徳川家の末裔「95歳」で作家になった女の一生(東洋経済オンライン)

 そろそろ平成も終わり、新しい元号になる。

 「昭和時代」という言い方にも慣れてきた。

この記事の写真を見る

■おてんばなお姫様がつづった自伝

 そんな2018年の6月、1人の作家がデビューした。井手久美子さんだ。

 井手久美子さんのお歳はなんと95歳。大正11(1922)年生まれだ。推理小説作家の松本清張は40代にデビュー、『マディソン郡の橋』のロバート・ジェームズ・ウォラーは50代デビューと遅咲きの作家はいるが、さすがに90代でデビューされる作家はほとんどいないだろう。

著書は『徳川おてんば姫』(東京キララ社)である。久美子さんは、江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜の孫であり、自身の波乱万丈な人生をつづった自伝だ。

 徳川慶喜と言えば、大河ドラマ「西郷どん」にも登場する、幕末の重要人物の一人だ。歴史上の人物の孫がまだご存命だというのに驚く人は多かった。

 発売後の反響は大きく、あっという間に売り切れて重版がかかった。本の表紙に使われた若き日の久美子さんの写真は、とてもかわいらしく若い人の間で、たとえばウェブ上で話題になった。

 久美子さんのお孫さんはツイッター上で祖母の写真を発見して、とても驚いたという。

 僕も本の存在を知り、ぜひ本人にお話を伺いたいと思った。

 しかし残念ながら、久美子さんは本が発売された直後に体調を崩され、今年の7月に亡くなられてしまった。

 とても残念であったが、それでも縁者に話を伺いたいと思い、長く一緒に暮らしたご子息である井手純さんの元を訪れた。

 久美子さんが最後に純さんと住まわれていたのは、千葉県にある団地だった。

 きれいに片付いている部屋だったが、それでもいわゆる団地の部屋で、今夏までクーラーもついていなかったという。

 徳川の末裔ならば当然お屋敷に住んでいるものと思っていたので、少し驚いた。

 久美子さんが生まれたのは、「徳川慶喜終焉の地」として知られる「第六天」と呼ばれたお屋敷だった。

 現在は、国際仏教学大学院大学の敷地になっている。敷地の広さは3400坪、建物の広さは1300坪という信じられないほど広いお屋敷である。屋敷内では、つねに50人ほどの使用人が働いていたという。

【関連記事】

年俸額でみたプロ野球「最強球団」はどこだ!(東洋経済オンライン)

12/13(木) 6:00配信

東洋経済オンライン

 「広島の丸が5年25億5000万円で巨人へ」「西武の浅村は4年20億円で楽天へ」ーー。この時期、プロ野球の話題の中心は大物選手の移籍と年俸だ。

この記事の写真を見る

 選手にどれだけお金をかけるかは、その球団の考え方がストレートに現れる。データがあればそれを前提に読み解きたいところだが、残念ながら球団経営会社の大半は決算を公開していない。会社法440条の決算公告義務すら履行していない球団が2球団(巨人と中日)あり、残る10球団も資本金の大きいソフトバンク以外の開示義務は貸借対照表のみだ。

 12球団のうちで唯一、損益計算書も開示義務を負うソフトバンクも、経費の内訳までは開示をしていない。

■球団経費の4割は人件費

 経費の内訳を示す公表資料は存在しないが、一般的に球団経営会社の経費の4割弱を占めるのが人件費であり、その大半は選手の人件費とされている。

 選手の年俸に関する唯一の公表データは、日本プロ野球選手会のものだが、実はこれが当てにならない。選手会は労働組合的な機能を持ち、加入できるのは日本人選手のみ。外国人選手でも一定期間日本でプレーし、FA権を取得できれば外国人枠を外れて加入資格を得るし、外国籍でも日本国内の学校出身だとドラフト対象になるので、プレー年数に関係なく最初から加入資格がある。

 しかし、いわゆる「助っ人外国人」は加入しておらず、選手会の公表数値には高額の年俸で雇われる外国人選手分が反映されていない。さらに、日本人選手の数値ですら、実際の金額よりも少なく自己申告する選手が多いらしく、「公表されている球団別の合計金額は実際の金額よりもだいぶ少ない」という話を筆者は球界関係者から聞いたことがある。

