芸能人格付けチェックをつい見てしまう理由(東洋経済オンライン)

 2005年から毎年正月に放送され、すっかり名物番組になった「芸能人格付けチェック」(テレビ朝日系、朝日放送)。視聴率は、関東で15~19%、関西で19~24%と同時間帯のトップで推移するなど、安定した人気を保っています。

 「芸能人がプライドを懸けて6つのチェックに挑む」「高級商品と大衆商品の2択から選び、不正解なら普通、二流、三流、そっくりさん、映す価値なしとランクダウンしていく」という同番組の構成は、非常にシンプル。しかし、正月番組における3つの必勝ポイントを兼ね備えた稀有なコンテンツとも言えるのです。

 人々の嗜好が多様化してセグメンテーション(市場細分化)が進み、少量多品種が推奨されるなど、ヒット商品が生まれにくい世の中になりました。テレビ番組も例に漏れず、幅広い層から支持されるものは小さくなる一方ですが、「芸能人格付けチェック」にはそんな閉塞感を打ち破るヒントがギュッと凝縮されています。

■「元日固定」で得た希少性とお祭り感

 1つ目の必勝ポイントは、元日に固定したこと。

 実は「芸能人格付けチェック」が元日放送になったのは2008年以降であり、当初は1月2日や3日に放送されていました。これを元日に固定したことで、徐々に「芸能人格付けチェック」=元日というイメージが浸透。「年に一度。しかも、めでたい元日のお楽しみ」という希少性とお祭り感を手に入れました。

 現在、放送月日を固定している番組は、「NHK紅白歌合戦」や「笑ってはいけないシリーズ」(日本テレビ系)、「輝く! レコード大賞」(TBS系)など、ごくわずか。「元旦はこの番組」と言えるのは当番組と、2011年から元日放送として追随した「元日はTOKIO×嵐」(日本テレビ系)くらいなのです。

 過去を振り返ると、1964年から2010年まで47回に渡って放送された「新春かくし芸大会」(フジテレビ系)は、元日番組の象徴でした。私自身、幼少期は両親の影響で同番組を見ていましたが、正直「面白くないな」と思っていたことをよく覚えています。しかし、いまだに「元日は『かくし芸大会』」というイメージは消えず、昨年の元日も「むしろ今、見てみたい」と思ったほど、その希少性やお祭り感に今さらながら気づいてしまいました。

【関連記事】

ロヒンギャが直面する想像以上に深刻な対立(東洋経済オンライン)

母国ミャンマーで迫害を受けたイスラム教徒ロヒンギャが、隣国バングラデシュに避難を開始して早数カ月。2017年12月にはローマ法王が支援を表明するなど国際社会では彼らを擁護する声もあがりますが、その一方、ロヒンギャたちはバングラデシュ国内で別の問題を引き起こしています。
救いを神と信仰に強く求めるからこそ、生み出される軋轢の実態――。フォトジャーナリストの木村聡氏が現地よりリポートします。

この記事の写真を見る

■ロヒンギャ難民たちが集まるモスク

 イスラムの礼拝を呼びかける「アザーン」が遠くから聞こえ始めた。斜面に乱雑に並ぶバラック小屋の間から、粗末ななりをした男たちがぞろぞろ集まり出す。

 「サラマレクン(あなたの上に平和あれ)」

 口々にアラビア語で挨拶を交わす人々。だが、ここは中東アラブではなく、彼らもアラビア語を母国語とする人ではない。みなベンガル系の「ロヒンギャ」と呼ばれる人たちで、この場所はバングラデシュにある難民キャンプの中だ。

 ロヒンギャはイスラム教徒とされる。隣国ミャンマーから逃れ難民となった彼らは、自分が住むテント小屋と同時に、すぐにイスラムの礼拝堂も建てた。何十万人にも膨れ上がった難民キャンプには今、竹と土とビニールシートで造られた「モスク」が大小たくさんできている。

