JFESのトポロジー最適化技術、スズキ車に採用(日刊産業新聞)



1/10(木) 12:02配信

日刊産業新聞

 JFEスチールは9日、コンピューターを使って部品形状を最適化する独自の「トポロジー最適化技術」がスズキの「スイフトスポーツ」に部品形状の設計手法として採用されたと発表した。溶接の接合位置を最適化するものとしてトポロジー技術を使った例はあるが、薄板からなる量産車体で衝突安全性の向上要件を満たす部品そのものの形状を設計する技術として使われたのは国内初。JFEとスズキが取り組んでいるEVI(アーリー・ベンター・インボルブメント)活動の成果のひとつとなる。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す