農水産品輸出額が最高更新 17年 1兆円政府目標達成に意欲(SankeiBiz)



 農林水産省が9日発表した2017年の農林水産物・食品の輸出額(速報値)は、前年比7.6%増の8073億円となり、5年連続で過去最高を更新した。和食人気を追い風に牛肉や緑茶、イチゴなどが大幅に伸びた。政府は19年までに輸出額を1兆円に伸ばす目標を掲げており、達成には、新たな輸出先の開拓と日本産品の付加価値を高める取り組みが鍵を握る。

 品目別では牛肉が41.4%増の192億円となったほか、イチゴ、緑茶、コメ、日本酒などが最高額を更新した。一方、リンゴは不作で、贈答用に大玉を求める台湾向けが不調となり17.7%減。天候不良によって不漁が続いたホタテガイは15.6%減だった。

 政府目標を達成するには、残り2年間で約2000億円伸ばさなければならない。農水省は、主な輸出先の香港、米国、中国、台湾などは東日本大震災後に導入した日本産食品の輸入規制の撤廃を働き掛ける。中国やロシア、豪州などと、牛肉の輸出解禁に向けた検疫協議を進めるなど、輸出先の開拓を模索している。政府は輸出促進活動を一元的に担う組織を17年に新設させており、世界への売り込みを本格化させる。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す