「暗闇フィットネス」が日本で成功した3理由(東洋経済オンライン)

 大音量のクラブミュージックにDJ風のコール、天井に回るミラーボールにスポットライト……。ここはクラブ? と見まごうような、“暗闇“ワークアウトスタジオが人気沸騰中。まだ足を踏み入れたことがない人も、一度体験すればきっとハマる”暗闇”の魅力に迫ります。

この記事の写真を見る

■暗闇トレーニングの効果

 「FEELCYCLE」「junp one」をはじめ、暗闇エクササイズのパイオニアとして、エクササイズに新しい文化を切り開いてきた株式会社ベンチャーバンク。ホットヨガ「LAVA」の成功でも知られる、エクササイズ界の革命児だ。

 それにしても、暗闇エクササイズの快進撃たるやすごいものがある。2012年に立ち上げた「FEEL CYCLE」は現在全国に29店舗、2016年~の「JUMP ONE」は都心部を中心に6店舗。新たなブランドとして2017年にエアドラムなどを取り入れた「BURNES STYLE」を、さらにEMSスーツ着用ワークアウトの「EVOLV」を立ち上げている。

 いま若い世代を中心に大人気の暗闇トレーニングについて、ベンチャーバンクの経営企画室PR戦略グループマネージャーの下渡恵子さんに話を聞いてきた。

 「フィットネスカルチャーを変えよう、という考えがもともと弊社社長にあり、常にアンテナを張っていました。そんな折、訪米していた役員が”レディガガが20キロやせたという、バイクエクササイズはどうか? “と提案。

 さらにクラブカルチャーが好きな担当者の発案もあって、バイクエクササイズにクラブ要素を組み合わせた『FEEL CYCLE』を立ち上げたところ、大ヒットとなりました。”暗闇”要素が日本人に好評だったため、第二段としてチェコスロバキア発祥のトランポリンに着眼。日本人向けに開発しました」

■日本人にマッチした3つの理由

 なぜここまで、暗闇トレーニングが日本人にマッチしたのか? それには、3つの理由があると分析。そこに見えてきたのは、ファスト、ファン、コンビニエントなまったく新しい魅力だ。

 ① “羞恥心”を感じさせない空間力

 まさに、日本人特有の”羞恥心“という文化的背景が最大のポイントに。暗闇で人の目に触れないため、「体型に自信がない」「下手だと恥ずかしい」「運動中に人と顔を合わせたくない」という人にも安心。しかも、トランポリン台や自転車の位置をネット予約時に指定できるシステムもあり、自信がないから後方がいい、先生が見えやすい最前列がいい、など好みで選択ができるのも嬉しい限り。

【関連記事】

僕たちは発達障害を言い訳にしてはいけない(東洋経済オンライン)

独自のルールを持っていたりコミュニケーションに問題があったりするASD(自閉スペクトラム症/旧・アスペルガー症候群)、落ち着きがなかったり不注意の多いADHD(注意欠如・多動性障害)、知的な遅れがないのに読み書きや計算が困難なLD(学習障害)、これらを発達障害と呼ぶ。
今までは単なる「ちょっと変わった人」と思われてきた発達障害だが、生まれつきの脳の特性であることが少しずつ認知され始めた。子どもの頃に親が気づいて病院を受診させるケースもあるが、最近では大人になって発達障害であることに気づく人も多い。

この記事の写真を見る

発達障害について10年程前に知り、自身も長い間生きづらさに苦しめられていたため、もしかすると自分も発達障害なのではないかと考える筆者が、そんな発達障害当事者を追うルポ連載。発達障害当事者とそうではない定型発達(健常者)の人、両方の生きづらさの緩和を探る。
第15回目は「発達障害の僕たちが人にあまり言えない本音」(4月20日配信)に続いて、「発達障害BAR The BRATs」(東京・高田馬場)のマスター、光武克さん(33歳)と吉田正弘さん(25歳)、スタッフの山村光さん(仮名・24歳)の座談会後編をお届けする。

■「圧倒的にヒューマンスキルが足りない」

 ――現在、山村さんは就労移行支援施設に通ってらっしゃるそうですが、そこではどんな支援をしてもらえるんですか? 

