荻生徂徠が遺した「悪魔的」ともいえる統治術(東洋経済オンライン)

5/18(金) 13:00配信

東洋経済オンライン

 江戸時代中期を生きた儒学者として知られる荻生徂徠(1666ー1728)。8代将軍・徳川吉宗の信任を得てその知恵袋として活躍した徂徠が、吉宗だけが読むことを想定し、極秘の政策提言を行った。それが4巻からなる『政談』である。

この記事の写真を見る

■悪魔的ともいえる統治術

 『政談』に記されているのは、「悪魔的」ともいえる統治術だ。講談社学術文庫『荻生徂徠「政談」』(尾藤正英)によると、「出替り奉公人の取締りのこと」「浪人ならびに道心者の取締りのこと」などの項目では、現在でいうところのフリーターを取り締まることを提言している。

 また、戸籍管理を徹底することによって、居住場所についても幕府が厳密に管理するべき、としている。その内容は、現在の憲法で保障されている「基本的人権」など、歯牙にも掛けていない。

 さらに、「諸役人の才徳を見分けること」「諸役人には器量ある者を選ぶべきこと」など、実力主義による人材登用も提言をしている。

 これらの提言は吉宗への私信であり、読了後は誰の目にも触れないように焼却するように、とも書かれていた。しかし、恐れを抱いた吉宗側近は手元に留め置き、吉宗には届けなかった。

 4月に創刊した講談社まんが学術文庫(初回配本は『政談』『歎異抄』『資本論』『罪と罰』『恋愛と贅沢と資本主義』『幸福について』の6冊)のうちの1冊『政談』では、そんな徂徠から命名された人工知能コンピュータ「SORAI」がすべての政策を決める2055年の日本を描いている。

 未来社会へと画面設定をしたSF風のまんがを読むことによって、徂徠の「悪魔的ともいえる統治術」のエッセンスをサッと知ることができるという寸法だ。

 次ページ以降、フリージャーナリストの小山田毅がロックミュージシャンのマコトやリュウイチたちに徂徠のことを説明するシーンを掲載する。徂徠とは、いったいどのような人物なのだろうか。

東洋経済オンライン編集部

【関連記事】

女子高生がハマる「第3次韓流ブーム」の正体(東洋経済オンライン)

5/18(金) 12:20配信

東洋経済オンライン

女子高生を中心に、いま「第3次韓流ブーム」が起きています。韓国のアイドルにあこがれ、コスメやファッションに夢中になり、現地まで赴く高校生もいるほどの流行です。今回は、そんな中高生の韓流ブームについてお話しします。

この記事の写真を見る

■K-POPだけじゃない第3次韓流ブーム

 昨年末の第68回NHK紅白歌合戦はご覧になりましたか。韓国で結成された女性アイドルグループ「TWICE」が初出場して、会場を沸かせました。小学生から大人まで絶大な人気を誇るTWICEですが、ご存じなかった人もいるでしょう。

 TWICEは女性らしいかわいらしさを強調したダンスと歌が人気のグループで、韓国人、日本人、中国人の9人の女性で構成されています。彼女たちがミュージックビデオで行う、指で泣き顔の絵文字を模した「TTポーズ」は、中高生のセルフィーで大いにまねされました。10代を対象とした調査会社AMFが2017年12月に発表した「JC・JK流行語大賞2017」でも、ヒト部門の1位にTWICEが輝いています。

 さて、ここで注目していただきたいのが、「JC・JK流行語大賞2017」にエントリーされているキーワードです。モノ部門にランキングされている「チーズタッカルビ」「ウユクリーム」も韓国発の商品なのです。チーズタッカルビは甘辛く味付けた肉や野菜にチーズをたっぷりと絡めて食べる韓国料理です。「ウユクリーム」は韓国発のコスメレーベル「3CE」が発売している美白クリームで、かわいい牛乳型パッケージも人気の理由です。

