不祥事が相次ぐスポーツ界に蔓延する勘違い(東洋経済オンライン)

9/1(土) 6:00配信

東洋経済オンライン

 アジア版オリンピックと言われるアジア競技大会2018がインドネシアのジャカルタで開催(8月18日~9月2日)され、連日熱戦が繰り広げられている。特に、競泳の池江璃花子選手の複数の金メダル獲得など、2年後の東京オリンピックに向け、幸先のよいニュースを耳にしていた。

 そんななかで、またしても不祥事に見舞われてしまった。男子バスケットボール日本代表の4人の選手が日本の公式ユニフォームを着たまま選手村を出て、歓楽街で買春行為に及んだというニュースだ。本人らはすぐに代表認定を取り消され、20日に強制帰国。その夜には日本バスケットボール協会の三屋裕子会長らとともに記者会見に臨んだ。

 国際大会に赴いた当該選手たちの軽はずみな行動に国民、オリンピック関係者は驚くとともに、本人たちも突然の苦境におどおどしていたのが印象的だった。

 日の丸を背負っていようがいまいが、人間として買春は許せないという声も多く、もっともだと思うが、やはり自らの使命を自覚しない対応が問題を大きくしてしまったことは事実だ。

 その後控えメンバーが3人しかいない状況でアジア大会を戦ったバスケ男子代表は準々決勝で敗退した。そして、8月29日に日本バスケットボール協会は、買春行為をした4選手に1年間公式試合への出場権を剥奪する処分を科すことを決めている。

■日大アメフト問題に始まり、体操協会でも騒動が

 母国開催である東京オリンピックを2年後に控えて、スポーツ界で不祥事が相次ぐ。

 直近では体操の2016年リオデジャネイロ五輪代表、宮川紗江選手が日本体操協会の塚原千恵子女子強化本部長などからパワハラの被害にあったと主張。協会側は8月30日に第三者委員会を設置して調査することを決めた。31日には、塚原光男副会長と女子強化本部長側が文書を発表し、選手に謝罪をしたものの、パワハラの指摘については反論をしている。

 5月には日大アメフト部の悪質タックルが問題になった。監督やコーチの指示であったことが明らかになり、学長をはじめとする日大の対応のまずさも火に油を注いだ。日大が所属する関東学生アメフト連盟は指示を認定し、内田前監督と井上元コーチを除名。日大は今年度の公式戦の出場資格停止処分が下されている。

 日大に至っては、8月9日に、日大応援リーダー部(競技チアリーディング)の女子部員が女性監督から暴言などのパワハラを受けており、それへの組織対応が不適切であったことも発覚している。

【関連記事】

48歳、不倫され別れた女をなお愛す男の境地(東洋経済オンライン)

9/1(土) 6:00配信

東洋経済オンライン

単純計算すると3組に1組の夫婦が離婚している日本。そこにいたるまでの理由は多種多様だ。そもそも1組の男女が、どこでどうすれ違い、離婚という選択肢を選んだのか。それを選択した一人ひとりの人生をピックアップする本連載の第4回。現代社会が抱える家族観や結婚観の揺らぎを追う。

この記事の写真を見る

■かかと落としを食らわせられて

 「離婚から何年経っても、妻の『殺してやる!』という形相が忘れられないんですよ。本当にあの瞬間は恐怖でしたね」

 ワイシャツに、黒のズボンといういでたちで現れた中島正弘さん(仮名・48歳)は、やや緊張ぎみにそう切り出した。頭にはそれまでの苦労が現れたかのように、年齢の割には白髪が目立つ。中肉中背で、物腰の柔らかい、優しい雰囲気の男性である。

 正弘さんは、現在、愛知県内の介護施設で管理運営者として働いて生計を立てている。ちょうど30歳の頃に、6歳年下の元妻の育美(当時24歳)と結婚し、11年にわたる結婚生活を経て41歳のときに離婚した。

 育美と出会った直接のきっかけは、正弘さんが働いていた印刷会社だった。正弘さんは、工業高校を卒業後、印刷会社に正社員として入社。数年後、その職場に派遣の事務社員として入ってきたのが育美だったという。

