1万円以下の夏家電 人気は扇風機とサーキュレーター 売り場直送!家電トレンド便(日経トレンディネット)

 1万円で買えるクール家電の売れ筋を、ジョーシン浦和美園イオンモール店で調査した。今年は梅雨明け後の週末からクール家電の売れ行きが大幅に伸びて、その後も暑さと連動するように勢いを持続しているという。

【関連画像】ジョーシン浦和美園イオンモール店の季節家電コーナー

 同店の篠崎雄太氏は「もともと季節家電はピークがくるころに生産終了するように予定が組まれているものが多く、今年のような猛暑になると店頭から姿を消す時期が早まります。たとえば、携帯する扇風機はもう在庫が少なくなっていて、ランキングに入りませんでした」と語る。

 そのなかで現在売れている製品は以下のとおり。

 この価格帯は扇風機が多いが、トップになったのはサーキュレーターだ。また、4位のDCモータータイプの扇風機、3位の台湾風かき氷器など、付加価値を持つ製品が入っているのも見逃せない。篠崎氏は「ただ買いやすい値段というだけでなく、その機種ならでの機能を求めて買うケースが多いように思います」という。製品ごとの人気の理由は次のページから追っていこう。

※なお、本記事と写真で掲載している価格は、2018年7月17日15:30時点のもの。日々変動しているので、参考程度に見ていただきたい。

サーキュレーターはパワー重視、DC扇風機は静かさ重視

 1位はアイリスオーヤマのサーキュレーター「PCF-KSC151T」。

 サーキュレーターの認知度の高まりから、最近は「扇風機兼用ではなくて、それぞれ専門の道具として個別に買っていく人が増えています」という。そのなかでも比較的高価なPCF-KSC151Tが売れている理由は、ハイパワーにあるそうだ。

 「コンパクトながら、18畳まで適応できる能力を持っています。これ一台をリビングの隅に置いておけば、エアコンとの併用でかなり効率的に空気をかき混ぜられます。店頭で試して、違いを実感したうえで買う人が多いモデルです」

 2位は定番ジャンルの扇風機だ。シャープの5枚羽根モデル「PJ-H3AS」で、人気の理由はプラズマクラスター機能にあるとのこと。送風に加えて消臭や空気浄化、静電気除去などの効果を期待する人が多いという。

 「プラズマクラスターの知名度はかなりのものあります。『せっかくだから、ただの扇風機ではなく、プラスアルファの効果を期待して』という人が多くいます」

 扇風機は4位に山善の「YHX-HGD30」もランクインしている。こちらは省エネ性の高いDCモーターモデルで、温度センサーを搭載しているのが特徴だ。指定した温度を超えると自動で稼働し、涼しくなると自動で停止する。

 「DC扇風機は1万円以下でも複数の製品があります。そのなかでもYHX-HGD30は温度センサー機能で一歩抜きん出ているところが人気です」

 DC扇風機は寝室用に買っていく人が多いそうだ。「DC扇風機は省エネ性も重視される部分ですが、それ以上に質問されることが多いのが風の特徴についてです。ACタイプよりも軟らかい風が起こせるということで、睡眠の妨げにならないところを気に入って選ぶ人が増えています」

【関連記事】

最新コンパクト財布 驚きのカード&小銭の「収納力」 聞いた、試した、すごかった! 最新ビジネスギア情報局(日経トレンディネット)

7/25(水) 6:00配信

日経トレンディネット

 ペーパーレス化が進み、ビジネスバッグは小型化傾向にあることは周知のとおり。それに合わせて、財布もコンパクトなものが人気を得ているという。電子マネーを使う人が増え、コンパクト財布であればポケットインでも邪魔にならないことも人気の理由に挙げられる。

【関連画像】上下2段に分かれたカードポケットに計13枚のカードを収納可能

 そこで、使いやすさ・デザイン・ブランドバリューを網羅した、注目すべきコンパクト財布を5つ厳選して紹介する。いずれも札・小銭・カードを収納できるオールインワン仕様のため、セカンド財布はもちろんのこと、メイン財布としても活躍するはずだ。やっぱり夏は手ぶらで出かけたい!

