公務員だけのサーフィン大会 10月に宮崎で初開催 東京五輪の代表出る … – 産経ニュース

 宮崎市で10月、公務員だけでサーフィンの腕を競う全国大会が初めて開かれる。行政に携わる公務員同士のネットワークを育んでサーフィンがしやすい海辺の環境を全国で整え、2020年東京五輪の追加種目にも決まったサーフィンを盛り上げる狙いだ。

 宮崎県内では近年、波乗りに適した海をPRした町おこしが盛ん。「サーフィンの宮崎」としての知名度アップも図ろうと、宮崎県庁や宮崎市役所などに勤める愛好者が企画した。

 県内有数のサーフスポットとして知られる木崎浜で、10月21日から2日間にわたり開催。「全国自治体サーフィン選手権大会」の公式ホームページで8月31日までエントリーできる。

 大会実行委員会の委員で宮崎市観光戦略課職員の臼本隼也さん(36)は「260人の参加が目標。全国の公務員の皆さん、“良い波”をご用意してお待ちしています」と話している。


「地域おこし」や「地域活性化」とは、地域(地方)が、経済力や人々の意欲を(再び)向上させたり、人口を維持したり(再び)増やしたりするために行う諸活動のことである。
「地域興し」と表現する場合は、地域の住民や団体(商工会・農協・漁協など)の主体性が強調される傾向がある。「地域づくり」も同様である。いずれも語感の固さを避けるため、「地域おこし」のように「地域」以外はひらがな表記されることが比較的多い。なお、住みよい地域を形成するための諸活動は「まちづくり」と呼ばれることがあるが、「地域おこし」「地域活性化」などとは若干異なったニュアンスで使われることが多い。
町(街)の場合は特に「町おこし」、「街おこし」、「まちおこし」とも呼ばれ、村の場合は「村おこし」とも呼ばれる。
英語圏では「vitalization」や「revitalization」などの用語を用いて表現されることが一般的である。
  • Recent Posts

  • Related Posts

    Yuzo - Related Posts

    コメントを残す