「深くおわび」と菅官房長官、勤労統計不適切調査で(産経新聞)



 菅(すが)義偉(よしひで)官房長官は11日の記者会見で、毎月勤労統計の調査方法が不適切だった問題について「統計の信頼性を損なう事態が生じたことは甚だ遺憾で、国民の皆さんにご迷惑をおかけしたことを深くおわび申し上げる」と陳謝した。

 失業給付などで過少支給があったため、政府は延べ約1973万人に計約537.5億円の追加給付を行う。菅氏は「国民の皆様に不利益が生じることのないよう、必要な予算の計上を含め対応に万全を期す」と語った。

 政府の基幹統計を総点検することを指示したことも重ねて強調した。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す