仮想通貨の鍵を握るのはやっぱりアマゾンだ(東洋経済オンライン)



 ビットコインをはじめとする仮想通貨が、今年に入ってから大暴落しています。1月26日には取引所の1つ、コインチェックで大規模な不正アクセス事件も起きました。仮想通貨は「一時的なバブル」で終わるのでしょうか。今回は仮想通貨に関して、価格の乱高下が株式市場に及ぼす影響や今後の可能性などを、草食投資隊の3人が考えます。

この記事の写真を見る

■草食投資隊のまわりでも「億り人」が続出!? 

 渋澤:私の知り合いの話ですが、以前からビットコインを持っていました。ご存じのように、ビットコインをはじめとする仮想通貨は、昨年の秋口から暴騰しましたよね。それによって利益が4億円にもなったそうです。

 藤野:いわゆる「億り人」ですね。

 渋澤:そう。でも、仮想通貨の利益に対する税金って雑所得扱いだから、儲けの半分近くが所得税として徴収されます。あと地方税ですね。その知り合いは税率の高さに憤っていて、シンガポールに移住しようかなどと言っていたのですが、まあでもしばらくすれば半分くらいに値下がりするかもね、なんて冗談も言っていたんです。それが本当になるとは……。

 中野:私、あまり仮想通貨には詳しくないのですけど、勝てる戦略ってあるんですか。

 渋澤:マイニングされても、供給が有限ですから、後から買う人がいるかどうかってことでしょうね。でも、私は思うのですが、仮想通貨の売買で得た利益って仮想利益みたいなものですよ。そもそも株式と違って、仮想通貨には本源的な価値がありませんしね。

 中野:先日、卒業した学校のOB会に参加したんです。そこでOBを対象にした勉強会が定期的に開催されているのですが、今回、たまたま仮想通貨がテーマだったのです。で、OB会ではあったのですが、誰かの取り計らいで現役の学生も参加できるようにしたようで、参加者の半分が学生でした。若い人たちは結構、仮想通貨の関心が高いようですね。

 渋澤:その学生たちは、実際に仮想通貨を持っているのですか。

 中野:持っています。正直、そこで交わされていた質問は、私には全然理解できない「宇宙人の会話」のように聞こえました。

 藤野:代表的な仮想通貨のビットコインは、昨年12月に1BTC=250万円を超えるところまで値上がりして、1月18日に一時100万円を割り込みました。確かに大暴落ですが、まだ10分の1までは下がっていない。この水準まで下げても、まだ含み益状態の人もいるでしょうから、まだ売られるかもしれませんね。この下げを目の当たりにしたら、含み益状態の人はさっさと利益を確定させたい気持ちになるでしょう。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す