「理屈を言うな!」と叱責する上司への対処法(東洋経済オンライン)

5/23(水) 6:00配信

東洋経済オンライン

誰しも他人の言動や組織の意思決定について、これは不思議だ、納得がいかない、と思ったことは多いはず。しかし、人間の本能を理解すると、疑問は氷解するかもしれません。
動物行動学の研究歴三十余年、同時並行的に大手金融機関に勤務した筆者が、「本能」と「進化」の観点からそうした疑問を解明します。原則、第1水曜日、第3水曜日に掲載します。

 上司に意見を述べ、「それは、理屈だ!」と叱責されたことがある。

 そのときは損益を論じていたので、理屈を用いざるをえなかった。無茶を言うな、と上司を批判したくなったが、そう片付けてよいか。実は事は簡単ではなく、考察を要する。

 こう断じた上司は、当然、理屈を重視していない。この人は、結論に納得できぬ、説得などしてもダメだ、と宣言している。ここでは、上司の言い分が正当か、あるいはパワハラか、などは別にして、現実にこのような態度をとる人が多いこと、さらに、誰しも理屈では納得しないときがあることを、事実として認め、対応を探ることにしたい。ではどうするのがよいか。

 その前に、「必殺の起承転結話法」と名付けられている、部下の苦情への対応術を紹介したい。部下が思い詰めた表情で面談を求め、綿々と苦情を述べたとしよう。たとえばこうである。

■正論よりも「共感のあるゼロ回答」が好まれる

 「同僚のAさんは本当に許せません。彼女がいるだけで不愉快です。あんな人と一緒では仕事は無理です。私の重要な仕事が阻害されては困るので、早くAさんを辞めさせてください」

 こう言ってくる人に対して、「Aさんも必要な人材である。なぜなら……」とか、「物事は客観的に判断する必要がある。Aさんの言い分も聞き、よく考えて解決策を考えよう」といった、いわば正論で説得しても、効果はない。みるみる険悪な雰囲気になるだけである。

 では、起承転結話法を用いてみよう。この話法はモノローグである。

 起:「なるほど、それはよくわかる」と入る。

 承:「俺も、できればそうしたい」と踏み込む。この後、深く悩んだ表情で20秒の間(ま)を取る。一対一の会話で20秒は長い。この間が、実はいちばん肝心である。

 転:「だが、どうしても、そうはいかないんだ」と向きを変える。

 結:「ここはひとつ、現状で我慢してくれ」と締める。

 これは何であろうか。内容はゼロ回答で、しかも何の理由も示していない。にもかかわらず、驚くことに、この話法に説得力はあって、効果は先述の正論に勝る。なぜか。

【関連記事】

「理屈を言うな!」と怒る上司との付き合い方(東洋経済オンライン)

5/23(水) 6:00配信

東洋経済オンライン

誰しも他人の言動や組織の意思決定について、これは不思議だ、納得がいかない、と思ったことは多いはず。しかし、人間の本能を理解すると、疑問は氷解するかもしれません。
動物行動学の研究歴三十余年、同時並行的に大手金融機関に勤務した筆者が、「本能」と「進化」の観点からそうした疑問を解明します。原則、第1水曜日、第3水曜日に掲載します。

 上司に意見を述べ、「それは、理屈だ!」と叱責されたことがある。

 そのときは損益を論じていたので、理屈を用いざるをえなかった。無茶を言うな、と上司を批判したくなったが、そう片付けてよいか。実は事は簡単ではなく、考察を要する。

 こう断じた上司は、当然、理屈を重視していない。この人は、結論に納得できぬ、説得などしてもダメだ、と宣言している。ここでは、上司の言い分が正当か、あるいはパワハラか、などは別にして、現実にこのような態度をとる人が多いこと、さらに、誰しも理屈では納得しないときがあることを、事実として認め、対応を探ることにしたい。ではどうするのがよいか。

 その前に、「必殺の起承転結話法」と名付けられている、部下の苦情への対応術を紹介したい。部下が思い詰めた表情で面談を求め、綿々と苦情を述べたとしよう。たとえばこうである。

■正論よりも「共感のあるゼロ回答」が好まれる

 「同僚のAさんは本当に許せません。彼女がいるだけで不愉快です。あんな人と一緒では仕事は無理です。私の重要な仕事が阻害されては困るので、早くAさんを辞めさせてください」