 「われわれはとても困難な状況に身を置いている。いまこそイスラムの戒律を守り、深く熱心に信仰に生きなければならない」

 もっとも大切な金曜日の礼拝。モスク内にはもう200人以上がひしめき隙間はない。もちろんすべてロヒンギャ難民だ。男たちの汗と熱気と、どうしようもなくスエた体臭。人いきれでむせ返る中、自身も難民であるイマーム(宗教指導者)は、ことさら強い言葉を投げかけた。そして一斉に難民たちは身を屈め、アッラーの神へ祈る。

 このモスクを主催するイマームのサラモ・ウラさんは、3カ前に最大の難民収容所「クトゥパロン・キャンプ」に入った。難民となった当時の記憶は、まだ生々しい。

 「ミャンマーで私のモスクは国軍に襲われ、焼かれた。イスラム教徒の住民の赤ん坊が燃える火の中につぎつぎ投げ込まれ、いとこは家族全員が殺された。彼も聖職者だった。イスラムのモスクはまっ先に仏教徒からの攻撃と虐殺のターゲットになったのです」

 宗教がからむ形での住民殺戮は、バングラデシュにある別の難民キャンプでも聞かされた。迫害されているはずのロヒンギャたちは、別の宗教を攻撃しているのだ。

【関連記事】

2018年「40代が住みたくなる街」はこの4つだ(東洋経済オンライン)

 この時期になると、「今年ブレイクしそうな町」を教えてほしいという依頼がくるが、実はこれに答えるのは年々難しくなっている。以前は大規模再開発、鉄道の延伸などがあるだけでそのエリアに期待が集まったから、それらの地域を挙げればよかった。だが、各地で再開発が行われている今、それだけでは話題になりにくい。

この記事の写真を見る

 2017年12月には発売時に億ション多数が完売したと話題になった目黒駅前の再開発が完成したほか、今年は中央線国分寺駅前の再開発が町びらきを迎えるが、いずれもさほどニュースになっていない。再開発はまちを便利にはするが、面白くするわけではないからだ。「2018年に便利になる駅」として下北沢、船橋、浦和、千葉などを取り上げる記事も書いたが、駅が便利になるから住みたいというものでもない。

■暮らしやすくなりそう、という視点で厳選

 もちろん、利便性向上は土地・住宅価格、賃料を押し上げる。だが、それと住みやすさは別問題。住みやすさ自体も人によってそれぞれだ。

 そこで、ここでは各種の住みたい町ランキング上位には出てこないものの、このところ、30~40代を中心に町に関わる動きがあり、その動きがまちを面白く、暮らしやすくしてくれそうな場所を中心に、今、注目している町を5つピックアップした。

 日本橋浜町

 日本橋人形町界隈は都心の中では居住者が多く、銭湯や八百屋などといった昔ながらの業種に、盆踊りや地元神社の祭礼などの地域の行事が生きるエリア。そのうちでも注目したいのが日本橋浜町(東京都中央区)だ。

 中央区では2004~2015年にかけて人口が50%以上増加した地域がいくつかあるが、日本橋浜町もそのひとつ。特に子育て世帯の増加が目立っている。これ自体は2012年以降の、東京駅1キロメートル圏での住宅の増加に連動しているのだが、浜町が面白くなり始めているのには、それとは違う要因がある。

【関連記事】

靴35足・棋士との対戦権、「福袋」多様化のワケ(東洋経済オンライン)

 百貨店各社が初売りの目玉企画として販売する福袋。2018年は主要な百貨店が1月2日の初売りに向け、「コト消費」を意識した参加・体験型といった趣向を凝らした福袋をそろえた。

【写真】日本橋高島屋でもさまざまな福袋を販売する

 将棋界で中学生棋士の藤井聡太四段が活躍していることは、多くの人が知るところ。百貨店大手の高島屋が売り出す福袋は、なんと「藤井四段の師匠、杉本昌隆七段と対戦できる権利」だ。購入者は杉本七段との対局や将棋講座の受講ができる。価格は税込み2018円。小学生を対象に、東京と大阪の2会場で実施する。