 このランキングが象徴するように、中高生は「K-POP」「グルメ」「コスメ」を軸として、韓国のカルチャーに夢中です。「冬のソナタ」に代表される韓国ドラマを基点とした第1次韓流ブーム、少女時代や東方神起といったK-POPアイドルによる第2次韓流ブームに続き、いま第3次韓流ブームが巻き起こっているのです。

■インスタ映えを知り尽くした韓国カルチャー

自分をかわいく見せることに余念がない女子高生たちは、YouTubeのメイク方法を指南する動画を毎日チェックしています。そこで数年前から支持され続けているメイクのスタイルが「オルチャンメイク」です(関連記事:白肌に赤リップ「オルチャンメイク」って何? )。「オルグル(=顔)」に「チャン(=最高)」を組み合わせた「オルチャン」がしているメイクという意味で、陶器のように真っ白な肌を作り、平行した太めの眉、垂れ目風に延ばした黒のアイライン、うるんだような赤い口紅で仕上げます。さらに韓国語で「タンバルモリ」というショートヘアやおかっぱ頭との組み合わせも多く見られます。

【関連記事】

卓球「Tリーグ」に光明!有力選手が続々参戦(東洋経済オンライン)

5/18(金) 8:00配信

東洋経済オンライン

 「国際色豊かなメンバー構成で、初代チャンピオンを目指します」

 こう高らかに宣言したのは、10月に日本で新たに開幕する予定の卓球「Tプレミアリーグ」に参戦する男子チーム「T.T彩たま」(埼玉)代表の柏原哲郎氏。4月18日に埼玉県庁で行われた記者会見で、2016年リオデジャネイロ五輪団体銀メダルの吉村真晴選手と契約したことを発表した。

この記事の写真を見る

 Tリーグへの参戦チームが単独で会見を開くのは今回が初。秋のリーグ開幕に向け、今回参加が決定した8チーム(男子4チーム、女子4チーム)が選手を獲得する度に順次会見を開いていくと思われる。現在、国内外のトップ選手の参戦に向け最終調整が進んでいる最中だ。

 T.T彩たまの契約合意選手第1号となった吉村選手は「この埼玉で実力をつけて、また世界で勝てるように頑張っていきたい」と意気込むと、「つねに時代の流れを感じつつプレーの質を高めていけるので、選手にとっては本当にありがたい」と、国内でリーグが開催されることによる選手側のメリットを話した。

 柏原氏によると、吉村選手以外の入団内定選手や練習拠点などはまだ未定だが、現在は韓国代表の鄭栄植(チェン・ヨンスク)選手(世界ランク55位、2018年5月時点)や、日本でトップ5以内に入る大物と契約交渉を進めているという。

 Tプレミアリーグに参戦する各チームは過去2年間で世界ランキング10位以内に入った選手1人以上を含む6人以上の選手が必要なため、今後はトップランカーを筆頭とした選手の獲得が急務となる。

■地域密着型のチームを目指す「T.T彩たま」

 また、仮で「チームさいたま」としていたチーム名を「T.T彩たま(ティーティーさいたま)」に決定したことも同時に明かした柏原氏。

 この名称は、フジテレビ系列で毎週日曜午前に放送されている「ワイドナショー」に“ワイドナ高校生”として出演していた、タレントの柚木美音が考案した。

【関連記事】

人と寝具の意外と知られていない長く深い縁(東洋経済オンライン)

5/17(木) 15:10配信

東洋経済オンライン

モノ情報誌のパイオニア『モノ・マガジン』(ワールドフォトプレス社)と東洋経済オンラインのコラボ企画。ちょいと一杯に役立つアレコレソレ。「蘊蓄の箪笥」をお届けしよう。