 山村 光(以下、山村):まだ通いはじめて間もないのですが、精神障害を患っている人が一般企業で働くために訓練を積む場所です。自分はコミュニケーション能力が低いんです。昔、働いていた職場で「君は仕事のスキルが足りないんじゃなくて、圧倒的にヒューマンスキルが足りない。その中で特に際立ってコミュニケーション能力に欠けている。だから、仕事を教えればきちんと結果を出せるけど、会社で働くというのはそこじゃないんだよ」と言われたんです。

【関連記事】

「使える英語」を学ぶと英語力は伸びない(東洋経済オンライン)

日本では年間270万人が受験する国際コミュニケーション英語能力テスト、TOEIC。受験者の3分の2は進学や昇級で高スコアを求められる人たちだという。かくして英語力を測るグローバルスタンダードのごとく教育界・ビジネス界を席巻するTOEIC。だが、そこに大きな落とし穴がある、と著者は訴える。『TOEIC亡国論』を書いた、ポリグロット外国語研究所主宰の猪浦道夫氏に聞いた。

この記事の写真を見る

■学校で学ぶべき英語とTOEICは全然別物

 ――題名に亡国論とありますが、必ずしもTOEICを全面否定するものではない? 

 ええ、もちろん。英語の運用力の基礎となる知識はある程度測れる。ただ、学校の入学試験や単位認定、企業の採用選考でTOEICを利用するのがピント外れだと言いたいんです。特に学校教育における近年の浸透・蔓延ぶりは由々しき問題。大学、大学院、下手すると最近は高校受験にまでTOEICのスコアを導入しようとしている。学校で学ぶべき英語とTOEICは全然別物です。

 ――TOEICに欠ける点とは? 

 「聞く」「話す」「読む」「書く」の4分野の能力はさらにそれぞれ3段階、ごく日常会話レベルの「略式」、最初に習得すべき標準的な「正式」、ビジネスや学問で求められる高度な「専門」レベルと、計12のゾーンに区分できます。TOEICで測れる能力はその中の「聞く」「読む」の「正式」ゾーンの2つだけ。しかも文章をキッチリ分析して読む力ではなく、瞬発力が勝負。複雑な思考は要求されず、日本語への翻訳能力は必要ないから、英語のままフワフワッと何となくわかればいい。「話す」「書く」の英語による発信力が測れないのも致命的です。

 ビジネスの場で求められる英語力は、先ほどのゾーンでいえば「専門」レベルの契約書を作成したり交渉したりする力でしょ。TOEICの内容はたわいない日常会話なので、ビジネス英語力は評価できない。それを能力査定に使うのは完全にズレている。そもそも企業が社員に一律にTOEICを課すことが非合理的。部署単位でどのレベルの英語力が必要か否か、きめ細かく分けて対応すべきです。

 ――2020年度からは大学入試に英検やTOEICなど民間の試験が利用できるようになります。

【関連記事】

中国が「世界一の経済大国」にはなれない理由(東洋経済オンライン)

 多くのエコノミストは、長い目で見れば中国が世界経済の覇者になるのは既定路線だと考えている。何といっても、中国は米国の4倍の人口を持ち、先進国の技術に追いつくべく、本気の政策を打ち出している。中国が経済大国として覇権を握るのは当然の流れではないのか、と。

 本当にそうだろうか。エコノミストの多くは、中国の圧倒的な労働力が経済発展の決め手になっているとしながら、一方ではロボットやAI(人工知能)がいずれ大量失業をもたらすことになるのではないかと気をもんでいる。

■技術革新から取り残される懸念も

 どちらが正しいのか。今後100年間で勝者となるのは、中国の圧倒的な労働力とロボットの、いったいどちらなのか。仮にロボットやAIが生産性向上のカギとなる時代がやってくるのなら、おそらく人口の多さは中国の足かせとなる。しかも、中国は急速に高齢化しており、こうした状況が問題をさらに難しくしている。

