(けいざい+)変わる日立:上 財界総理へ、渡るルビコン川(朝日新聞デジタル)



 日立製作所会長の中西宏明(71)は次期経団連会長就任が内定した9日、笑顔で記者たちの前に姿を現した。冗談めかし、余裕しゃくしゃくの様子だった。そして、「日本経済再生にむけて、強力に、具体的に進めていくのが私の役割」と抱負を語った。
 中西は早くからこの日の到来を予感していた節がある。現経団連会長の榊原定征を筆頭副会長として支え、榊原には日立の社外取締役を託してきた仲だ。榊原は「あうんの呼吸、以心伝心」で中西の意欲を確信していた。「必ず受諾してくれる自信をもって就任を打診した」という。
 日立は創業者小平浪平の「政財界から可能ならば一定の距離をおけ」という遺訓があり、歴代首脳は財界トップには就かなかった。……本文:1,431文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社



Related Post



コメントを残す