 本誌では各種報道をもとに球団別の年俸総額の推移を集計してみた。あくまで推定レベルに留まることをお含みいただきたい。

 12球団中、突出して高いのがソフトバンクで推計65億円超。2位が巨人で55億円。3位が40億円の阪神で、オリックス、ヤクルト、西武、楽天、横浜、広島の6球団が30億円台。日本ハム、中日、ロッテの3球団が20億円台だった。ソフトバンクの年俸総額は下位3球団の2球団分に相当する。

 「金満球団」の誉高い巨人軍だが、その巨人のはるか上を行くのがソフトバンク。しかもここ数年はチームの成績に比例してうなぎ登りで増えている。

【関連記事】

「拒食症の母」の首を絞めた25歳女性の苦悩(東洋経済オンライン)

12/13(木) 5:20配信

東洋経済オンライン

この連載では、女性、特に単身女性と母子家庭の貧困問題を考えるため、「総論」ではなく「個人の物語」に焦点を当てて紹介している。個々の生活をつぶさに見ることによって、真実がわかると考えているからだ。
今回紹介するのは、「この前母親の首を絞めてしまった。でも後悔はしてない。この現状からはやく逃げたい」と編集部にメールをくれた、北関東に住む25歳の女性だ。

この記事の写真を見る

■母親が銀行カードと通帳を管理

 「この先、何もいいことないと思うのであと5年くらいで死にます。たぶん、自殺すると思います。生きていても、何もいいことはないだろうし、もうそれでいいです」

 畑中祥子さん(仮名、25歳)は席に座るなり、そんなことを言いだした。北関東の小さな街。到着してから誰も通行人を見ないし、入った飲食店にも客は誰もいない。

 店内は静かで「死にます」という声が響く。畑中さんは地味でおとなしい雰囲気の女性で、病んでいるようには見えなかった。地元の進学校を卒業して非正規職を転々として、現在は企業の研究所で雑務をしている。時給は地域では破格の1400円で、手取りは18万円ほど。仕事には、なんの不満もないという。

 どうして5年後に死ぬのだろうか。現在は母親と2人暮らし。父親は出稼ぎ中で老朽した木造一軒家に51歳になる母親と住んでいる。所有物件なので家賃はかからない。どうも、家庭に問題があるようだった。母親は無職で父親からの仕送りをもらうが、それでは足りないと畑中さんの収入に依存している。

 彼女の銀行カードと通帳は、社会人になってからずっと母親が管理しているという。そこでトラブルが起こったようだ。

 事件が起こったのは、10日前。

 ずっとまじめに働いているが、母親から渡されるのは月2万円ほど。携帯代、ガソリン代でなくなる。数年前から母親に収入を管理されるのはおかしいと思い、何度もカードを返してほしいと伝えている。そのたびに言い合いとなっている。

 「通帳とカードを渡してくれないのは、生活費とか借金返済とか、生きていくのにすごくお金がかかるからみたいな理由を言っています。この1年くらい、ずっと母親と話し合っているけど、向こうは本当に嫌がる。車検だからとかお父さんのお金だけじゃ足りないとか、何かしら理由を言われて、このままお母さんが管理するってなるんです」

【関連記事】

聖闘士星矢の「瞬」を女にしたNetflixの波紋(東洋経済オンライン)

12/12(水) 15:00配信

東洋経済オンライン

 Netflixが来年夏全世界配信する3DCGアニメ『聖闘士星矢:Knights of the Zodiac』が、早くも論議を呼んでいる。主要キャラクターのひとり、アンドロメダ星座の瞬が、男性から女性に変えられたせいだ。

80年代後半に制作された日本のアニメと原作漫画では、主要キャラクター5人全員が男性。当然ファンの抵抗は大きく、12月8日に予告編がYouTubeにアップされると、「いいね」がおよそ6000近くついたのに対し、「やだね」は1万件以上もついた。

