伊藤忠丸紅鉄鋼、自販主体コイルセンターを経営統合(日刊産業新聞)



 伊藤忠丸紅鉄鋼は自社販売主体の国内コイルセンター(CC)を経営統合する。4月1日付で持株会社を設立し、東北、関東、関西、九州の事業会社を傘下に収める。関東では紅忠コイルセンター関東と常陸スチールセンターとの合併も併せて行う。グループ連携を強化し、業務効率化や操業技術の共有、コスト削減などを推進することで、競争力を高める狙いだ。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す