新宿の古民家が居酒屋に変身したアツい事情(東洋経済オンライン)



 東京・渋谷区の代々木駅から山手線のガード下をくぐり、歩くこと1分、オレンジの光が漏れる古民家群がある。7軒の古民家を再利用した飲食店の集合体である「ほぼ新宿のれん街」ができたのは2017年3月だ。もともと人気(ひとけ)の少ない場所だったが、のれん街の出現で、人波ができるようになった。

この記事の写真を見る

 日本フードサービス協会の推計によれば、2016年の外食産業市場は25兆4169億円で、前年比から0.1パーセント微増した。2012年から5年連続で市場は増加しているが、すべての外食産業が好調なわけではない。業態で言えば、ファミリーレストランや食堂、ファストフード店などの売り上げは軒並み順調だが、居酒屋、ビアホールなどの飲み屋は前年より4.9パーセントも減少した。

 このような縮小傾向にある市場に新しい風を吹き込むのが「ほぼ新宿のれん街」の運営主体である、Good market&shops(2013年創業)だ。

■業態と立地のマッチングで売り上げは変わる

 同社は、飲食店の出店のサポートを大きなテーマに掲げている。主な業務内容は、市場リサーチをしたうえで飲食店に適した場所と物件を探し、賃貸契約を結ぶ。そこに出店を希望する企業、または個人に、立地に適した業態を提案し、オーナーとタッグを組んで運営していくというものだ。

 運営自体の業務委託を受けることもある。「ほぼ新宿のれん街」に関しても同様で、7つのお店が集まるのれん街を運営し、各店舗のオーナーは自分のお店を管理するというシステム。つまり「ほぼ新宿のれん街」を1つの商業施設に例えると、各店舗はその施設の1区画を借り、営業をしているということだ。

 なぜこのような仕組みを考えたのかについて、代表取締役の清水暁弘氏は、次のように語る。「飲食店事業の成功には、物件が第一にかかわってきます。たとえすばらしい業態で、料理がおいしく、接客も良く、コンセプトも良いというお店があったとしても、物件の選定を間違ってしまうと、経営はうまくいきません。それとは逆に、好立地の物件を取得しても、そこに見合う業態でなければ失敗してしまいます。我々はこの不一致を解決する役目を担っているのです」。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す