かねよし、レーザー切断加工増強(日刊産業新聞)



 一般鋼材やステンレス、アルミの加工販売を行うかねよし(本社=埼玉県川口市、吉田竜一社長)はこのほど、レーザー切断加工体制を増強した。トルンプ製の出力8キロワットファイバーレーザー切断機を2基導入。熱延鋼板の「無酸化切断」(クリーンカット)が可能で、後工程の省力化などに寄与する。ベンダーやバリ取り機も新鋭機を投入しており、ワンストップサービスの拡充により、さらなる受注拡大を目指す。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す