電気料金7月1日から値下げ 関電、大ガスなど一斉に 地震でPR不足も(産経新聞)

 関西電力や電力小売りで競合する大阪ガスなど新規参入事業者(新電力)が1日、家庭向けの電気料金をそろって値下げ。ただ、大阪北部地震でPRを一時自粛した影響で、顧客獲得競争はこれから本格化すると見られる。

 「電気とガスがセットの契約にされますと、一段とお得になりますよ」

 神戸市内にある関電のコールセンターでは、顧客からの電気料金の問い合わせに対し、7月からの値下げをPR。大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を受け、7月から電気料金を平均4・03%値下げすると発表した5月下旬、契約切り替えなどでどれくらいのメリットがあるかなどの問い合わせが寄せられているという。

 関電に対抗して、大ガスは都市ガスとセット契約の場合、月間使用量260キロワット時の一般的な家庭で2・2%値下げする。料金だけでなく、住宅リフォームの提案、水回りやエアコンの修理などのサービスを拡充。電気の契約件数は6月26日現在で70万件と平成32年度までの目標を早くも達成。原発再稼働を追い風とする関電に対し、値下げの原資に余裕はないが、健闘を続けている。

 ところが6月18日、大阪北部地震が発生。大阪府内の茨木市、高槻市など約11万2千戸で都市ガスの供給が停止したため、大ガスは復旧作業に注力。電気やガスの契約を呼びかけるテレビCMはガス開栓手続きの紹介などに切り替え。各地のサービスショップを中心に営業活動を強化する計画だったが、大ガスの関係者は「値下げの話どころではなく、十分なPRはできていない」と振り返る。

 関電も値下げをPRするテレビCM放送を1週間自粛。広報担当者は「広範囲に被害があったので、社会的影響を考えた」と説明する。地震からの復旧が進む今後、顧客争奪戦は激しくなっていきそうだ。

【関連記事】

日本の中小直撃?米の対中制裁

【ワシントン時事】トランプ米政権が3月下旬に導入した鉄鋼の輸入制限が、米国企業の経営に深刻な影響を及ぼし始めた。原材料の仕入れ価格上昇で米最大級のくぎ製造業者は倒産の危機に直面。米輸入制限に対抗する報復関税の標的となった二輪車大手、ハーレーダビッドソンは国内生産の一部を海外に移転すると表明しており、メーカーは警戒を強めている。(時事通信)

[続きを読む]

ウナギの身2倍に 価格抑制へ

 ニホンウナギを従来の2倍の大きさに育て、食べられる部分を増やす「太化(ふとか)」と呼ばれる取り組みが国内で広がっている。ウナギの稚魚が記録的な不漁となり、今後の資源量の回復も不透明なことが背景にある。太化が定着すれば、価格高騰を抑制する効果も見込めそうだ。(読売新聞)

[続きを読む]

あなたの「好きな色」が決まった本当の理由(東洋経済オンライン)

6/30(土) 13:00配信

東洋経済オンライン

 あなたは何色が好きですか? 

 と聞くと大抵の人はペラペラとこんな色が好きですと答えてみせる(僕は灰色だ、地味だから)。初対面同士の飲み会ならなんか嫌いなものor食べたいものでもあります?  と聞くものだし、映画や小説など、作品を鑑賞する際にも、好みは密接にかかわってくる。巨大人型ロボット物は嫌い、という人もいれば巨大人型ロボット物ならなんでも大好き! という人もいるものだ。

この記事の写真を見る

その違いはなぜ発生しているのだろうか?  食べ物に関してはアレルギーなどがあるだろうが、そうでない場合は何が関係しているのか?  育ってきた環境の違いか、進化論的に脳に組み込まれているのか?  日々の選択は現在、未来の嗜好にどのような影響を与えていくのだろうか。ひょっとしたら、好き嫌いは完全にただの思いこみだったりするのかもしれない。本書『好き嫌い―行動科学最大の謎―』はそうした好き嫌いに関連した行動科学についての一冊である。

■あなたはなぜ特定の色を好むのか

 ただ、これはなかなか難しい問いかけだ。そもそも好みとはなんなのかというところからしてあやふやである。食べ物ならまだ組成的な分析も可能だろうが、絵画、音楽などの芸術ジャンルに属する「好み」をどう分析するんだろうか。

