「大迫半端ない」を導いた西野監督の調整力(東洋経済オンライン)

6/20(水) 15:21配信

東洋経済オンライン

 2012年からコロンビアを率いて2014年ブラジルワールドカップ8強入りしたホセ・ペケルマン監督と、ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督の解任によって4月から急きょ日本代表の指揮を執り始めた西野朗監督。大舞台の経験値では圧倒的に前者の方が優位で、日本の劣勢が有力視されていた。

 ところが、6月19日の2018年ロシアワールドカップ初戦ではコロンビアにとって想定外の出来事が次々と起きる。絶対的10番のハメス・ロドリゲス(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ)が負傷で控えに回らざるを得ず、立ち上がり早々の3分に期待の22歳のDFダビンソン・サンチェス(トッテナム/イングランド)が大迫勇也(ケルン/ドイツ)に置き去りにされるという信じがたいシーンが現実になった。

 この決定機はGKダビド・オスピナ(アーセナル/イングランド)がいったんは弾いたものの、香川真司(ドルトムント/ドイツ)にダイレクトで打たれたシュートをMFカルロス・サンチェス(エスパニョール/スペイン)がペナルティエリア内でハンド。ボランチの軸を担う選手が一発退場となり、10人での数的不利を強いられた挙句、日本に1点をリードされるという二重苦に直面した。

■想定外だった相手エースの不調

 前半のうちにMFファン・フェルナンド・キンテーロ(リバープレート/アルゼンチン)の直接FKで1-1に追いついたまではよかったが、後半になって貴重な同点弾を挙げた彼とハメスを交代してからリズムがおかしくなった。

 「ドイツ・ブンデスリーガで見る本調子のハメスとは程遠いかなという感じはしました」と長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)も語った通り、エースの不調がチームの足かせになってしまう。「エル・ティグレ(虎)」の異名を取る同国代表最多得点者のラメダル・ファルカオ(モナコ/フランス)は孤軍奮闘していたが、勝ち越し点を取るだけの迫力は出せず、逆に日本の大迫に「半端ない決勝弾」を叩き込まれる。

 「まったく違う結果を予想していたし、勝利を期待していた。我々はポゼッション(ボール支配率)が低く、いつもより疲労していた」と百戦錬磨の知将は1-2の黒星にチームマネージメントのミスを認めるしかなかった。

【関連記事】

製造業界が直面している「人材不足」の深刻度(東洋経済オンライン)

6/20(水) 9:30配信

東洋経済オンライン

 今日の製造業界では、スキルギャップが深刻化しています――米国の製造業者を対象としたデロイトの調査によると、今後10年間にわたり業界で新たに350万人分の雇用が創出される一方で、そのうちの200万人分のポジションが埋まらないままになると予想されています。

 製造業界では、高いスキルを持ち高度な訓練を受けた人材への切迫したニーズがあります。独創的なアイデアを思いつき、複雑な問題を解決し、革新的な製品を生み出すことのできる人材がますます求められています。一方、そのような人材がこれから不足することは明らかになってきています。

 こうした中、従業員の教育と能力開発の質を高めなければいけません。それぞれの従業員がどうやってキャリアアップを図るか、というモデルの見直しと、従業員のリテンション(離職防止)のための新しい戦略や制度を導入すれば、旧世代から新世代への知識継承を促すことにもつながります。

■製造業が直面する3つの課題とは

 企業側は、製造業界の旧来必要だったタイプの人材以外にも目を向け、職務要件の変化に適応していくことが必要です。でなければ、生産性の低下や、消費者のニーズに応えられない状況になりかねません。では、製造業界が直面する3つの課題と、人事担当者が講ずべき対策は何でしょうか。

 1) スキルギャップの拡大

 製造業界では活発に求人が行われていますが、学校での職業訓練の減少や、技術の進歩に教育の中身が追いついていないことなどが原因で、往々にして人材が、今の職務に必要なスキルを備えていないケースがあります。

