ジョン・ウー監督が語る日本映画への思い(東洋経済オンライン)

二丁拳銃、スローモーションのアクション、シンボルとして登場するハト──。1986年に製作された『男たちの挽歌』を筆頭に、『M:I-2』(2000年)、『レッドクリフ』(2008、2009年)などを手掛けてきた映画界の巨匠、ジョン・ウー監督の作品は、特徴的なアイテムやシーンがふんだんに登場する。監督の作風を愛するファンは中国や日本をはじめ世界各国に及ぶ。
そんな監督の新作は、2月9日公開の『マンハント』(原題・追捕)だ。原作は、1976年に高倉健主演で映画にもなった小説『君よ憤怒の河を渉れ』。舞台となる大阪を中心にすべて日本で撮影を行い、キャストもほとんどを日本人が占める。劇中も日本語が多く含まれ、「ジョン・ウー監督が作った日本映画」といっても過言ではないだろう。公開前に来日した監督に、作品が生まれた経緯、日本の映画について聞いた。

この記事の写真を見る

 ──今回の映画を作った経緯を教えてください。

 若い頃から高倉健さんの作品が大好きで、尊敬していたし、亡くなったときにはとても悲しみました。

 いつか彼の作品をリメイクしたいと考えていたときに、映画製作会社のメディアアジアから、原作小説の『君よ憤怒の河を渉れ』を再映画化する企画の話が来ました。あらためて脚本を読んで、昔撮った作品の一つに似ていることもあり、OKしました。

 以前から日本で映画を撮影するか、日本映画を作るのが夢でした。日本の映画から大きな影響を受けてきましたので、そういう意味では、長年の夢が実現できたと思っています。

■高倉健さんが大好きだった

 ──日本の撮影現場はどんな印象でしたか。

 印象はとてもよかったです。チームワークは申し分なかったし、日本の皆さんの意識の高さにも感心しています。数百人単位の人たちが必要な場面がいくつかあったのですが、そのとき、エキストラではなく、ボランティアの方々が出演してくれました。彼らは、別に仕事があるのに、今回のシーンの撮影のために来てくれたんです。日本の方は自分の好きなことなら損得を考えずに一生懸命やってくれる。ほかの国では考えられないことです。

【関連記事】

人望のない人はだいたい「世代の違い」を語る(東洋経済オンライン)

IT業界出身の人事コンサルタントである小笠原隆夫氏による連載「リーダーは空気をつくれ!」。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボにより一部をお届けする。

この記事の写真を見る

■「世代の違い」を受け入れようとしたリーダーの工夫

 リーダーの皆さんは、メンバーとの間に「世代の違い」を感じたことがありませんか?  「ない!」とはっきり言い切れる人は、たぶんほとんどいないでしょう。しかし、私が今まで見てきた“できるリーダー”たちは、この「世代の違い」を絶対に言い訳しません。それどころか、逆にこれを歓迎している様子さえあります。

 最近では「多様性」が重視させるようになっていますが、多様な価値観を心から歓迎できないリーダーは成功しません。もしそれができないのであれば、自分自身の意識を変える取り組みが必要です。今回はそんな取り組みに役立つ事例を紹介します。

 これは、とある40代のリーダーの話です。彼は自分が若い時、自分はインフォーマルの飲み会などで周囲とのコミュニケーションを深めてきたという自負があります。しかし、今の時代はそれを一律に求めることはできません。声をかけてもはっきり断るメンバーもおり、正直「なぜこうなのか」とイライラすることもありました。これは多くのリーダーは経験があることでしょう。

 ほとんどの人はここであきらめてしまうところですが、このリーダーは少し違っていました。自分の価値観にこだわらず、それぞれのメンバーの気持ちに合わせようと、とにかくコミュニケーションのスタイルを増やそうとしたのです。飲み会ももちろんやりますが、決して参加を強制せず、やる時には必ず事前にスケジュールを組み、お店のタイプも偏らないように気を配りました。さらにランチタイムやコーヒータイム、会議室での雑談タイム、個別か集団かなど、メンバーの気質や性格に合わせて話し合う場のスタイルをいろいろ工夫しました。