 機械化によって世界の工場としての競争力がそがれるのだとすれば、中国が技術革新で世界をリードする力を持てるかどうかが、これまで以上に重要となる。だが中国共産党は、民間セクターのトレンドに反して中央集権を推し進めており、このままだと世界の技術革新から取り残されかねない。

 中国が経済大国の座を米国から奪い去る可能性は低い、ということだ。こうした予測が成り立つもう1つの理由として、技術革新による格差拡大の問題がある。西側諸国では誰もが、機械化による雇用や賃金への影響を恐れている。しかし多くの点において、この問題が経済に与えるダメージは、米国よりも中国のほうが深刻だ。

 確かに、トランプ米大統領がわめき散らしたり、はったりをかましたりしたからといって、米国製造業の雇用が目立って回復するわけではない。それでも米国の製造業には規模を拡大する力がある。雇用ではなく、生産高という意味で、だ。

 ハイテク化された現代の工場は、かつてとは比べものにならないほど少ない人数で、はるかに多くのモノを作り出すことができる。しかも、ロボットやAIが変えつつあるのは製造業にとどまらない。機械化の波はサービス業をものみ込みつつあるからだ。医者や弁護士、投資顧問がロボットになる未来が語られたりしているが、これらは氷山の一角でしかない。

■最先端技術を自ら生み出す力はない

 もちろん、中国が長足の発展を遂げた事実は幻想ではないし、巨大な人口のおかげだけで、それが可能になったわけでもない。今日に至るまでの中国の高成長は、先進国技術の模倣、および投資が牽引役となってきた面が大きい。確かに、中国のモバイル通信技術はすでに5G(第5世代)に突入しつつあるし、他国にサイバー攻撃を仕掛ける能力は米国に匹敵する。

【関連記事】

キッズユーチューバー、ゲーセンを動かす? (東洋経済オンライン)

 「次は、モーリーファンタジーで遊ぶよ」「このウサちゃんが欲しい~」

 約1年前に、YouTubeで配信されたファミリー向け遊戯施設の「モーリーファンタジー&キッズーナ」の動画。登場するのは、小中学生に人気のキッズユーチューバー、「プリンセス姫スイートTV」のひめちゃんとおうくん、その家族だ。

この記事の写真を見る

■直近決算は営業利益が約6割増と絶好調

 再生回数は直近で1200万回超えを達成するなど人気を集めている。実はこの動画は、こうした遊戯施設を運営するイオンファンタジーとのタイアップ企画だ。

 イオンファンタジーは名前のとおり、イオンの子会社。小中学生など若年層やその家族をメインターゲットに、ショッピングセンター内でクレーンゲームやメダルゲームなどをそろえたアミューズメント施設を459店運営している。バンダイナムコアミューズメントなど競合を抑え国内同業では売上高ではトップを誇る。

 同社の業績が好調だ。4月11日に発表した2018年2月期決算は、売上高が721億円(前期比10.9%増)、営業利益が59.7億円(同58.3%増)と大幅な増収増益で着地。4期連続で増収増益となっており、今2019年2月期も営業利益は2ケタ増の66億円を見込む。

 成長の原動力となっているのが、2017年初から力を入れているYouTubeを使った販促だ。「放送時間や期間が限定されてしまうテレビ広告と違い、長期間にわたってYouTube上でプロモーション動画を流すことができる。12歳以下の子どもやその家族、中高生に向けて、低コストで効果的なプロモーションができている」(井畑啓一広報IR室長)。

 今ではモーリーファンタジーの関連動画は、年間再生回数が9000万回を超えるという。

 このような販促戦略に加えて、EXILE TRIBEが出演する映画『HiGH&LOW』とのタイアップや、イオングループのミニストップとコラボした「ソフトクリームスクイーズ」など、ほかの遊戯施設では手に入らないクレーンゲームのオリジナル景品を投入。映画のファン層など従来顧客以外の集客につながり、国内売上高の4割超を占め、収益柱のクレーンゲームの稼働が前期比2ケタ増の勢いで伸びている。

■2021年までには海外の店舗が大半に

【関連記事】

30代共働き夫婦が悩む2人目の子ども問題(東洋経済オンライン)

 今回、私たちファイナンシャル・プランナーの事務所に「おカネの相談」に来たのは、35歳のA子さんです。医療系の業界で働いており、40代でメーカーの管理職をしている夫と、私立小学校低学年の娘さんと3人暮らし。共働きで、年収は2000万円近くにもなります。

■年収2000万円でも2人目の子どもを作ると破綻する!? 

