マツダのエンジンを他社がまねできない理由(東洋経済オンライン)

 2012年に生産が終了したマツダのロータリーエンジンが再び脚光を浴びている。今年1月、トヨタ自動車が発表した次世代の電気自動車(EV)「e-Palette Concept(イー・パレット・コンセプト)」に、ロータリーエンジンがレンジエクステンダーとして搭載されることになったからだ。

この記事の写真を見る

 この装置はいわば発電用エンジン。ガソリンを使って発電し、バッテリーを充電することで、EVの弱点である航続距離を伸ばす。マツダとトヨタは2017年に資本提携し、EVの共同開発を進める。マツダの魂、ロータリーエンジンが誕生から半世紀を経て、電動車両の心臓部として復活することになる。

■マツダだけが量産できたロータリーエンジン

 「一隅(いちぐう)を照らす、此則ち(これすなわち)国宝なり」と書かれた色紙が、マツダの社長室に引き継がれているという。「それぞれの立場で努力をすることは、何物にも代えがたい国の宝」という意味があり、日本天台宗の開祖・最澄の言葉だ。1950~1960年代に、3輪トラックから乗用車への事業拡大を成し遂げた3代目社長、松田恒次氏が座右の銘としていた。「これがマツダだと思います」と、小飼雅道社長も語る。

 この言葉を実際に体現したのが、昨年12月に95歳で亡くなった山本健一元社長だ。ロータリーエンジンの開発を指揮し、1967年に量産化を成功させた立役者で、「ロータリーエンジンの父」と呼ばれる。このエンジンは、おにぎり型のローターの回転運動だけで、パワーを生み出す。薄くてコンパクトだが、出力が高く、まるでモーターのような感覚で滑らかなパワーを出すことができる。ただ、耐久性や燃費など課題が多く、世界中の自動車メーカーの中で大規模な量産ができたのはマツダだけだ。

 1963年、若手技術者が極秘に集められて、マツダにロータリーエンジン研究部が発足。初代部長として研究部を率いたのが山本氏だ。難題に挑む47人の技術者は、「赤穂浪士」になぞられ、「ロータリー四十七士」として伝説が今も語り継がれる。

 開発に着手したマツダは独NSU社と技術提携を結ぶ。だが、世界で誰も実現したことのない技術だけに、課題は山積していた。それでも、マツダには絶対に引けない理由があった。当時の通商産業省が、「日本の自動車メーカーはトヨタ・日産で十分」との見解を示し、自動車産業界の再編に否定的だった。ここで独自技術の開発に成功しなければ、自動車メーカーとして認めてもらえない――。まさに社運を懸けた開発だった。

【関連記事】

日本語学校化する「夜間中学」の残念な実情(東洋経済オンライン)

「夜間中学」を知っていますか? 
戦争、貧困、病気、不登校など、さまざまな事情で義務教育を修了できなかった人が通う、公立中学校の夜間学級のことです。現在、全国に31校があり、年齢も国籍もバラバラの約1700人が学んでいます(「平成29年度夜間中学等に関する実態調査」より)。
学びを取り戻す場として機能するはずの夜間中学ですが、大きな課題もある。そう訴え続けてきたのが、セーラー服の歌人・鳥居さんです。

この記事の写真を見る

鳥居さんは、歌集『キリンの子』や、半生がつづられた『セーラー服の歌人 鳥居 拾った新聞で字を覚えたホームレス少女の物語』で話題となった歌人。養護施設で育った過去を持つ彼女は、虐待を受けるなどの事情で、小学校の途中から学校に通えませんでした。成人になった今、学びを取り戻すべく、夜間中学に通う現役中学生でもあります。

一方、厚木市や福島市の夜間中学で、ボランティア講師を行っている人がいます。前文部科学事務次官の前川喜平氏です。多様な学びの機会を応援する「教育機会確保法」の制定にかかわるなど、教育現場が抱える問題解決に取り組んできました。
3月18日、前川氏と鳥居さんによるトークイベントが都内で開催されました。教育問題を中心としたさまざまなことについて語られるなかで、2人が明かした「夜間中学」の現状と課題とは? 

