生産終了「さらしぼオレンジ」の転売過熱 ダイドーに感想を聞くと…(J-CASTニュース)

 生産終了が明らかになった果汁飲料「さらっとしぼったオレンジ」の価格が、インターネット上で高騰している。フリマアプリ「メルカリ」上では、1缶あたり500円以上の値段で売買されている。

【画像:相次ぐ高額出品】

 「さらっと―」の希望小売価格は税込124円。つまりは、通常の4倍以上の金額で取引されているのだ。なかには、1缶2000円という強気な価格設定で出品するユーザーも出ている。

■メルカリでは通常の3倍以上の値

 生産終了は2018年5月21日、複数のニュースサイトが相次いで報じたことで明らかになった。1996年発売のロングセラー飲料だが、自販機商品のラインナップ見直しの中で、製造を終えることが決まった。

 こうした報道を受けて、メルカリやオークションサイト上に「さらっと―」の高額出品が続出することになった。

 実際、5月23日正午時点でメルカリには58件の出品があり、そのうち8件で取引が成立している。売買が終了しているケースも含めて、ほぼ全ての出品で通常の3倍以上の値段がついていた。メルカリ上では、1缶あたり500円前後が「相場」のようだ。

 これらの出品ページを見ていくと、品薄感を煽るような形で、

  「生産終了になったため非常に入手しにくい商品です」
  「残りわずかだったものを手に入れました」

といった言葉が踊る。さらには、1人で110缶以上を取り扱う出品者も。どうやら、転売による儲けを狙って出品をしているユーザーも少なくない様子だ。

ダイドー「本意ではありません」

 製造元のダイドードリンコの広報担当者は23日、J-CASTニュースの取材に対し、こうしたメルカリ上での動きについて「把握はしています」と一言。その上で、

  「転売目的の買い占めが起きることは本意ではありません。私どもとしては、1人でも多くのお客様に、最後まで適正な価格で『さらっとしぼったオレンジ』を楽しんで貰いたいと思っています」

と話していた。

【関連記事】

スルガ銀行のサブリース関連融資、社内調査の3支店以外でも(下)(東京商工リサーチ)

建築を請け負った業者は「債権調査」を送付

 建築を請け負ったA社は、「B社」に商号を変更したのち、2017年6月にさらに「C社」に商号を変えている。
 C社は2018年5月、取引先に「債権調査に関するお願い」と題した書面を代表者名で送付した。東京商工リサーチ(TSR)が入手した書面には「食品事業部で生じましたトラブルにより、資金繰りに苦慮するところとなった」とした上で、「(債権)調査終了までの間は(中略)お支払いのご猶予を頂きたく存じ上げます」と記載されている。文書の最後には、依頼を受けた法律事務所と弁護士名が記載されている。
 C社の代表は5月21日午前、TSRの取材に応じ、書面の送付を認めた上で「食品事業部は、2017年10月頃に開始したが債務が正しいかどうか疑問が生じた。取引先は大手から中小の食品メーカーだ」と語った。その上で、「ガヤルドのミニアパートの建築が止まったことと、食品事業部でのトラブルは別の話。ガヤルドから建築を請け負った案件があるが、ガヤルドからの入金がなく数千万円の焦付が発生した」と建築がストップした理由を述べた。
 21日午後、TSRの取材に応じたC社の代理人弁護士事務所の担当者は、「債権と債務の状況を調べ、会社再建の可能性を調べる。事後についての受任を前提としていると理解してもらって構わない」とコメントした。

「フリーローンはセット」

 ガヤルドと連絡が取れず、建築会社も債務不履行に陥っている。オーナーはスルガ銀行からの借入金の返済原資にする予定だったガヤルドからのサブリース賃料が入らない。シェアハウスとミニアパートの違いはあるが、ともにサブリース案件向け融資で、スルガ銀行が貸し手である点はスマートデイズのシェアハウス「かぼちゃの馬車」と同じ構図だ。
 スルガ銀行が5月15日に米山明広社長名で公表したリリースには、「横浜東口支店では、営業担当者とチャネルが一体となりフリーローンを『融資の条件』とするセット販売が行われていた」と記載されている。
 ガヤルドのミニアパート向け融資を巡っては、オーナーの一人は「取得のための融資とフリーローンはセットであるとスルガ銀行川崎支店の担当者から言われ、年利7%程度のフリーローンも契約した」と語る。フリーローンの契約書には、ミニアパートの取得や運営とは全く関係のない使途や日付などが印字されており、オーナーが署名・押印する前に、すべての段取りが整っていたと感じさせる内容だ。
 15日に結果を公表した社内調査では、横浜東口支店、渋谷支店、二子多摩川支店を対象としていたが、これ以外の支店でもサブリース向け融資でフリーローンの「セット営業」が行われていた可能性をうかがわせる証言だ。
 さらに、TSRはスルガ銀行川崎支店で実行された融資で申し込み関連書類が改ざんされた可能性を示す書類も入手した。
 スマートデイズが手掛けていたシェアハウスでは、スルガ銀行に提出された融資申し込み関連書類の改ざんが明らかになったが、この点も類似している。
スルガ銀行は5月15日付で第三者員会を設置した。社内調査で対象としていなかったミニアパート向けや、川崎支店を含む他の支店の融資にもフォーカスが必要になりそうだ。
 スルガ銀行・スマートデイズ被害弁護団の副団長を務める紀藤正樹弁護士(リンク総合法律事務所)はTSRの取材に、「スルガ銀行のサブリース物件向け融資はスマートデイズ以外にも確認されている。被害弁護団はスルガ・スマートデイズのみならず、これらが絡んでいれば、他のサブリース業者による被害も相談に応じている」と話す。

