なぜ現役自衛官は「国会で答弁」できないのか(東洋経済オンライン)



緊迫する東アジア情勢の中で、日本の「安全保障」をどうとらえればいいのか。『戦争の大問題』を上梓した元・中国大使の丹羽宇一郎氏が、衆議院議員・石破茂氏との対談に臨んだ。その後編をお届けする。

この記事の写真を見る

前編:日本は今こそ「核問題」を真剣に議論すべきだ

 私は防衛と安全保障は違うと考えている。防衛とは敵国がいて、その敵国の軍事力に対抗するために備える力である。防衛とは敵がいて成り立つ力対力の図式だ。

 一方、安全保障とは、国民と国土の安全と平和の確保が目的である。国民と国土の安全と平和を守るための手段は、武力だけではない。最善の安全保障とは敵をつくらないことだ。平和条約のみならず、外交努力や経済・文化交流も有力な安全保障の手段となる。防衛が力対力であるのに対し、安全保障は話し合いが基本にある。

 力対力の出口は戦争である。したがって、国家間の紛争については、できるだけ話し合いというものを前面におく――できるかどうかは別としても、トップはそういう方針を堅持すべきだ。それが世界の全体のためにもいいと思っている。

 では、防衛力は無用かというと、必ずしもそうとは考えていない。やられたらやり返す力がなくて一方的にやられるようでも困る。日本は専守防衛であるが、専守防衛というときの防衛力とはどんなものかについても考えないといけない。安全保障とは、また別の切り口で議論すべき問題である。

 そこで前回に続き、この方面で政界随一の石破さんにお話を聞いた。

 石破茂(以下、石破):私は1回しか北朝鮮に行ったことはありません。今から25年前、まだ拉致問題も表に出ていなかったし、核実験も、ミサイル実験もしていない。

 そんな時代に、金日成主席の80歳の生誕記念日ということで、自民党、社会党、公明党の3党で祝賀団を編成したことがありました。私はお祝いする気がないにもかかわらず、一度見たくて行ったんです。

 私も感性の鈍い人間ですが、あんなに驚いたことはない。大スタジアムでマスゲームをやる。ストーリーは、日本兵が朝鮮の人たちをいじめている。そこへ白馬にまたがった金日成主席がさっそうと登場して、日本兵を撃ち殺す。夜は夜で、オペラ大会でまったく同じストーリー。徹頭徹尾、反日です。これで国民が反日にならないはずはない。

 丹羽宇一郎(以下、丹羽):中国でもごく最近まで、日本兵をやっつけた、中国共産党バンザイとやっていたのとあまり変わらないですね。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す