【関連記事】

「普通」を多用するのは絶対にやめるべきだ(東洋経済オンライン)

 こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャⓇ」の大野萌子です。

 日常会話の中で頻繁に使われる「普通(ふつう)」という言葉、一見当たり障りのない表現としてとらえ、多用している方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、この「普通」という言葉、相手との関係性にひびを入れかねない表現でもあります。相手から嫌われないために、使いやすい言葉だからこそ気をつけたいポイントをお伝えしたいと思います。

■普通=多くの人が当たり前と感じていること? 

 1.不平を表す「普通」

 「普通そんなこと言う?」

 「普通そんなことする?」

 この場合の「普通」には、相手の言動への不平不満が表れています。普通=多くの人が当たり前と感じていること、という意味合いで使い、自分の思惑どおりでない相手の言動に対し、「普通」という言葉を使うことによって、自分の立場の正当化を図っています。相手への非難をより強める言い方なのです。よって、直接的にしろ、間接的に誰かに話すにしろ、「普通」は攻撃的な意味合いを含むということになるのです。

 また、「普通」と言われると、相手は反論しづらいものです。なぜなら、反発することによって、自分の考えが「普通」でないことを認める形になってしまうからです。

 相手の言動に対する「普通」は言い訳のすきを与えない、強い表現なのです。

 2.やる気のなさを露呈する「普通」

 「普通です」

 「普通でした」

 何かを問われて、「普通」と答えることはないでしょうか。

 飲食店でのご飯の盛りの量なら、「普通」の基準は明確ですが、感想などを求められての「普通」は、尺度が明確にありません。たとえるなら、可もなく不可もなくというところなのでしょうか。

 問われている内容が「好き」か「嫌い」だったら、「受け入れられる範囲」という意味にとらえられる場合もあるかと思います。また、取り立てて具体的な意見がないから「普通」というオブラートに包んだ答え方になるともいえるので、この表現を使うと、相手から主体性がないと思われる可能性が高くなります。もしくは、答える気がない、投げやりと受け取られる場合もあるかもしれません。

 いずれにせよ、相手に対して真摯に向き合っているときに使う言葉としてふさわしくありません。

【関連記事】

「iPhoneのホーム画面」をすっきり整理する技(東洋経済オンライン)

 長い間iPhoneを使い続けていると、アプリが増え、ホーム画面がゴチャゴチャになってしまうことがある。部屋の片づけと同じで、日ごろから整理整頓を徹底していればいいが、そうでないと、後からまとめてやらなければならなくなり、余計に面倒に思えてしまう。かく言う筆者も、記事で紹介したり、自分で使ったりするためにインストールしたアプリを、そのままにしてしまうことが多い。

この記事の写真を見る

 もちろん、ゴチャゴチャのままでも検索でアプリは探せるが、数回のタップで目的のアプリにたどり着けたほうが便利であることは間違いない。見た目もスッキリするため、整理しておいたほうが気持ちがいいことも確かだ。ただ、そのために時間をかけるのはやはり面倒。そこで、今回は、iPhoneのホーム画面をスムーズに整理する裏技を紹介していく。

■1.アイコンは1つずつではなく「まとめて移動」

 ズラッと並んだホーム画面のアイコンを、1つひとつ移動していくのは、面倒なうえに時間もかかる。そのため、整理したほうがいいことはわかってはいても、そのまま放置してしまっているということもありそうだ。ただ、意外と知られていないが、実はiPhoneのアイコンは、複数個を選択してまとめて移動することができる。

 操作には少々コツが必要となるが、慣れてしまえば簡単だ。まず、移動させたいアイコンの中から、どれか1つを選び、ロングタップする。すると、アイコンが震えて、移動できる状態になるため、上下左右に少しだけ動かしてみよう。移動する距離は、アイコン半個分ほどだ。少し動かすと、アイコンを消去するために表示される、左上の「×」ボタンが消えるのがわかるはずだ。

