動喫煙防止対策強化、社会保障費抑制などの影響があるとみられ、導入企業からは「仕事の効率が上がった」などの声もあがる。一方で「差別だ」などとする反発もあり、議論を呼んでいる。(社会部 今村義丈)(産経新聞)

[続きを読む]