 製造業界で求職者と雇用主との仲介を行っているMFG jobsのマネジングパートナー、ロビン・シュワルツ氏によると、出社すること、時間を守ること、相手の感情を理解することといった基本的な雇用適性だけでなく、問題解決能力や数学的能力の不足も目立つようになっているといいます。

【関連記事】

「慶應ボーイ」ブランドが急落した内部事情(東洋経済オンライン)

6/20(水) 9:00配信

東洋経済オンライン

 「慶應ボーイ」という言葉は、今でも日本中の多くの人に通じる。「東大ボーイ」や「早稲田ボーイ」なんて言い方はないのに、なぜか慶應の男子学生だけにニックネームがあるのである。

 しかも、「慶應男」「慶應野郎」などの粗野な呼び名ではなく、英語でカッコよく「KEIO BOY」だ。実際、でっかく「KEIO BOY」とプリントされたTシャツやパーカーを売っているオンラインショップも存在する。それほどまでに慶應ボーイは、華やかで目を惹く存在であり続けてきているわけである。

■地味で垢抜けなくても「慶應ボーイ」

 「大学はどちら?  あら、慶應ボーイなんですね」などと言われて、まんざらでもない気分になったことのあるOBは大勢いるはずである。

 ところが、だ。現役慶大生に「さすが慶應ボーイですね」と褒めたとして、彼らが同じ気持ちを抱くかといったら、答えはノーだ。表面的には爽やかな笑顔で「ありがとうございます」と答えたとしても、心の中では、(そんな風には言われたくない)と思っている。

 取材中、わりと心を開いてくれた男子慶大生に、「自分たちは慶應ボーイらしいかも、って思うのはどういうところ?」などと質問すると、たいてい嫌な顔をされた。

 「イメージが先走っているだけだと思いますよ」

 「……止めてくれませんか。そういう決めつけ」

 慶應ボーイの神髄について語ってくれた男子慶大生は皆無だったし、この話題を振るだけで、雰囲気が変わって取材が進めづらくなった。なんでそんなに嫌がるのかと不思議に思い、疑問をストレートに投げたところ、ある女子慶大生がこんな話をしてくれた。

 「いかにも慶應ボーイというような、社交的なお坊ちゃまは見かけませんからね。私のいる学部に限っていうと、外部生は垢抜けない地味な男子ばかりです。内部生にはおしゃれというか、おしゃれ『すぎる』男子がいるけど、やっぱり地味な子も多い。内部男子は地味と派手の両極端に分かれているんです」(文学部2年女子)

 なるほど。慶應大学には、派手な一部の内部生と、その他大勢の垢抜けない男子がいる。誇張表現として捉えれば、たくさんの男子慶大生に接してきた当方の印象と合致する。そして、その他大勢のほうの立場になってみると、「慶應ボーイって一括りにしないで」という心情が理解できるような気がする。

【関連記事】

「内定ゼロ」から脱出する就活戦略の見直し方(東洋経済オンライン)

6/20(水) 9:00配信

東洋経済オンライン

 6月も下旬に差しかかった。リクルートキャリア就職みらい研究所の調査では、6月1日時点ですでに69%の就活生が内定を得ている。ぜいたくにも、内定した企業の「辞退の仕方」を話題にする学生たちがいる一方で、内定を目指して必死にもがく学生たちもいる。

【写真】女性キャリアアドバイザーからの忠告

 今回は、進路が決まらない文系の学生2人と理系の学生1人の実態に迫ると同時に、就職相談や企業紹介を行ったキャリアアドバイザーが実際に行っている、支援の事例を紹介していく。これから内定を取る学生に必要な発想と、就活手法の変え方について伝えていきたい。

 6月初旬、都内私立大学に通う会田智香さん(仮名)は、学内のキャリアセンターへ向かっていた。毎日のように行動をともにする友人2人が内定の報告に行く。自ら付き添うと決めたものの、足取りは重かった。「私だけまだ内定を取れていない」からだ。

 その日の夕方、スマホに1通のメールが届いた。面接を受けた企業からの合否通知だ。脳裏をよぎる、いやな予感を振り払い、メールを開く。「お願い!」と思わず口にした言葉は、すぐにため息に変わった。不採用を通知する、「今後益々のご活躍をお祈り申し上げます」との、相次ぐ”お祈り”メールに、「メールの着信を見るのが怖くなっている」という。

■メールの着信を見るのが怖い? 