■プロフィギアスケーターの指導も

 高島屋は2018年2月に開催される平昌五輪を見据えフィギュアスケートにも着目し、「織田信成氏のアドバイスを受けることができる権利」も販売する(税込み2018円)。小学生を対象に、新横浜と大阪で実施する。 

 購入者は、プロフィギュアスケーターでタレントとしても活躍する織田氏のスケート教室やトークショーに参加することが可能になる。

 高島屋は「顧客のニーズが高いものを福袋として提供する」と語る。藤井四段の快進撃で盛り上がる将棋界や、ファンが多いフィギュアスケートの人気を取り込み、初売りに弾みをつける狙いだ。

 老舗百貨店の松屋は基幹店である松屋銀座の初売りで、400種類3万個の福袋を用意し、前年比3%増の売り上げを目指す。

 松屋の目玉商品は「君の足を速くする福袋」。400メートルハードルの日本記録保持者、為末大氏がプロデュースするTRAC(かけっこスクール)が、購入者に特別レッスンと靴選びを指南するという内容だ。レッスン全2回のうち1回は為末氏が特別指導する。価格は税込み2万円。小学生を対象に、新豊洲のランニングスタジアムで実施する。

 「日本人初の100メートル9秒台の大記録が出たことに注目し、それを福袋に反映した。『小学生は走り方を少し教わるだけで速くなる』とも言われていることから消費者の関心は高く、商品に対する問い合わせが多い」と、松屋の担当者は話す。

 松屋は同時に、「キャリアウーマンの靴を35足そろえた福袋」も販売する。お笑い芸人、ブルゾンちえみの流行語「地球上に男は何人いると思っているの?  35億」にちなみ、パンプスやサンダル、ブーツなどを35足も詰めこんだ。1人限定で、税込み3万2400円(総額65万円相当)。

【関連記事】

2018年に投資家が注視すべき2つのチャート(東洋経済オンライン)

 2018年が幕を開けた。ここでは、2018年に投資家が市場の大きな変化に備えて注目しておきたいポイントを示したい。

この記事の写真を見る

 2017年の市場を振り返ると、グローバル株式は年初来20%超の上昇とコモデティや債券を大きくアウトパフォームした年であった。2017年の世界景気・企業業績拡大を支えた主な要因は、中国経済と原油価格の回復である。

 中国経済は2017年は実質GDP(国内総生産)成長率が6.8%と政府目標(6.5%前後)を大きく上回る水準で推移した。世界の輸出数量はリーマンショック以降、前年比で2%程度の拡大にとどまっていたのが2017年は同5%程度まで加速していたが、加速のうち約4割程度は中国経済に起因すると分析している。中国向け半導体や省力化機械の輸出では、日本の製造業も大きな恩恵を受けていた。

 また、原油価格は2016年初めの1バレル当たり20ドル台から、50~60ドル程度まで回復する中、米国ではシェールガスなどのエネルギー関連投資が活発となった。米国の設備投資はエネルギー投資により1.4%ポイント押し上げられており、鉱工業生産指数の改善の92%はエネルギー関連によるものであった。

■株価収益率はサイクル的に終わりに近づいている

 良好な経済環境下、株式市場は現在どういう位置にいるのであろうか。

 グローバル株式の株価収益率は18~19倍程度まで高まっており、UBSでは4つの段階に分けた株式サイクル上で見るとすでに後退期に近い第3ステージにあるとみている。このステージはまだ株式投資による期待収益はプラスが続くことが見込まれるが、さらなるバリュエーションの上昇は徐々に下落リスクを高める。

