鏡石で「全国あやめサミット」開幕 アヤメでまちおこし推進:福島民友 … – 福島民友

 アヤメでまちおこしに取り組む全国の自治体が会した「全国市町村あやめサミット」が17日、鏡石町で開幕した。出席者がアヤメの咲き誇る鳥見山公園などを見学、関係首長会議で意見を交わした。

 遠藤栄作鏡石町長が「アヤメを活用してさらに発展していきたい」とあいさつ。事例発表で、住民らでつくる地元の団体「鏡石町あやめ株式会社」の木賊正男事務局長が「あやめのまちづくり」と題して講演した。

 続く首長会議は「災害協定の運用状況について」をテーマに行われ、議事で2019年度の開催地を山梨県南アルプス市に決めた。来年度の開催地は千葉県香取市。
 あやめサミット連絡協議会に加盟する13市町のうち、宮城県多賀城市など10市町の首長が参加した。本県からは遠藤町長のほか、会津美里町の渡部英敏町長が出席した。

 最終日の18日は鏡石町の岩瀬牧場などを視察する。

「地域おこし」や「地域活性化」とは、地域(地方)が、経済力や人々の意欲を(再び)向上させたり、人口を維持したり(再び)増やしたりするために行う諸活動のことである。
「地域興し」と表現する場合は、地域の住民や団体(商工会・農協・漁協など)の主体性が強調される傾向がある。「地域づくり」も同様である。いずれも語感の固さを避けるため、「地域おこし」のように「地域」以外はひらがな表記されることが比較的多い。なお、住みよい地域を形成するための諸活動は「まちづくり」と呼ばれることがあるが、「地域おこし」「地域活性化」などとは若干異なったニュアンスで使われることが多い。
町(街)の場合は特に「町おこし」、「街おこし」、「まちおこし」とも呼ばれ、村の場合は「村おこし」とも呼ばれる。
英語圏では「vitalization」や「revitalization」などの用語を用いて表現されることが一般的である。
  • Recent Posts

  • Yuzo - Related Posts

    コメントを残す