 会田さんは好きなことだけを仕事にしたいという一心で就活していた。高校生のころからメイクやデザインに興味があり、大学は家政学科のある学校に進んだ。大学のゼミでは、化粧品会社と連携したプログラムで、マーケティングや商品企画を体験。やりがいを感じ、化粧品業界への思いは強くなる一方だった。就職活動も化粧品業界に絞って進めていたが、ここにきて行き詰まってしまった。

 会田さんが就活準備を始めたのは、大学3年生の夏に参加したインターンシップからだ。3社に参加し、手ごたえもあった。そのため本番でもうまくいくはずと信じ、第2志望の業界群は開拓してこなかった。

【関連記事】

愛甲猛の転落生活をトコトン支えた妻の献身(東洋経済オンライン)

6/20(水) 8:00配信

東洋経済オンライン

プロ野球シーズン真っ盛り。連日連夜にわたって熱戦が繰り広げられている。そこで戦う選手の夫を支える妻を描く「プロ野球選手の妻たち」(TBSテレビ、次回は6月20日〈水〉よる7時から放送、地域によって放送時間は一部異なる)。「バース・デイ」「プロ野球戦力外通告」など、TBSのスポーツドキュメンタリーのスタッフが手掛けるドキュメンタリー番組だ。過去の放送分から、過酷なプロ野球の世界に人生を翻弄されながらも、力強く生きていく夫婦の実像を紹介しよう。

【写真】甲子園のアイドルとして活躍した愛甲猛さんと妻の佐和子さん

 今の50代以上の野球好きで、愛甲猛(あいこう・たけし)の名前を知らない人は少ないだろう。

 1962年生まれ、神奈川県逗子市出身。横浜高校時代は夏の甲子園に2度出場、“甲子園のアイドル”として、絶大な人気を誇った。

 1980年ドラフト1位でロッテに入団。1984年から野手に転向し、1989年には打率3割をマークし、一塁手としてゴールデン・グラブ賞を獲得。535試合連続フルイニング出場はパ・リーグ記録である。1996年に中日に移籍し、2000年に現役引退。現在は野球評論家として活動中である。

■“甲子園に愛された男”愛甲猛

 数々のヒット曲を世に送り出した作詞家の阿久悠さんが、愛甲さんを称え、こんな詞を送った。

その名は愛しの甲子園か、君は帰ってきた。
(「愛しの甲子園」より)
 まさに、愛甲さんはその名のとおり、甲子園に愛されていた男だった。

 当時、横浜高校のエースとして活躍していた愛甲さん。少し不良っぽく、やんちゃそうな雰囲気は女性たちのハートをわしづかみにした。愛甲さんがマウンドに立つと、若い女性ファンから黄色い声援があがり、試合後、愛甲さんの乗ったバスに大勢のファンが群がりサインを求めるほど。

 そんな愛甲さんが、最も注目されたのは、高校3年生の時。1980年、夏の甲子園大会で愛甲さんは、ピッチャーとしてもバッターとしても横浜高校を引っ張り、チームを決勝へと導いたのだ。

 その時の相手は、名門・早稲田実業。その当時、早稲田実業には、大ちゃんフィーバーと呼ばれる社会現象まで巻き起こした1年生ピッチャー荒木大輔選手がいた。そんな荒木選手と愛甲選手、2人のアイドル対決は、日本中が大注目し、決勝戦のテレビ視聴率は、なんと39.9%をたたき出した。

【関連記事】

ストレスを武器に変える「3つの具体的視点」(東洋経済オンライン)

6/20(水) 8:00配信

東洋経済オンライン

ストレスは有害なものと思われがちですが、上手に働かせることによって、ポジティブなエネルギーへと変えられます。たった3ステップでつらくて仕方ないストレスを味方につける方法とは? ――人間の心理に詳しい『ストレスを操るメンタル強化術』の著者でもあるメンタリスト DaiGo氏に解説してもらった。