 こう言ってくる人に対して、「Aさんも必要な人材である。なぜなら……」とか、「物事は客観的に判断する必要がある。Aさんの言い分も聞き、よく考えて解決策を考えよう」といった、いわば正論で説得しても、効果はない。みるみる険悪な雰囲気になるだけである。

 では、起承転結話法を用いてみよう。この話法はモノローグである。

 起:「なるほど、それはよくわかる」と入る。

 承:「俺も、できればそうしたい」と踏み込む。この後、深く悩んだ表情で20秒の間(ま)を取る。一対一の会話で20秒は長い。この間が、実はいちばん肝心である。

 転:「だが、どうしても、そうはいかないんだ」と向きを変える。

 結:「ここはひとつ、現状で我慢してくれ」と締める。

 これは何であろうか。内容はゼロ回答で、しかも何の理由も示していない。にもかかわらず、驚くことに、この話法に説得力はあって、効果は先述の正論に勝る。なぜか。

【関連記事】

「殺人シーンOK、暴力・ハラスメントNG」の矛盾(東洋経済オンライン)

5/23(水) 6:00配信

東洋経済オンライン

 5月も半ばを過ぎて今春放送のドラマが折り返し地点を迎えました。ここまでの平均視聴率では、テレビ朝日の刑事ドラマである「特捜9」「未解決の女 警視庁文書捜査官」「警視庁・捜査一課長」がトップ3をほぼ独占。その他では、「シグナル 長期未解決事件捜査班」(フジテレビ系)、「執事 西園寺の名推理」(テレビ東京系)も同じように“殺人事件の解決”がテーマの作品であり、一定の人気を集めています。

 これを連ドラ全体で見ると、民放各局でプライムタイム(19~23時)に放送されている14作中5本(36%)もの作品で殺人事件を扱っていることになりますが、この傾向は今春だけではありません。前期も14作中5作(36%)でしたし、前々期の昨秋も13作中3作(23%)、昨夏も14作中5作(36%)、昨春も13作中7作(54%)と、1年を通して殺人事件がテーマの新作ドラマが作られていることがわかります。

 これらの作品では、ほぼ毎回殺人事件が起き、死体にクローズアップする映像などがあるにもかかわらず、視聴者に受け入れられているのです。また、平日の日中に「相棒」「科捜研の女」(ともにテレビ朝日系)などが放送されていることも、それを裏づけていると言えるでしょう。

■自分が被害者になったような拒絶反応

 一方で気になるのは、「その他のテーマのドラマで、暴力やハラスメントのシーンが少しでもあると徹底的に嫌われ、視聴率は低迷してしまう」という現象。今期の作品でも、「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」(日本テレビ系)でモラハラや自殺未遂、「モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―」(フジテレビ系)で水責めなどの拷問、「花のち晴れ~花男Next Season~」でイジメなどのシーンが序盤にあり、批判が続出しました。

 暴力やハラスメントのシーンを見て、「つらくて見ていられない」「トラウマになりそう」「不快極まりない」「あのシーンでチャンネルを変えた」などと、まるで自分が被害者であるかのようなコメントがネット上に殺到。視聴率も全話1ケタ台に留まるなど、多くの視聴者に受け入れられていない様子が伝わってきます。

 この傾向も今春だけでなく、昨年放送された「僕たちがやりました」(フジテレビ系)と「明日の約束」(フジテレビ系)のイジメ、「きみが心に棲みついた」(TBS系)の精神的支配、「anone」(日本テレビ系)の幼児虐待などのシーンを見た視聴者から同様の声が飛び交い、視聴率は低迷。むしろ、その拒絶反応は、年月を経るごとに強くなっている感すらあります。

【関連記事】

「4色マーカー」で文章がメキメキ上手くなる(東洋経済オンライン)

5/23(水) 6:00配信

東洋経済オンライン

■事実や解釈の書き方は実は複数ある

 みなさんは、文章を書くのは得意ですか?  私はさまざまな企業で、文章の研修を行っていますが、多くは経営者や管理職の方から「部下から上がってきた報告書の文章が理解できないので、何とかしてほしい」というご依頼がきっかけです。事前にどのような文章なのかを拝見すると大体3パターンくらいに分けられます。

