三菱マテリアル、通期予想を下方修正(日刊産業新聞)



 三菱マテリアルは13日、2018年3月期連結業績予想の売上高、営業利益、経常利益を下方修正した。超硬製品の増収や配当収入の増加がある一方、アルミ缶や米国のセメントの販売が計画を下回る。加えて、現時点での一定の想定に基づき、連結子会社における品質不適合品問題の影響を織り込んだ。当期純利益の予想値は据え置いた。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す