 この「×」ボタンが消えた状態を維持したまま、別の指でまとめたいアイコンをタップしてみよう。タップしたアイコンが、最初に移動させたアイコンに吸い付くように重なり、右上に「2」という数字が表示される。この数字は、アイコンが何個重なっているかを示すものだ。それ以上アイコンを同時に移動させたい場合は、そのままの状態で別のアイコンをタップしていけばよい。

 あとは、重なった状態のアイコンを、好きな位置に移動させればいい。指を離すと重なったアイコンが一気に広がり、ホーム画面上に順番に配置される。細かくアイコンの順番を変えたいときには向かない操作だが、同じジャンルのアプリをまとめて、1つ右の画面にまとめて動かしたいというときなどに利用すると効率的。

【関連記事】

ヒトが「ネアンデルタール人」を絶滅させた(東洋経済オンライン)

700万年前、人類はチンパンジー類と分岐した。初期人類、アウストラロピテクス属を経て今に続くホモ属へと進化。私たちの祖先にはどんな種がいて、どのように生き、絶滅していったのか。『絶滅の人類史』を書いた分子古生物学者の更科功氏に聞いた。

この記事の写真を見る

 ──私たちホモ・サピエンス(ヒト)が生き残った最後の種ですね。

 人類は名前がついているだけで25種ありますが、実際は100種くらい存在したかもしれない。

 人類の大きな特徴は、直立二足歩行と犬歯(牙)の縮小です。直立二足歩行を始めた頃、アフリカは乾燥化が進み森林が減少していた。類人猿も木登りが下手な個体は餌を求めて森から出ていかざるをえない。疎林や草原に追い出された個体の中で生き残ったのが初期人類です。もともと直立二足歩行はその不便さゆえに人類でしか進化しませんでした。

■優秀だから勝ち残ったわけではなく、追い出された

 ──人類は優秀だから勝ち残ったわけではない? 

 ええ、力が弱く木登り下手な人類祖先は、ゴリラやチンパンジーなど類人猿に負けて豊かな森林から追い出され、仕方なく疎林や草原に出てきた。決して希望に満ちて草原へ旅立ったのではない。

 直立二足歩行の最大の欠点は走るのが遅いことです。草原は肉食獣に襲われやすい場所。そこへ出ていくことは死を意味するわけだから、追い出されたという表現でいいと思う。ゴリラもチンパンジーも人類より力が強い。人類には牙もないから戦ったら死ぬ。こちらが出ていくしかないですよね。

 ──なぜ牙を失い、不便な直立二足歩行を始めたのでしょうか? 

 チンパンジーはオス同士の戦いで牙を使う。でも人類はオスとメスが集団生活をする中で、初めて一夫一婦制かそれに近い社会を作った。メスをめぐる争いがなくなったから牙という凶器を捨てた。

 一夫一婦制はオスがメスや子供に食物を手で運ぶために始まりました。もちろん最初は一夫多妻や多夫多妻などいろんなグループが混在していたことでしょう。その中で結果的にいちばん多くの子孫を残せたのが一夫一婦制だったということ。家族のために食物を運ぶオスは、自分のためにしか食物を収集しないオスより肉食獣に襲われる。

【関連記事】

ウォームビズ、今さら聞けない基本中の基本(東洋経済オンライン)

 夏のクールビズに対して冬のウォームビズ。ノージャケットというビジュアルから視覚的に伝わりやすいクールビズに対し、パッと見、伝わりづらいウォームビズでしたが、近年はそのスタイルも広がってきているように見えます。

この記事の写真を見る

 私は「プロの目線でユニクロもカッコよく!」をモットーとして、これまで延べ4000人を超えるビジネスマンの買い物に同行しトータルコーディネートしてきました。そんな私が考える「ウォームビズの最適解」をお伝えします。

■スーツとジャケパン、どちらが暖かく見えるか? 

