中国鋼鉄18年売上高、初の4000億台湾ドル超(日刊産業新聞)



 台湾鉄鋼最大手の中国鋼鉄(CSC)は10日、2018年の連結売上高が4006億6500万台湾ドル(約1兆4000億円)と前年比15%増えたと発表した。初めて4000億台湾ドルを超えた。鋼材の販売量と販売価格が改善した。19年は不安定な市場が続く見込みだが、自動車用鋼板や電磁鋼板など高付加価値品を拡販し、収益力を強化する。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す