■ストレスは3ステップでエネルギーに転換できる

 ストレスには、体をむしばむ効果も確かにありますが、一方で自分を奮い立たせて集中力を上げたり、テストのスコアを上げたり、免疫力を高めたりする効果もある、ということが、最近の研究によってわかってきました。

 そして、ストレスを味方につけるためには、ストレスをいい方向に働かせる必要があります。そのためには、ストレスに対する考え方、感じ方を変えていくこと。これによってストレスの中に希望を見出していけばいいのです。

 「本当にそんなにうまくいくのかな?」という疑問を感じる人もいるでしょう。

 ストレスを力に変える、ストレスを味方につけるといっても、実際にストレスを受ければつらく、苦しいのは当然です。

 今、実際にストレスを感じ、メンタルが弱っている人でも使える現実的な方法でなくては意味がありません。

 そこで、心理学者アリア・クラムが提唱している実践的な方法を紹介しましょう。この方法を使えば、簡単な3ステップでストレスを利用できるようになります。特に強いストレスを感じたときに有効で、やるべきことはごく簡単です。

ステップ1:ストレスによって自分の体に起きている反応を冷静に観察する
 まず1つ目は、ストレスが自分にかかったことを認識すること。その上で、

 「自分は今、ストレスを感じて、体がこういう反応をしている」

 と考えるのです。

 たとえば、頭にカーッと血が上っている。心拍がドキドキバクバクと激しくなっている。胃が痛くて、吐き気がする。甘い物がほしい。口の中がやたら渇いている。視線がキョロキョロしている。オドオドした態度になっている……など、体に表れたストレス反応のすべてを認識してください。

 ストレスを感じると、どうしてもその要因だけに気を取られがちです。クレームを受けるときには相手の言葉に注意が集中してしまいますし、締め切りの迫った仕事が積み上がっているときには、さまざまなタスクのことで頭がいっぱいになってしまいます。

【関連記事】

「あなたの会社を殺す」3つの無症状とは何か(東洋経済オンライン)

6/20(水) 8:00配信

東洋経済オンライン

経営において本質的に大事なことは、たったひとつ。それは、会社が「生きている」ことである。
『現場力を鍛える』『見える化』など数多くの著作があり、経営コンサルタントとして100社を超える経営に関与してきた遠藤功氏は、「30年間の結論」として、会社や組織は「見た目の数字や業績」より、本質において「生きている」か「死んでいる」が重要だという。
30年の集大成として『生きている会社、死んでいる会社――「創造的新陳代謝」を生み出す10の基本原則』を上梓した遠藤氏に、「死んでいる会社」に共通する「三無症状」について解説してもらう。

この記事の写真を見る

■「死んでいる会社」に存在する「三無症状」

 30年の長きにわたって、経営コンサルタントという仕事をやってきた。100社以上の会社と濃密なお付き合いをし、ここ10年近くは複数の会社の社外取締役、社外監査役としても経営に関与してきた。その経験を通して確信して言えることがひとつある。それは「会社は生きていなければならない」ということだ。

 挑戦しつづけ、実践にこだわり、創造に燃え、適切な「代謝」を行っている会社を「生きている会社」と私は呼んでいる。「挑戦→実践→創造→代謝」の“いい循環”が回っているのが「生きている会社」の特徴だ。

 反対に、見た目の「数字」や「業績」がよくても、内情は守りに終始し、管理に走り、停滞に沈んでいる「管理→抑制→停滞→閉塞」の“悪い循環”に陥っている会社を「死んでいる会社」と私は呼んでいる。

