借入金の簿外化などの不正会計で信用失墜、大阪のエルエスエム(株)が破産(東京商工リサーチ)



 破産申請の準備に入っていたエルエスエム(株)(TSR企業コード:571827985、法人番号:6120001072194、大阪市中央区安土町2-3-13、昭和63年10月、資本金4000万円、松田充泰社長)は2月5日、大阪地裁に破産を申請し2月7日、破産開始決定を受けた。破産管財人には秋山洋弁護士(弁護士法人御堂筋法律事務所、同市中央区南船場4-3-11、電話06-6251-7266)が選任された。
 負債総額は債権者166名に対し61億5026万円。
 運送管理システム等のパッケージ・受託ソフトウェア開発のほか、物流事業も手掛けていた。ロジスティクス全般の管理・運用・保守を中心に、大手コンビニチェーンなどに受注基盤を築いていたが、物流事業においては過去より採算が低調で、外部資金に依存した資金運営に陥っていた。
 新規事業を立ち上げるなどして業績向上を図ったが、設備投資などで多額の資金需要が発生。これに対し、売上高の前倒し計上や一部借入金の簿外化などの不正会計に手を染めるかたちで対外信用を維持し、資金調達を行っていた。
 ところが、平成29年7月頃からこの不正会計が金融機関に知れ渡り、対外信用が失墜。同時期には関係先の要請もあり沖縄県内で開始していた新規事業を円滑に進めるため、同県に登記上本社を移転するなどし、事態の打開に注力してきたものの、資金繰りは限界に達していた。さらに代表者の体調不良などもあって事業継続を断念し、今回の措置となった。

東京商工リサーチ



Related Post



コメントを残す