11月通関 アルミ地金輸入16%減(日刊産業新聞)



 財務省がこのほど発表した11月の非鉄金属輸入通関実績によると、アルミ地金は前年同月比16%減の11万6438トンだった。ロシアのアルミ大手ルサールに対し米国が制裁を解除する方針を示し、供給不安が和らいだことで買い気が弱まったと思われる。アルミ合金地金は、輸入材が国内材と比べ割安感があったことが影響し、6・3%増の11万5006トンとなった。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す