※価格は全て希望小売価格。

●カードサイズなのに収納力抜群

 自社工房で革小物を手がける池之端銀革店のオリジナルブランド「クランプ」のコンパクト財布。一般的なカードケースと同等のサイズながらオールインワン収納を実現している。

 財布を開くとカードポケットが上下に2段現れ、上段にプラスチック製カードを9枚、下段に2枚まで収納できる。なんと計11枚のカードが入り、そしてカードを収納しても厚みがほとんど変わらないというから驚きだ。電子マネーやクレジットカードから、免許証、診察券、よく使うポイントカードまで入れられる。これほど多くのカードを収納できるコンパクト財布は少ない。

 お札を畳まずに入れられる点もうれしい。留め具付近の革で札を挟む作りにも注目したい。サイズをできるだけ小さくするとともに、札の落下を防ぐ秀逸な設計となっている。また、札入れにはかぶせもあり、札と領収証の仕切りや隠しポケットの役割を果たす。

 コインポケットは財布の外装(背面)にあり、財布を開く手間がないので使いやすい。スペースが小さいと感じるかもしれないが、レストランのウェイターが持っているギャルソン財布に見られる4辺が大きく開く構造なので、見た目以上に収納力があり、素早く小銭を出し入れできる。

 革には、自然なシボが特徴のイタリア産シュリンクレザーを使用。オイルをたっぷりと含んでおり、しなやかでしっとりとした質感を持つ。表面の傷が目立ちにくく、使うほどに光沢を増していくエイジングも楽しめる。

【関連記事】

レコードプレーヤーにBluetoothが付くと超快適だった 湯浅の穴(日経トレンディネット)

 演奏活動でメシを食っていたこともある、音楽とITにはちょっとうるさいライターの湯浅英夫氏が、自分がハマった物について、そのハマった穴を解説していく。

【関連画像】TEACの「TN-400BT」。USBポートやBluetooth機能を搭載。フォノイコライザー内蔵でオーディオテクニカ製のVM型カートリッジが付属。実売価格は5万2000円前後

 アナログレコードがはやっているためか、家電量販店のオーディオコーナーに行くと、安いものから高級機までたくさんのレコードプレーヤーが並んでいる。

 アナログレコード(LP)なら自宅にもある。そのほとんどは、アナログレコードからCDに切り替わるころに二束三文で叩き売りされていた中古レコードを買い集めたものだ。CDの方が音がクリアで場所を取らず、聴くための手間もかからないことは分かっていたが、CDを1枚買うくらいならそのお金で中古LPを10枚買うことを選んでいた。

 それだけいろいろな音楽を聴きたかったわけだが、そのツケとして数百枚のLPが今でも自宅の一角を占拠し続けている。長年見て見ぬフリをしてきたが、さすがに邪魔だしもったいないので、聴こうと思ってレコードプレーヤーを引っ張りだしてみたら、いつの間にか故障していたらしく、動かなかった。時の流れを感じてしまう瞬間だ。

 そこで新しいプレーヤーを探してみると、最近はUSBポートやBluetooth機能を搭載した面白そうな製品が増えていることに気がついた。こうした多機能な製品で、なるべく音がよさそうなものをと探して目を付けたのが、TEACの「TN-400BT」だ。

レコードプレーヤーにUSBやBluetoothがあると何がいいのか?

 レコードプレーヤーにUSBポートが付いていると、パソコンと接続してアナログレコードの音をデジタル化して保存できる。デジタル化してしまえば、あとはMP3ファイルにしてスマートフォンに入れて聴くのも自由だ。以前ならレコードプレーヤーからUSBオーディオインターフェースに入力し(場合によってはフォノイコライザーも必要だ)、そこからパソコンに接続してデジタル化していたが、そうした機能を内蔵したものと言える。こうしたUSBポートつきの製品はたくさんあり、1万円前後のものもある。

 そしてBluetooth機能が付いたレコードプレーヤーなら、アナログレコードの音をBluetooth接続のワイヤレススピーカーやヘッドホンなどで聴ける。かつてFMトランスミッター搭載でFMラジオで音を聴けるレコードプレーヤーがあったが、それに近い。防水仕様のBluetoothスピーカーを使えばレコードを風呂場で聴くこともできるわけだ。

●アナログレコードは面倒くさいから面白い

 箱から取り出したらまずはセッティングだ。マニュアルの指示に従ってプラッター(レコードを載せて回す円盤)を取り付けてゴムベルトをプーリーにひっかけたり、トーンアームにおもりやヘッドを取り付けて調整したり、針圧を調整したりする。面倒くさい。