 そうやって最初はいぶかしみながら読み始めたのだが、ネットフリックスで行われていた5つ星評価と実際に最後まで見た映画はなんなのかという視聴データのズレ、芸術を鑑賞中の脳活動を観測したうえで比較する、神経科学的アプローチなど無数の方向から「好み」とは何なのかを検討していて、大満足な1冊であった。

 さて、それでは内容をざっと紹介してみよう。まずは「色の好みはどのようにして決定されているのか」についてだけれども、カリフォルニア大学バークリー校の心理学教授スティーヴン・パーマーとその共同研究者によると、「私たちは最も好きなものの色を好む」という。

 青い空、綺麗な水、といった良い印象を与える何かとひも付いた色を好むようになり、嘔吐物などを彷彿とさせる茶色がかった黄系統の色は人気がないとする。暗褐色の服しか持っていないこっちからすると腑に落ちないところもあるが、人によって目にする色の印象、頻度が異なることも関連しているのだろう。

【関連記事】

夏を乗り越えろ! USB扇風機の選び方2018(日経トレンディネット)

6/30(土) 12:13配信

日経トレンディネット

夏をちょっと涼しく過ごすためのアイテムといえば扇風機だが、大きい扇風機は置き場所や電源を確保するのが面倒。そんなときに便利なのがUSB扇風機だ。コンパクトなので置き場所を取らないし、パソコンのUSB端子やスマホ用のACアダプターで使えるので、オフィスの机や自宅のテーブルに置いて使うのにピッタリだ。おまけに価格も安い。そんなUSB扇風機の選び方と店頭でよく見かける製品を集めてみた。

【関連画像】無印良品のUSB扇風機「USBデスクファン(低騒音ファン・首振りタイプ)」。ファンの部分の直径は約10cmでコンパクト

●USB扇風機選びの3つのポイント

 USB扇風機の価格帯は1000~3000円ぐらい。個性的な製品が多く、大きさやデザインはバラバラだ。選び方のポイントは大きく分けて次の3つ。

●風の強さ

 扇風機なので、まず作り出す風の強さが気になるところ。大型のファンで強力な風を起こすものや、小型だが2重ファン搭載で風を遠くまで飛ばせるものがある。広めの部屋で自分から離れた場所に置いて使うならこうした製品がいい。

 しかし机の上に置いて自分のすぐそばで使うと、弱めの風でも十分涼しく感じられるものだ。こうした使い方なら、風量が小さくても動作音が静かで気にならず、小型で置き場所を選ばないものが使いやすい。風量を調整する機能を備え、強力な風を起こすことも静かに使うこともできる製品もある。こうした自分の使い方、動作音の大きさ、サイズの兼ね合いで考えたい。

●動作音の大きさ

 家電量販店の店頭は周囲の音が大きいので分かりにくいが、USB扇風機の中にはモーター音や風切り音がうるさくて気になるものもある。首振り機能を持つ製品では、その動作音が大きいこともある。店頭では気にならなくても、静かな自宅やオフィスで使い始めるとこうした音が気になってくるもの。特に、机の上に置いて使うなら、風量は控えめでも静かさ重視で選ぶほうがいい。

●電源

 USB扇風機は、一般の扇風機に比べて電源を選ばないところが便利だ。パソコンのUSB端子はもちろん、スマホ用のUSBタイプのACアダプターで使えるし、充電用のUSB端子がついたテーブルタップでも使える。

 モバイルバッテリーと組み合わせると使い道がグッと広がる。パソコンやコンセントのない場所で使えるようになるので、たとえばアウトドアで使ったり、車の中で使ったり、冷房も電源もない物置や倉庫で使ったり、庭で作業をするときに使ったりと、アイデア次第でさまざまな使い方ができる。短時間なら乾電池で使えるものや、内蔵充電池で動くものもあるので、使い方によってはそうした製品を選ぶのもアリだ。 

 そのほか設置方式もチェックしておきたい。多くの製品は机の上に置いて使うことを想定しているが、マグネット付きで金属製のキャビネットなどにくっつけて使えるものや、スタンド部分がクリップになっていて本棚や衝立に挟んで固定できるものもある。

