(けいざい+ 深話)松本ショック:下 「僕はショートリリーフ」公言(朝日新聞デジタル)

 「いったん全部凍結しなさい」。RIZAP(ライザップ)グループ代表取締役の松本晃(71)がそう言って、社長の瀬戸健(40)に新規のM&A(企業合併・買収)の全面凍結を進言したのは10月に入ってのことだった。
 松本は8月から買収先企業を見て回り、想像以上の実態にがくぜんとした。
 「買収後は、ほったらかしですよ。再建プランもなさそうだったね」。まず新規のM&Aを凍結し、傘下企業の再建や事業縮小を優先すべきだ。そう考えた。
 松本はライザップに転じた後、一枚紙に一点、気づいたことをメモにしたためては瀬戸に手渡してきた。…… 本文:1,555文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社

(けいざい+ 深話)松本ショック:上 ライザップ拡大路線に喝(朝日新聞デジタル)

 この夏のある日。「結果にコミット」の決め文句で知られるRIZAP(ライザップ)グループが買収した小売企業の店頭に、午前中から代表取締役の松本晃(71)の姿があった。
 店先の商品を見て、「こんなん売れるかいなぁ」。松本は約1時間半、店の様子をずっとうかがっていたが、客は一人も来なかった。「やっぱり現場を見ないと、わかりませんな」
 松本はカルビーの経営再建で知られる「プロ経営者」。ライザップ社長の瀬戸健(40)に口説かれ、6月に代表取締役として招かれた。積極的なM&A(企業合併・買収)で急拡大してきたライザップの実情を見極めようと8月以降、夏休みを返上して買収先の企業を1社ずつ見て回った。…… 本文:1,496文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社

(波聞風問)農漁業振興 地域に料理人ができること 多賀谷克彦(朝日新聞デジタル)

 「お客様を料理で幸せにする。でも、これからの料理人は食文化の担い手として、社会の課題に向き合うことも必要になってきます」
 先日、辻調理師専門学校(辻調、大阪市)の辻芳樹校長(54)の話を聞いた。辻さんは、欧米の食の最前線を知り、和食のユネスコ無形文化遺産の登録にも尽力した。
 若い料理人が向き合う課題とは。納得できる食材を持続的に手に入れるには。食材を育てる農漁業を維持できる地域を残すためには――。自然の恵みを生かして良い料理を提供しつづけることは、社会の課題を解決していくことにつながっていくと、辻さんはいう。…… 本文:1,121文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社

(平成経済)第5部・リーマンの衝撃:12 大変革迫られた中小企業(朝日新聞デジタル)

 存続できるかどうか――。2008年9月のリーマン・ショックは、多くの中小企業を経営難に追い込んだ。会社や社員を守るためにもがき、事業モデルを変えた中小もあった。荒波を乗り越えたいま、新たな課題が忍び寄っている。(神山純一)

 その紙には半年先の春、受注がいまの「5割減」になると記されていた。
 2008年11月、大阪府東大阪市で部品加工を手がける「中農(なかの)製作所」。当時社長だった中農康久会長(71)は、取引先の自動車部品メーカーから届いた発注計画に背筋が凍った。日を追うごとに仕事が減っていく。「このままいけば、会社がつぶれてしまう」
 35人ほどの社員には週5日の出勤を3日にし、給与も4割カットした。…… 本文:2,788文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社

(けいざい+)オランダ、医療×ICT カルテや投薬、ネットワーク化(朝日新聞デジタル)

 高齢化に伴う医療費の増加を抑える対策の一つとして、厚生労働省は個人の医療情報を病院が変わっても確認できる「医療等ID」の2020年度の本格運用を目指している。オランダでは、こうしたICT(情報通信技術)を活用した医療の効率化に先行して取り組み、その動きを加速させている。現状を取材した。

 首都アムステルダムで家庭医をしているバート・メイマンさんの診療所。現代美術の絵画が飾られた診察室でパソコンをみて、「今はこれを通して、病院での検査の結果や薬局での薬に関する情報を見ることができる」と話した。
 オランダの医療制度は家庭医が中心だ。…… 本文:1,403文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社

