シャリシャリであま~い!鳥取県産スイカ 全国へ出荷スタート! – るるぶNEWS

シャリシャリであま~い!鳥取県産スイカ♪ 全国へ出荷スタート!

暑くなってくると食べたくなるスイカ! 有名な産地として熊本などがありますが、実は鳥取県も全国4位の出荷量を誇る産地なんです。今回とっとり観光大使の倉本さんと鳥取県東京本部の方がその特長とおいしい食べ方を伝えにご来社くださいました!

栽培に適した土壌と気候で大玉の甘いスイカが生まれます

栽培に適した土壌と気候で大玉の甘いスイカが生まれます

鳥取県の大山山麓の旧大栄町(現・北栄町)周辺の黒ぼく地帯では、火山灰層で水はけのよい土壌と、栽培時の降水量の少なさから、例年甘い大玉スイカが収穫されるそう。出荷前の5月末に行われた、鳥取すいか査定会では、昨年は糖度11.7度だったところ、天候にも恵まれた今年はなんと12.3度とさらに甘くなっているそうですよ!

鳥取すいかの特徴は

鳥取すいかの特徴は

「大玉のスイカって甘いのかな?」って思うことありませんか? 鳥取すいかは青果市場で糖度を測定し、11度以上のものしか出荷されないので甘さは保証済み! さらにシャリシャリとした独特な食感がスイカのおいしさを倍増させてくれます。またスイカにはリコピンやカロテンといった栄養素も豊富。特にリコピンはトマト以上!! 塩を振って食べれば熱中症対策にも役立つそうですよ♪

「とっとり・おかやま新橋館」では販売やスイカを使ったメニューも!

「とっとり・おかやま新橋館」では販売やスイカを使ったメニューも!

東京・新橋にあるアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」でも鳥取すいかの販売がスタート。カットスイカはもちろん、3Lサイズの大玉も販売。これを機に鳥取すいかのおいしさを体感してみて!

さらに「とっとり・おかやま新橋館」に併設されているレストラン「ももてなし家」ではスイカを使ったメニューを限定発売中! インスタジェニックな「スイカのピザ」からパフェやカクテルまで、鳥取すいかのおいしさを余すことなく味わえる、ここだけの期間限定メニューは要チェックです!

■「スイカパフェ」1080円 白バラソフトクリームや白バラヨーグルトムースとのコラボは絶妙な味わい(14:30~のカフェタイムで提供)

■カクテル各850円~ アングリアとはイタリア語で「スイカ」のこと。スイカの香りと甘みを活かしたカクテルが登場。ノンアルコールでの提供もOKなので、大人から子供まで楽しめます!手前から時計回りに、鳥取県の鷹勇を入れた日本酒のカクテル「ジャポーネアングリア」、ソルティードックにスイカの甘みをプラスした「ソルティーアングリア」、人気のジンビームにスイカを入れた「ビームトニックアングリア」。

アルコール度数低めの「フローズンアングリア」950円は牛乳入りでまろやかな味わい。

■「スイカのピザ~大山ハムとチーズ~」1080円 生のスイカをピザに仕立てて大山ハムとチーズをトッピング!まさにSNSウケしそうな、インパクト大な一品♪ 生ハムやチーズの塩気とスイカがベストマッチ!見た目だけではなく味もおすすめだそうですよ! これはぜひ食べてみたくなりました♪

カクテルとスイカピザは17:00~のディナータイムのみの提供

いかがですか?この夏はぜひ産地をチェックしてスイカ選びしてみてくださいね! もちろん産地、鳥取にお出かけしてみるのもおすすめです♪

Yuzo - Related Posts

コメントを残す