 「生きている会社」と「死んでいる会社」を分ける差はいくつかあるが、「死んでいる会社」には「3つの無症状」、いわば「三無症状」が蔓延している。

 では、会社の活力を殺して「死んでいる会社」にしてしまう「三無症状」とは、いったい何なのか。早速、紹介したい。

 「死んでいる会社」に蔓延する「三無症状」の1つ目は「無表情」である。

■「死んでいる会社」は社内の「空気」も死んでいる

 【1】「無表情」が社内に蔓延する

 会社にはそれぞれの会社の「表情」がある。会社としての活力、つまり「気」は「表情」としてあらわれる。「死んでいる会社」には、会社の活力をあらわすこの「表情」がきわめて乏しい。

社内に「喜怒哀楽」や「生気」がない
 創造をめざし、挑戦しつづけている「生きている会社」は、喜怒哀楽がじつに豊かである。

【関連記事】

「年金の繰り下げ」は100%おトクとは言えない(東洋経済オンライン)

6/20(水) 6:30配信

東洋経済オンライン

 「年金は繰り下げると額が増える。5年繰り下げれば支給額は40%増える」。こうした話は、最近、多くのメディアで頻繁にとりあげられています。

この記事の写真を見る

 そのため、結構知識がある方も増えているのですが、実は繰り下げについては2つの「誤解」があります。1つ目は「繰り下げの絶対視」です。実は「『繰り下げると絶対に得』とは言い切れない」のです。つまり、「得するつもりで繰り下げたのに、実際には損してしまう」こともあるのです。もう1つは、「繰り下げと人生の関係」です。「長生きしなかったら損になるから、繰り下げしたくない」というのも、やはり誤解があります。人生100年時代は、年金を上手にもらうことが大切です。どんなことなのか、2つについて早速詳しくみていきましょう。

■65歳以降も働けるなら、繰り下げ支給も選択肢

 多くの人が年金を受け取るのは65歳からです。繰り下げ支給とは、その受け取り時期を最長70歳まで、任意で繰り下げる(遅らせる)ことです。1カ月繰り下げるごとに年金額が0.7%増額され、1年繰り下げると0.7%×12カ月で約8%、2年繰り下げると約17%増。70歳まで繰り下げると、年金額は42%増えることになります。増えた年金額は一生、続きます。

最近は「人生100年時代」ともいわれており、今後は65歳まで働くのはある程度当たり前のようになるでしょうし、65歳以降も無理のない範囲で働くのが理想的です。(定年以降の働き方については、「65歳以降『毎月5万円稼ぐ人』に訪れる幸福」でも述べていますので、ぜひ参考にしてください)。ある程度の収入を得れば年金に頼る必要がありませんから、その間は年金を受け取らず、将来の年金を増やすのが得策です。

 「そんなに長く働きたくないよ……」という方は、一部を受け取り、一部を繰り下げるという手もあります。会社員や公務員は老齢基礎年金と老齢厚生年金が受け取れますが、両方を繰り下げるほか、老齢基礎年金だけを繰り下げる、老齢厚生年金だけを繰り下げる、といったこともできるからです。

 確かに、年金の支給を繰り下げ、年金額が増えるのはかなり魅力です。ただし、「誰にとっても繰り下げがトク」とは言い切れませんから要注意なのです。ケースによっては、繰り下げないほうが良さそうなケースもあるのです。繰り下げ支給は雑誌などでも取り上げられる機会が増えていますが、このことにはあまり触れられていないので、ここでしっかり理解してください。

【関連記事】

トランプの貿易戦争は欧州経済最大のリスク(東洋経済オンライン)

6/20(水) 6:30配信

東洋経済オンライン

 ECB(欧州中央銀行)が6月14日の政策理事会で、年内の国債等資産買い入れ(量的緩和)の停止を決定したことを受けて、外国為替市場ではユーロ安ドル高が進んだ。

この記事の写真を見る

 ユーロ安は、マリオ・ドラギ総裁が会見で「経済が強さを呈すると同時に不確実性は増している」と、慎重姿勢を示したことへの反応だ。資産買い入れの縮小、停止には「データによってわれわれの中期インフレ見通しが確認されること」という条件をつけた。利上げについても、市場では早ければ来年半ばとみられていたが、「2018年夏まで、あるいはインフレ動向が現在予想している持続的な調整の軌道に沿って確実に推移するために必要なかぎり、政策金利を現在の水準に維持する」とし、早期利上げの可能性を排除した。