 にもかかわらず、A子さんからの相談内容を聞いて、かなり驚きました。というのも「主人は2人目の子どもをすごく欲しがっているのですが、私は全然気が進まなくて……」と言うのです。しかも、「なんとか諦めてもらいたいので、もし2人目ができたら家計が破綻することが証明できる資料をつくってほしい」というものだったからです。

 共働きだし、娘さんはまだ小学生。もし2人目ができて、たとえば「将来は2人の高等教育は私立学校」となっても「家計が破綻する」のはさすがに大袈裟のはず。それなのにA子さんはなぜ今回のような依頼をしてきたのでしょうか。さっそく詳しく聞いてみることにしました。

 するといろいろなことがわかってきました。A子さんはご主人とお見合いで知り合って結婚。今の娘さんは、結婚後、すぐに授かったそうです。すくすくと育ち、今は私立の名門小学校に通っています。

 お聞きすると、A子さんには「学歴コンプレックスがある」というのです。それもあって「とにかく自分の子どもにはいい教育を受けさせたい」と、幼少の頃から家庭教師をつけ、お受験に励んできました。娘さんが名門小学校に入学した後も、ベビーシッターを活用しながらピアノやお習字、そろばんなど、いろいろなお稽古ごとに通わせています。

 夫婦仲もよく、ちょっと前までは幸せな家庭生活を送ってきたとのことでした。ところがここへきて、夫婦仲がギクシャクしているというのです。

 夫婦仲がギクシャクしている理由を聞いてみると、「私は、3人の生活にすごく満足しているのですが、夫が2人目の子どもが欲しいと言い出しまして……。適当にあしらっていたのですが、『本気度』がとても高くて。私はむしろ今のままがよくて……」と言うのです。

 一般的には、日本では育児や家事はまだまだ女性が担う傾向にあるので、A子さんの気持ちもとても理解できます。仕事と家事、育児の両立は想像を超えるほどハードですが、もう1人子どもが加わるとなると、自分の時間を取れないので、確かに前向きにはなれないかもしれません。

【関連記事】

家造りから「大工」が消える? 効率化の光と影(東洋経済オンライン)

 大工がノミやカンナで木材を削り、穴を開け、柱やはりを組んでいく。何もなかった土地に戸建て住宅が姿を現す――。家を建てると聞けば、そんな風景が脳裏に浮かぶのではないだろうか。

この記事の写真を見る

 だがそうした建築現場は、もうほとんどない。「昨今の木造建築の95%以上はプレカット工法だ」。住宅メーカー・ポラスグループ傘下で、住宅向けの木材加工で最大手のポラテック(埼玉県越谷市)の北大路康信・専務取締役は、今の木造建築の現状をこう解説する。

 プレカット工法とは、木造住宅に用いる木材を事前に工場で加工し、現場に搬入する工法のこと。大工が現場で一本ずつ木材を加工していく在来工法に代わり、コストカットや工期短縮に資するプレカットが急速に普及している。

■木材加工の「無人工場」

 茨城県坂東市にあるポラテックの基幹工場。ベルトコンベヤーの上を無数の木材が流れていく。

 ドリルやカッターが器用に動き回り、1本の木材を柱やはり、羽柄材(家を支える構造材以外の部材)など、さまざまな部材へと加工していく。

 「工場の生産能力は月8.5万坪」(秋野龍プレカット生産本部長)であり、平均的な戸建て住宅の広さを34.53坪(住宅金融支援機構調査)とすれば、坂東工場の生産分だけで月におよそ2500戸もの家が建つ計算だ。

 加工はすべて機械で行うため、工場内は想像以上に閑散としている。人間の仕事は木材の梱包や運搬、そして機械のメンテナンスだけだ。別の工場ではそれすらも機械化を進めており、「工場内に人間がおらず、真っ暗で懐中電灯が必要なほど」(北大路専務取締役)だという。

