ご当地グルメで郷土愛 若楠小、給食にシシリアンライス – 佐賀新聞

 ご当地グルメの魅力を伝え郷土愛を深めてもらおうと、佐賀市のご当地グルメ「シシリアンライス」を広めるキャラクター「シシリアンナちゃん」が14日、佐賀市の若楠小の給食時間に現れ各教室を練り歩いた。

 シシリアンライスで町おこしの活動をしている市民団体「佐賀市はシシリアンライスdeどっとこむ」の呼び掛けで昨年から始まった。頭が大きいシシリアンナちゃんは教室に入れなかったが児童たちから「アンナちゃーん」と呼び掛けられると廊下から児童たちに手を振った。

 この日は全校児童351人分のシシリアンライスが給食で出された。児童らは、県産米の上に佐賀で採れたタマネギやキュウリ、アスパラガスなどの野菜を盛り付け、口いっぱいに頬張っていた。3年生の金嶽龍紀さん(8)は「きょうの給食が楽しみでお肉がおいしかった。アンナちゃんはかわいかった」と笑顔を見せた。

 同団体代表の中島丈晴さん(43)は「子どもたちに郷土愛を持ってもらい県外にも佐賀の魅力を発信するきっかけになれば」と話した。同団体は今年11月に兵庫県で開かれるご当地グルメを集めたイベントで広くPRする予定。

「地域おこし」や「地域活性化」とは、地域(地方)が、経済力や人々の意欲を(再び)向上させたり、人口を維持したり(再び)増やしたりするために行う諸活動のことである。
「地域興し」と表現する場合は、地域の住民や団体(商工会・農協・漁協など)の主体性が強調される傾向がある。「地域づくり」も同様である。いずれも語感の固さを避けるため、「地域おこし」のように「地域」以外はひらがな表記されることが比較的多い。なお、住みよい地域を形成するための諸活動は「まちづくり」と呼ばれることがあるが、「地域おこし」「地域活性化」などとは若干異なったニュアンスで使われることが多い。
町(街)の場合は特に「町おこし」、「街おこし」、「まちおこし」とも呼ばれ、村の場合は「村おこし」とも呼ばれる。
英語圏では「vitalization」や「revitalization」などの用語を用いて表現されることが一般的である。
  • Recent Posts

  • Yuzo - Related Posts

    コメントを残す