【関連記事】

ブリーフに変身 行動で選ぶビジネス向けスーツケース 聞いた、試した、すごかった! 最新ビジネスギア情報局(日経トレンディネット)

5/23(水) 12:00配信

日経トレンディネット

 かばんメーカーのエースが、2018年6月上旬にビジネス向けスーツケースのシリーズ「DP CABIN ONE」3製品を発売する。これは持つ人の行動パターンによって選べる独特な機能を持った製品だ。「通常、お客様からの要望を元に新しい製品を開発するが、今回は、お客様の使い方を想像し、その中で日常のストレスを軽減するためのアイデアを製品化した」と、エース MD統括部の南谷誠サブマネージャー。

【関連画像】人が引くと、このくらいのサイズ感

 シリーズ名の「DP」は、Depend on Purposeの頭文字で、目的別の意味。例えば、ビジネス向けのスーツケースは、ポケット付きが圧倒的に人気だが、そのままポケットを付けるのではなく、「なぜ前面のポケットが欲しいのか」を考え、その用途や目的に合わせて製品を考えていく。

 サイズは3製品ともに機内持ち込みサイズ。通常、スーツケースは容量から選ぶことが多いが、出張時のトラブルやストレスを考え、それらを解決する機能を持つかばんを3パターン作ったという。

 「デザインは、形だけではなくて問題の解決を提案するものでもある。そういう考え方を形にした。また、すでに細分化したビジネス向けスーツケースの分野では、ニッチなものづくりが重要。ニッチな層に確実に響けば、多少独創的過ぎるアイデアでも、お客様はこちらが想定しなかったような使い方を考えてくれる。それが大きなマーケットになると考えている」と南谷サブマネージャー。

 そんなニッチ層に向けたアイデアを盛り込んだ3機種の特徴を紹介していく。

独立したブリーフケースになるフロントポケットが便利

 まずは「TYPE1 PORTABLE」(希望小売価格3万4000円)。移動中に仕事をすることが多い人、機内持ち込みかばんに電子機器をまとめて入れている人などに向けられた、フロントポケットが着脱できるタイプだ。

 メイン部分もフロントポケット部分も樹脂製なので、フロントポケット装着時には、一般的な機内持ち込みサイズのトローリーバッグとしての利用が可能。一つの鍵でポケット部も本体部もロックできる。ポケット部分が布製ではないので、前面にポケットがあるタイプの中でも、比較的タフに使える構造だ。

 ポケット部分を上にスライドして外すと、ハードシェルタイプのクラッチバッグのように使える。内部は、パソコン用のポケットも装備した本格的なブリーフケース。PCポケットのほか、小物用のクッションポケットやケーブルホルダーも装備して、ビジネスツールをまとめて収納可能。手荷物検査時も、ポケット部分を外して別に通すことができるので、荷物の出し入れの面倒がない。ハードなスーツケースが好みで、移動中にバッグが2つ以上になるのは嫌だという人には最適だ。

 バッグ内部も凝っている。本体を開けると外せるポケット部分とその下部に段差があるが、その段差部分には小分けポーチが装着されていて、メインコンパートメントは平たく使えるようになっているあたりは抜かりがない。また、前面ポケットは外さなくても開閉可能なので、普通に前面ポケット付きのビジネススーツケースとしての使用も可能だ。キャスターは小回りの利くダブルホイールだし、エースだから基本機能の使い勝手も良い。

【関連記事】

オーブンレンジ 売れ筋トップは12万円超の高級モデル 売り場直送!家電トレンド便(日経トレンディネット)