■ECBの緩和縮小に留保、保護主義の脅威を警戒

 ECBが6月理事会で表明した「年内の資産買い入れ停止、2018年秋以降の利上げ」という基本方針は、2018年に入ってからの成長鈍化は「ソフトパッチ(一時的な鈍化)」であるという認識に基づく。

 今回の理事会に合わせて公表した経済見通しでは、2018年の実質GDP(国内総生産)成長率は、下方修正されたとはいえ、前年比2.1%。2019年も同1.9%で、1%台半ばと推計される潜在成長率を超える。インフレ率は、2018年、2019年ともに3月時点の前年比1.4%から1.7%に上方修正された。原油価格の前提条件の上方修正と為替相場のユーロ安方向への修正による面も大きいが、「2%以下でその近辺」というECBの目標圏に大きく近づいた。

 こうした経済見通しから乖離するリスクとして、ECBが最も警戒するのは「グローバルな要因にかかわる不確実性、とりわけ保護主義の脅威の高まり」(ECBの6月政策理事会声明文)。つまり、米国のドナルド・トランプ政権の通商政策が引き起こす制裁と報復の広がりだ。

 ドラギ総裁は、理事会後の記者会見で、経済見通しが考慮した「実行済み」の貿易制限措置の「直接的」影響に限れば、ごく限定的。だが、貿易制限と報復が拡大すれば影響はより深刻になる、と述べている。

【関連記事】

掘削船「ちきゅう」の運用会社に迫る経営危機(東洋経済オンライン)

6/20(水) 6:00配信

東洋経済オンライン

 地中奥深くにあるマントル。その人類初の掘削に取り組むのが海洋研究開発機構(JAMSTEC)所属の地球深部探査船「ちきゅう」だ。ちきゅうの運用を受託している、日本海洋掘削の経営が崖っぷちに立たされている。

この記事の写真を見る

 同社が緊急記者会見を開いたのは4月26日のこと。市川祐一郎社長は2018年3月期の業績予想を大幅に修正すると発表。リグ(移動式海洋掘削装置)の稼働率が下がったことで資産を減損したり、引当金を繰り入れたことで、最終赤字が膨らみ、純資産がマイナスになる債務超過に転落したと説明。経営責任をとって退任する考えを表明した。

 5月9日に公表した決算短信では、最終的に155億円の債務超過となっている。

■原油安が業績を直撃

 日本海洋掘削はその名の通り、海洋掘削を専門とする日本で唯一の会社だ。主力の事業は米エクソンモービルや英蘭ロイヤルダッチシェルなど資源開発会社から依頼を受け、巨大なリグ(移動式海洋掘削装置)を使って海洋掘削を行い、石油や天然ガスを掘り当てることにある。

 そんな同社が債務超過に陥った理由は2つある。1つは原油価格の下落が業績を直撃した点だ。

 2011年から2014年にかけてWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の年間平均価格は1バレル=90ドル台だった。原油価格の高騰を受けて、大手資源開発会社は積極的な開発投資を行った。

 ところが、2014年秋から2015年にかけて原油価格が急落し、2016年2月にはリーマンショック後に最安値となる1バレル=26.21ドルを記録した。米国のシェールオイル増産で供給過剰になったことが主因だ。

 資源開発会社は多くの油田開発を中止、延期したため世界的にリグの需要は冷え込んだ。その上、掘削会社に支払われる作業日当も減り、リグをこれまでと同じ日数稼働させても売り上げは減ってしまうという状況に陥った。

 日本海洋掘削のリグ稼働率(ちきゅうを除く)も2011年度が平均98.2%だったのに対し、2016年度には18.6%に下落。業績も悪化し、2016年3月期から3期連続で赤字となった。

 もう1つは、勝負に出るタイミングを誤ったことだ。日本海洋掘削は原油価格の高騰が続くと見て、2014年に最新鋭リグを2基導入することを決めた。決断したのは2013年からトップだった市川社長だった。

【関連記事】