ネット騒がす2つの“第4のチョコ” 、「ルビーチョコレート」と「ブロンドチョコレート」の人気にせまる!(日経トレンディネット)



 インターネットを中心に“第4のチョコ”が話題になっている。スイスでチョコレートの製造、販売を行うバリー・カレボーが2017年9月に発表した「ルビーチョコレート」がそれだ。ネスレ日本は2018年1月19日にルビーチョコレートをウエハースの上にコーティングした「キットカット ショコラトリー サブリム ルビー(以下、サブリム ルビー)」を発売し、注目を浴びている。ネスレ日本がバリー・カレボーとルビーチョコレートの6カ月間の独占販売契約を締結し、バレンタインデーに向けて世界で初めて商品化したものだという。

【関連画像】「キットカット ショコラトリー サブリム ルビー」(400円)。日本と韓国で展開する「キットカット」の専門店「キットカット ショコラトリー」などで、2017年1月19日から25日まで、5000本の期間・数量限定で販売

 チョコレートは大まかにいうとブラック(ビター)、ミルク、ホワイトという3種類に分類されるが、1930年代に米国のネスレがホワイトチョコレートを発表して以来、「(ルビーチョコレートは)80年ぶりとなる新カテゴリーのチョコレートの登場」(ネスレ日本担当者)だという。原料となるルビーカカオは天然のピンク色とベリーのような爽やかな酸味を持つカカオ豆で、見た目は確かにこれまでのブラック、ミルク、ホワイトとは大きく異なる。

 実は以前から“第4のチョコレート”と呼ばれるチョコレートがもう1つある。フランスでチョコレートの製造、販売を行うヴァローナが開発した「ブロンドチョコレート」だ。ミルクチョコレートとホワイトチョコレートの中間のようなブロンド(金)色で、ビスケットやキャラメルの香ばしい風味を感じさせるチョコレート。日本では2013年から発売されている。2017年ごろから菓子やアイスクリームにもブロンドチョコレートの名を冠した商品が登場し始め、じわじわと種類が増えている。

ブロンドのターゲットは「製菓市場」

 ヴァローナの日本法人であるヴァローナ・ジャポンによると、ブロンドチョコレートはホワイトチョコレートの製作途中に誤って加熱器具に入れたまま放置してしまったことで偶然できたものだという。その後数年間開発を重ね、2012年に「ブロンド・ドゥルセ」という商品名で発売。2013年に日本展開する際に「ブラック、ミルク、ホワイトに次ぐ、世界初のブロンドチョコレートと銘打った」と同社マーケティング部の榎本聖子氏は話す。

 とはいえ、「日本において“第4のチョコレート”というキャッチフレーズで広告宣伝をしたことはない」(榎本氏)。ブロンドチョコレートとして商標登録もしておらず、現在市場に出回るブロンドの名を冠した商品も全て関知しているわけではないという。世界初の商品を手がけているわりには、あまり「仕掛けている」ようには感じられない。

 そう見えるのは、同社が製菓市場をメインターゲットとしているからだろう。同社の主要な取引先は洋菓子店やチョコレートの製造販売店で、一般消費者向けの商品はほとんど展開していない。ブロンド・ドゥルセも製菓材料店や同社のオンラインショップでしか販売していないという。同社によると、チョコレートはその風味によってそれぞれ相性の良い食材があり、ミルクに合わせやすい食材もあれば、ホワイトに合わせやすい食材もあるとのこと。「ブロンドチョコレートはホワイトチョコレートとは色合いも味も全く異なる。製菓の原材料としての使い方を提案するため、ブラック、ミルク、ホワイトに次ぐ新カテゴリーとして提案をしている」(榎本氏)という。

 同社は商品認知のためにリーフレットを作成し、相性の良いフルーツとの組み合わせや風味の特徴、さらにどのような用途に適した商品かを記載している。それによるとブロンドチョコレートはガナッシュという溶かしたチョコレートに生クリームを加える製法や氷菓類に最適だという。こうした案内を見るだけでもブロンドチョコレートをどんなターゲットに響かせたいのかが伝わってくる。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す