日航、新社長に赤坂氏 技術・整備の第一線経験 植木氏は会長に(産経新聞)



 日本航空は24日、植木義晴社長(65)が4月1日付で退任し、後任に赤坂祐二常務執行役員整備本部長(56)が昇格する人事を発表した。24日の取締役会で決めた。植木氏は代表権のある会長に就き、大西賢会長(62)は会長から退く。

 赤坂氏は技術職での入社後、整備や技術部門の第一線で安全運航を支えた。植木氏は赤坂氏を推した理由について「現場で培ったリーダーシップを社長として遺憾なく発揮できる人物だ」と述べた。赤坂氏は「JALグループの企業理念達成に全身全霊を傾ける」と決意を語った。

 赤坂祐二氏(あかさか・ゆうじ)東大院卒。昭和62年日本航空。平成21年4月、安全推進本部部長兼ご被災者相談部長、26年4月、JALエンジニアリング社長(現職)。28年4月、日本航空常務執行役員整備本部長。北海道出身。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す