ナカミ、松原工場の切板フル操業 来期にもISO9001取得へ(日刊産業新聞)



2/6(火) 14:19配信

日刊産業新聞

 ナカミ(本社=堺市西区、中三川顕洋社長)は昨年11月から、松原工場(大阪府松原市)の切板数量が月間300トンとフル操業となっている。今後は松原工場の周辺で新たに母材倉庫の確保を目指しており、確保後は松原工場の母材を新倉庫に移し、松原工場の空いたスペースを活用して穴開け・開先などの二次加工への進出を検討している。また、加工品質の強化のため、来期(2019年4月期)から松原工場でISO9001の取得に向けた取り組みを開始する計画。

【関連記事】

Related Post





コメントを残す