SSDに換装したThinkPad T430sが2万9800円!(日経トレンディネット)

【編集部より】記事中の価格は、基本的に消費税8%を除いた税別の金額を記載しています。しかし、秋葉原では8%の税込み価格のみ掲示している販売店が多数を占めることを考慮し、『週末が狙い目』では例外的に消費税8%を含む税込み価格で表記します。税別価格のみ掲示している商品は、金額のあとに(税別)の表記を入れています。ご了承ください。

【関連画像】Core i7搭載のThinkPad T430sが週末特価2万9800円。高速な128GB SSDを内蔵する

 今週の目玉は、PCコンフル秋葉原店が販売するレノボ・ジャパン「ThinkPad T430s」(中古品)だ。限定30台を2万9800円で販売する。

 ThinkPad T430sは、IVY-Brige世代のCore i7-3520M(3.2GHz)を搭載するノートPCで、ストレージには高速な128GB SSDを採用し、光学ドライブを内蔵するオールインワンタイプ。液晶ディスプレーは14型ワイド(1600×900ドット)で、重さは2Kgを切る。6列配列の打ちやすいアイソレーションキーボードなど使いやすさにもこだわっている

 PCコンフルによるとリースアップ品を仕入れて、ストレージをハードディスクから新品SSDへ交換したうえで再整備したとのこと。キーボード部などの外装に使用感はあるが、出張先や旅行先で使うにはちょうどよいモバイルPCとしておすすめできる。

 なお、同店ではパナソニック「レッツノート S10 CF-S10CU9DS」(中古品)も2万2800円で売り出す。Core i5-2520Mベースの基本スペックはやや控えめだが、ストレージは新品の128GB SSDへ交換済みとのこと。SSDの代金を考慮すれば、低予算で実用的なモバイルPCが手に入る。

 パソコン周辺機器にもお買い得品が見つかった。マーシャルプレミアムアウトレットでは、アイオメガ製NAS(ネットワーク接続型ハードディスク)が再入荷。1TBタイプの「StorCenter ix2」(未使用品)は4900円。内蔵HDDを2基搭載してこの価格は掘り出し物だ。海外モデルのためにメーカー保証は付かないが、他社製品の半額以下で入手できるチャンスといえるだろう。

 あきばお~零に入荷していたスターカム製ネットワークカメラの再生品にも注目。「R-C7823WIP」(中古品)は、税別3000円。無線LAN/有線LANに対応し、カメラのパン(横振り)&チルト(縦振り)機能を備えている。スマートフォン上から監視できるアプリが配布されており、留守中に外出先から自宅の様子をチェックする用途などに活用できる。

(文・写真/白石 ひろあき)

【関連記事】

今買うべき4Kテレビはこれ 有機ELでは東芝が優秀(日経トレンディネット)

 「液晶テレビでは出せない、漆黒の闇を表現できる」。そんなうたい文句を武器に、有機ELテレビが市場を席巻している。一方で、液晶も4K対応のハイエンド機を中心に着実に進化を遂げ、特に画質面の向上は著しい。有機ELか液晶か──今買うべきはどちらなのか。

【関連画像】今買うべき4Kテレビはこれ 有機ELでは東芝が優秀

 結論から言うと、使う用途やシーンにより「ベスト」は異なる。そもそも有機ELは、画素そのものが発光する自発光パネル。14年まで国内で販売されていたプラズマテレビと同じく、画素単位で輝度を調節できるのが最大の利点だ。その真価が発揮されるのが黒の表現。画素ごとに消灯でき、沈み込むような漆黒が表現できる。対する液晶は、パネル裏側に配したバックライトで画面を照らすため、微細な光の調節が難しく、光が漏れて黒を沈ませにくいのが特徴だ。

 そんな有機ELのメリットが如実に現れるのが、暗い部屋での映像鑑賞。特に、緻密に作り込まれた映画は黒の繊細な表現力がものをいう。有機ELは色表現も豊かで、臨場感は抜群だ。

 逆に、輝度の面では、液晶に一日の長がある。回路への負荷や電流量の関係で画面全体の輝度を高めにくい有機ELに対し、液晶は強力なLEDバックライトを組み合わせれば比較的容易に「明るいテレビ」が作れるからだ。特に最近は、輝度のレンジを拡張してコントラスト感のある映像が楽しめる「ハイダイナミックレンジ(HDR)」への対応がハイエンド機のトレンド。暗闇からまぶしいほどの明るさまで自在に表現できるかどうかが重要になる。

●今狙うべき4K液晶は?