 それを受けて、プロデューサーのユージーン・ソンは、「30年前なら、男ばかりの集団が世界を救っても問題はなかった。当時はそれが普通だったからだ。だが、世の中は変わった。今は、男と女が一緒に仕事をするのが普通。僕たちは、そういうのを見慣れている。男だけのものにしてしまったら、視聴者は、僕らが何かのメッセージを送っていると受け止めてしまうだろう」とツイートで言い訳をしている。

 それがまた火に油を注ぎ、ネット上には「原作に敬意を表するより、政治的な課題を優先するんだね」「男女を変えるのにはいつだって反対。その裏には必ず政治があるから」といったネガティブな投稿が集まることになってしまった。ソンのツイートは、その後、削除されている。

■「ポリティカル・コレクトネス」の問題

 ソンの言うことと、ファンの言うことは、いずれも的を射ている。裏にあるのは、間違いなく「ポリティカル・コレクトネス」だ。

 ハリウッドでは昔から男女不平等がはびこっており、ロマンチックコメディなど一部を除けば、主役はたいてい男性だった。女性はスクリーンに花を添える役割で、若く美しいことが大前提。男が50代、60代になっても主役を張れるのに対し、そのお相手はいつまでも20代だ。歳を取ればお役御免。次には若い子がまたどんどん出てくる。

 そういった状況に対し、近年は是正を求める声が上がり始めた。昨年末には、ハリウッドで最もパワフルな女優や女性業界人が中心となり、「#TimesUp」(もうおしまい)という、男女平等の抗議運動を起こし、批判はピークに達している。

 しかし、業界内では、それを待たずしても、少しずつ耳を傾ける動きが出てきていた。たとえばこの夏には『オーシャンズ11』を女性でリブートする『オーシャンズ8』が公開されている。

【関連記事】

「ドルビーシネマ」初上陸が博多になった理由(東洋経済オンライン)

12/11(火) 7:30配信

東洋経済オンライン

 映画の音響といえば、「ドルビー」を思い起こす人は多いだろう。レイ・ドルビー博士が開発したノイズを軽減する「ドルビーノイズリダクションシステム」や、「ドルビーサラウンド」は、臨場感を高める音響再生技術として、映画館だけでなく各種音響機器にも搭載されてきた。1965年に設立された「ドルビーラボラトリーズ」は、サンフランシスコを拠点とし、世界の20カ国以上にオフィスを展開している。

この記事の写真を見る

■音響×映像×劇場空間で最高の映画上映を追求

 そのドルビーが音響だけでなく映像にも力を入れていることは意外に知られていない。同社は音響・映像技術に加えて、劇場空間そのものを新たにデザインした劇場用映写システム「ドルビーシネマ」を展開している。

 これは、広色域で鮮明な色彩と幅広いコントラストを表現する最先端映像技術「ドルビービジョン」、観客の周囲を包み込むような立体音響技術「ドルビーアトモス」のふたつにインテリアカラー、空間デザイン、座席アレンジメントといったシアターデザインを組み合わせることによって、極上の観賞空間を提供するものだ。

 現代の世界的なスクリーンのトレンドは、高品質画像を巨大モニターで上映するIMAX、最高の音響空間を提供するTHX、そして煙や水、振動など体感型の4DXなど、さまざまな規格のプレミアムシアターが生まれていることだ。

 国内でも通常料金より数百円負担することになるが、その金額をかけただけの付加価値のある“映画体験”を得られるスクリーンは増えている。そのプレミアムシアターの系譜に、「ドルビーシネマ」が日本に新たに加わることになった。しかも初登場の場は東京ではなく、福岡・博多という地が選ばれた。

 新幹線が頻繁に往来するJR博多駅。九州の玄関口といわれる当駅の駅ビルに東映系のティ・ジョイが運営するシネコン「T・ジョイ博多」がある。ドルビーシネマシステムを導入したスクリーンが11月23日から導入された。座席数は348席で、この日から公開になった映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が、このシステムで上映されている。

 オープンに先駆けてマスコミ向けの内覧会が実施され、さっそく体験したが、映像のディテールがきめ細かく、闇と光のコントラストがハッキリ打ち出された非常にクリアな印象を受ける。それゆえにカーチェイスなどをはじめとしたアクションシーンも臨場感あふれる。一方の音響も劇場を包み込むようなサウンドが縦横無尽に鳴り響き、観客の興奮を最大限に引き出してくれる。

