カンボジア、高級米のブランド名統一 輸出増と新市場開拓(SankeiBiz)



 カンボジアは、高級品種のコメ輸出増を目指し、新たな統一ブランド名「マリス・アンコール」を採用する。カンボジアコメ協会(CRF)と農林水産省、商業省が決定し、商標登録を終えて1月に正式発表となった。現地紙プノンペン・ポストなどが報じた。

 CRF幹部によると、マリス・アンコールのブランド名を使用するのは高級品種の香り米4種で、さらに4種が追加される可能性もあるという。これまでは輸出企業などがそれぞれ独自の名称で販売していたため、CRFや商業省などは統一ブランド名の導入を検討していた。

 同幹部は、国外で認知が高まれば需要がさらに拡大するとし、統一ブランド名の導入でカンボジア産高級米の品質と産地が明確になると強調した。CRFは今後、マリス・アンコールの名称とロゴを使用したマーケティングを強化するとしており、同ブランドの下で輸出増と新市場の開拓に取り組んでいくとみられる。

 統一ブランド名の決定については、コメ産業界からも歓迎の声が上がる。精米会社アムル・ライスの幹部は、コメに関してはライバル国との差別化が難しいとしたうえで、「10年から統一ブランド名の決定を待っていた。産地に関する混乱も解消され、リピーターが増える」と述べた。

 生産者団体の幹部も国外需要の押し上げと輸出増につながれば、生産者の収入も増加すると期待を示している。

 カンボジアは約60の国外市場にコメを輸出しており、17年の精米輸出は前年比17.3%増の63万5679トンと好調だった。

 政府は今後もコメの高付加価値化と生産過程の近代化を図る方針だ。(シンガポール支局)

【関連記事】

Related Post



コメントを残す