この記事の写真を見る

蘊蓄の箪笥とはひとつのモノとコトのストーリーを100個の引き出しに斬った知識の宝庫。モノ・マガジンで長年続く人気連載だ。今回のテーマは「寝具」。あっという間に身に付く、これぞ究極の知的な暇つぶし。引き出しを覗いたキミはすっかり教養人だ。

 この連載の一覧はこちら

 01. 「寝具」とは、人の就寝時に用いる道具の総称で、布団やベッド、タオルケットや枕などのことをいう

 02. 寝具は睡眠の際に外気によって奪われる熱を遮断して暖かく、また害虫などを妨げて快適に眠るためのもの

 03. ヒトは本来、熱帯~亜熱帯にかけての気温に即した身体構造をしている

 04. 目覚めているときは身体の恒常性維持を行う自律神経の働きである程度、体温調整が効くようになっている

 05. しかし就寝時になると自律神経の働きが鈍り、体温調整が難しくなるため寝具が必要になったと考えられる

 06. 霊長類でも一部の種族にみられる行動様式だが、ゴリラは就寝前に葉を使用して寝床を作ることで知られる

 07. 人間のように専用寝具を持っているわけではないが、周囲の草木を利用し毎晩新しい寝床を作りそこに眠る

■古代人はどんな寝具を使用していたのか

 08. 人類発祥の地といわれる南アフリカのシブドゥ洞窟では約7万7000年前の布団の化石が発見されている

 09. 殺虫成分のある芳香植物の葉を何層も重ねたマット状のもので石器時代の人類が使用していたと思われる

 10. 研究を率いるウィットウォータースランド大学のリン・ワドリーによると、マットの高さは約30cm前後。

 11. またサイズは最大2平方メートルもあり、一家全員が寝られる広さを備えていたとみられている

 12. さらに古代人はこれらのマットのみならず虫除け効果のある植物で作った上掛けも使用し害虫を避けた

【関連記事】

思考と暮らしを変えるモノ選びのルール3選(東洋経済オンライン)

5/17(木) 8:00配信

東洋経済オンライン

モノ選びは、自分らしい人生を歩む第一歩。ガジェット、ファッション、日常のアイテムなど、モノに対するこだわりを語ったブログ「monograph(モノグラフ)」を2011年に開設して以来、今では月間で数十万人という読者に支持されている堀口英剛氏。初の著書である『人生を変えるモノ選びのルール』の筆者が、自身のモノ選びのルールについて伝えます。

この記事の写真を見る

■モノの選び方は、その人の生き方や考え方に直結する

 モノの選び方はその人の生き方や考え方に直結するというのが私の持論。せっかく多くの選択肢が選べる豊かなこの世の中だからこそ、一番自分が良いと思える「ときめくモノ」を側に置いておきたいと思いませんか。

 私はポリシーとして自分が「これだ!」と思った「ときめくモノ」のみ、ブログ「monograph」に載せるようにしています。

 こうしたブログを6年も続けていれば、自然と知識もつき目も肥えるというもので、製品の良し悪しや自分に合うモノか否かがひと目で判断できるようになりました。

 私の周りにあるモノは、そんな自分と読者の厳しい目をくぐり抜けたこだわりのある逸品ばかり。すべてのモノに対して、私はそのモノの「良さ」と「持っている理由」を話すことができます。

 「良さ」も「理由」もそれぞれですが、私が持っているモノには必ず「ストーリー」があります。その「ストーリー」を語るのが私の仕事です。

 「ときめくモノ」というのは決してスペックや価格だけで語れるものではありません。「なぜ、それを持っているのか」「なぜ、それを選んだのか」という物語が重要なのです。

 私は身の回りのすべてのモノに対してこの「ストーリー」を語ることができます。一つとして適当な理由で選んだモノはありません。毎日、毎朝、毎晩、ワクワクとときめきを感じています。それは別段私がポジティブな性格というわけではなくて、自動的に自分の気分が上がるようなモノを生活の随所に散りばめているから。

【関連記事】

はしか感染を防ぐために知っておくべきこと(東洋経済オンライン)

