瀬戸内の心結ぶ“のろし” 香川~岡山~兵庫でリレー – 47NEWS

 同じ時間帯に離れた場所でのろしを上げ、地域間のつながりを深めるイベント「見ぬ友と心結ぶのろしリレー」が15日、全国約100カ所で行われた。香川、岡山、兵庫の「東瀬戸内エリア」では、小豆島など計16カ所で住民がのろしを上げ、友情の輪を広げた。

 イベントは、広島市のまちおこし団体が2014年から毎年行っている。東瀬戸内では、趣旨に賛同した有志らの呼び掛けで15年に初参加。3回目の今年は、県内4市2町の14カ所と小豆島の対岸の牛窓(岡山県瀬戸内市)、赤穂(兵庫県赤穂市)で実施した。

 小豆島北西部の香川県土庄町屋形崎地区では、午前10時すぎ、地元住民がドラム…[記事全文]

「地域おこし」や「地域活性化」とは、地域(地方)が、経済力や人々の意欲を(再び)向上させたり、人口を維持したり(再び)増やしたりするために行う諸活動のことである。
「地域興し」と表現する場合は、地域の住民や団体(商工会・農協・漁協など)の主体性が強調される傾向がある。「地域づくり」も同様である。いずれも語感の固さを避けるため、「地域おこし」のように「地域」以外はひらがな表記されることが比較的多い。なお、住みよい地域を形成するための諸活動は「まちづくり」と呼ばれることがあるが、「地域おこし」「地域活性化」などとは若干異なったニュアンスで使われることが多い。
町(街)の場合は特に「町おこし」、「街おこし」、「まちおこし」とも呼ばれ、村の場合は「村おこし」とも呼ばれる。
英語圏では「vitalization」や「revitalization」などの用語を用いて表現されることが一般的である。
  • Recent Posts

  • Related Posts

    Yuzo - Related Posts

    コメントを残す