5/23(水) 12:00配信

日経トレンディネット

 ジョーシン浦和美園イオンモール店でオーブンレンジの売れ筋を調査した。オーブンレンジは、炊飯器など他の調理家電とともに秋に売れ行きのピークを迎えるジャンルで、夏にかけてはボーナスシーズンがひとつの山となる。今は連休明けのいわば平時だが、同店ではこのタイミングで5万円以上のミドルクラスから10万円以上のハイエンドクラスが売れ筋の上位を占めているという。

【関連画像】ジョーシン浦和美園イオンモール店のオーブンレンジ売り場

 担当スタッフの安藤敦氏は「従来のターンテーブルを使った1万円以下のエントリータイプもトップ10下位に入るくらいには売れていますが、せっかくだから調理の幅が持てる良品が欲しいという人が多いようです」と語る。売れ筋ランキングは以下の通りだ。

 2017年10月の同店リポートと同様にシャープのハイエンドモデルである「ヘルシオ AX-XW400」が一番人気となっていた。ただ、それ以外は5万~8万円のミドルレンジのモデルが並び、10万円以上のモデルが上位を占めていた昨秋とのトレンドの違いを感じる。価格的に底値になっているモデルが多いこともあるが、やはりエントリーモデルがつけいる隙はないようだ。モデルごとの人気の理由は次のページから追っていこう。

※なお、写真で掲載している価格は、2018年5月15日15:00時点のもの。日々変動しているので、参考程度に見ていただきたい。

使いやすさだけでなく、センサー精度や加熱力もポイント

 一番人気となっているのはシャープのウォーターオーブン「ヘルシオ AX-XW400」。前世代から焼き料理の仕上がりが向上し、扉に油圧ダンパーを採用することで楽に開閉できるようになるなど、改良が随所に見られる製品だ。

 2017年8月発売の製品で、同年10月のレポートでは16万8000円していたが、12万3000円まで下がって買いやすくなっているところもポイント。さらに、カラーのタッチパネル液晶が多くの人に喜ばれているという。

 「説明書なしでもメニューをたどって使うことができますし、『まかせて調理機能』で高度な設定を自動でしてくれたりと便利です。オーブンレンジはあまり調理に参加しない家族が使うことも多いので、簡単に思い通りの操作ができるという点がより重要になってくるところもあるんですよね」

 続く2位は、日立アプライアンスの「ヘルシーシェフ MRO-TW1」。調査時で6万円を切っているミドルレンジクラスで、温め精度の高さと熱処理の速さが注目されている。

 「赤外線センサーに加えて重量センサーも搭載しているので、食材に合わせた最適な温め方ができます。中心までしっかり温まるのはもちろん、無駄な加熱が少なく廃熱も速いので次の調理がスムーズにできる点も評価されていますね」

 3位の東芝「石窯ドーム ER-RD3000」も4万9800円と、ミドルレンジの価格帯だ。最高300度で調理できる構造で、庫内背面に対流を起こすファンを備えており熱の回りも速い。

 「クッキーなどのお菓子作りが好きな人に人気がありますね。赤外線センサーも8眼あるので、精度が高くて使いやすいです」

【関連記事】

すね毛は適度に残す ムダ毛処理グッズが進化(日経トレンディネット)

5/23(水) 12:00配信

日経トレンディネット

 暑い日が増え、薄着になってくると気になるのがムダ毛。腕やワキ、背中など、パーツ別にムダ毛をケアする商品が女性向けに販売されているが、ムダ毛が気になるのは女性だけではない。

【関連画像】コンビニで人気が高い「ポケシェーバー」(1900円)。ヒゲを濡らさずにそれる手軽さもあり、朝、ヒゲをそり忘れたビジネスパーソンなどが購入するという

 若い世代の男性を中心に、身だしなみの一つとしてムダ毛処理が常識となりつつある今、貝印の男性用パーツ別ムダ毛ケア商品「コミックアートデザインシリーズ」が売れているという。

 同社はいち早く男性用グルーミング商品に注目し、20年ほど前から開発に取り組んできた。「10代後半から30代の“モテたい世代”をターゲットにした、ムダ毛処理に特化した商品を『コミックアートデザインシリーズ』として2018年から販売している」と話すのは、貝印 商品企画部の三好輝和部長だ。

 三好部長によると、男性向けパーツケアの市場は年々拡大傾向にあるという。その大きな要因のひとつが、ドラッグストアで男性用化粧品のコーナーが確立されてきていることだそうだ。

 「以前は、男性用のグルーミング商品といえばひげそりが中心で、眉や鼻毛を整えるには、女性用の売り場で購入するしかなかった。しかし、男性の身だしなみへの関心が高まって男性用化粧品の売り場が増え、売り上げの伸びに貢献している」(三好部長)。また、ニオイに関するケアが一般的になったことから身だしなみに気を遣う男性は増え、パーツケアは若い世代から中年男性まで広がりを見せているのだそうだ。

すね毛は適度に毛を残すのがいまどき。女子からの評価もアップ!

