GDP、8四半期連続プラス 17年10~12月期 バブル期以来28年ぶり(SankeiBiz)



 内閣府が14日発表した2017年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、物価変動を除く実質で前期比0.1%増、このペースが1年間続くと仮定した年率換算で0.5%増だった。プラス成長は8四半期連続。バブル期の1986年4~6月期から89年1~3月期にかけ12四半期連続となって以来、約28年ぶりの長さとなった。成長率は7~9月期の2.2%から縮小した。

 17年7~9月期に天候不順の悪影響が出た個人消費が持ち直したほか、好調な企業業績に支えられ設備投資も堅調で、内需主導型の成長の姿となった。

 項目別では個人消費が0.5%増と2四半期ぶりプラス。スマートフォンや自動車、飲食サービスが伸びた。設備投資は0.7%増と5四半期連続のプラスとなった。輸出も2.4%増と大きく伸びたものの、輸入がスマホ中心に2.9%増と大きく伸び、全体の押し下げ要因になった。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す