 上下の生地が異なるスーツ、通称「ジャケパン」と呼ばれるビジネスファッションはウォームビズの基本形です。ウールで織られたジャケットスタイルという意味ではどちらも変わりませんが、使われている糸の種類が異なることをご存じでしょうか? 

 ツルッとした光沢感を特徴とするスーツジャケットでは「梳毛糸(そもうし)」と呼ばれる毛足の長い糸を使っています。一方、上下生地が異なるウォームビズのジャケパンでは「紡毛糸(ぼうもうし)」という毛足の短い糸が使われています。

 同じウール糸であってもその特徴が異なるからこそ、ジャケパンの場合、生地が毛羽立って見えます。この生地感はフランネルと呼ばれ、暖かみある視覚効果を生みだします。この効果を活かしたジャケット・スラックス・スーツも存在します。

 フランネルスーツと呼ばれるビジネススーツは、上下毛羽立ちのウールが印象的です。つまり、スーツ・ジャケパンにかかわらず、冬はフランネル生地を使ったビジネスファッションが視覚的に暖かみを演出しやすいということ。

 とはいえ、スーツとジャケパン、両者における「アイテムの相性」では決定的に異なる事情があります。それはインナーに合わせる「ニットセーター」にありました。上下同一生地のジャケットスタイルだからこそ、スーツの場合、異なる生地のニットセーターが合わせづらいのです。

 「絶対NG!」というわけではありませんが、スーツのエレガントさを損なうリスクが生じます。もちろん、紡毛糸で織られたフランネルスーツの場合、この限りではありませんが、スーツ全般、共地のスリーピースベストが似合います。

【関連記事】

「第一生命」がプロゴルフ界と手を繋いだ理由(東洋経済オンライン)

 日本プロゴルフ協会(PGA)と、第一生命保険が面白いコラボを2月1日に発表した。既にニュースでご存知の方がいるかもしれないが、金融業界としては初めて社会貢献活動に関する異業種(ゴルフ)との包括連携協定を結んだ。

この記事の写真を見る

 もちろん、プロゴルフ界にとっても、保険会社との連携は初めてのことだ。第一生命とは、シニアツアーのスポンサーとして1987年から1997年までトーナメントを開催していたという関わりはある。今回は「お金を出す」「お金をもらう」という関係ではなく、ともにスポーツ振興や地域の活性化に連携して取り組もうということで、直接的な金銭のやり取りはない。

■異業種間の連携で何を実現させるか

 PGAと第一生命が一緒に何をやるか。包括連携協定に基づく主な取組事項を見ると、子どもの育成に関することとしては「スナッグゴルフ」というプラスチック製の子ども用の道具を使ったイベントなどを共同開催してゴルフを普及し、地域の子どもたちの育成の支援を行う。

 スポーツ振興に関することとしては、ビジネスコミュニケーションのツールとしてのゴルフに着目し、地域企業の新入・若手社員を対象に「ゴルフマナー研修」を共同開催してゴルフの魅力を伝えていく。

 健康増進に関することとして、シニア層を対象にゴルフイベントなどを共同開催することでゴルフを通じてコミュニティづくりや健康増進、健康寿命延伸に向けて活動する。その他、地域社会の活性化を目指すというものだ

 こうした例を聞いて「こんなものなの」という声もありそうだが、異業種間の連携なので、そこはこれからということ。ただ、互いにメリットはあるのだろうか。

 第一生命の稲垣精二社長は「全国にネットワークがあり、フェイス・トゥ・フェイスのコミュニケーションはあるが、うちには提供するソフトがなかった」と話した。

 第一生命は保険加入者約1000万人、全国に約1300の営業拠点があり、約4万人の「生涯設計デザイナー」、いわゆる生保レディらがいるという。拠点なり、デザイナーなりが顧客を持っているが、いまの顧客、これからの顧客に対してアピールするスポーツイベントなどのノウハウがなかったという。