この記事の写真を見る

 ①ひたすら事実が羅列してある

 いつどこで誰が何を言った……など、あったことが時系列でひたすら書かれている文章です。確かにそういう事実はあったのでしょうが、読んだ方が「それで何が言いたいわけ?」となりがちです。これでは報告文書ではなく活動記録のようなもので、読む人にも負担がかかります。具体的な事実を解釈して抽象化して伝えることが改善ポイントです。

 ②解釈が主観なのか客観なのかが不明

 具体的な事実を抽象化し、解釈して書いているだけ①よりはましですが、客観的な解釈として妥当なものなのか、個人的主観なのかが区別しにくいのも理解しにくい文章です。個人的な解釈を書いてはいけないわけではなく、独自の解釈や思いを述べる場合には、個人的見解であることがわかるように書き分けないと、読む人が混乱しがちです。

 ③抽象化しすぎて一般論になり、意味が見いだせない

 これは解釈を抽象化しすぎてしまい、あまりにも一般論すぎたり、ありきたりな表現になっていて文章の意味がなくなってしまっているケースです。たとえば「営業において大切なのは顧客ニーズを把握することである」と書かれていても、「そりゃそうだよね」と思われるだけであまり説得力を感じないでしょう。具体的な事実で補足したり、抽象化を一段下げてより真意が伝わる表現をする必要があります。

■「4つの象限」でチェックしてみよう

 このようなパターンに陥らないためには、図のような4つの象限を意識して文章を書くとよいでしょう。図の縦軸は抽象的か具体的か、横軸は客観的か主観的かで4つに分けています。

 よくあるNGパターンとしては、①と③の事実の列挙にとどまっていたり、逆に②と④の抽象化に寄りすぎて意味が伝わりにくかったり、左右、つまり主観と客観がごちゃまぜになりわかりにくくなっている、などがあります。

【関連記事】

貯まる財布にまつわる「都市伝説」を検証する(東洋経済オンライン)

5/23(水) 6:00配信

東洋経済オンライン

 財布にはいくつものジンクスがある。「春に買い替えるのが『張る財布』で縁起がいい」「自分より稼ぎのいい人に買ってもらうと金運が上がる」「セールで買った安い財布には大金は入らない」「赤い財布は赤字に通じるのでよくない」etc……。

■貯まる財布に、これだという正解はあるのか

 根拠があるような、ないような、信じる者は救われる的なものも多い。筆者が雑誌編集者時代にも、何度となく財布企画は誌面に登場したものだ。また、年間100万円以上貯めている読者の取材に行くと、必ず財布を見せてもらったりもした。しかし本当に貯まる財布に、これだという正解はあるのだろうか。

 ①「貯まる財布はゴールド」説

 先日、筆者自身がある雑誌で「おカネが貯まる財布」という企画の取材を受けた。節約のプロの財布とは、という内容だ。同じ誌面には年間100万円以上貯めている女性が登場している。

 彼らの財布の色はどうだったか。結論から言うと、黒・ピンク・えんじ色とみんなバラバラ。共通点も特になかった。風水による避けたい色は「赤はおカネが燃えてしまう、青はおカネが流れていくのでNG」だと聞く。ちなみに筆者は紫色を使っているが、赤の仲間なので本来はよろしくないらしい。おカネのプロとして取材していただいたのに、なんとも申し訳ないが、紫にした途端に散財したというような事実もないのだ。

 かつて筆者が貯め上手な主婦の取材をしていた頃、いちばん多かったのは茶系ベースにロゴがプリントされた海外ブランド財布。どこに行っても皆さんそれを使っていたものだ。それが意味するのは、貯め上手のこだわりというより、当時はこのブランドが人気だったという理由だと思う。

 おカネと相性がいいから「ゴールドの財布最強」という説もある。しかし、多くの人が買う黒でも茶でも、そして赤系でも、貯まる人は貯まるのだ。

 ②「貯まる人は長財布」説

 根強い長財布信仰だが、これは納得しないでもない。貯められない人は、財布に今いくらあるかを答えられないことが多く、それは手持ちのおカネの管理ができていないことを意味する。長財布はパッと見て、どの種のお札が何枚入っているかがわかりやすい。また、構造上多くの小銭が入らないため、なるべくお札を崩さない意識が働くことも。商品券やギフト券を入れておくにも長財布のほうが使いやすそうだ。