5/16(水) 14:30配信

東洋経済オンライン

海外からの旅行者が沖縄に持ち込んだ麻疹(はしか)の感染が拡大し、感染者が150人を超えている。今、知っておくべきこと、やるべきこと、やってはいけないこととは――。
 沖縄を発端としたはしかの感染は、「大火事になっているのではなくて、言うなればまだ”ボヤ”です」と語るのは、感染症対策の専門家として知られる川崎市健康安全研究所の岡部信彦所長だ。世界保健機関(WHO)や国立感染症研究所などで約30年にわたり感染症対策に携わってきたエキスパートである。

 「はしかワクチンの定期接種は2006年、MRワクチン(麻しん・風しん混合ワクチン)による2回の接種に変更され、1歳児と小学校入学1年前の間に行うことになっています。今の子供たちの95%前後は免疫(抗体)を持っています。ですから、以前のような何万人も患者が発生するというような流行にはなりにくいでしょう。ただ、感染者が徐々に増えて数百人になり、やがて1000人というように増えると、亡くなる方も出てくるでしょう。放っておいて火が広がるのはまずい。やっぱりボヤの内に消さないと」

■マスク、うがい・手洗いはしたほうがいい

 はしかの感染力はインフルエンザなどとは比べものにならないほど強力である。マスクをしても空気感染してしまうのは有名な話だ。では、マスクの着用は意味がないのだろうか。

 「そんなことはありません。もちろん、マスクでは不十分ですが、しないよりははるかにいいです。同じように、うがい・手洗いではしかの感染は防げないから、手を洗ってもまったくだめ、と解釈するのは大間違いです。手を洗うことは感染予防の基本です」(岡部所長)

 医療が進んだ国では、はしかで亡くなる人はずいぶん少なくなる。しかし、免疫がない人がはしかにかかると重症化しやすい。岡部所長は「はしかはそれ自体だけでなく、合併症の心配もある」と指摘する。

 はしかから肺炎を起こしたり、角膜炎になり失明したりすることもあれば、中耳炎を起こして難聴になる場合もあるという。はしかウイルスに効く有効な薬はないので、やはり予防が大切になる。

 はしかにかかった後は体の免疫力も全体的に低くなるので、ほかの病気にもかかりやすい状態になっているという。

【関連記事】

「はしか感染」を防ぐために今からやれること(東洋経済オンライン)

5/16(水) 14:30配信

東洋経済オンライン

海外からの旅行者が沖縄に持ち込んだ麻疹(はしか)の感染が拡大し、感染者が150人を超えている。今、知っておくべきこと、やるべきこと、やってはいけないこととは――。
 沖縄を発端としたはしかの感染は、「大火事になっているのではなくて、言うなればまだ”ボヤ”です」と語るのは、感染症対策の専門家として知られる川崎市健康安全研究所の岡部信彦所長だ。世界保健機関(WHO)や国立感染症研究所などで約30年にわたり感染症対策に携わってきたエキスパートである。

 「はしかワクチンの定期接種は2006年、MRワクチン(麻しん・風しん混合ワクチン)による2回の接種に変更され、1歳児と小学校入学1年前の間に行うことになっています。今の子供たちの95%前後は免疫(抗体)を持っています。ですから、以前のような何万人も患者が発生するというような流行にはなりにくいでしょう。ただ、感染者が徐々に増えて数百人になり、やがて1000人というように増えると、亡くなる方も出てくるでしょう。放っておいて火が広がるのはまずい。やっぱりボヤの内に消さないと」

■マスク、うがい・手洗いはしたほうがいい

 はしかの感染力はインフルエンザなどとは比べものにならないほど強力である。マスクをしても空気感染してしまうのは有名な話だ。では、マスクの着用は意味がないのだろうか。