 セッティングが終わり、レコードを載せ、回転つまみをひねり、針をそっと載せてみると……「ジッ」というノイズに続いて音楽が聴こえてきた。何だかこれまでの苦労が報われたようでちょっと感動してしまう。

 そしてA面が終わったら針を上げて戻し、B面にしてからまた針を載せる。するとまた「ジッ」というノイズに続いて音楽が聴こえてくる。すでにCDでも所有しているアルバムなので音楽自体は聴き慣れているのに、こうしてアナログレコードで手間をかけて聴くと、妙に新鮮でありがたい音に聴こえてくるから不思議だ。

 TN-400BTを使って久しぶりにアナログレコードを聴きまくってみたが、セッティングに手間がかかるだけでなく、聴くときもいちいちレコードをひっくり返したり針を載せたり上げたりしなくてはならない。

 しかしこの音楽を聴くための儀式のような一連の作業が、面倒くさくも面白い。大きく見栄えのするジャケットや、CDとは違う滑らかさと厚みのある音も魅力だが、こうした聴くために必要な作業の面白さも、最近のアナログレコード人気の要因のひとつではないかと思う。

【関連記事】

イケア副社長が語る、デザインのキモとなる5つの要素(日経トレンディネット)

 「グローバルビジネスサポート 2018」のキーノートスピーチでは、イケア・ジャパン副社長のカロリーナ・ガルシア・ゴメス氏による「イケアが語る、デモクラティックデザインのグローバル戦略」と題した講演が行われた。

【関連画像】2002年に発売したじょうろの「IKEA PS 2002」を紹介する、イケア・ジャパン副社長のカロリーナ・ガルシア・ゴメス氏

 ゴメス氏は冒頭で2002年に発売した“じょうろ”の「IKEA PS 2002」をデモクラティックデザインの象徴的な製品として紹介。「今までの伝統的なじょうろにないものを開発したいと考えた」と話す。

●「持続可能性」に対するIKEAの考え

 デザイン性は重要なため、シンプルなラインで、スタイリッシュでカラフルなものを目指した。水やりだけでなく、ウォータージャグなどにも使えるなど、機能性も必要だという。手に取ったときには品質の高さが重要になり、デザイン開発においては耐久性も求められる。そこでプラスチックを採用することにしたが、「サステナビリティー(持続可能性)を考えて、リサイクルされたポリプロピレンを採用した」とゴメス氏は語る。

 サステナビリティーの面では、一度でより多くの製品を配送することで輸送コストを抑えるだけでなく、輸送時のCO2排出を抑えるため、積み重ねが可能なデザインにした。さらにもう1つ重要な点として、IKEA PS 2002は1個149円で販売しており、誰にでも手に入る低価格であること。それがデモクラティックデザインだとゴメス氏は解説した。

 ゴメス氏はデモクラティックデザインの重要な要素として「形」「機能性」「品質」「サステナビリティー」「低価格」の5つを挙げた。

 1つめの「形」においては、美しさだけでなく家庭生活を向上するものではなければならない。また、その商品とどのように情緒的なつながりを持てるかも重要になるという。

 2つめの「機能性」については、単に機能性が高いだけでなく、素晴らしいデザインによって生活を楽にするかが求められるとゴメス氏は語った。

 3つめの「品質」については、長期間美しさを保てること。壊れるのではないかと心配せずにリラックスして使えるものが信頼できる製品とのことだ。

 ゴメス氏は4つめの「サステナビリティー」について特に強調した。人々の生活を向上させるために責任を持ち、地球やそこに住む人々によりよい影響を与えるためにはどうすればいいのか。ゴメス氏は廃棄されるガラスを再度溶かして作った花瓶、再生可能な木材やリサイクルしたプラスチックで作ったイスを紹介した。

 5つめの「低価格」についても、サプライチェーンや包装などを常に見直すことで効率を上げてコストを下げ、価格を下げる努力を続けているという。

 ゴメス氏は「最も難しいのは、デザイナーもデベロッパーもエンジニアも、これらすべてを同時に実現しなければならないことだ」と語った。

(取材・文/安蔵靖志)

英語が「聞き取れない」理由とその最短克服法 安河内哲也のやっぱり英語を話したい!(日経トレンディネット)