上位機譲りの「高コスパ」モデル

 画面輝度が必要になるのは、明るい部屋でテレビを見る場合だ。特に、外光が差し込むようなときには高輝度が欠かせない。映画より日中のテレビ視聴が多い人は、上位機種譲りの画質エンジンを備えたミドルクラスの液晶モデルがコストパフォーマンスに優れるので狙い目だ。

 ただ、最新の有機ELパネルもピーク輝度がアップし、「一般的な明るさの部屋で見るぶんには輝度不足を感じることはほぼない」(AV評論家の折原一也氏)。今後より市場が広がるのが確実な次世代画質のテレビを、先んじて買ってもいい時期が来ている。

【関連記事】

日本語ワープロソフト「一太郎2018」は『アウトプットナビ』で 出力機能を強化! 折り本用テンプレートは50点用意(日経トレンディネット)

この記事は「日経PC21」2018年3月号(2018年1月24日発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。なお、記事中の価格はすべて税込みです。

【関連画像】図2 出力をサポートする「アウトプットナビ」を新搭載。冊子作成では、中とじ本や平とじ本、折り本などの印刷の際、自動的に面付けしてくれる

 2月9日に発売される日本語ワープロソフト「一太郎2018」を、一足先に試用してみた(図1)。

 最新版は、出力機能が強化された。「アウトプットナビ」と呼ばれる出力を支援するナビ画面を新搭載し、中とじ本や平とじ本、1枚の紙で作る折り本などがスムーズに作成できる。ページ順に内容を作成し、アウトプットナビで作りたいものを選ぶだけで、自動的にページ数や用紙サイズに合わせて面付けしてくれる(図2)。PDFや画像形式での保存、割り付け印刷などもナビ画面から実行できる。

 折り本用のテンプレートは50点用意されており、写真や文字を変更するだけで簡単に折り本が作れる(図3)。

 長文作成に便利なのが目次作成機能。目次にしたい行を設定しておけば、自動的に目次が作成できる。今回新たに、さまざまな目次デザインを用意。ページ番号を項目の左側に配置したもの、2桁以上のページ番号を01、02などとゼロで埋めたもの、縦書き文書では縦中横や漢数字で表現したデザインもある(図4)。

 日本語入力システム「ATOK」の最新版は、買い取り型(パッケージ版)の販売はなく、サブスクリプション型(月額制)の「ATOK Passport」のみとなる。一太郎2018には2月1日から提供を開始するATOK Passport用と同等のプログラムが同梱される(図5)。

(文/内藤 由美)

【関連記事】

ドコモ版最新AQUOSが1万5800円、1.6TBのSSDも安い!(日経トレンディネット)

【編集部より】記事中の価格は、基本的に消費税8%を除いた税別の金額を記載しています。しかし、秋葉原では8%の税込み価格のみ掲示している販売店が多数を占めることを考慮し、『週末が狙い目』では例外的に消費税8%を含む税込み価格で表記します。税別価格のみ掲示している商品は、金額のあとに(税別)の表記を入れています。ご了承ください。

【関連画像】イオシス アキバ中央通店で今週末に実施するCEO生誕セールでは、スマホやタブレットの特価品を多数用意。特に、NTTドコモ向けの最新スマホ「AQUOS sense SH-01K」の未使用品が安い

 今週末は、中古スマホで知られるイオシスのセールに注目したい。イオシス アキバ中央通店では、同社のCEOである中本氏の生誕祭と銘打って、1月19日(金)から特価セールを実施する。

 特に目を引いたのが、シャープのAndroidスマホ「AQUOS sense SH-01K」の未使用品。2017年11月に発売されたばかりのNTTドコモ向け最新モデルだが、価格は1万5800円とお買い得だ。OSは最新バージョンの7.0を搭載しているほか、オクタコアCPUや3GBメモリー、フルHDの5型IGZO液晶など、1万円台半ばとは思えない充実したスペックを誇る。

 カラーはブラックとホワイトの2色で、販売台数はともに約100台を用意するという。分割払い途中の買い取り品だが、同店による赤ロム保証も付くので、安心して使える。新生活シーズンに向け、手ごろな予算で格安SIM用のスマホを入手したい人は注目だ。

 同店では、パナソニックモバイルコミュニケーションズのAndroidスマホ「ELUGA P P-03E」の中古品が1980円と破格だった。4.7型のフルHD液晶を搭載した小型モデルで、防塵防滴性能も備える。2013年発売とやや古いが、格安SIMで使い倒したい人は注目できる。

 じゃんぱら 秋葉原3号店では、インテルの1.6TB版SSD「SSDSC2BX016T401」の未使用品が4万6800円と安かった。1TB版のSSDは3万円台で買えるようになったが、1.6GB版がここまで安くなるのは珍しい。大容量SSDが欲しい人は注目だ。

