栽培から体験できる「そばオーナー」募集 7日まで、長生村 – 東京新聞

そば打ち体験をするオーナーら=昨年12月、長生村で

写真

 長生村は、耕作放棄地対策として、そばの栽培からそば打ちまで体験できる「ながいきそばオーナー」を七日まで募集している。会費は一口一万円(一口二人まで)。

 オーナーになれば、八月六日の種まき、十月二十二日の収穫、十二月二日または三日に開催するそば打ち体験といった、全てのイベントに参加できる。会場は同村役場に隣接した畑で、畑の作業は毎回、午前十時〜午後一時。

 オーナー募集は二〇一三年度から始めて五回目。村の担当者は「九月中旬以降は、そば畑が白い花で埋め尽くされて癒やしの景観になる。オーナー制度で長生村の農業を知るきっかけになってほしい」と話す。問い合わせは同村産業課=電0475(32)2114=へ。 (黒籔香織)

この記事を印刷する

Yuzo - Related Posts

コメントを残す