7/22(日) 6:00配信

日経トレンディネット

子どもたちが、「話せる」をマスターしようとし始めている今、大人たちも負けてはいられません。けれど大人たちには“強み”があります。中学英語をすでに学んでいることです。あとはそれをどう生かすか。そこで今回は実践編。中学英語だけを使って耳を鍛え、口を動かして、英語アレルギーを払拭。「あ、聞けてる」「あ、話せてる」を少しでも早く実感する“コツ”を伝授します。

●やり方次第で何歳からでも英語マスターは可能

 本題に入る前に、一つ。読者の方のなかには、「この年齢から英語をやり直して、本当に英語が聞けて話せるようになるのかな」と疑問を持っている人がいらっしゃるかと思います。それに関しては、心配ご無用です。

 もちろん、50歳からプロ野球選手やプロゴルファーを目指すのが難しいように、同時通訳者や翻訳家になるのは、ハードルが高いかもしれません。また、「字幕なしで映画の会話が全部分かる」というのも、50歳を過ぎて大リーガーになりたい、と思うくらいハードルが高いものです。

 けれど、字幕なしであらすじが分かる、辞書なしで外国人と会話ができる、訪日外国人を英語でもてなせる、会議で自分の専門分野の発表ができるくらいのレベルなら、なんとかマスターできます。つまり、プロゴルファーは無理でも、会社のゴルフコンペに出られるくらいの力は何歳からでもつけられるということ。実際、私は40歳を過ぎてから韓国語を学び始めましたが、今では韓国語で会話ができるようになりました。だから、みなさんも大丈夫。

 問題は、そのやり方です。

 「英語の勉強をやり直そう」とするとき、「さあ、やるぞ!」と気合を入れて、図書館など静かな場所にこもっていませんか。そもそもそれがダメ。口を動かさずに解説を読んでいるだけでは英語は身につきません。ピアノを弾けるようになりたい人が、楽譜の理論を読んで、楽譜の問題集を解いても、ピアノが弾けるようにならないのと同じです。ピアノがうまくなりたいなら、上手な人が弾くピアノを聴いて、鍵盤で指を動かして、何度も何度も繰り返し練習するしかないのはご存じのはず。英語も同じです。

 英語は耳と口で覚えるもの。ですから、図書館は英語を勉強するにはあまり向いていない場所。声を出して勉強できるところで勉強しましょう。では、どうするか。まずは聞きましょう。ネイティブの英語を耳で何度も聞きます。次に同じ文章が英文で書かれた本を開き、耳で聞きながら、本の文字を追う。それを何度も繰り返します。

 次は本の文字を追いながら、ネイティブの声をまねします。ジェスチャーをつけたりするのもいいですね。感情も込めてみましょう。ピアノの練習と同じように、まず、英語の上手な人=ネイティブの声を浴びるほど聞き、それと同じように声に出して話してみる。これを繰り返します。

【関連記事】

故人の携帯電話の契約をスムーズに解約する方法 知らずに死ねるか! デジタル終活のすすめ(日経トレンディネット)

7/21(土) 6:00配信

日経トレンディネット

自分がもし死んだら、家族がもし亡くなったら、そのパソコンやスマホのデータ、ネット銀行やSNSのようなオンラインサービスのデータなど、残されたデジタルデータはどうなってしまうのか? どんな備えをしておくべきなのか? そんな「デジタル終活」について、デジタル遺品研究会ルクシー代表理事の古田雄介氏が解説していく。

【関連画像】

 都内で暮らす50代の男性・Aさんから、相談というより愚痴を聞いた。

 北関東で一人暮らししていた兄が急死し、実働できる唯一の血縁者ということで、喪主から遺品整理まで一手に引き受けたという。それほど密な間柄ではなかったもののたまに連絡を取ってはいたし、ある程度の蓄えもあったので、作業はまずまず順調に進んだ。

 そのなかで唯一難儀したのが、携帯電話の解約手続きだったとか。端末の型番を調べ、取り扱うキャリアショップに相談に行ったが、「本人でないと解約できない」とけんもほろろに断られたそうだ。必死に事情を説明し続けると理解してくれたが、今度は兄の死を証明する書類等を持ってこなかったことに気づく。仕方なく、その日は必要書類を確認してショップを後にした。

 そして、翌週末に書類を揃えてもう一度キャリアショップで整理券を持って並んだところ、その日の担当スタッフにも「本人でないと解約できない」と言われて、思わず声を荒げてしまったとか。その後事情を話し続け、上長が出てきてようやく解約手続きができたそうだ。