 とはいえ、レシートやらクーポン券やらでパンパンになっている長財布も多い。それを日々整理して、今いくらあるかすぐにわかる状態にすっきり保っている人だけが、長財布で貯まる人、ではないだろうか。

【関連記事】

「AI」だけでは未来は創れないといえる理由(東洋経済オンライン)

5/23(水) 5:31配信

東洋経済オンライン

 AIは万能ではない――この考え方を筆者は大前提としている。

 AIについて書く前に、簡単に筆者の紹介させてほしい。私は今から17年前に新卒で米国投資銀行に入社し、トレーダーという仕事でキャリアをスタートさせた。

この記事の写真を見る

 2000年代初頭の当時は、業界全体でトレーダーの仕事を自動化するためのシステム開発に乗り出していた時期であったが、当時のシステムは、まだまだAIと呼べるレベルの代物ではなかった。実際、自動売買システムは、トレーダーのアシスタント的存在で、重要な取引は「人間の」トレーダーが行っていた。

 その後、システムに本格的にAIが組み込まれ始め、パフォーマンス的にも人間を凌駕するようになっていった。実際、2008年時点では、多くの自動売買システムにAIが組み込まれていたと考えられる。

 にもかかわらず、多くの証券会社が2008年9月に端を発したリーマンショックで巨額損失を出した。それはなぜか?  そこにAIの弱点を理解する鍵があると筆者は考えている。

■AIの最大の弱点は何か? 

 AIの定義によっては一部例外があるにせよ、基本的にAIは「過去のデータ」を基に分析を行い、学習をすることで、判断や未来予測を行うことに大きな特徴がある。

 しかし、この「過去のデータを基に学習していること」がAIの最大の弱点である。

 すなわち、

①過去に起こったことがない事象に対しては、「学習」していないので「判断」できない
②過去と未来の相関が低く、「再現性」が低い事象に対しては「未来予測」できない
 ということである。

 特に、リーマンショックでは①の弱点が露呈した。過去にリーマンショック以上の金融ショックがなく、AIは対処法を学習しておらず、どうして良いか判断できなかったためだ。

 また②についても、AIと金融市場は元々の性質上、それほど相性が良くないという点がある。たとえば、アマゾンで買い物をした場合、AIがあなたの好みを次々に学習して、商品をレコメンドしてくれる。個人の「好み」は急に変化しないので、過去に好きだったものと、未来に好きなものの「特徴量」の相関が高く、「再現性」が高いためAIが機能しやすい。

 株式市場のように市場参加者の「相場観」が世界中のニュースの影響を受けやすいものについては、ニュースにより「相場観」が一変することが多い。そのため、過去と未来の「値動き」の相関は極めて低く、「再現性」を担保しづらい。

【関連記事】

駅から野球ファン運ぶ「シャトルバス」の実態(東洋経済オンライン)

5/23(水) 5:00配信

東洋経済オンライン

 球場に通いなれたファンにとっては、空気のような存在のシャトルバス。だが、球場によって運行目的も料金設定もさまざま。中には一般的にはあまり知られていない路線もある。

この記事の写真を見る

 現在、プロ野球12球団が本拠地および準本拠地として使用している13カ所の球場のうち、球場が最寄りの鉄道駅の目の前にあるのは、東京ドーム、メットライフドーム、横浜スタジアム、京セラドーム、阪神甲子園球場、ほっともっと神戸の6カ所だ。

 目の前とまでは言えないが、徒歩で10分以内の場所にあるのは、札幌ドーム、明治神宮野球場、ナゴヤドーム、マツダスタジアムの4カ所である。

 残る楽天生命パーク宮城、ZOZOマリンスタジアム、福岡ヤフオク! ドームは徒歩で15分以上かかる場所にある。

 シャトルバスの必要性から言えば、最後の3球場で運行されていればコト足りそうだが、それ以外にも札幌ドーム、メットライフドームでも運行されている。そこで、球場へファンを運ぶシャトルバスの運行状況について調べてみた。

