ZOZO、「スーツ」と「PB」で挑む世界一の野望(東洋経済オンライン)



予約受付から早2カ月――。ファッション通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するスタートトゥデイは、昨年11月22日に発表した瞬時に採寸できるボディスーツ「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」の発送を始める。ゾゾスーツを活用し、オーダーメイドで製造するPB(プライべートブランド、自主企画商品)の「ZOZO(ゾゾ)」も発売される。
同時にスタートトゥデイは1月31日、2017年度の第3四半期(2017年4月~12月)決算を発表した。ゾゾタウンに出店するブランドは6000を超え、商品取扱高1969億円(前年同期比33%増)、営業利益235億円(同22.1%増)に達した。ゾゾスーツやPBは、ゾゾタウン事業に次ぐ第2の柱になるか。PB発売を前に自らゾゾスーツを着用してインタビューの場に現れた前澤友作社長を直撃した。

この記事の写真を見る

■あらゆる体型の人にフィットする服を提供

 ――それ、今着ているのってゾゾスーツですよね……。

 今日は何社か取材を受けているが、自分たちのPBのTシャツをずっと着ていて、そろそろ飽きてきた。こんな格好でインタビューに出た人はあまりいないと思う。ファッションメディアでは「前澤さんだとそういうことをやるだろうな」と予想されてしまうが、逆にビジネス誌の取材だったら面白いのではないかと。取材を受ける寸前に決めた。

 ――当初の予定より、ゾゾスーツの発送とPBの発売が遅れた理由は? 

 ゾゾスーツに対する世間の期待が私たちの想像を超えてかなり高く、スーツの精度をもっと上げるべきだと判断した。(ゾゾスーツの予約受付を始めた)昨年11月の段階では、特殊な体型の人が着た場合に採寸の精度に誤差が見られていたので、その改修・バージョンアップをする中でお時間をいただいてしまった。より高い精度が担保できたので、配送を開始する運びになった。

 ――PB発売までの経緯を教えてください。

 「PBをやるぞ」と言い出したのが約7年前。自社のブランドをやるなら、規模の大きな、世界の人たちをターゲットにするようなブランドにしたかった。誰にでも着てもらえるベーシックな衣料がコンセプトだ。今回はデニムとTシャツでのスタートだが、すでカジュアルシャツや、ビジネスシーンで着用できるものも裏では作っている。ゾゾタウンに出店するブランドとかぶらず、多くの人に届けるブランドにしようという考えがあった。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す