「動物たちに餌代を」 鉄道ファンも巻き込みクラウドファンディング、大阪・みさき公園 – 産経ニュース

 遊園地と動物園を併設する「みさき公園」(大阪府岬町)が、動物の餌代などをまかなうため、インターネット上で個人から寄付を募るクラウドファンディング(CF)を導入。目標を大きく上回る支援金を集めた。ただ、これで買える餌の量は限られたもの。同園を運営する南海電気鉄道には、資金集め以外にも狙いがあるという。(阿部佐知子)

想定以上の202人

 みさき公園は開園60年を迎えた今年4月、運営資金として一口3千~5万円の支援を募った。応募した人は1年間、「動物サポーター」となり、金額に応じたプレゼントや特典を受けられる。

 3千円なら入園券やオリジナル缶バッジを贈り、3万円だと好きな動物の獣舎に名前を掲示、5万円では南海電車に装着されていた、みさき公園開園60周年記念のヘッドマークをプレゼント、といった内容だ。

 募集開始約3カ月で202人から、当初目標の100万円を大きく上回る160万3千円が集まった。5万円のプランは、鉄道ファンの注目も集め初日に“完売”する人気だった。

効率的に寄付

 天王寺動物園(大阪市)や京都市動物園(京都市)、王子動物園(神戸市)なども個人から寄付を募っているが、成果は微妙。年間入場者数で、みさき公園(約35万人)を大きく上回る天王寺動物園(約173万人)でも、個人からの寄付は年間約400万円にとどまる。

動物にプレゼント、実は以前から…真の狙いは

クラウドファンディング(英語:Crowdfunding)とは
ある目的、志などのため不特定多数の人から資金を集める行為、またそのためのネットサービスのこと。大衆(crowd)と財政的支援(funding)を組み合わせた造語であり、ソーシャルファンディングとも呼ばれる。クラウドファンディングの実施者は、インターネットを利用して不特定多数の人々に比較的低額の資金提供を呼びかけ、必要とする金額が集まった時点でプロジェクトを実行する。
米国では2008年に創設された「Kickstarter」が有名であり、12年7月3日までに6200のプロジェクトが参加、合計2億2900万ドルの資金調達に成功している。日本では「CAMPFIRE」や「READYFOR?」を代表とし、映画系・ファッション系・アート系・地域活性化系など、ジャンルを特化したサイトも多数登場している。
  • Recent Posts

  • Related Posts

    Yuzo - Related Posts

    コメントを残す