駐日米大使にハガティ氏承認 投資で要求拡大も – 日本経済新聞

 【ワシントン=永沢毅】米上院本会議は13日、次期駐日大使に実業家ウィリアム・ハガティ氏(57)を充てる人事を承認した。日本企業の米国誘致に取り組むなど豊富なビジネス経験を持ち、日本に3年駐在したこともある知日派。トランプ政権がめざす対米投資の拡大や貿易赤字の縮小に向け、日本に厳しい要求を突きつける場面も予想される。

 ハガティ氏は来月中にも着任する。トランプ氏が共和党候補の指名を獲得した昨年7月に…

Yuzo - Related Posts

コメントを残す