 この手の話はしばしば聞く。契約者が亡くなった後の契約解除の方法についてはどのキャリアもしっかりとルールを定めているが、そこまで頻ぱんにあるケースではないこともあり、窓口で事がスムーズに進まないことが往々にしてあるようだ。

 しかも、週末のキャリアショップは混み合うことが多い。仕事などで遺産整理に週末しか使えない場合は長時間待たされることもあり、余計に苦労することなってしまう……。

※紹介する事例はプライバシーを保護するために、本筋を損ねない範囲で脚色を加えています。

【関連記事】

空気清浄機とテレビの“賞味期限” 除湿機は使い倒す 突然の買い替えでも安心! 白物家電の買い方・選び方(日経トレンディネット)

7/19(木) 6:00配信

日経トレンディネット

 冷蔵庫や洗濯機などのように、多くの人が利用しているのが、空気清浄機や加湿器、除湿機などの快適空間家電だろう。特に花粉症の季節、梅雨時、乾燥する冬にはこれらがあると助かる。やはり、壊れる前に買い替えどきのポイントを知りたいものだ。エアコン(関連記事「エアコンの賞味期限、買い替え時のポイントは?」)、冷蔵庫・洗濯機・掃除機(関連記事「冷蔵庫・洗濯機・掃除機の“賞味期限” サインは異音」)、に引き続き、今回は、空気清浄機・加湿器・除湿機とテレビの“賞味期限”を紹介する。

【関連画像】空気清浄機とテレビの“賞味期限” 除湿機は使い倒す

●空気清浄機、加湿器は“カビ”がポイント

 大手メーカーの最近の空気清浄機は「10年間フィルター交換不要」などをうたっており、プレフィルターなどのメンテナンスをしっかりしておけば、動いている間は使い続けられる。しかし、空気中のホコリや菌などをファンで引き寄せて吸着するため、ファンはしっかりメンテナンスをしていないとホコリまみれになったり、汚れが取れなくなったりしてしまう。ここが要注意ポイントだ。

 取扱説明書の通りにメンテナンスしてもカビ臭さが気になる場合は、買い替えどきと考えていいだろう。

 加湿器や加湿空気清浄機の場合、本体内に水タンクや加湿トレーなどがあり、そこに雑菌がわいたり、カルキ成分が付着する場合がある。

 特に超音波式加湿器は、トレー内の水を入れっぱなしにしておくと、雑菌が増殖する。そしてそのまま空気中に放出してしまうため、清潔を保っていないと危険だ。カルキ成分ならクエン酸で洗浄する方法もあるが、洗浄しても汚れが気になる場合は買い替えをお勧めしたい。

 気化式やスチーム式の加湿器、加湿空気清浄機の場合、超音波式ほど神経質にならなくても大丈夫だが、加湿フィルターなどはカビが繁殖してしまう場合もある。メンテナンスしても汚れが取れない場合はフィルターを交換するか、買い替えを検討するといいだろう。

【関連記事】

SNSはスパイのように人知れず「見る専」が安心 お騒がせSNS時代のサバイブ術(日経トレンディネット)

7/18(水) 5:00配信

日経トレンディネット

若い女性でも約半数は「見る専」

 サッカーのFIFAワールドカップロシア大会、盛り上がっていますね。既に日本は大会を去りましたが、まだまだ夜中の観戦で寝不足の人も多いのではないでしょうか。SNSでも感想や意見を交わしながら盛り上がる風景をたくさん見かけました。一方、朝起きたら結果がシェアされていてショック! という人もいたかもしれませんね。

【関連画像】設定の「友だち」で「友だち自動追加」と「友だちへの追加を許可」をオフにする

 このように楽しい半面、面倒なことも多いSNS。特に自分から発信したいことはないけれど、アカウントを作り、友達の投稿を見ているだけの「見る専(見る専門)」の人も多いでしょう。

 実は若い女性でも「見る専」の人が多いという調査が出ています。トレンダーズが2017年6月に発表した調査では、20~30代女性の約半数が「見る専クラスタ」であると定義しています。具体的には、Twitterで46%、Facebookで77%、Instagramで52%の女性が、閲覧頻度が週に1回以上、発信頻度は月に1回以下と、閲覧をメインに利用しています。