 中古品では、PCコンフル秋葉原店で売られていた日本HPのノートパソコン「ProBook 4530s」(1万9800円、中古品)がおすすめだ。CPUはCore i5-2450M(2.6GHz)と十分なうえ、未使用のOffice 2016 Personalがバンドルされているのがポイント。Office代だけで十分にモトが取れそうだ。販売台数は10台で、現金払い限定のセール品となる。

 ほかには、じゃんぱら 秋葉原5号店で見つけたソニーモバイルコミュニケーションズのタッチ対応プロジェクター「Xperia Touch G1109」(10万9300円、中古品)も安かった。中古ではなかなか出回らない人気モデルなので、探していた人は注目したい。

(文・写真/白石 ひろあき)

ファーウェイ製の高性能タブレットが1万8500円!(日経トレンディネット)

【編集部より】記事中の価格は、基本的に消費税8%を除いた税別の金額を記載しています。しかし、秋葉原では8%の税込み価格のみ掲示している販売店が多数を占めることを考慮し、『週末が狙い目』では例外的に消費税8%を含む税込み価格で表記します。税別価格のみ掲示している商品は、金額のあとに(税別)の表記を入れています。ご了承ください。

【関連画像】dtab Compact d-01Jが週末特価1万8500円。他社製ハイエンド機種並みのスペックだ

 じゃんぱら 秋葉原4号店では、ファーウェイ・ジャパンの「dtab Compact d-01J(中古品)」を通常価格1万9800円のところ7台に限り1万8500円で売り出す。ハイエンドモデルの「MediaPad T3」をベースに開発されたNTTドコモ向けの端末だけにスペックは十分だ。

 同店の宮内和幸氏によれば「他社製の3万~4万円クラスのタブレット端末と同等のスペック」とのこと。SIMフリーではないものの、NTTドコモ系の格安SIMなら問題なく利用できる。

 また、イオシス アキバ路地オモテ店には、NTTドコモ版の「dtab Compact d-02H(未使用品)」が1万4800円で大量入荷していた。こちらもコストパフォーマンスに優れたタブレット端末。NTTドコモ系の格安SIMが利用できる点も同様だ。

 中古ノートPCは、人気のレッツノートにお買い得品が見つかった。PCコンフル秋葉原店では、パナソニック「レッツノート CF-N9KW5MDS(中古品)」を12日(金)から1万5800円で販売する。在庫は20台とのことだ。

 会計時に「週末が狙い目を見た」と告げた上で販売スタッフとのじゃんけんマッチに勝てばさらに800円引きになること。購入の際は、ぜひチャレンジしてほしい。

(文・写真/白石 ひろあき)

【関連記事】

各種モバイルノートPCが安い! 1万2000円の格安品も(日経トレンディネット)

【編集部より】記事中の価格は、基本的に消費税8%を除いた税別の金額を記載しています。しかし、秋葉原では8%の税込み価格のみ掲示している販売店が多数を占めることを考慮し、『週末が狙い目』では例外的に消費税8%を含む税込み価格で表記します。税別価格のみ掲示している商品は、金額のあとに(税別)の表記を入れています。ご了承ください。

【関連画像】14.1型のフルHD液晶を搭載した恵安のノートPC「WIZBOOK R-KBM14HD」はなんと税別1万2000円! スペックはミニマムだが、ノートPCがこの価格で買えるのは衝撃的だ

 この週末はモバイルノートPCのお買い得品が目立つ。

 まず注目したいのが、PCコンフル秋葉原店がX’masセール特価として売り出すNECの「VersaPro UltraLite PC-VK26M/C-ZDH」(2万4800円、中古品)だ。Haswell世代Core i5-4300M(2.6GHz)や13.3型液晶(1600×900ドット)を搭載したモバイルノートPC。ボディーは150Kgfの耐圧試験に合格した頑強さながら、重量は1.24kgに抑えられている。今回販売するのはリースアップ品で、使用感は少ないという。店頭在庫は10台ということなので、実用的なモバイルノートPCを探している人は早めにチェックしたい。

 PCNETアキバジャンク通り店では、同じくNECの「VersaPro UltraLite VK22T/NV」が4万9999円(中古品)と安い。重量をわずか926gに抑えた薄型ボディーに、Broadwell世代のCore i5-5200U(2.2GHz)や128GB SSD、タッチパネル対応の13.3型液晶(1920×1080ドット)などを搭載した高級感のあるウルトラブックだ。液晶のヒンジ部は360度回転する構造で、タブレットとしても使える。薄さや軽さを重視する人に薦められる。

 じゃんぱら 秋葉原4号店では、工場で整備を実施したメーカー再生品のパナソニック「Let’snote SX2 CF-SX2LDHTS」が3万5000円(中古品)で売られていた。液晶やキーボードの使用感はほとんど感じられず、中古品ながら品質の高さを感じられた。