 育美は、性格的にも見るからに破天荒で危ういところがあった。

 かつては女性と付き合っていたことを公言し、風俗で働いていた経験についても隠そうとはしなかった。あけすけな女性で、彼女の勢いに圧倒される形で、交際がスタートした。

 そんな奔放なキャラクターであった育美が、熱病に冒されたかのように(自分と)「結婚したい」と言い始めたのは、正弘さんにとって少し意外だった。

 「彼女のほうから、結婚しようというノリがとにかく強かったんです。最初からペースに支配されている感じでしたね。向こうに押されるままに、結婚話が進んでいったんです。元妻にはなるべく若いうちに、結婚して子どもを産むというライフプランがあったようです。今思うと、私のことを好きだったというよりは、たまたま都合の良い男がひょっこりと目の前に現れたという感じだったと思います。とにかく彼女のエネルギーにぐいぐい押される感じで、結婚モードが加速していったんです」

【関連記事】

中学受験で「万引き依存」に陥った子の現在(東洋経済オンライン)

9/1(土) 6:00配信

東洋経済オンライン

 小学生の一時期、万引きがやめられなくなり、中学の途中から不登校に。その後はフリースクールに行くようになり、高校にも大学にも、自動車教習所にすらも通わなかった――。

この記事の写真を見る

 「おとなたちには、わからない。」シリーズ、今回は『不登校新聞』の編集長、石井志昂(しこう)さん(35)の登場です。

 学校に通わない選択肢など考えもつかず、「学校がつらいんだ」という自分の本心にすらなかなか気づけなかったという石井さん。新学期を前に悩みを深める子どもたちが増える今、お話を聞かせてもらいました。

■塾で植え付けられた“呪いの言葉”

 石井さんの不登校の根っこにあるのは、中学受験でした。小学校高学年の頃、母親に勧められて塾に通い始めたのですが、これを機に親子ともども受験信仰にはまりこんでしまったのです。

 「あとで聞いたところ、最初は親も軽い気持ちだったんですね。小学生の男の子が夏休み中、毎日家で遊んでいるのもなんだから、塾ぐらい行ってきなさいと。けれど塾の説明を聞いているうちに、だんだん『私立中学に行くことでしか人生が切り開かれないような気持ちになっていった』と言っていました」

 塾のやり方は、なかなかにえげつないものでした。毎週テストを行い、その成績順に子どもを席に座らせる。答えを間違えたら教科書で殴る。いまでこそ塾で体罰など考えられませんが、20年前当時は、まだそんな文化も残っていたのです。

 「先生がまた、すごくあおってくるんですよ。よく覚えているのは、社会科の先生がある日、教室の真ん中辺りに立って『こっち(平均以下)の人は“人生がない”と思ってください』と言った。そのとき僕はちょうど平均のぎりぎり上くらいで、『自分はまさに人生の崖っぷちにいる!』という感覚をもったんですね。

 いま考えると、小学5年生に『人生がない』なんて言う大人はどうかと思うんですが、当時の僕は『これが人生なんだ。この受験に失敗することは、人生の終わりを意味するんだ』という恐怖心を、はっきりと植え付けられたんですよね」

 そのストレスは意識にのぼることなく、行動となって表れました。万引き行為が止まらなくなったのです。

 塾の日は大体、夕飯のお弁当用に小遣いを渡されていたのですが、石井さんはそのお金をいつもゲームセンターで使っていました。そのため塾の帰りは空腹になり、菓子パンを盗んだのが最初だったそう。

【関連記事】

「宮川選手=正義」「塚原夫妻=悪」はまだ早い(東洋経済オンライン)

8/31(金) 11:00配信

東洋経済オンライン

 今年に入って何度目のスポーツ団体に関する騒動でしょうか。7月11日に日本体操協会へ「速見佑斗コーチ(34歳)の暴力行為に関する通報」が入ってから約2カ月弱。8月29日に行われた宮川紗江選手(18歳)の会見が物議を醸しています。

