ビットコイン、規制の波 G20に独仏提案、議論へ 投機的、相場は乱高下(朝日新聞デジタル)

 仮想通貨「ビットコイン」で規制強化の動きが相次いでいる。金融緩和であふれたマネーが投機的な取引に流れ、過熱ぶりに中国や韓国が規制強化に動いて相場急落につながった。主要国でもビットコインの取引リスクへの懸念が出ており、3月の主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では独仏が国際的な規制を提案し、議論される見通しだ。

 ビットコイン相場は、昨年初めの1コイン=10万円ほどから、年末には一時220万円超に急騰した。以前は低コストの送金手段として注目され、値動きは大きくなかった。そうした中で将来性への期待がふくらみ、投機資金が流れ込んでバブルの様相を呈した。……本文:1,496文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社

(けいざい+)変わる日立:下 原発・鉄道輸出、政権と二人三脚(朝日新聞デジタル)

 日立製作所会長の中西宏明(71)は、次期経団連会長に就く背景に、日立と政治、行政の密接な関わりがあることに言及した。
 「(経団連副会長として)デジタル化やエネルギー問題など、国の基本問題にこの2、3年すごく関わってきた。日立の仕事とも密接に関連するが、経団連の立場で動くと日本経済に意味のあることだと思い始めた」。政権が、あらゆるモノをネットにつなげるIoTなど新たなデジタル技術を成長戦略に盛り込んだのには、中西らの後押しも手伝った。
 東京電力福島第一原発事故後、日立にとって国内の原発新設は困難で、活路は政権が掲げる原発輸出だ。……本文:1,498文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社

(けいざい+)変わる日立:上 財界総理へ、渡るルビコン川(朝日新聞デジタル)

 日立製作所会長の中西宏明(71)は次期経団連会長就任が内定した9日、笑顔で記者たちの前に姿を現した。冗談めかし、余裕しゃくしゃくの様子だった。そして、「日本経済再生にむけて、強力に、具体的に進めていくのが私の役割」と抱負を語った。
 中西は早くからこの日の到来を予感していた節がある。現経団連会長の榊原定征を筆頭副会長として支え、榊原には日立の社外取締役を託してきた仲だ。榊原は「あうんの呼吸、以心伝心」で中西の意欲を確信していた。「必ず受諾してくれる自信をもって就任を打診した」という。
 日立は創業者小平浪平の「政財界から可能ならば一定の距離をおけ」という遺訓があり、歴代首脳は財界トップには就かなかった。……本文:1,431文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社

口座維持費、悩む大手銀 三菱UFJ、通帳有料化案も(朝日新聞デジタル)

 超低金利で国内事業の収益が悪化しているメガバンクが、預金口座の維持コストの軽減策を検討し始めた。三菱東京UFJ銀行では、負担が重い紙の通帳を有料化し、低コストのネット利用を促す案が浮上。他の銀行も様々な方策を検討している。ただ超低金利でほとんど利息がない中、単に預金者に負担を求める方法では反発が予想され、各行は慎重に検討を進める。

 最大手の三菱東京UFJ銀行では、「通帳発行手数料」の導入が議論され始めた。紙の通帳を使う場合は、預金者から毎年手数料を取る案が出ている。紙の通帳を発行せずネット通帳で確認する場合は無料のままにする。……本文:1,309文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社

(けいざい+)婚活・恋活、アプリ熱々 相次ぐ参入、安全確保に注力(朝日新聞デジタル)

 「いい人、いないの?」。年末年始、実家に帰省して両親にそう探りを入れられた人はいるだろう。実は1月は婚活・恋活アプリに入会する人が1年で最も多い季節。いまどきのキューピッドはスマートフォン。そんなネット婚活最前線を見た。
 静岡市の深沢健人さん(25)、葉寿季(はずき)さん(28)夫妻は2015年1月、サイバーエージェント系の恋活アプリ「タップル誕生」で知り合った。当時、建築現場で働く彼の職場は男性ばかり、クリーニング店勤務の彼女も出会いが少なかった。だが恋活アプリだと簡単に出会える。忙しくても空いた時間にスマホでメッセージを交わせ、交際が進んだ。……本文:1,470文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社

