自動車整備の旧「カーコンビニ倶楽部」などをグループで運営していた翼システム(株)が破産開始決定(東京商工リサーチ)



現在の「カーコンビニ倶楽部」事業は別会社で運営継続中

 翼システム(株)(TSR企業コード:292948280、法人番号:5010601022593、江東区亀戸6-21-8、設立昭和48年12月15日、資本金8000万円、道川研一社長)は2月6日、東京地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人には斎藤淳一弁護士(さいとう法律事務所、港区西新橋1-21-8、電話03-3504-3651)が選任された。
 負債総額は約61億円だが、今後の債権調査で変動する可能性がある。
 
 パソコンによる自動車部品検索システムの開発を主力としていた。全国の自動車部品販売業者、自動車整備工場ならびに自動車関連業界に事業基盤を築いていた。また、子会社で旧「カーコンビニ倶楽部」の運営も行い、ピークとなる平成15年3月の売上高は約564億9900万円をあげていた。
 しかし、巨額の負債を抱え、平成11年1月に道川社長が脱税により逮捕起訴されるなど経営陣の不祥事なども重なり、信用不安が続いていた。24年3月期の売上高は約1億5300万円にとどまり、平成25年末には実質的に事業を停止。29年10月25日、債権者より破産を申し立てられ、今回の措置となった。

東京商工リサーチ



Related Post



コメントを残す