 顧客も大手ハウスメーカーから地元の工務店まで広がり、プレカット抜きに木造住宅は成り立たなくなった。

 活況を呈するプレカット市場の背景には、木造住宅の工法の変化がある。かつては柱やはりを組み、筋交いを入れることで骨組みを作る昔ながらの在来工法が主流だった。

 だが1970年代から、コストと工期を圧縮し、住宅を大量に供給するための手法として、柱の代わりに壁で家を支える2×4(ツーバイフォー)やプレハブ工法が主流になっていった。

【関連記事】

価格差2倍も、欧州の鉄道「現金乗車」なぜ高い(東洋経済オンライン)

 「ロンドンに行ったら、自由時間に地下鉄に1区間でも乗ってみようと思ったんです。でも、ちょっと乗るだけで800円近く取られるというのはひどいと思いませんか?」

【写真】欧州の交通機関は現金で乗ると高い

 日本から添乗員付きのいわゆるパッケージツアーでイギリスにやって来た60代の男性はそういぶっていた。ロンドン市内での移動時に利用者が日本円にして毎回800円も払って地下鉄に乗るとは到底思えない。では、どうしてこのような事態が起きるのか、そのカラクリを改めて調べてみることにした。

■多くの駅で有人窓口が廃止

 「ホテルの近くに駅があるんで、そこから隣の駅まで乗って、歩いて帰って来よう、とかそんなことを考えながら駅に行ったんです」

 世界最古の地下鉄ってどんなものなのかな、と思いながら、「ロンドン滞在のイベントの1つ」と計画していたこの男性。切符の買い方を駅員に聞いたら「1駅乗るだけでも4.90ポンド(約760円)」と言われたという。

 「そんなに英語が得意ではないので、1区間で4ポンド90ペンスなんて僕の聞き間違いかと思ったんです」。でも、機械に表示される運賃は確かに「4.90」だった。

 「ロンドンはとんでもないところだ!」。最初は頭にきたというこの男性だが、「駅員が『ゾーン内ならどこまで行っても同じ料金』と言うので、環状のサークル線を逆回りで隣駅まで乗ってきました。最終的には楽しい経験になりました」と満足そうだった。

 ロンドン地下鉄の場合、徹底的に省力化という名目の人員削減を行っている。2年ほど前までは、各駅に案内役兼非接触式ICカード「オイスター」のチャージに応じる有人窓口があった。現在は観光客の利用が多いターミナル駅にトラベルセンターという名の案内所があるものの、一般の駅からは窓口が一掃されてしまった。

 地下鉄を運営するロンドン交通局は「オイスターカード利用に誘導し、駅で切符を買う人を減らしたい」という方針のもと、現金での片道乗車券購入額をオイスターカードでの引き落とし額の2倍以上に設定するという手段を講じている。たとえば、都心部(ゾーン1)内の利用について、オイスター利用なら2.40ポンドなのに対し、紙の切符を買って乗ると4.90ポンドとなる。

 「そんなにオイスターに誘導しているんだったら、観光客はそれを買って乗ればいいじゃないか?」と賢明な読者はそう考えるかもしれない。ところがロンドン交通局はさらに巧妙な仕掛けを用意している。オイスターは購入時に5ポンドのデポジット(保証金)が必要なのだが、買ってから48時間以上経たないとそのデポは回収できない仕組みとなっている。つまり、数日滞在のみの観光客には使いにくい格好になっているというわけだ。

【関連記事】

スタインウェイ80年ぶり「新型ピアノ」の魅力(東洋経済オンライン)

ピアノの名門スタインウェイから80年ぶりの新型ピアノ「SPIRIO/スピリオ」が発表された。1853年の設立以来今に至るスタインウェイ165年の歴史の中での久々の新型ピアノとはいったいどんな製品なのだろうか。 

この記事の写真を見る

 新製品への興味と同時に、80年間も新製品を出さずに成り立つスタインウェイ社のゆったりとした時の流れと、すでに完成の極みにあるピアノという楽器のすごさをあらためて感じずにはいられない。

