iPhoneユーザーは「HomePod」を買うべきか(東洋経済オンライン)



 アップルは2月9日、ホームスピーカーの新製品となる「HomePod」をアメリカ、イギリス、オーストラリアの英語圏3カ国で発売した。春までにフランス、ドイツなどの欧州で販売を拡大することが明らかになっているが、日本での発売についてはまだ発表がない。

この記事の写真を見る

 HomePodを一言で言うと、「Siriに話しかけることで音楽ストリーミングサービスApple Musicから音楽を再生することができる、音質にこだわったスピーカー」だ。つまり、iPhoneやiPadなどのアップル製品を使っていて、かつApple Musicの会員である人が対象となる。

 競合となるのは「スマートスピーカー」として拡大を続けているアマゾンのAmazon EchoシリーズやグーグルのGoogle Homeシリーズ、さらにLINEのClovaなどとなるが、アップルはあくまでオーディオ製品としてHomePodを紹介しており、マーケティング上の位置づけは異なっている。

 HomePodは、iPhone 6に採用されていたA8プロセッサを搭載し、巨大な低音を出力するウーハーと、7つの高音スピーカー、そして6つのマイクを備え、1台で豊かなサラウンドを自動的に作り出す、“賢さ”を音質面に活用したホームスピーカーだ。

■シンプルなデザインと初期設定

 HomePodは、高さ172ミリ、直径142ミリの円筒形をしており、角は柔らかな丸みを帯び、製品全体がホワイトもしくはスペースグレイのメッシュで包まれている。

 柔らかな印象とは裏腹に、2.5キロとずしりと重たい。製品からは電源ケーブルが伸びているだけだが、このケーブルもファブリック(布)で包まれており、オーディオ製品としての演出を存分に感じ取ることができる。

 パッケージを開封すると、手元にiPhoneやiPadがあれば、3分以内にセットアップが終わる。拍子抜けするほど簡単だった。HomePod自体はWi-FiでApple Musicと接続するが、iPhoneの画面でWi-Fiの接続先を選んだり、Apple Musicへのログインを行う必要はなく、iPhoneの設定が自動的に読み込まれる仕組みだ。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す