 通報後、日本体操協会はパワハラの事実確認をはじめ、速見コーチへの聞き取り調査を実行。速見コーチはパワハラの事実を認めて反省の意を表しました。日本体操協会は理事会を開いて速見コーチの処分を決議し、8月15日に「無期限登録抹消」などの懲戒処分を発表。「騒動も一件落着か」と思われたところ、21日に宮川選手が代理人弁護士を通して文書でパワハラを否定し、速見コーチの指導続行を訴えたことで、事態が一変しました。

 さらに24日、日本体操協会が経過説明の文書を発表し、速見コーチが東京地裁に「指導者の地位保全を求める仮処分の申し立て」をしていることが発覚。宮川選手が27日からはじまった世界選手権代表候補合宿に参加していないことからも、「コーチ1人のパワハラというレベルの問題ではない」ことが、うわさされはじめました。

 そして29日、会見を開いた宮川選手は、速見コーチの処分軽減を求めること以上の強烈な告発を行ったのです。それは日本体操協会の塚原千恵子女子強化本部長(71歳)と夫・光男副会長(70歳)からのパワハラ。「まだ18年しか生きていませんが、人生の中で一番の勇気を出してここに立っています」という言葉が事の重大さを物語っていました。

■告発のさなかに「確信」を繰り返した意味

 2016年12月19日、塚原本部長から宮川選手のもとに電話が入り、「(日本体操協会が主導する)2020(東京五輪特別強化選手)に申し込みをしないと協会として協力できなくなる。五輪にも出られなくなるわよ」と言われ、ナショナルトレーニングセンターの使用も制限されてしまいました。

 さらに今年7月15日、宮川選手は塚原夫妻から代表合宿の練習中に呼び出され、速見コーチによる暴力の証言を強く求められたほか、「(速見コーチを信頼している)家族でどうかしている。『宗教みたいだ』と高圧的に言われた」と明かしたのです。

【関連記事】

最悪の状況から「最高の音楽」が生まれた神秘(東洋経済オンライン)

8/31(金) 9:00配信

東洋経済オンライン

 今週末に聴いて頂きたい音盤は、キース・ジャレットの「ケルン・コンサート」です。ジャズの入門書では必ず取り上げられる傑作です。全編ソロ・ピアノによる即興演奏、しかも実況録音盤。キース・ジャレットの音楽家魂が凝縮しています。

 音楽家魂?  何ですか、それは? 

 たとえて言えば、『弘法は筆を選ばず』ということです。そこに聴衆がいれば、どんな劣悪なコンディションでも、最高の音楽を奏でるのだという意思とそれを実現する能力のことです。考えてみれば、これは音楽家や書道家だけのことではないかもしれません。いかなる分野のいかなる仕事であれ、時に想定外の状況に直面することがあります。プロフェッショナルとしては、矜持をもって最良の結果を出す、ということです。

 ちょっと格好良すぎませんか? 

 まあ、そうありたいという心構えです。

■体調もピアノの状態も最悪だった

 それで、キース・ジャレットに戻ります。「ケルン・コンサート」は、1975年1月24日の深夜11時30分から約67分間の出来事を録音したものです。実は、この時のキース・ジャレットの体調も用意されていたピアノの状態も最悪でした。コンサート自体、キャンセルされてもおかしくなかったほどです。

 キース・ジャレットが遭遇したのに似た状況は、ビジネスパーソンなら誰しも遭遇する可能性があります。

 たとえば、高熱で朦朧としても先方との約束をリスケできないこともあるかもしれません。時間をかけて用意したプレゼン用のパワポがパソコンの不具合で使えない場合だってあります。しかし、予定の時間が来てプレゼンが始まります。体調が悪いとか機器の不具合なんて言い訳は通用しません。さあ、どうしますか。

 1975年、キース・ジャレットは、既にジャズの世界で十分な成功をつかんでいました。20歳の時、アート・ブレイキーに見出されメジャー・デビュー。チャールス・ロイド四重奏団ではサイケデリック時代のジャズの地平を拡大。傑作「フォレスト・フラワー」には若きキースの勇姿が刻まれています。必聴盤です。そして、マイルス・デイヴィス楽団に参加します。ジャズが最も激しく変貌した瞬間を共有しました。そして、独立。現代ジャズの最先端を疾走します。