 その注目の新型ピアノ「SPIRIO」の最大の特徴は“自動演奏”だ。クルマ業界における近年の大きな話題が“自動運転”であるように、音楽業界にも自動演奏ブームがやってくるのだろうか。今回は「SPIRIO」を中心とした自動演奏ピアノの魅力に迫ってみたい。

■100年前にはピアノロールが大活躍

 自動演奏ピアノの歴史は意外に古く、まず頭に思い浮かぶのが19世紀末に開発された「ピアノロール」だ。記録紙であるロールペーパーに、演奏に基づいた穴を開け、空気圧によってピアノのハンマーを作動させるピアノロールは、黎明期のレコード録音技術よりもずっとリアルに演奏を再現できたことから、多くのピアニストたちがこぞって録音を残している。

 中でも名高い『コンドン・コレクション』には、20世紀初頭の名だたる作曲家やピアニストの演奏が記録されている。作曲家では、サン=サーンス、ドビュッシー、ガーシュウィン、ストラヴィンスキー、ラヴェル、ファリャ、グラナドス、プロコフィエフにスクリャービンなど。ピアニストでは、ホロヴィッツ、ルービンシュタイン、コルトー、ホフマン、パデレフスキーなどなど、まさに当時のクラシック界を代表する夢のようなラインナップだ。

 このピアノロールで再生されたピアノの音をCD化したアルバムが『コンドン・コレクション』として発売されているのだが、聴いてみてもどうもピンとこない。正直な話、生きた人間が弾いた演奏に聴こえないのだ。

 資料としての価値はそれなりに高いのだろうけれど、ワクワクしながら鑑賞する素材としては物足りない。それが演奏の信憑性を含めた「ピアノロール」の限界であり、現在までの評価なのだろう。

■現在望みうる最高の自動演奏がここに

【関連記事】

宝塚トンネル渋滞は新名神延伸で解消したか(東洋経済オンライン)

どんなに高性能で快適な車を作っても、そして今後自動運転の技術がさらに進歩し、運転免許がなくても誰もが自動車ライフを楽しめる時代になっても、その車を快適に移動させる高速道路が利用できなければ、その魅力は半減してしまう。本連載では高速道路をめぐるさまざまなトピックや課題を、具体的な動きに即して継続的にお伝えする。

この記事の写真を見る

■東は鉄道、西は高速道路のビッグニュース

 この春、関東では鉄道のダイヤ改正が大きな話題となっている。朝ラッシュ時の混雑とノロノロ運転が常態化していた小田急線で、長年続いていた複々線工事が完成し、大幅な列車の増発と所要時間の短縮が実現した。

 一方の関西。もちろん関東同様にダイヤ改正でより便利になった鉄道、あるいは斬新な新型列車がお目見えした例(京都の叡山電鉄)もあるが、この春の交通関連のビッグニュースといえば、なんといっても、新名神高速道路の川西インターチェンジ(IC)―神戸ジャンクション(JCT)の開通だ。

 新名神高速道路は、名神高速道路のバイパスとして、名古屋・神戸間を旧東海道・国道1号線に沿ったルートで建設されているもので、四日市JCT~神戸JCT(四日市JCT以東は伊勢湾岸道を介して新東名に接続)のうち、3月18日にこれまで西端だった川西ICと山陽・中国道と接続する神戸JCTまで開通、長らく関西のドライバーを泣かせていた恒常的渋滞区間の緩和に期待が集まっていた。

 その渋滞名所とは、テレビやラジオ、あるいは高速道路の渋滞表示で関西のみならず全国的にもすっかり有名になった中国自動車道の「宝塚トンネル」である

 中部地方から関西を経て中国地方へと向かう高速道路は、大阪府の吹田JCTで、名神高速道路と中国自動車道に分かれる。名神は兵庫県の西宮からは都市高速(阪神高速道路)に入ってしまうのに対し、中国道はその先、まっすぐ行けば内陸部を下関まで一直線。また神戸JCTからは山陽自動車道が分岐して岡山や広島へ、また吉川JCTからは若狭舞鶴道で北近畿へ抜けられるため、西へ向かう車がこの中国道の区間に集中する。

【関連記事】