 発信しない理由は、1位「不特定多数が見るかもしれないSNSでプライベートな情報を発信することに抵抗があるから」(44%)、2位「発信する情報が特にないから」(40%)とのこと。SNSを利用している人なら誰もが心当たりのある理由だと思いますが、SNSを使いこなしている若い女性でも「発信」に抵抗を感じる人がいるとは少し意外ですね。

 彼女たちに限らず、SNSを情報収集のツールとして使っている人は多いですよね。しかし、アカウントを作ると何種類ものSNSで知り合いとつながる事態に陥ってしまいます。Facebook、Twitter、LINE、Instagramの4大SNSだけでなく、ビジネスツールではEightやLinkedInといったSNS機能を持つサービスもあります。ネット上ですが、がんじがらめです。

 そこで、「情報収集はしたいけど、うっとうしくなるのは憂うつ……」という方に、なるべくこっそりとSNSを使う方法を伝授しましょう。前提として「そのSNSをやっていない」、もしくは「ほとんど使っていない」とあちこちで公言することが大切です。その上で、なるべく人とつながらずに済むような設定や使い方を説明します。

【関連記事】

あの“厚底ランニングシューズ”の感覚が手軽に?(日経トレンディネット)

7/17(火) 5:00配信

日経トレンディネット

 入手困難な“厚底ランニングシューズ”の感覚が手軽に取り入れられる――。ナイキは新たなランニングシューズ「ナイキ ズーム ペガサス ターボ」(以下、ペガサスターボ)を2018年8月2日に発売する。

【関連画像】2018年8月2日に発売される「ナイキ ズーム ペガサス ターボ」(税込み1万9440円)

 ペガサスターボは、ランニング界を席巻している厚底ランニングシューズ「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」(以下、ヴェイパーフライ4%)と同じ「ナイキ ズームX フォーム」のミッドソールと流線型のかかとを採用しているのが特徴。

 このフォームによって、軽さと高いエネルギーリターン率の両方が得られるという。実際に履いてみると、安定性とクッション性の高さで足がスムーズに動くうえ、前への推進力も適度に感じた。

 ヴェイパーフライ4%との違いは、ヴェイパーフライ4%のソール全面に内蔵されている、曲線状のカーボンファイバープレートを搭載していないこと。このプレートは高い推進力を生み出す半面、相応の筋力などが求められる。ペガサスターボはそのプレートを搭載しないことで、より長い距離をリラックスして走れるというわけだ。

(文/山下奉仁=日経トレンディネット)

【関連記事】

「ビストロ」のワンボウル調理で時短 豚のスペアリブも香ばしい焼き上がり! おいしいキッチン家電徹底調査(日経トレンディネット)

7/15(日) 5:00配信

日経トレンディネット

時短機能が充実したオーブンレンジ

 まず機能面から見ていこう。さまざまな機能を搭載するスチームオーブンレンジだが、最も使用頻度の高い機能は冷凍品の解凍やお総菜の温めに使う電子レンジ機能だ。つまり調理機能がいくら優秀でも電子レンジ機能が使えなくては意味がない。

 ビストロは電子レンジ機能についても非常に優れている。レンジ加熱に使うマイクロ波は庫内の底に設置したアンテナから放出される仕組みだが、ビストロではこれを螺旋状に放出するサイクロンウェーブ加熱を採用している。

 一般的に電子レンジによる加熱では、食材を周辺部から加熱するため、周りは熱いが内部はまだ冷たいといった温めムラが発生しやすい。しかしサイクロンウェーブ加熱では、食材の内部を狙って加熱するため、温めムラが発生しにくいのだ。さらに「高精細・64眼スピードセンサー」を搭載しており、庫内の温度や食材の分量などを素早く測定できるのも、電子レンジ機能の使いやすさにつながっている。

 ビストロ最大の特徴といえるのが強力なグリル機能。庫内天井に配置したヒーターにより、食材を焼く機能のことだ。通常のオーブンレンジでは、高温の「対流熱」を循環させて食材を焼いている。これをオーブン加熱と呼ぶ。

 それに対してビストロは、ヒーターから照射される直接的な熱、「輻射熱」によって焼き上げる(グリル加熱)。オーブン加熱と比べると素早く食材を焼けるため、それが時短調理につながっている。もちろん、ビストロにもオーブン機能は搭載されているが、食材やメニューによってグリル加熱とオーブン加熱が使い分けられる。つまり、パナソニックのビストロは電子レンジ機能とグリル機能が特に優れたスチームオーブンレンジだといえそうだ。

【関連記事】