【関連記事】

「短パン」の丈の長さの正解は? 服のプロが指南(日経トレンディネット)

6/30(土) 12:00配信

日経トレンディネット

夏の暑さをしのぐために欠かせない短パン。だが、リゾート地はともかく、街中ではくとなると、どんな柄を選んだらいいのか悩んだり、丈の長さに迷ったりすることはないだろうか。『ユニクロ9割で超速おしゃれ』『おしゃれが苦手でもセンスよく見せる 最強の「服選び」』の著者でスタイリストの大山旬氏に、センス良く見える短パンの選び方について聞いた。

【関連画像】Tシャツに短パンはカジュアルすぎて部屋着っぽい印象になる(写真: sasaki106 / PIXTA)

●短すぎる丈は女性受けが悪い

 「膝が出るのは恥ずかしい」と長めの短パンを選んでいる人もいるだろう。だが、「膝下の七分丈は足が短く見えるので避けたほうがいい」と大山氏は話す。

 膝上丈の短パンをはく場合に注意したいのは、丈が短すぎること。「立っている状態で、太ももがはっきりと見えるのはNG。露出が多いものは女性受けが良くない。目安としては膝の中心から5cm上くらい」(大山氏)。下記の写真は大山氏が実際に膝上丈の短パンを着用したもの。試着する際の参考にするといいだろう。

●プロの一押しは「ネイビー」

 また、短パンといってもナイロン製でスポーティーなもの、デニム素材のものなどさまざまだが、街中ではくならチノ素材を選ぶといいそうだ。さらに、「ベージュではなくネイビーを選ぶと全身のバランスが引き締まって見える」(大山氏)。ネイビーの短パンに白やストライプのリネンシャツを合わせるだけで、爽やかな夏のスタイルが完成だ。

Tシャツ×短パンは体形が目立つ!

 また、少しでも涼しく過ごすためには、短パンに合わせるトップスもできるだけ薄着にしたいもの。つい手軽にTシャツを合わせてしまいたくなるが、「Tシャツはスタイルに自信のある人以外には難しいアイテム」と大山氏は話す。

 「Tシャツはお腹回りのぜい肉を強調する上に、二の腕のたるみなども目立ちやすい」(大山氏)。また、短パンで膝下が出ているため、上に半袖を着ると露出が多すぎて子どもっぽい印象になるという。

 大山氏が薦める「短パンに合わせるべきアイテム」はリネン(麻)素材の長袖シャツだ。前のページで大山氏が短パンに合わせているシャツがそれ。素材が軟らかいのでシワになりにくく、見た目も涼しげだ。ユニクロなら3000円弱で購入できる。「Tシャツに短パンは近所のコンビニに行くファッション。電車に一駅でも乗るなら、リネンのシャツを上から羽織るといい」(大山氏)。

 長袖でも素材が厚手ではないので、袖を肘の辺りまでたくし上げればさほど暑くはないという。室内や近所では涼しさを優先するのもいいが、ちょっとした外出用にリネンシャツを1枚持っているといいかもしれない。

【関連記事】

『モンスト』5周年 ゲーム外でも愛されるIPを目指す キーパーソン激白! 進化するゲーム・ビジネス2018(日経トレンディネット)

6/30(土) 12:00配信

日経トレンディネット

「モンスト」は居酒屋などともコラボ

――2017年はミクシィにとってどのような年でしたか?

多留幸祐氏(以下、多留氏): 『モンスターストライク』(以下、モンスト)に関しては、長く楽しんでもらえるIPに育てることに力を入れました。これまで通り、ユーザーを飽きさせないためのアップデートやコラボレーションなども実施してきました。9月に開始したモンストユーザー向けの有料サービス「モンパス」もその一つです。月額480円でモンパス会員になると、モンストゲーム内と常設店舗「XFLAG STORE SHIBUYA」でアイテムをもらえたり、 XFLAG STORE STRIKE CHANCEで限定クエストの出現率がアップしたりする特典を受けられます。同時に、モンストをゲームアプリだけで終わらせない取り組みも現れた年だったと思います。

――モンストをIPとして育てるという考えに至ったのは、いつごろからでしょうか。

多留氏: 多くの人に受け入れられるようになったころから、メディアミックスをやっていこうというのは考えていましたし、2014年にはマーチャンダイジングも始めていますので、以前からそういう考えはありました。モンストはスマートフォンゲームとしての存在感が大きく、飽きられてしまったら周辺の事業も落ち込みやすいことから、今までのメディアミックスに加え、よりモンストの楽しさを体験してもらうマーケティング活動を進めてきました。

――具体的に、どのようなマーケティング活動を実施してきたのでしょう?