(けいざい+)熊本の味、原点返り復活 東京進出50年、「桂花」再建に汗(朝日新聞デジタル)

 熊本ラーメンの老舗「桂花(けいか)」が東京に進出して12月で半世紀を迎える。関東に豚骨ラーメンを普及させた有名店だが、競争激化で2010年に経営破綻(はたん)した。いまは同じ熊本を拠点とする「味千(あじせん)ラーメン」傘下で再建を進め、東京と熊本で巻き返しを図っている。
 「周囲の飲食店がどんどん入れ替わる中、変わらないのはうちと寄席の『新宿末広亭』くらい」。東京・新宿の裏通り。東京進出1号店、新宿末広店の店長、浦上裕正(62)は話す。
 熊本市出身。大学生時代、東京に進出した桂花でアルバイトをしていた。大手電機メーカーに就職したものの桂花の味が忘れられず、会社を辞めて社員として桂花に舞い戻ってきた。…… 本文:1,601文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社

膨らむ負債、市場が懸念 武田薬品、株価が今年最安値に(朝日新聞デジタル)

 アイルランドの製薬大手シャイアーは5日(日本時間同日夜)、本社があるダブリンで臨時株主総会を開き、武田薬品工業が同社を買収する提案について、99%超(議決権ベース)の賛成を得て承認した。
 武田も5日の臨時株主総会で同社の買収を提案し、約9割(同)の賛成で承認された。事務手続きが順調に進めば、来月8日にも買収が正式に完了する。
 武田は新薬開発の加速と規模拡大を狙って、昨年からシャイアーの買収を検討。約7兆円(約460億ポンド)で買収することで5月に同社と合意した。買収の成立には株主の同意が要る。シャイアーは4分の3以上、武田は3分の2以上の賛成が必要だった。…… 本文:713文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社

(けいざい+)講師も学べる個別塾 経営ノウハウ伝授、学生が運営(朝日新聞デジタル)

 平均の時給は1050円と決して高くないのに、講師のアルバイトに大学生が続々と集まってくる学習塾がある。なにが学生たちを引きつけているのか。
 首都圏を中心に個別指導塾を247カ所展開する東京個別指導学院。約500人の正社員に対し、アルバイトの大学生講師8500人前後を抱える。在籍する生徒数は約3万人で右肩上がり。会社の業績も好調で、2019年2月期は売上高201億円(前期比4・8%増)、営業利益27億円(同3・6%増)と、7期連続の増収増益を見込む。
 塾講師の時給が2千円を超えることも珍しくないなかで、なぜ学生は東京個別のバイトを選ぶのか。…… 本文:1,486文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社

(波聞風問)巨額報酬 「ゴーン・ショック」で終わらせるな 堀篭俊材(朝日新聞デジタル)

 1人の人間が文化の異なる二つの国の大企業でトップを務めるのは奇跡だが、現実でもある――。日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者が自著で誇った「最も機能する経営形態」は、いまとなっては「砂上の楼閣」だったというしかない。
 ゴーン前会長は、巨額の役員報酬を有価証券報告書に記載していなかったとして逮捕された。疑惑を持たれる役員報酬のひとつに「株価連動型インセンティブ受領権」がある。この制度を導入する会社は欧米でも珍しいという。
 業績向上による株価上昇で報酬が増えるのは、株式を買える権利を役員に与える「ストックオプション」と似ている。…… 本文:1,164文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社

(平成経済)第5部・リーマンの衝撃:11 リーマン一部買収、光と影(朝日新聞デジタル)

 2008年9月のリーマン・ショックの発端となった米金融大手リーマン・ブラザーズの経営破綻(はたん)。国内証券最大手の野村ホールディングス(HD)はこのリーマンの欧州やアジア部門などを買収し、一気に海外を中心とした規模拡大を狙った。それから10年。グループ全体の収益は今も伸び悩んでいる。リーマンの事業買収が野村にもたらした功罪とは。(和気真也)

 インド西部で証券取引所などがある経済の中心都市、ムンバイ。国際空港から車で約1時間、自動車や三輪タクシーでごった返す道を走り、観光地ポワイ湖の脇を抜けたところに野村のインド子会社がある。…… 本文:2,697文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社