(波聞風問)Jヴィレッジ 復興の人づくり、サッカー流で 堀篭俊材(朝日新聞デジタル)

 ドームの白い屋根は新春の光でまぶしかった。
 浜通りとよばれる福島県の太平洋に面した地域に「Jヴィレッジ」が広がる。来年春にサッカー施設として全面再開されるのに向けて、全天候型練習場の建設が進む。
 二つの町にまたがる巨大な施設は数奇な運命をまとう。東京電力が建設して福島県に贈った約20年前、原発増設の見返りといわれた。
 16年前の日韓W杯では、アルゼンチン代表がキャンプ地として使ったサッカーの聖地として知られた。昨春までは、福島第一原発の廃炉作業などの拠点だった。
 この夏に一部が再開されるJヴィレッジの発案者は地元にいる。……本文:1,175文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社

(平成経済)180度変わった、30年 ホイチョイと漫画で振り返る(朝日新聞デジタル)

 平成に入って絶頂を迎えたバブル景気は、日本社会に何をもたらしたのか。映画「私をスキーに連れてって」を手がけるなど、バブル前後の流行に影響を与えた「ホイチョイ・プロダクションズ」の馬場康夫氏(63)が、漫画「気まぐれコンセプト」の名場面とともに平成を振り返る。(高田寛、篠健一郎)

 ■憧れ、手にしたバブル
 バブルのころ、みんながやりたがったことは、だいたい上流階級というか戦前の華族の人がやっていたことです。ちょっといい服を着て、海外旅行に行き、フランス料理を食べて、軽井沢でテニスやスキーをする。そういうおしゃれな生活にみな憧れました。……本文:2,480文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社

(けいざい+ WORLD)変わる公共放送:下 若者に照準、ネット発信強化(朝日新聞デジタル)

 すべての世帯に「放送負担金」という形で公共放送のコストを負担するよう義務づけたドイツ。公共放送側は、テレビからSNSにシフトする若い世代を取り込もうと、インターネット放送を強化している。
 ドイツ西部の都市マインツの中心部。中世の教会も残る町並みを見下ろすビルの高層に入るのは、公共放送のZDFとARDが共同出資で設立し、2016年10月からネット放送を手がける「FUNK(ファンク)」だ。
 毎朝9時、複数の画面が壁いっぱいにならぶフロアの一画に約30人のスタッフが集まり、ミーティングが始まる。画面に表示されるのは、ユーチューブやフェイスブックから提供されるデータ。……本文:1,536文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社

(けいざい+ WORLD)変わる公共放送:上 ネット視聴者も料金負担(朝日新聞デジタル)

 NHKのネット配信や受信料のあり方について話し合う総務省の有識者会議が、今月にもとりまとめの議論に入る。「国民の理解が得られない」として、ネットだけで番組を見る人からは当面、受信料を取らない方向だが、英国やドイツではネット視聴だけの人にも負担を求める制度が定着している。日本との違いはどこにあるのだろうか。
 「最初は『えっ』と思ったけど、質の高い番組が恋しくなった」
 ロンドンに住む医療事務イザベラ・ジョギヤさんは家にテレビがなく、月に数回、テレビで放送された後の番組をネットで見る「オンデマンド」サービスでBBCのドキュメンタリー番組を見ていた。……本文:1,476文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社

(けいざい+)商社って?社員自ら発信 三井物産、広告作り意欲高める(朝日新聞デジタル)

 総合商社は扱う事業の幅広さや、各部署の独立性の高さから「企業の集合体」とも言われる。そんなつかみどころのない商社の仕事をどう伝えれば、外部の人にわかってもらえるか。三井物産が、通常は広告会社に発注するはずの会社の広告を、社員たちに作らせる取り組みを進めている。
 「我々は未来の社会像を思い描いて仕事をしている。その未来を表現したい」。昨年11月、東京・大手町の本社で広告のキャッチコピーを決める会議が開かれた。「未来」の概念を入れたい社員たちに、会社側は「構想と妄想は違う。実現可能なものを表現するべきだ」と指摘した。……本文:1,477文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社