 「そんなことはありません。もちろん、マスクでは不十分ですが、しないよりははるかにいいです。同じように、うがい・手洗いではしかの感染は防げないから、手を洗ってもまったくだめ、と解釈するのは大間違いです。手を洗うことは感染予防の基本です」(岡部所長)

 医療が進んだ国では、はしかで亡くなる人はずいぶん少なくなる。しかし、免疫がない人がはしかにかかると重症化しやすい。岡部所長は「はしかはそれ自体だけでなく、合併症の心配もある」と指摘する。

 はしかから肺炎を起こしたり、角膜炎になり失明したりすることもあれば、中耳炎を起こして難聴になる場合もあるという。はしかウイルスに効く有効な薬はないので、やはり予防が大切になる。

 はしかにかかった後は体の免疫力も全体的に低くなるので、ほかの病気にもかかりやすい状態になっているという。

【関連記事】

元日本代表・楢崎正剛が42歳の今も戦う矜持(東洋経済オンライン)

5/16(水) 9:00配信

東洋経済オンライン

 「今の日本代表GKは、まず永嗣(川島=フランス・メス)がいて、柏レイソルの中村(航輔)君もいいし、周作(西川=J1・浦和レッズ)もだいぶ感覚が戻ってきている。東口(順昭=J1・ガンバ大阪)は本人的にケガというのは痛いと思う。だけど自分も経験があるけど、顔のケガは意外に早く戻れたりする。コンディション次第でしょう。(注:4月21日に負傷交代し5月12日の試合で復帰)

この記事の写真を見る

 代表発表前はナーバスっていうほどじゃないけど、やっぱり意識はする。『常連だから』とかじゃなくて、『パフォーマンスがいいから選ばれている』という感覚が欲しいもの。僕自身も4回経験ありますけど、そういう心境でしたね」

1998年フランス、2002年日韓、2006年ドイツ、2010年南アフリカのワールドカップに参戦している名守護神・楢崎正剛(J1・名古屋グランパス)は、ロシアワールドカップ最終メンバー23人の発表を目前に控えた面々の思いを代弁していた。(前編記事:『元日本代表GK楢崎が強調する「腹のくくり方」』)

■長年しのぎを削った楢崎と川口能活

 楢崎が日の丸を背負った12年間を振り返ってみると、正守護神争いは川口能活(J3・SC相模原)との一騎打ちが長く続いた。1996年アトランタ五輪代表から順調にステップアップしてきた川口とは違い、年齢が1つ下の楢崎は年代別国際大会に出た経験はない(注:2000年シドニー五輪にはオーバーエージ枠で選出され出場した)。

 それでも187㎝という日本人離れした長身と冷静沈着な判断力、セービングやコーチング(後方から味方へ指示を出すこと)などの総合力の高さが買われ、弱冠20歳だった1996年に日本代表に初招集され、1998年2月のオーストラリア戦(アデレード)で初キャップを飾った。そこから2人は長きにわたって、よきライバルとしてしのぎを削り続けた。

 「能活は1つ上だし、ずっと自分が追いかける立場だった。

 代表入りした当初はライバル意識が多少なりともあって、ちょっとギスギスしたところもあっただろうし、あんまりしゃべらなかったけど、能活が海外に行った2000年代前半の頃からはそういうのはなくなりましたね。今では『特別な絆』のようなものがあると思います」と楢崎は神妙な面持ちで言う。

【関連記事】

松坂大輔が12年ぶり日本球界勝利で得たモノ(東洋経済オンライン)

5/16(水) 8:30配信

東洋経済オンライン

当連載では、元プロ野球選手の礒部公一氏が自身の経歴を振り返りつつ、盛り上がりを見せるセ・パ両リーグについて、そして日本という枠を飛び出して活躍しているメジャーリーグの日本人選手の動向についても、プロ野球解説者の視点からお伝えします。第2回である本稿では自己紹介とともに、日本球界12年ぶりの勝利を果たした松坂大輔投手と、浮上のきざしを見せる古巣・楽天について解説をしていきます。
 2週間ぶりです!  皆さんこんにちは。プロ野球解説者の礒部公一です。