■採算厳しい仙台市交通局

 東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地・楽天生命パーク宮城はJR仙台駅から1.8kmほどの場所にある。徒歩だと1分80m換算でも信号待ちを含めると25分前後かかる。

 球場と仙台駅のちょうど中間点にはJR仙石線の榴ヶ岡駅、球場から徒歩で5分前後の場所には1駅先の宮城野原駅もあるが、仙台駅から球場に向かうのであれば、仙台駅からJRに1駅もしくは2駅乗るよりはシャトルバスに乗るか、さもなければ歩くという選択肢になるのだろう。

 JR仙台駅と球場を結ぶシャトルバスは、イーグルスがこの地にやってきた2005年4月、仙台市交通局、宮城交通、富士交通の3社で車輌を出し合い、運行を開始した。だが、富士交通が1年で撤退、その後宮城交通も撤退し、現在は仙台市交通局のみで運行、ゲーム終了後の場合1試合あたり14台を3回転させており、利用者数は1シーズンあたり約40万人に上る。

【関連記事】

18歳少女が悩む「口うるさい浮気父」との関係(東洋経済オンライン)

5/22(火) 15:00配信

東洋経済オンライン

※ミセス・パンプキンへの子育て・家族関係などのお悩み相談は
専用メール、専用サイトで受け付けています

私は大学1年生の18歳です。昔から両親は私にとって苦しい存在でした。2人姉妹の妹は知的・発達障害があり、17歳ですが話せず歩けず意思の疎通もできません。母が介護や養護学校の送迎などで付きっきりです。
わが家は祖父と5人家族で働き手は父一人です。経済的に大変なのですが、私はどうしても大学で語学を勉強したく、親に頼み大学を受験しました。何とか公募推薦で入学しました。資格のハードルが高い無利子奨学金も借りられ、高い入学金は学資保険で振り込んでくれたらしいです。

ところがいざ大学生になると片道2時間かかるうえに定期・教科書・食事代はすべて自分のバイト代から出すことになりました(高1でバイトを始めた時からおカネはいっさいくれません)。朝6時に起床し9時から授業を受け、16時半に学校が終わり、地元に2時間かけて帰ってきてすぐに24時までバイトをする繰り返しです。バイトをこなしながらリポートや課題をこなす生活は正直きつく、みじめで耐えられません。
母親は私のことをネグレクト状態です。 一人暮らしがしたいと言うと父は決まって、大学をやめて働けと言います。要は家に束縛されており、監視下に置かれているのです。友達の家などに泊まって帰ると、「高い学費を払ってやっているのになめた態度を取りやがって」などと言われて暴力も振るわれます。そう言う父親だって、私の中学生時代から浮気をしています。

友人たちの親子の何気ない会話の様子を聞くだけで代わってほしいと思い、死にたいと毎日何百回も思います。私は普通の大学生らしい生活が送りたいです。どうしたら家族に煩わされるこの状況から抜け出し、自分がしたい勉強に取り組むことができますか。
M

■「勉強だけは負けない」というエネルギーに変えるべき

 経済的にも家庭の事情も、そのように厳しい環境の中で、勉学をあきらめようとはいささかも考えておられないあなたに、まずエールを送りたいと思います。

【関連記事】

「不眠症」を脱するための超シンプルな処方箋(東洋経済オンライン)

5/22(火) 12:43配信

東洋経済オンライン

世の中には、実に多種多様な「健康書」が氾濫している。しかし医者によって言っていることも大きく違い、何を信じたらいいのかわからない。「人生100年」時代、本当に信頼できて、誰でもお金を掛けずに毎日できる簡単な健康習慣とは、いったいどのようなものなのか。
4月26日、東洋経済オンラインのメルマガでもおなじみのムーギー・キム氏の渾身の著作『最強の健康法―世界レベルの名医の本音を全部まとめてみた』(SBクリエイティブ)が、『ベスト・パフォーマンス編』と『病気にならない最先端科学編』の2冊セットで刊行された。本書は日本を代表する50名に上る名医・健康専門家による直接解説を、東大医学部で教鞭をとる中川恵一氏、順天堂大で教鞭をとる堀江重郎氏が二重三重にその正確性をチェックしたうえで制作されている。