【関連記事】

「睡眠改善」に役立つ無料スマホアプリ3選(東洋経済オンライン)

8/31(金) 9:00配信

東洋経済オンライン

 スマートフォン用のアプリには、睡眠関連のアプリがたくさん用意されています。上手に活用することで、自分の睡眠の問題に気づいたり、睡眠の質を高めることで生活の質までも向上できる可能性があります。今回は睡眠に関するアプリに着目してみました。

この記事の写真を見る

 現在公開されている睡眠関連アプリは、大きく分けて「アラーム(睡眠トラッキング)系」「リラックス(入眠サポート)系」「いびき(録音)対策」の3つに分けられます。その中からiOS版とAndroid版の両方が用意されている無料アプリを1つずつ取り上げ、そのジャンルの特徴や傾向を紹介します。

■自分の睡眠を分析して他人と比較できるアプリ

 「Sleep Cycle」はアラーム機能、睡眠のトラッキングと分析、いびきの録音ができるアプリです。

 活動量計のように自動的に睡眠をトラッキングしてくれるわけではなく、アラームを設定する、もしくは睡眠スタートボタンを押すことで測定が開始されます。マイクまたは加速度センサーで睡眠中の動きを分析し、起床時は眠りが浅くなったタイミングで起こしてくれます。

 類似のアプリは多数ありますが、「Sleep Cycle」を取り上げたのは、データの細かさです。

 眠りの深さがわかる睡眠サイクルのグラフも提供されますが、「睡眠傾向」は必見。世界の睡眠と自分の快眠度をデータで比較できるだけでなく、天候や気圧、月齢、場所などと快眠度の関係をグラフで見せてくれるのです。データが蓄積すれば、自分のおもしろい傾向が見えてきそうです。

 それぞれのデータでは、選択した期間内での自分の平均、日本の平均、最低の国、最高の国などがデータとして提示されます。たとえば快眠度の最低は日本で60%、最高はニュージーランドで78%といった具合です。世界のデータと比較することでかなり好奇心がかき立てられ、データを蓄積したくなるのではないでしょうか。

 また、有料プランならPhilipsのIoTライト「Hue」と連動させることで、光もアラーム代わりに使えるなど、IoTの先端をいっている感じが味わえるところもおすすめポイントです。毎日必ずアラームをセットして寝る生活という方なら、味方に付けると自分の睡眠習慣が容易に可視化できて便利になるでしょう。

■眠れない夜はリラックスサウンドを聞く

 睡眠に関するアプリの中でも、非常に種類が豊富なのが、リラックスするためのサウンドアプリです。

【関連記事】

「木造」にプレハブメーカーが参入する事情(東洋経済オンライン)

8/31(金) 8:00配信

東洋経済オンライン

大手プレハブメーカーが木造住宅事業に続々と参入する一方、地方発のパワービルダーや工務店が勢力を伸ばす戸建住宅市場。いま、住宅市場で何が起きているのか。「日本の戸建住宅を襲う『ガラパゴス化』の懸念」(8月30日配信)に続く後編をリポートする。

■オープン工法で攻める新興勢力

 世界的な流れとなっている環境問題への対応を進めるため、日本では2020年に向けてZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の普及や、資源循環型の国産材を利用する動きが進んでいる。こうした流れは、住宅業界の構造変化にどのような影響を及ぼすのか。

 ZEHへの取り組みは、2016年度から本格的にスタートした。住宅の断熱性能や省エネ性能を向上し、太陽光発電などでエネルギーをつくることで、年間の1次消費エネルギー量の収支をゼロにするのがZEHだ。高い技術力が求められるため、大手メーカーのプレハブ住宅へ有利に働くとみられていた。

 しかし、ZEH補助事業団体の環境共創イニシアチブによると、主要企業のZEH比率(販売棟数全体に占めるZEHの割合)は、2017年度実績でトップは、積水ハウスの76%だが、次いで高いのが一条工務店の72%。セキスイハイムの50%を除くと、大和ハウス工業、旭化成ホームズ、住友林業、ミサワホームなどの大手は20%台に留まる。木造在来でもZEH比率93%を達成しているエコワークス(福岡市)のようなビルダーもあり、ZEHでもプレハブ住宅が有利というわけではない。