■解決したい教育問題がある

 「何でそんな格好しているの?」

 日ごろ、セーラー服を着て活動している鳥居さんは、人にそう聞かれることが多いという。そのたびに、「教育問題で知ってもらいたいことがあるからです」と答える。教育問題を訴えても、自分に関係のないことであれば、興味を示す人はなかなかいない。であれば、服装をきっかけに聞く耳を持ってもらえたら、という思いがある。そうまでして解決したい教育問題に、彼女は向き合ってきた。

 その問題とは、中学校に十分に通えなかったにもかかわらず、卒業だけしてしまった「形式卒業」の人は、夜間中学には入れないということ。

【関連記事】

寝台特急っぽい名前のフェリーに乗ってみた(東洋経済オンライン)

 あけぼの、あかつき、さくら……

 そう聞いて思い浮かぶのは、かつて走っていた寝台特急ではないだろうか。

【写真】一見するとホテルのロビーのような「あけぼの丸」のエントランス

 しかし実はこれら全部、船の名前なのだ。

 所有しているのは、愛媛県八幡浜市に本社を置く宇和島運輸株式会社。愛媛県の八幡浜港と、大分県の別府港・臼杵港をそれぞれ海路で結ぶフェリー航路を運営している会社だ。

 調べてみると、船名だけでなく、ほかにも「ノビノビシート」「女性専用席」など、まるで寝台特急を連想させるかのような名称が出てくる。寝台特急好きとしては大変気になったので、現在運行している「あけぼの丸」「あかつき丸」にそれぞれ乗船してみた。

■「ななつ星」並みの「あけぼの」

 あけぼの丸は2017年12月に就航した、まだ出来たてほやほやの新造船だ。総工費はなんと30億円! これはJR九州の豪華クルーズトレイン「ななつ星in九州」の総工費とほぼ同じである。

 あけぼの丸には最新式のエンジンと、横揺れ防止のためのフィンスタビライザーが取り付けられている。フィンスタビライザーとは、船底近くの左右両側に付けられた羽のようなもので、角度を変えて揺れを打ち消し、船を安定させる装置だ。自動車を積み込む車両甲板から客室のある2・3階へは、エレベーターも設置されている。

 設備はもちろんだが、エレベーターを降りた目の前のエントランスが豪華で、まず驚いた。同社のウェブサイトに掲載されたあけぼの丸の紹介にも「モノトーンの空間に、落ち着いたダークブラウンの木目と、光沢を生かした素材を組み合わせたシックでモダンな船内」とあったが、絨毯や壁紙など隅々までデザインにこだわっているのがよくわかる。一瞬、ここが海の上だということを忘れそうになった。

 寝台特急にも「ロイヤル」「A個室」「B個室」「開放式寝台」などのグレードがあるように、船も特等客室・1等客室・2等客室と料金によって区分がある。まずは気になっていた「ノビノビシート」を見てみた。

【関連記事】

東横イン「12年前の失態」から遂げた大変身(東洋経済オンライン)

 平昌2018オリンピックに続いて、平昌2018パラリンピックが3月9日から18日まで韓国・平昌で開かれた。

 2年後の2020年夏にも東京でオリンピックが開かれた後に、パラリンピックの開催が予定されている。各種競技で奮闘するパラリンピック選手の姿は、体に何らかの不自由を抱えつつ生きている障害者たちにとっての希望。そしてバリアフリーやユニバーサルデザイン、障害者雇用など、一般の障害者と社会がどう向き合っていったらいいかということを考える機会にもなっているはずだ。

■車いすでも気軽に泊まれる宿泊施設

 私は1996年に遭った交通事故が原因で脊髄損傷になり、車いす生活を送っている。それをきっかけに全国のバリアフリースポットの調査も続けている。今日に至るまで、バリアフリー法の制定をはじめとする環境整備が整う中で、徐々に車いすでも利用できるスポットは増えてきていると実感しているが、なかなか苦労するのが、車いすでも気軽に泊まれる宿泊施設を探すことだ。

 公共施設や商業施設と違って宿泊施設では入浴したり、就寝したりなどの生活のワンシーンが溶け込み、車いす利用者にとっていろいろと難しい面がある。たとえば、私が車いす生活になってから初めて泊まった大手チェーンのホテルは、バリアフリールームをうたいながら、私には使えない部屋だった。トイレ・風呂の入口のドアは車いすの幅より狭く、さらに大きな段差があり、単に広いだけだった。

 そんなことから主にバリアフリーの観点から、これまでさまざまな宿泊施設に泊まってきた。全国展開するチェーン系の中で、私自身も、また同じような境遇にある複数の車いす利用者からも総じて評価の高いホテルがある。東横インである。

 「東横インが車いす生活者に優しい?  本当?」と疑問を差し挟んだり、意外に思ったりする人がひょっとするといるかもしれない。東横インは今から12年前、当時のハートビル法に基づく行政によるバリアフリールームの検査の後、届出とは違う改造を行い、問題となったことがあるからだ。

【関連記事】