この記事の写真を見る

東洋経済オンラインでは同書を元に、多くの名医たちが実践しているおカネの掛からない確かな健康法を紹介していく。第4回は、不眠について解説する。
 「睡眠とは、日中に活動して疲労が蓄積した脳と体を、いったんクールダウンし、その間に、さまざまな体内調整を行うためのものです。何らかの理由で睡眠が足りなくなれば、体と脳は疲労回復と調整の機会を奪われ、それが続けば、認知症、糖尿病といった脳や体の病気を招きます」

 こう話すのは、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所、精神生理研究部で部長を務める医学博士、三島和夫氏である。

 忙しいビジネスパーソンにとって、睡眠は大きな関心事であろう。睡眠については諸説あり、一体何を信じたらいいのかわからない、というのが、多くの方々の疑問ではなかろうか。三島氏はこう解説する。

 「睡眠は『何時間寝るべきか』といったものさしでとらえるものではない。問題とすべきは、睡眠のとり具合が、日中のパフォーマンスに、どう影響しているかです」

■一口に睡眠障害といっても症状は多岐にわたる

 不眠に陥る原因の一つに睡眠障害があるが、症状の現れ方から対処法まで、多岐にわたるという。

 「いわゆる『睡眠障害』には、主要なものだけでも約80種類あります。たとえば、一口にがんといっても胃がん、肺がん、肝臓がん……とさまざまであり、それぞれ対処法が違いますね。睡眠障害も同様で、すべてを一様にして考えることはできません」

 ではここから、約80種類の中でも悩まされている方が特に多い「睡眠不足」と「不眠症」について、最強の予防・対処の心得を学んでいこう。

【関連記事】

健康を脅かす「不眠症」への超シンプルな対処法(東洋経済オンライン)

5/22(火) 12:43配信

東洋経済オンライン

世の中には、実に多種多様な「健康書」が氾濫している。しかし医者によって言っていることも大きく違い、何を信じたらいいのかわからない。「人生100年」時代、本当に信頼できて、誰でもお金を掛けずに毎日できる簡単な健康習慣とは、いったいどのようなものなのか。
4月26日、東洋経済オンラインのメルマガでもおなじみのムーギー・キム氏の渾身の著作『最強の健康法―世界レベルの名医の本音を全部まとめてみた』(SBクリエイティブ)が、『ベスト・パフォーマンス編』と『病気にならない最先端科学編』の2冊セットで刊行された。本書は日本を代表する50名に上る名医・健康専門家による直接解説を、東大医学部で教鞭をとる中川恵一氏、順天堂大で教鞭をとる堀江重郎氏が二重三重にその正確性をチェックしたうえで制作されている。

この記事の写真を見る

東洋経済オンラインでは同書を元に、多くの名医たちが実践しているおカネの掛からない確かな健康法を紹介していく。第4回は、不眠について解説する。
 「睡眠とは、日中に活動して疲労が蓄積した脳と体を、いったんクールダウンし、その間に、さまざまな体内調整を行うためのものです。何らかの理由で睡眠が足りなくなれば、体と脳は疲労回復と調整の機会を奪われ、それが続けば、認知症、糖尿病といった脳や体の病気を招きます」

 こう話すのは、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所、精神生理研究部で部長を務める医学博士、三島和夫氏である。

 忙しいビジネスパーソンにとって、睡眠は大きな関心事であろう。睡眠については諸説あり、一体何を信じたらいいのかわからない、というのが、多くの方々の疑問ではなかろうか。三島氏はこう解説する。

 「睡眠は『何時間寝るべきか』といったものさしでとらえるものではない。問題とすべきは、睡眠のとり具合が、日中のパフォーマンスに、どう影響しているかです」

■一口に睡眠障害といっても症状は多岐にわたる

 不眠に陥る原因の一つに睡眠障害があるが、症状の現れ方から対処法まで、多岐にわたるという。

 「いわゆる『睡眠障害』には、主要なものだけでも約80種類あります。たとえば、一口にがんといっても胃がん、肺がん、肝臓がん……とさまざまであり、それぞれ対処法が違いますね。睡眠障害も同様で、すべてを一様にして考えることはできません」

 ではここから、約80種類の中でも悩まされている方が特に多い「睡眠不足」と「不眠症」について、最強の予防・対処の心得を学んでいこう。

【関連記事】