 輸入材に比べてコスト高と言われてきた国産材の利用も進み出した。タマホームは5年前から積極的に国産材活用に取り組み、現在では住宅構造材の72%を国産材で賄っている。独自の木材乾燥技術を持つ地域ビルダーの夢ハウス(新潟県北蒲原郡)は、国産材供給を武器に400社を超える工務店のボランタリーチェーンを展開。加盟社数では、アキュラホームやLIXIL住宅研究所を抜いて日本最大の工務店ネットワークに成長している。

【関連記事】

夫婦が普段言えない「本音」を語り合う瞬間(東洋経済オンライン)

8/31(金) 7:00配信

東洋経済オンライン

 「『家族会議』は何歳から参加できますか?」「子どもを入れてどんなふうに会議をすればいいかわからない」。時々、そんなことを聞かれる。この連載を読んでいただいている方ならおわかりのように、家族の「会議」の形はまさにそれぞれで、やり方も、話すことも、参加する人も、家族によって異なる。そこに正解はない。

この記事の写真を見る

 ただ、確かにまだ小さくて会話がおぼつかない子が、深い話に参加するのは難しいだろう。そして子どもの年齢が低ければ低いほど、親はできるだけ「冷静に客観的になって」子どもたちの意見を聞く必要があるかもしれない。そのため、子どもの年齢が低い場合は特に、第三者の存在が意外とキーになることもある。

■仲良し夫婦が「困っていたこと」

 安東秀海さん美紀子さん夫妻は、夫婦で心理カウンセラーだ。仕事のうえでもパートナーである2人は夫婦仲もよく、家事分担や1人息子の陸くんの世話なども、普段から話し合いの中で上手に分担している。

 そんな安東さんだから、夫婦会議も家族会議も、自然にできるとは思っていたのだが、近頃ちょっと困っていることがあるという。「一度、間に入ってみてくれませんか?」と言っていただき、この夏に3歳になった陸くんを交えて家族会議のファシリテーションをさせてもらった。

安東家の家族構成
夫:安東秀海さん 妻:美紀子さん 息子:陸くん(3歳)
家族の課題:2人目が生まれる前に、陸くんの生活リズムを整えたい! 
 妻の美紀子さんは、現在2人目の子どもを妊娠中。つわりがひどいこともあり、仕事を少しセーブしつつ、家で過ごしていることが多い。そんな美紀子さんの、最近の悩みは、「陸くんの寝かしつけが遅くなること」だ。

 実は陸くんは大のパパっ子。生まれてすぐ秀海さんが育休を取っていたことや、美紀子さんの出張時には秀海さんと2人きりで数日を過ごすことも度々経験してきたことから、「ハハじゃなきゃいやだ」(陸くんは秀海さんをチチ、美紀子さんをハハと呼ぶ)というようなことは一切ない。

【関連記事】

「自分に似合う服」そんな伴侶を見つける方法(東洋経済オンライン)

8/31(金) 6:00配信

東洋経済オンライン

 結婚願望の薄い人は2つに分類できると思う。1つ目は、恋愛への興味があまりないタイプ。仕事や趣味に熱中しすぎているケースもあるが、失恋を含めた実体験が少なすぎて「恋愛の何が楽しいのかわからない」という人が増えている気がする。食わず嫌いである。

 2つ目は、恋愛を重視し、生活がメインとなる結婚には忌避感を示すタイプだ。相手を「好き」という気持ちに殉じる、ある意味では純粋な人たちだと言える。なお、夫婦仲の悪い両親やいわゆる毒親に育てられたために、恋愛はともかく結婚生活にはいいイメージが持てない人も少なくない。

 看護師の中野理佐さん(仮名、44歳)は、後者に該当するだろう。20代半ばから15年近くにわたって3歳年上の外国人男性、ショーンさん(仮名)と交際をしてきた。当時は、「好きな彼とつながっていれば幸せ」だと感じていたと振り返る。