【関連記事】

「メンタル不調」予防のため今日からできる事(東洋経済オンライン)

12/10(月) 7:00配信

東洋経済オンライン

 こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャⓇ」の大野萌子です。

 人生の幸せの基準は人それぞれです。名誉、お金、愛、皆様は何を思い浮かべますか?  何をおいてもまずは健康と思う方も多いかと思います。そして、その中でも心の健康は、すべての面において影響を及ぼすものです。どのような状況下にあっても、心の平穏を保つことができれば、幸せにつながると思うからです。

■人間関係のトラブルを解消するには? 

 その心の平穏は、身近な人間関係に大きく影響されます。私が相談業務を行っている中でも、悩みの原因の9割以上は、人間関係に集約されます。最初は、「体調が悪い」「やる気が出ない」「仕事が向かない」と訴えてくる方々も、話を聞いていくと、多くは上司や部下、取引先などの仕事関係、もしくは、友人知人、家族との人間関係に行きつきます。裏を返せば、人間関係さえよければトラブルは起こりにくく、心を痛めることも少ないといえます。

 実際、職員向けの研修で、人間関係構築を主体とした「聴き方と伝え方のコミュニケーションスキル」と関わり方の基本姿勢を身に付ける「ハラスメント本質」の研修を行っていくと、メンタル不調を訴える人、業務上でのトラブル、休職や時短勤務を要する人が確実に減り、離職率が下がります。

 魔法のように次の日から劇的に変化するということはありませんが、じわじわと確実に効果を表します。自分が変わることにより、周りから自分への対応が変わるからです。ですから、関わり方のスキルを学ぶのは非常に効果的なのですが、残念ながら限界はあります。相手自身を変えることはできないからです。

 では、快適な関係を築くためには、どうしたらよいのでしょうか。

 そもそも、相手を変えるという認識を変える必要があります。問題は自分にあるのではなく、相手にあるという呪縛から逃れなくてはなりません。
そのためには、自分と相手との境界をきちんと意識することです。相手との境界があいまいな人ほど「相手を変えたい、変えられる」という思いにとらわれがちになります。そして、感情に振り回されて疲弊します。

 以下、いくつ当てはまりますか? 

【関連記事】

「母の孤独死」42歳男に突如訪れた壮絶な現場(東洋経済オンライン)

 誰にも看取られることなく、ひとり、部屋で亡くなる孤独死――。

 ニッセイ基礎研究所によると、現在その数は年間約3万人と言われている。 そして、同研究所はこの数は、今後さらに増えるだろうと予測している。生涯未婚率の増加などによって、単身世帯は年々増加の一途をたどっているからだ

 家族に孤独死が起こってしまったら、具体的にどのような現実が待ち受けているのだろうか。

■帰ってきたお中元

 「母は、四つん這いのような状態で、テーブルの上に倒れこんでいたんです。体に蛆も湧いていたから、見つかるまで、きっと痒かったでしょうね。ずっと独りぼっちで放置されていたかと思うと、やり切れません。警察によると、死後、1カ月が経っていたとのことでした。ほかの人には、こんな思いをしてほしくないと思っています」

 孤独死で母を亡くした戸田和彦さん(仮名)は、当時の様子をこのように振り返った。和彦さんは、都内のゲームアプリ制作会社に勤務する42歳の普通の会社員だ。職業はプログラマーで、妻と3歳の息子とともに都内のマンションで生活している。

 普段はあまり連絡のない伯父から、和彦さんの携帯に電話があったのは、夏も真っ只中の8月2日の夕方のことだった。

 「妹に送ったお中元が帰ってくる、心配なので見に行ってほしい」

 伯父は電話口で慌てたようにそうまくし立てた。

 和彦さんの母・京子(仮名)さんは、一人暮らし。和彦さんは、最後に実家に帰ったときのことを思い出した。あれは約1カ月前。そういえば、その後、お母さんに一度メールしたが、返信がなかったんだっけ。