 あきばお~ 零では、再生品として入荷していた恵安のWindows 10搭載ノートPC「WIZBOOK R-KBM14HD」が安い。価格は税別1万2000円(中古品)と格安で、注目されていた。CPUやストレージこそWindowsタブレット並みの貧弱さだが、液晶はフルHD表示に対応した14.1型で、実用性はそこそこ高そう。先日、ドン・キホーテが税別1万9800円のノートPCを発売して話題を呼んだが、整備品とはいえ8000円も安く買えるのは魅力的といえる。

 パソコン工房 BUYMORE秋葉原店が23日(土)から販売するレノボ・ジャパンの2in1ノートPC「ThinkPad X1 Tablet 20GGA02D00」も8万6378円(未使用品)と安い。2週間前に入荷した際は2日で完売したという。今回の入荷分は3年間のメーカー保証が付く点も注目だ。

(文・写真/白石 ひろあき)

【関連記事】

モバイルノートのセールに注目! レッツノートNX3が2万円台(日経トレンディネット)

【編集部より】記事中の価格は、基本的に消費税8%を除いた税別の金額を記載しています。しかし、秋葉原では8%の税込み価格のみ掲示している販売店が多数を占めることを考慮し、『週末が狙い目』では例外的に消費税8%を含む税込み価格で表記します。税別価格のみ掲示している商品は、金額のあとに(税別)の表記を入れています。ご了承ください。

【関連画像】週末セールの目玉はレッツノートNX3。Haswell世代Core i5搭載のモバイルノートだ

 まず、PCコンフル 秋葉原店では、週末セールとしてパナソニック「レッツノートNX3(中古品)」を2万9800円で用意。同モデルは、本体重量はわずか1.12Kgの軽量モバイルノートで、CPUはHaswell世代のCore i5-4300U(1.9GHz)、ストレージは128GB SSDを搭載している。

 担当者によると、リースアップ品をまとまった数量で仕入れることができたとのこと。BIOS上の使用時間は1000~1500時間程度で、使用感はほとんどない。台数は限定20台だが、OSはWindows 10 ProまたはWindows 7 Professionalを選べる。

 さらに、週末が狙い目読者限定の企画として、じゃんけんに勝てば1000円引きなる特典も用意。購入時には「週末が狙い目を見た」と伝えるのを忘れずに。

 12月15日(金)にリニューアルオープンするイオシス アキバ中央通りヨコ店のセール情報が伝わってきた。目玉は、レノボ・ジャパン製ハイエンドノートPCだ。

 レノボ・ジャパン「ThinkPad X1 Yoga(未使用品)」が18万7800円で売り出されていたのをはじめ、Core i7搭載のカスタマイズモデルが多数入荷していた。大容量SSDや有機EL液晶といったハイエンドな構成のモデルをメーカー直販価格よりも安く入手できる。中古Macでは、アップル「MacBook Pro Retinaディスプレイ(中古品)」も狙い目。23万9800円は相場よりもかなり安い。

(文・写真/白石 ひろあき)

【関連記事】

ワケありのXperia Z3が大幅値下げで1万3800円!(日経トレンディネット)

【編集部より】記事中の価格は、基本的に消費税8%を除いた税別の金額を記載しています。しかし、秋葉原では8%の税込み価格のみ掲示している販売店が多数を占めることを考慮し、『週末が狙い目』では例外的に消費税8%を含む税込み価格で表記します。税別価格のみ掲示している商品は、金額のあとに(税別)の表記を入れています。ご了承ください。

【関連画像】ボディーにキズやへこみ、塗装剥げのあるXperia Z3を大幅値下げ中

 まず注目したいのが、イオシス アキバ中央通店に入荷していたソニーモバイルコミュニケーションズ「Xperia Z3 SO-01G(中古品)」。ボディーにキズやへこみ、塗装剥げのあるワケあり品を1万3800円で販売していた。

 付属品なし、本体のみの販売ということもあって、通常価格の1万9800円に比べると30%ほど安くなっている。キズやへこみの場所は端末によって異なるが、店頭在庫は100台以上とのことなので、じっくり選びたい。

 もう1つ注目したいのが、PCコンフル秋葉原店が用意していたNECのウルトラブック「VersaPro PC-VK19SGZDF(中古品)」。限定10台を3万9800円で売り出すとのことだ。このモデルは、1kgを切る軽量ボディーにCore i7-3517U(1.9GHz)をベースにした充実したスペックが魅力。モバイル用のサブマシンとしておすすめしたい。

 その他では、じゃんぱら渋谷宇田川店に入荷中のゴープロ「GoPro HERO5 Black CHDHX-501-EU(未使用品)」も気になった。保証書なしとはいえ、アクションカムの人気モデルが3万3800円はお買い得だろう。

(文・写真/白石 ひろあき)

【関連記事】