■自信家で情熱的なところが好きだった

 「私は遅くに入学した看護大学の学生でした。居酒屋でバイトをしていたときにお客さんだったのがショーンです。日本育ちの彼ですが、お父さんは本国で事業家として成功したことがあります。お父さんを越えたい彼も脱サラして会社を作りました。うまくいきませんでしたが、自信家で情熱的なところが好きでしたね」

 デートするたびに「今日は何をやっていたの?」「かわいいね」「愛しているよ」「お父さんお母さんは元気?」と優しい言葉をかけてくれる。理佐さんは自分の両親をショーンさんに紹介していたのだ。ただし、ショーンさんは友だちにも会わせてくれず、自宅すら教えてくれなかった。

 「海外出張が多いので日本には家がない、と言うんです。海外でトラブルに巻き込まれて2年間も連絡が取れない時期がありました。死んじゃったのかなと思っていたら急に連絡があって……」

 ショーンさんにほれ込んでいた理佐さんは彼を許し、事業資金のために300万円も貸した。結婚はしなくても、彼とつながっていればそれで十分だった。

 しかし、理佐さんの愛情が砕け散る出来事が起こる。ある日、見知らぬ女性から電話がかかってきたのだ。

 「自分は名乗りもせず、私のことを根掘り葉掘り聞こうとするんです。そして、自分がショーンの女で、13歳になる子どもがいると言い出しました」

 日本にいるはずのショーンさんには連絡が取れない。理佐さんはフェイスブック上から彼の「事業仲間」を探し出して窮状を訴え、協力してもらうことにした。そして、弁護士を通じて借金を取り戻すことに成功。弁護士によれば、ショーンさんには悪気はなかったようだ。

【関連記事】

さくらさん死因「乳がん」の診断が難しい根因(東洋経済オンライン)

8/30(木) 15:50配信

東洋経済オンライン

 8月15日、漫画『ちびまる子ちゃん』の作者、さくらももこさんが、乳がんで亡くなった。2017年6月にはアナウンサーの小林麻央さんがやはり乳がんで亡くなっており、闘病生活を克明に綴ったブログなどで大きな反響があったことを思い出された方も多いのではないだろうか。

この記事の写真を見る

 がんは、一般的に高齢で発症することが多いが、乳がんは、比較的若年者の発症が多い。特に働きざかりの女性、小さな子どもを持つお母さん世代で発症することも少なくないのが特徴である。

■乳がん患者は増加の一途をたどっている

 国立がん研究センターの日本の最新がん統計によると、2012年時点において女性のがん罹患者数の第1位が乳がんとなり、11人に1人の女性が生涯で乳がんに罹患する確率があると言われている。

 死亡数でも2014年のデータで女性の第5位となり、女性の30歳から64歳では、乳がんが死亡原因のトップとなっている。厚生労働省が発表した「人口動態統計」では、2017年の乳がんによる死亡数は1万4285人にのぼる。過去を振り返ると、2012年1万2529人、2013年1万3148人、2014年1万3240人、2015年1万3584人、2016年1万4015人という具合に、一貫して増加を続けている。

 このように乳がんは、女性にとってかなり身近な病気だ。がん治療の一番重要なことは、早期発見であるが、乳房は体表の臓器であり、乳がんを「しこり」として皮膚越しに触れることができることが多く、早期発見がしやすいがんであるといえる。

 また、乳がんは、他のがんと比較して予後が良いのも特徴である。過度に恐れず「自分の主治医は自分自身」という気持ちで、定期的に自分の乳房を手で触ってしこりがないかどうかを確認することが大切である。

 乳房は、月経周期によって硬さや大きさが大きく変わる人もいるので、最適な時期とされる月経直後、1カ月に1回定期的に入浴時などに「自己検診」することをお勧めする。

 しかし一方で、乳がんは人によって性質が大きく異なり、しこりを感じられるがんと、まったく感じられないがんがある。形も硬さも多様なのが乳がんのやっかいな点である。よって、素人ではなかなかしこりの形状で良性か悪性のものか判断することは難しい。

 いつもの触り心地と違うように感じたら、乳腺科をすぐに受診されることをお勧めする。そして、仮にしこりがないように感じても、早期発見のためには定期的に検診を受けることも大切である。

【関連記事】