 和彦さんは、自宅からすぐに電車を乗り継いで実家のある千葉県にある団地に向かうことにした。

 いつもならチャイムを鳴らすと、すぐに出てくる母だったが、その日に限って何の返答もない。ドアにはU字ロックが掛かっているようで、びくともしない。

 ただ、一つだけ気になることがあった。

 生ゴミを何日も放置したような生臭い臭いが、なぜかドアの辺りにプーンと漂っていたのである。

 「それでもそのとき、母が中で死んでいるなんて思いもしませんでした。ゴミ収集前日とかにドアの近くに生ゴミを置いたりすると、臭いがするじゃないですか。それかなぁとか。呑気に思ってました」

 開かない実家のドアに、困り果てた和彦さんは、最寄りの交番に相談に行くこと、警察官は急に慌てた様子を見せた。警察官のただならぬ雰囲気に、和彦さんは大げさだなと思った。

【関連記事】

「日本のブランド」に思い切り欠けている視点(東洋経済オンライン)

12/9(日) 15:00配信

東洋経済オンライン

消費者が大量の情報にアクセスできる現在、消費者との接点である「ブランド」をどのように展開し他社との差別化を図っていくのかが、企業戦略上いっそう重要になっている。『ブランド戦略論』を書いた中央大学ビジネススクールの田中洋教授に詳しく聞いた。

この記事の写真を見る

■「ブランド全能感」の危うさ

 ──KYBの検査データ改ざんや日産自動車の検査時不正など企業の不祥事が後を絶ちません。本書では、ブランドが不祥事を生む経緯について迫っています。

 ブランドが長期間、シェア上位にあり、競争相手が弱いとき、そのブランドを所有する企業に一種の「緩み」が生じることがある。

 2000年に集団食中毒事件を起こした雪印乳業の社長が、記者会見を無理やり打ち切ってエレベーターに乗ろうとした際、追いすがる記者に「僕は寝てないんだよ」と言って印象を悪化させたことを、多くの人が覚えているのではないか。また、米カジュアルファッション「アバクロンビー&フィッチ」のCEOが、「われわれはかっこよくて見栄えのする人たちしか相手にしない」というようなコメントをして、消費者の不評を買ったこともある。

 こうした発言は「当社のブランドは強いので、何を言っても平気だ」「わが社は間違いを起こさない」といった過剰な自信に起因する。ブランドが強力になる一方で、慢心が生まれる。こうした現象を私は、精神分析学者のフロイトが唱えた「全能感」という用語を援用して「ブランド全能感」と呼んでいる。

 すべての子どもは発達段階時に「世の中の人はボク、アタシの言うことを聞いて当然だ」と思っている。成長するにつれ薄れていくが、大人になっても姿を変えて発現することがある。ブランドも強くなると、全能感がよみがえってくるのではないか。

 ──不祥事を起こす企業に、共通項はあるのでしょうか。

 日本企業のよくないところは、悪事もまじめにやること。大事な技術の伝承と同様に、「こうやってごまかせば誰にもわからないし、誰も損はしない」と、本来やめなければいけない不正作業をまじめに継承しているのではないか。日本企業の大きな問題の1つだ。

■アップルはソフトやデザインを訴求している

 ――ブランド戦略で、日本企業に欠けているものは何でしょうか。

 たとえば、アメリカ企業のアップルはモノづくりを誇っているのではなくて、ソフトウェアやデザインを訴求している。また、ディズニーランドに行った人は、魔法にかかったかのように高揚した気分になっている。電車の中でディズニーランドの買い物袋を持ってミッキーマウスの耳をつけている若い人は、魔法にかかったままなのだろう。

【関連記事】

羽生結弦とザギトワが世界一に君臨する秘密(東洋経済オンライン)

12/9(日) 11:00配信

東洋経済オンライン

 11月4日に行われたフィギュアスケート・GPフィンランド大会で優勝した羽生結弦。驚異的な演技で他を凌駕し、もはや“敵なし”の状態だが、実は、羽生が登場する前と後で、フィギュアスケート界に大きな革命が起きているという。