 対してPGAの倉本昌弘会長は「我々は全国に約5700人の会員がいて、ゴルフを教えられるが、これまでゴルフをやっていない人へのアプローチができなくて困っていた。今回の連携でゴルフをやっていない人を紹介してほしい」と話した。

【関連記事】

44歳で「発達障害」診断された主婦の苦悩人生(東洋経済オンライン)

独特なこだわりを持っていたりコミュニケーションに問題があったりするASD(自閉症スペクトラム障害/アスペルガー症候群)、多動で落ち着きのないADHD(注意欠陥・多動性障害)、知的な遅れがないのに読み書きや計算が困難なLD(学習障害)、これらを発達障害と呼ぶ。
今までは単なる「ちょっと変わった人」と思われてきた発達障害だが、前頭葉からの指令がうまくいかない、脳の特性であることが少しずつ認知され始めた。子どもの頃に親が気づいて病院を受診させるケースもあるが、最近では大人になって発達障害であることに気づく人も多い。

この記事の写真を見る

そんな発達障害により生きづらさを抱えている人のリアルに迫る本連載。第8回はADHDを抱える倉田美智子さん(仮名・45歳・主婦)。1対1の会話なら問題ないが、女子が数人集まってのいわゆるガールズトークが苦手で中高時代は不登校を経験。社会に出てからも職を転々としている。若い頃はまだ発達障害という言葉自体がなかったため、ただの困った人扱いをされて苦しんだ。この連載で初となる40代の倉田さんは、どんな生きづらさを抱えてきたのか話を聞いた。

■買い物の衝動をコントロールできない

 約束時間ちょうどに倉田さんは現れた。手には買い物袋を抱えている。「ちょっと買い物をしてしまい、ギリギリになっちゃいました」。そう言いながらバタバタとカフェの席に着いた。

 倉田さんは衝動性の症状があるため、買い物依存症に。一時期はリボ払いギリギリの額まで買い物をしてカードの返済に苦労したという。買い物依存症というと、無駄なものや高価なブランド物を次々に買い漁るイメージがあるが、倉田さんにとってそうではない。

 「売り場で何かを見つけた際、必要なものと不要なものの判断ができないんです。インテリアとか、自分が目についたものはそのときの衝動で買ってしまいます。今はビーズでアクセサリーなどを作るハンドメイドが趣味なので、その材料を買うことが多いです。『必要なものだけ買いなさい』と言われても、私には全部必要なものに思えるんです。優先順位があいまいなんでしょうね」(倉田さん)

買い物の衝動をコントロールできないことに困ったのが、自分が発達障害ではないか疑ったきっかけだという。「23歳、『発達障害』の彼が抱える生きづらさ」(2017年11月22日配信)にも記載したが、ADHDの人はその衝動性からニコチンやアルコール、ギャンブルや性といった依存症に陥る確率が正常な人の2倍という研究結果が出ている。

【関連記事】

AIが「偏差値65」を超えられない根本理由(東洋経済オンライン)

 書店で、テレビで、ツイッターで、AIの二文字が踊っている。創造性あふれる小説の執筆や複雑なビジネスオペレーションの効率化など、これまで人間にしかできないと思われていた知的活動を、最新のAIが軽々と成し遂げたことを伝えるニュースは引きも切らない。

この記事の写真を見る

■そもそもAIとは何なのか

 特に、将棋や囲碁のトッププロをAIが打ち破ったニュースは驚きとともに世界に伝えられた。

 ウサイン・ボルトより早く走る車やそろばん名人を凌駕する計算能力を示すコンピュータは当たり前のものとなったけれど、将棋や囲碁のように複雑でクリエイティビティが要求されるゲームは、大きな脳を持つホモ・サピエンスの専売特許のはずだった。そんな得意分野における人類最高峰がAIに敗れてしまったのだ。

