みずほ銀、JCBなどが新決済システム スマホがデビットカードに(SankeiBiz)



 みずほ銀行は13日、JCB、大日本印刷と組んで、スマートフォンを使った新しい決済サービス「スマートデビット」の提供を今春から始めると発表した。スマホを読み取り機にかざすだけで、銀行口座から即時決済する「デビットカード」の機能を搭載する。

 同行に口座を持つ顧客が対象。利用するには、グーグルの基本ソフト「アンドロイド」搭載のスマホに、専用アプリを入れる必要がある。JCBが全国のコンビニやスーパーに配置する65万台超の読み取り機にかざすだけで、口座から代金が引き落とされる。

 同行は新サービス開始から2年目に、月100万件超の決済件数を目指す。他の金融機関や一般事業会社にこの仕組みを提供し、手数料収益を得ることも検討している。

 政府は現金以外の決済比率を今後約10年で約4割に倍増させる目標を掲げている。同行の斉藤哲彦専務はこの日の発表会で「日本でキャッシュレス社会を実現するには、10歩先を見据えて、1、2歩先のサービスを提供し続ける必要がある」と述べた。

 新サービスには、同行主導で構想中の電子マネーによる決済機能の搭載も想定している。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す