 コミックアートデザインシリーズの男性向けアイテムは全6種類。足のムダ毛を整える「レッグトリマー」、マユ用の音波振動カミソリ「Men’s ompa」、ヒゲやもみあげなどの顔のパーツ用「マルチトリマー」、マユ用「クシ付きマユトリマー」、電動鼻毛カッター「スティックシェーバースリム」、ヒゲ用の電動シェーバー「ポケシェーバー」と、パーツ別に細かくケアできる商品がそろう。

 「夏になると売り上げを伸ばすのがレッグトリマー」(三好部長)なのだそうだ。ツルツルにそるのではなく、“適度に毛を残す”のが特徴だ。その秘密は、刃が肌に直接当たらないように前面に備え付けられた、3mm幅のクシ状のプラスチックパーツ。クシに通った毛だけをそるので、適度に毛量を減らすことができる。

 「20~40代の女性にアンケートを取り、すね毛は適度に毛が残っていたほうが好まれるという結果が出たことから、レッグトリマーを企画した。企画部以外の男性社員にも協力してもらい、試行錯誤を繰り返して3mm幅にたどり着いたのだが、開発期間中は男性社員のすねがキレイになっていると話題になったほど(笑)」(三好部長)

 どのように適度に毛が残るのか、男性に試してもらった。最初は慎重に少しずつそったが、大胆に動かしてもそりすぎることがなく、肌に刃が直接当たらないので、痛みも全くないという。また、乾いた毛が絡まるのではないかと思ったが、スムーズにトリマーを動かすことができ、ストレスなくそることができたそうだ。

【関連記事】

新日鉄住金、薄板5000円追加値上げ 店売りなど 6月出荷から(日刊産業新聞)

5/23(水) 11:49配信

日刊産業新聞

 新日鉄住金は22日、国内店売り、リロール、パイプ・軽量形鋼向け薄板全品種(熱延黒皮・熱延酸洗・冷延・めっき)の販売価格を6月出荷相当分からトン当たり5000円(約7%)値上げをすることを決めた。今年1月の3000円に続く追加値上げとなるもので、需要家・流通各社に申し入れを開始した。一部ひも付き分野でも値上げ交渉を始めており、値上げで決着したケースもあるようだ。店売り分野で今回の値上げが浸透すれば、熱延コイルのメーカー販価はトン当たり7万円を超えるレベルになるもよう。

【関連記事】

中国鋼材市況、再び上向く メーカー値上げも刺激(日刊産業新聞)

5/23(水) 11:47配信

日刊産業新聞

 中国の鋼材市況が再び上向いた。上海の熱延コイル市況は18日にトン4320元(約7万4300円、増値税込)と前週比0・9%高。4月以降上がり続け、5月半ばに軟化したが一時的な調整にとどまった。建設・製造業の需要は堅調。鉄鋼は増産基調だが需給に緩みは見られず、薄板最大手の宝山鋼鉄が6月価格を引き上げるなど鉄鋼企業の値上げ姿勢も刺激となったようだ。

【関連記事】

大洋特殊金属、今期売上高最高更新へ 需要好調 品質管理を強化(日刊産業新聞)

 特殊鋼商社の大洋商事(本社=東京都中央区、北信一社長)の中国現地法人、大洋特殊金属(浙江)は、2018年12月期で単独売上高が前期から6%増となり、過去最高を更新する。商社事業を展開する大洋商貿(平湖)も売上高を17%増やす計画。中国において産業機械や自動車、建機関連など幅広い需要産業が好調を維持しており、両現法とも着実に需要を捉え成長を図る。並行して、品質管理の強化も進めていく方針。

【関連記事】

JFE建材、新耐火合成スラブ開発 大スパン・高荷重対応 施工コスト10%減(日刊産業新聞)

5/23(水) 11:43配信

日刊産業新聞

 JFE建材(久保亮二社長)は、大成建設と共同で大スパン、高荷重対応できるQLデッキ合成スラブの新耐火仕様「QL75―12000」を開発した。合成スラブの適用範囲が拡大できるため、建築計画の自由度が向上する。施工しやすくなるため、施工時のコストが従来比で10%程度の削減につながる。今後、大スパン・高荷重が必要となる事務所ビル、商業施設、公共施設での適用を目指していく。

【関連記事】