この記事の写真を見る

12月11日(火)よる7時からTBSテレビ系で放送される2時間特番『「教えてもらう前と後【羽生結弦とザギトワ最強の秘密★冬たまご驚きの健康パワー】」』(制作:毎日放送=MBS)で絶対王者の「強さのヒミツ」が明かされるとともに、平昌オリンピック後も盤石な強さを見せるアリーナ・ザギトワの驚きのトレーニング法までも明らかにする。

■「目」で会場と一体化する羽生結弦の神業

 フィギュアスケート・GPフィンランド大会において最高の演技で観客を魅了した羽生に、国内外から多数の賛辞が上がっている。今や絶対的王者となった羽生は、フィギュアスケートの歴史を変え、これまでなかった新たな価値基準を形成。男子フィギュアといえば、筋骨隆々の選手が多かったが、羽生の功績によってより表現力を重視されるようになった。

 羽生を10年以上取材するライターの野口美惠さんによると、羽生が演目中の“目”にこだわり始めるきっかけとなった試合があると言う。

 「2015年のNHK杯で、初めて300点を超えた試合です。初めて観客やジャッジ1人ひとりに目線を送ったんだそう。イナバウアーで反り返った時も、逆さの状態で見ていたと。曲はもちろんNHK杯という試合自体とも一体化し、“レベルの違う体感”を感じたと本人が言っていました」(野口)

 そのために培われたのが羽生の目力だった。勇敢な印象を付けたい時の目、物憂げな時の目など、曲に憑依したように演じる。この徹底したこだわりが、世界に類を見ない圧倒的な表現力のカギといえそうだ。

 平昌オリンピックの女子シングルで金銀を獲得したロシアのトップ選手、アリーナ・ザギトワ、メドベージェワを教え子に持つ世界最高峰の振付師も羽生を絶賛する。

 「フィギュアスケート史上でこんな選手はいなかった。目から演技ができている数少ない選手だ。彼が歴史上生み出したのは、驚異的な集中力で演目の時に目と人格を変える、曲に憑依する能力だ。この能力において彼は圧倒的だ」(振付師)

 フィギュアスケート強国のロシアでも、トップ選手には、目で演技することを求めているのだ。

【関連記事】

「町田ゼルビア」が世界に羽ばたく大きな野望(東洋経済オンライン)

12/9(日) 6:20配信

東洋経済オンライン

 サッカーのJ2リーグで優勝争いを演じたFC町田ゼルビア。

 最終節の東京ヴェルディ戦で勝利していれば優勝を引き寄せることができたが、引き分けとなり4位で今シーズンを終えた。10月にはサイバーエージェントの傘下に入ることが発表され、J2での躍進とともに大きな話題となった。

この記事の写真を見る

 「J1ライセンスの交付がないとわかっているなかで志を高く持ち続けた監督・選手たちには脱帽です。褒められた話ではありませんが、J2クラブで選手人件費は下位クラス。結果を出してくれた監督や選手たちに引っ張られるのではなく、支えていきたいです」

 ゼルビアで選手経験があり2018年4月から社長に就任した大友健寿は今シーズンの戦いをこう振り返る。

■2004年にはJリーグは夢のまた夢だった

 大友健寿は少年時代は町田で育ち、社会人になった後に町田ゼルビアで選手としてプレーしていた。

 筆者と大友は2004年に埃まみれの土のグラウンドでボールを追ったチームメイトでもある。あの頃はJリーグなんて夢のまた夢だった。

 大友は東海大学を卒業後、2000年に浜松町にある製造業企業に入社、営業として汗を流す毎日を送っていた。社会人となっても東海大のOBとチームで、週末にフットサルの大会に参加をしていた。

 サッカーの夢を諦めきれなかった大友が町田ゼルビアに加入したのは2000年の年末、23歳のときだった。当時、ゼルビアの存在を知らなかったそうだ。

 「ゼルビアには『FC町田時代の同級生の木町孝などがいるよ』と誘われて入りました。丸山竜平(現・町田ゼルビア強化部長)も同じ時期に入りました。当時は監督もいなくて、選手兼監督の方が全部やっていたんです。

 カテゴリーは東京都の(社会人サッカー)一部リーグで週末の試合だけやっていました。試合会場に集まった時に『今日は11人いるかな?』という感じの草サッカーチームだったんです」

【関連記事】