“きみわた”キャラ登場 倉吉の電器店「元気を発信」 | 日本海新聞 Net … – 日本海新聞

2017年6月20日

 鳥取県中部の魅力を“ご当地萌(も)えキャラ”を通して発信していく「きみわた~君と私と想(おも)い街~」のキャラクターが、倉吉市河北町の100満ボルト倉吉本店の壁面に登場。白壁土蔵をバックに描かれたキャラが、買い物客らの目を楽しませている。

 イラストは同店の正面出入り口を挟んだ左右のガラス面に、高さ約2メートル幅約10メートルにわたって展開。「地域に根ざした特徴ある店舗づくり」を目指し、ご当地キャラとのコラボでまちおこしに一役買おうと、大規模リニューアルを機に施した。

 同店を経営するいとう電器本店の吉川秀司社長は「鳥取中部地震発生時から地元電器店として何かできればと考えていた。“きみわた”を通して元気を発信できればうれしい」と話す。出入り口付近では“きみわた”の聖地巡礼マップとコラボ記念のポストカードを無料配布している。

「地域おこし」や「地域活性化」とは、地域(地方)が、経済力や人々の意欲を(再び)向上させたり、人口を維持したり(再び)増やしたりするために行う諸活動のことである。
「地域興し」と表現する場合は、地域の住民や団体(商工会・農協・漁協など)の主体性が強調される傾向がある。「地域づくり」も同様である。いずれも語感の固さを避けるため、「地域おこし」のように「地域」以外はひらがな表記されることが比較的多い。なお、住みよい地域を形成するための諸活動は「まちづくり」と呼ばれることがあるが、「地域おこし」「地域活性化」などとは若干異なったニュアンスで使われることが多い。
町(街)の場合は特に「町おこし」、「街おこし」、「まちおこし」とも呼ばれ、村の場合は「村おこし」とも呼ばれる。
英語圏では「vitalization」や「revitalization」などの用語を用いて表現されることが一般的である。
  • Recent Posts

  • Related Posts

    Yuzo - Related Posts

    コメントを残す