 AIブームは過熱するばかり。今後もAIは成長を続けることで人間の知能を追い越すというシンギュラリティ理論や、AIが人間に牙をむくことになるというAI脅威論も広まっている。果たして、AIはどこまで進化し続けるのか、現時点そして近い未来に人類に何をもたらすのか、そもそもAIとは何なのか。

本書『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』は、未曽有のAIブームの中で浮かび上がる疑問符に、実際に著者が率いたプロジェクトの過程と結果をベースとして答えを出していく。数理論理学を専門とする著者は、AIが持つ原理的な限界も丁寧に解説しながら、わたしたちがAIの何を恐れるべきかを的確に示してくれる。何より興味を惹かれるのは、AIについての研究を進めていく中で、わたしたち人間の知られざる弱点が明らかになっていく過程だ。人間の外側を見つめることで、人間の輪郭がよりはっきりと浮かび上がってくる。

 2011年に始まった「ロボットは東大に入れるか」という人工知能プロジェクト(通称「東ロボくん」)と、それに並行して行った日本人の読解力についての大規模調査・分析を行った経験から著者はAIをめぐる未来を以下のように要約する。

 “シンギュラリティは来ないし、AIが人間の仕事をすべて奪ってしまうような未来は来ませんが、人間の仕事の多くがAIに代替される社会はすぐそこに迫っています。”

 2013年時点では5教科7科目のセンター模試で偏差値45に過ぎなかった東ロボくんは、2016年で偏差値57.1を叩き出した。これは、国公立大学やMARCH・関関同立レベルの一部の学科でも合格可能性80%を示す値であり、ホワイトカラーを目指して大学受験に挑む若者の上位20%に東ロボくんが入ったことを意味する。

【関連記事】

40代から始める認知症を防ぐための生活習慣(東洋経済オンライン)

最新の研究によると、認知症を起こす原因の6割以上を占めるアルツハイマー病は、食事や運動、睡眠といった生活習慣を40代から見直し、必要なサプリを補うことなどで、予防できる人が多いという。さらに、認知機能を維持するために食べるべき食品、避けるべき食品も明らかになった。
アメリカで認知症から500人以上を回復させた革命的な「治療法」と「予防法」について、『アルツハイマー病 真実と終焉』(ソシム)を翻訳した医学ジャーナリスト、山口茜さんが2日連続で解説する。後編は「予防法」について(前編「治療法」はこちら)。

この記事の写真を見る

 これまで多くのアルツハイマー病患者を救ってきたデール・ブレデセン医師は著書『アルツハイマー病 真実と終焉』で、その詳細な治療と予防の方法を紹介している。

 一生アルツハイマー病を寄せ付けずに過ごすにはどうしたらよいか詳述する前に、まずはアルツハイマー病の類型について説明しよう。

 アルツハイマー病は、混合型も含め4つのタイプに大別できる。

炎症性アルツハイマー病

脳の炎症が原因で起き、食事も深く関与している

萎縮性アルツハイマー病

脳機能の維持に必要な栄養素やホルモンの欠乏で起こる

糖毒性アルツハイマー病(炎症性と萎縮性の混合型)

いわゆる糖尿病から起きる

毒物性アルツハイマー病

カビ毒や歯の治療に使われる材料に含まれる水銀などの毒素から起き、治療が最も難しいとされる

 毒物性の場合は、生活の中の毒素をまず特定して除去する必要がある。毒素を除去しないままアミロイドベータを取り除く従来治療を行うと、実はアミロイドベータにより守られていた脳細胞が直接毒素にさらされ、逆に危険な場合があるという。

■治療には「オーダーメイド医療」が必要

 さらに、アルツハイマー病には36の要因があることも研究で明らかになった。

 アルツハイマー病患者は、脳神経の増減に伴う代謝バランスが常に減少方向に傾いているという。このバランスを調節する要因が少なくとも36項目は特定されているのだ。

 アルツハイマー病の症状が出ている場合、36の要因のうち、10~25項目は脳神経を縮小・減少する方向に傾いている場合が多いという。

【関連記事】