理研など、オーステナイト相分率測定に成功 鉄鋼材料軽量化の鍵(日刊産業新聞)



 理化学研究所(理研)は5日、日本原子力研究開発、東京都市大学との共同研究で、「理研小型加速器中性子源システムRANS(ランズ)」を用いて、鉄鋼材料軽量化の鍵となるオーステナイト相分率の測定に成功したと発表した。研究の一部は、日本鉄鋼協会「小型中性子源による鉄鋼組織解析法」研究会1、文部科学省「光・量子融合連携研究開発プログラム」の支援を受けて実施された。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す