 したがって、同ステージに滞在し続けるためには、企業収益の見通しが株価のカギを握る。足元、企業購買担当者景況感指数(PMI)からみた企業センチメントは多くの国で中立である50を大きく超えており、2018年の世界経済、企業業績はまだ拡大が続く可能性が高い。米国経済では2017年の成長を支えたエネルギー関連の投資から、サービス業への新しいテクノロジー投入などの投資が出てくるだろう。トランプ政権での税制改正の恩恵も加わり、設備投資の拡大が米国経済・企業収益を支えていくとみる。

【関連記事】

(挑戦のすゝめ 不安を越えて:1)田村淳さん 後ろにでもいい、動けば景色が絶対変わる(朝日新聞デジタル)

 ■タレント・田村淳さん(44)

 ――昨年まで2年続けて米国シリコンバレーに行かれたと聞きました。なぜ、シリコンバレーに?
 「前のマネジャーに優秀なやつがいたんですよ。こいつが夏休みにシリコンバレーに行って帰ってきたら、2カ月ぐらいして会社を辞めますって。『何があるんだ、シリコンバレーに』と思いました」
 ――行ってみて、何か感じましたか。
 「風通しがよく、ものづくりに非常にいい場所だなと思いました。日本はサービスを作っても、法律や元々ある団体に気を使うとか、ブレーキを踏む材料しか出てこない。けど、米国は考えて動いて失敗したら、次の対策を練るってすごいシンプル。……本文:2,962文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社

これから、日本には「人生100年食堂」が必要だ(東洋経済オンライン)

国を越えて、偶然にも時を同じくして「100年人生」に言及しはじめた2人の対談が実現した。
『ライフ・シフト 100年時代の人生戦略』の著者で、英国ロンドン・ビジネススクール教授のリンダ・グラットン氏。そして、自民党「人生100年時代戦略本部」事務局長で、『人生100年時代の国家戦略』に500日間にわたる激論の様子がつぶさに描かれた小泉進次郎衆議院議員。

この記事の写真を見る

英国の心理学者と日本の政治家という異なる立場から、超長寿化に向かう日本社会の問題点と制度設計について語り合う。グラットン氏は、小泉氏が描くある構想に「ぜひ実現してください」と大絶賛。そのユニークな100年時代の国家構想とは? 

■「国のかたち」は100年スパンで考える

 リンダ・グラットン(以下、グラットン):『ライフ・シフト』を執筆した動機は、テクノロジーの影響を考えながら未来を見ていったとき、100歳生きる長寿社会への到達が、世界的に早く実現すると気づいたからでした。

 共著者のアンドリュー・スコット氏は、経済学者として経済的な側面の影響を、私は心理学者としての視点からさまざまな社会状況について調べました。その中で、最も逼迫しているのがやはりこの長寿化でした。しかし、なかなかこの問題が話題にのぼることがないのです。

 小泉進次郎(以下、小泉):僕は、政治家として未来を眺めたとき、政治が何をどのぐらいのスパンで考えることが国民の安心につながるのかを考えたんです。80年でも90年でもない。100年生きても大丈夫、そういう発想で政策を考えないと、国民に希望と安心を示すことができないだろうと。そこで「人生100年時代だ」と言い出したら、その直後に『ライフ・シフト』が出版されたものですから、まるで赤い糸で繋がっているような感覚でいますよ。

 グラットン:政治家と学者、役割は違いますが、似ていることがあるとするならば、どちらも何らかの物語をつむぎ出したいと考えているところだと思います。小泉さんが、国全体がどうなっていくのかをお考えになったのに対して、学者の私は、将来について研究するなかで、おのずと物語を描くことになりました。

 『ライフ・シフト』には、20代のジェーン、40代のジミー、そして70代のジャックという年齢層の異なる3人が登場します。100年の人生、いまの条件のなかで、20代のジェーンの人生はどうなっていくのだろうか。登場人物の暮らしを通して考えるのです。政治家の仕事は、こういったそれぞれの世代の問題に、齟齬なく対応していくことなのかなと思います。

【関連記事】