多留氏: 例えば、4周年を控えた去年の8月には、ユーザー還元の一環として、B-R サーティワン アイスクリームと、ゲームの報酬としてアイスクリームをプレゼントするというイベントを実施しました。ゲームアプリの枠を超え、プレーが日常に影響を与えるという試みで、ユーザーが共通の話題にしてくれることが狙いでした。

 また、モンストのアプリをインストールしていない人にアプローチする取り組みにも力を入れてきました。ゲームを知っていても、実際にアプリをインストールしてもらうとなるとハードルが高いので、アプリをインストールすることなくモンストを楽しんでもらう施策を考えたのです。

 具体的には、モンストの一部であるガチャの楽しさを知ってもらうために、昨年4月には金の蔵、10月には養老乃瀧グループの全国の居酒屋で「モンストガチャ」を展開しました。これは1回324円(税込)を支払ってガチャを引くと、メニューや「モンストガチャ」の価格以上のGoogle Play ギフトカードなどの賞品が当たるというもの。このことが直接アプリのインストールにはつながらなくても、どんなメニューが出てくるのかという楽しみを味わってワイワイすることはできる。そうした体験を提供するのが狙いでした。

 この施策が良かったのは、お客さんとガチャのテンションが合うこと。居酒屋は若い人が多く、仲がいい人が集まる場ではあるけれど、カラオケのように「歌う」といったメインのコンテンツがなく、ネタにできる要素は少ない。だからこそ、ガチャがイベントとして成立したのだと思います。

【関連記事】

台湾のeスポーツ事情 スポンサー企業には税金軽減も(日経トレンディネット)

6/30(土) 12:00配信

日経トレンディネット

 日本でも少しずつ認知が広がってきたeスポーツ。そんな日本は、世界から見るとeスポーツ後進国と言われている。例えば、韓国ではプロゲーマーが活躍する土壌が整っており、世界で活躍している選手が多い。米国では格闘ゲーム大会の「EVO」や「Dota2」を扱ったeスポーツイベントで賞金総額が過去最多の「The International」など、数々の大型eスポーツ大会が開催されているし、欧州ではサッカーのクラブチームがeスポーツチームを運営している。中国ではアリババやテンセントなど大手IT企業がこぞってeスポーツに参戦しており、eスポーツの授業を必修科目としている学校もある。アジア圏は特にeスポーツに関心が高い。2018年8月にインドネシア・ジャカルタで開催されるアジア競技大会では、eスポーツが公開競技に採用された。

【関連画像】台湾のeスポーツ事情 スポンサー企業には税金軽減も

 今後日本でもeスポーツは盛り上がるのか。それを占ううえで参考になるのが、日本より少し進んでいる台湾の状況だろう。台北ゲームショウなどを手がける台北市電脳商業同業公会 副総幹事である黄氏に、台湾のゲーム事情、eスポーツ事情について話を聞いた。

 台湾では2018年5月に『モンスターストライク』の4周年記念イベント「眉飛肆舞」でeスポーツの大会が行われた。日本で絶大な人気を誇るスマートフォン向けゲーム『モンスターストライク』は台湾でも人気が高く、ダウンロード数が600万を超えている。台湾の人口が2350万人だから、台湾の4人に1人がプレーしているということになる。

 大会も高雄と台北で予選を行い、50チーム、200人以上が参加した。ちなみに『モンスト』の海外でのeスポーツ大会は今回が初めて。同時に香港でも予選があり、6月30日には幕張メッセで行われる「XFLAG PARK2018」のイベントの1つとして、台湾代表、香港代表、日本代表の三つ巴による対戦大会が開催される。

【関連記事】