鉄スクラップ輸出船、フレート価格が上昇(日刊産業新聞)

 鉄スクラップ輸出船のフレート価格が至近1カ月でトン当たり10ドル前後上昇した。韓国向け輸出船のフレート価格に関しては同30ドル以上の高値で推移している。中国の環境規制強化で雑品船チェックが厳格化されて同国岸壁で滞船が続いているほか、世界的な景気回復で物量が改善し、スクラップ以外の品目でも輸出船の引き合いが増えていることなどが要因とされる。FOB(本船渡し条件)契約の韓国・現代製鉄では自社在庫水準が高いこともあり、フレート高で必要量以上の輸入手当てを敬遠する動きが顕在化しており、鉄スクラップ輸出市場にも影響を与えている。

【関連記事】

ベトナムのポミナスチール、小型高炉を新設 コスト変動対応(日刊産業新聞)

 ベトナム電炉大手のポミナスチールは、ポミナ3(バリア=ブンタウ省)に年間生産能力80万トンの小型高炉を新設する。ポミナ3は電気炉による製鋼のみを行っているが、電力料金の上昇に加えて、足元は電極価格が大幅に値上がりするなど生産コストの変動が激しいことから、小型高炉で生産する溶銑を電気炉で活用することにより、生産コストや原料価格などを見極めながら鉄スクラップと溶銑の使用比率を変えて、柔軟に生産対応することが狙い。「2018年末のテストラン、19年半ばまでにフル稼働を目指す」(チュン・タン・コン取締役)としている。

【関連記事】

ワコースチール、6kWファイバーレーザー導入(日刊産業新聞)

 新日鉄住金グループの厚板加工企業、ワコースチール(本社=千葉県成田市、清水健五社長)は厚板専業の加工体制構築の一環として、新たに6kW(キロワット)ファイバーレーザー1基を導入した。老朽化した5kWCO2レーザーを、日酸TANAKAのファイバーレーザー「FMR2・TF6000」にリプレース、加工能力は約7%高められた。構造改革で薄板事業から撤退、一方で厚板事業を強化、厚板加工の効率化などで生産性を高め、引き続き損益分岐点を引き下げていく。開先、穴開け、溶断を専門工場化、増加する建機部材や鋼製セグメントの加工をにらみ、母材保管スペースの確保など高効率体制を整えた。

【関連記事】

関根床用鋼板、厚物レーザー加工を強化(日刊産業新聞)

 各種鋼板や床用建材二次製品を加工・販売する関根床用鋼板(本社=千葉県浦安市港、関根保彦社長)はこのほど、出力4キロワットのCO2レーザー切断機を導入し、縞鋼板や厚中板などのレーザー加工能力を従来比20%強化した。投資額は1億2000万円。3キロワットの既存機との入れ替えによって、レーザー加工は4キロワットの2基体制に増強。自社のレベラーやシャーリング、ベンダーなどと組み合わせた切断・穴開け・曲げ加工のワンストップサービスに磨きをかける。

【関連記事】

菰下鎔断、新工場棟を建設へ(日刊産業新聞)

 菰下鎔断(本社=大阪府貝塚市、菰下千代美社長)は来年3月末の完成予定で、本社工場の第2工場の南隣に溶断専用の新工場棟を建設する。新工場棟には全長80メートルの定盤を設置し、ファイバーレーザー切断機2基、NCガス溶断機2基を導入。切板能力を拡大し、納期対応のさらなる充実化を進めるとともに、増加している薄物の加工注文にきめ細かく対応するのが狙い。完成後、本社工場の切板能力は現状比約2割増の3300トン程度となる見通し。

【関連記事】

電線5社 全社が実質営業増益 4-9月期(日刊産業新聞)

 国内上場電線メーカー大手5社の2017年4―9月期決算が7日にまとまり、日立金属(電線材料)を除く4社が増収となり、営業利益面でも同社が減益となったものの、調整後営業利益は前年実績を上回り、実質的に全社が営業増益を達成した。各社では情報通信関連などが堅調で、全体の業績を押し上げる。通期ベースではこうした状況から、増益基調を維持する見通しだ。

【関連記事】

コベルコマテ銅管JIS取り消し 被覆銅管メーカー「影響は軽微」(日刊産業新聞)

 コベルコマテリアル銅管(以下KMCT)のJIS認証取り消し問題をめぐって、大手需要家の空調用被覆銅管メーカーは「影響は軽微」とみている。国土交通省仕様において、冷媒用被覆銅管の原管は「JIS規格に規定するものとする」と定められており、JISマーク表示義務はない。また、社内検査でもその規格を満たしていることから、変更はせず出荷を継続する方針だ。

【関連記事】

神戸製鋼 安全性確認470社に拡大(日刊産業新聞)

11/8(水) 11:27配信

日刊産業新聞

 神戸製鋼所は7日、同社グループにおける品質データの改ざん問題に関して、不適合製品を納入した検証対象の顧客525社のうち、470社で安全性の確認が進ちょくしたと発表した。前回報告から27社の増加。アルミ・銅関連以外の製品での変更はなかった。

【関連記事】