 2週間という期間をプロ野球カレンダーに重ねれば、わずか約10試合の消化ということになりますね。

 しかし、この2週間を振り返れば、順位表の派手な変動こそないにしろ、各球団のコンディションに変化が表れ始めています。

 いよいよ面白くなってきましたよ! ……というお楽しみはコラム後半に触れていくとして、まずは前回途中までになっていた、私のプロフィールから振り返らせてください。

 私が夏の甲子園を経て、高校日本代表に選出されたところまで、でしたね。その続きを。

■アメリカで見た本場の野球

 高校日本代表メンバーに選ばれたら、甲子園終了後に即、日本国内で合宿を行い、同月(8月)下旬にアメリカ遠征がスタートする、という過密なスケジュールを敢行します。現在は“アンダー18”という世界大会になっていますが、私たちの時代は日本・アメリカ・韓国の3カ国で対抗戦を行う親善試合でした。この頃、3カ国間の持ち回りで開催国が変わるというシステムだったのですが、私はアメリカで開催された年に当たりました。

 私にとって初の渡米です。しかもロサンゼルスとハワイ。高校生でしたし、とてもワクワクして飛行機に乗ったのを覚えています。

 ここでアメリカという本場中の本場で野球ができたのは、大きな収穫になりました。具体的に例を挙げれば“国際ストライクゾーン”。コレは日本にいると経験できないものです。日本に比べて外角のストライクゾーンが広く、内角は狭い。こういう判定があるということを体感できた。のちに社会人野球でも、キューバでの国際大会に出場しましたから、経験値として実戦で生きたのです。

【関連記事】

「クロちゃん」が嘘つきでも人気を集めるワケ(東洋経済オンライン)

5/16(水) 8:00配信

東洋経済オンライン

 安田大サーカスのクロちゃんと言えば、スキンヘッドに髭面のいかつい外見とは裏腹の、甲高い声とナヨナヨした言動が印象的な芸人です。そんな彼が最近、バラエティ番組で新たに脚光を浴びています。自分を良く見せるためにその場しのぎのウソを連発して、人々を呆れさせる「ウソつき芸」で注目されているのです。

■ウソつきで批判を気にしない性格

 クロちゃんは『水曜日のダウンタウン』(TBS系)でたびたびドッキリ企画のターゲットになり、ウソで塗り固められたその本性を暴かれています。彼はツイッターで「健康に気を使うストイックな自分」をアピールしています。ところが、隠しカメラによる密着ロケで明らかになったのは、彼のツイートがウソまみれだったということでした。

 「家まで歩いて帰る」とツイートしていたのに本当はタクシーを利用していた、などというのはほんの序の口。実際に食べたよりも少ない量の食事の写真をアップしたり、間食で大量にスイーツを食べていることをひた隠しにしたりしていたのです。

 クロちゃんはウソつきであるだけでなく、得体の知れない不気味さも備えています。モデル美女と一対一でお店で食事をしたときには、カメラが回っているとも知らず、相手が席を外している間に彼女のグラスに口をつけて間接キスをしていました。泥酔状態で自宅に帰ってきたときには、奇声をあげながらベッドの下に潜り込むという想定外の行動で視聴者を驚かせました。

 また、『名医のTHE太鼓判!』(TBS系)では、クロちゃんが2型糖尿病などの疾患を抱えていることが判明しました。医師たちは不摂生な食生活を改めるように忠告をしたのですが、クロちゃんは一切聞く耳を持ちません。それどころか、『水曜日のダウンタウン』のロケでこの件を問われると「アイツら、マジうるさいから」「泣きマネする女(番組で共演した丸田佳奈医師のこと)もいるから」などと信じられない暴言を吐く始末。

【関連記事】